十一とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 金融 > 十一の意味・解説 

と いち [0] 【十一】

10日で一割という高利金融。 「 -金融
花札で,一〇点札一枚とかすばかりの手役。

じゅういち じふいち [4]

鳴き声からの命名で,「十一」の字を当てることもある〕
カッコウ目翼長20センチメートル背面暗灰色腹部は淡赤褐色夏鳥として渡来し,コルリ・ルリビタキなどに托卵たくらんして繁殖。冬は東南アジアに去る。別名,慈悲心鳥じひしんちよう)鳴き声由来する。


十一

読み方:といち

花札の「すだおし」で、10点札1カス札6が揃った時の役の名称。役代は3貫になる。

十一

読み方:ジュウイチ(juuichi)

ホトトギス科の渡り鳥

学名 Cuculus fugax


十一

読み方:とういち

  1. 花札素札一点一枚の意。或は情夫のことを云ふ。
  2. 花札の素礼と一点一枚の意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

十一

読み方:ジュウイチ(juuichi)

慈悲心鳥別称

季節

分類 動物


十一

読み方
十一じゅういち
十一ゆういち
十一とかず

11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/01 08:35 UTC 版)

(十一 から転送)

11(じゅういち、とおあまりひとつ)は、10 の次、12 の前の整数である。十一を意味する英語elevenドイツ語Elf の語源は「残りが1つ」である。これは、指で 10 まで数えたあと1つ残ることを意味する。英語の序数詞では、11th、eleventh となる。ラテン語では undecim(ウーンデキム)。


  1. ^ Higgins, Peter (2008). Number Story: From Counting to Cryptography. New York: Copernicus. p. 47. ISBN 978-1-84800-000-1. 
  2. ^ [1][リンク切れ]
  3. ^ [2][リンク切れ]
  4. ^ Keyboard Shortcuts for Internet Explorer 4[リンク切れ]



十一

出典:『Wiktionary』 (2011/02/21 01:45 UTC 版)

数詞

じゅういち

  1. 11、とおあまりひとつ。

発音

じゅ↗ういち↘

訳語






十一と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「十一」の関連用語

十一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FOMA SO706i

STS-89

アオミシマ

タマゴタケ

クイナ

テディ

バルーンスリーブ

東西線50系車両





十一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2016 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの11 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの十一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS