プロテスタントとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > プロテスタントの意味・解説 

プロテスタント 【Protestant】


プロテスタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/05 13:32 UTC 版)

プロテスタント英語: Protestantism、Protestant)は、宗教改革運動を始めとして、カトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸教派を指す。日本ではカトリック教会(旧教[1])に対し、「新教」(しんきょう)ともいう。


  1. ^ ただしカトリック教会自身は「旧教」を自称したことはなく、カトリック教会ではまったく使われない呼称である。
  2. ^ protestant (Dictionary.com)
  3. ^ 日本聖公会大阪教区
  4. ^ 宇田進『福音主義キリスト教と福音派』
  5. ^ 尾山令仁『クリスチャンの和解と一致』地引網出版
  6. ^ 共立基督教研究所『宣教ハンドブック』
  7. ^ 日本福音同盟『日本の福音派』
  8. ^ ピーター・バイヤーハウス 『宣教のめざす道-エキュメニカルと福音派の間-』いのちのことば社
  9. ^ 各教派、教団ごとの代表者、代表理事などは、ほとんどの場合存在する
  10. ^ ローマ教皇庁のような、全教会政治の最高権限を有しているわけではない。
  11. ^ この場合の違いは、旧約聖書に関して、カトリック側が七十人訳聖書に準拠したラテン語訳聖書に依るのに対して、プロテスタント側がユダヤ戦争後に正典化されたヘブライ語聖書を底本とするだけの違いで、前者に含まれる一部の文書が正典化されたヘブライ語聖書から外された第二正典を旧約聖書に含むか含まないかの違いである。
  12. ^ ただし、日本語の宗派の語は元来仏教用語であって、キリスト教系で使用する機会は滅多にない。
  13. ^ 尾山令仁『聖書の教理』羊群社
  14. ^ 日本基督教団は日本の政治的事情により結成された超教派ではあるが、戦後の再編で福音派とされる系統の教会は所属していないメインライン・プロテスタントの教団であると認識されている。
  15. ^ 渡辺信夫『アジア伝道史』いのちのことば社
  16. ^ 日本伝道会議『日本開国とプロテスタント宣教150年』2009年
  17. ^ トマス・ブラウン『スコットランドにおける教会と国家』すぐ書房
  18. ^ ケアンズ『基督教全史』聖書図書刊行会
  19. ^ a b 正統派か議論ありと言及。尾形守異端見分けハンドブック』プレイズ出版
  20. ^ a b 議論あり、異端と言及。辻川 宏『異端ポケットシリーズ4』オリーブ社
  21. ^ 宇田進『現代福音主義神学』いのちのことば社
  22. ^ マクグラス『キリスト教の将来』教文館
  23. ^ 古屋安雄『激動するアメリカ教会』ヨルダン社
  24. ^ 「ルーテル」はルターの舞台ドイツ語読み
  25. ^ 折原浩『ヴェーバー学のすすめ』未来社、2003年


「プロテスタント」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

プロテスタントに関連した本

プロテスタントに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プロテスタント」の関連用語

プロテスタントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




プロテスタントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2014 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロテスタント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS