ライン川とは?

ライン川(ドイツ)

ライン川

父なるライン呼ばれるドイツ人の心の故郷ライン川です。スイスアルプスのトマーゼ湖に端を発し、ドイツ・フランスの国境を北に向かいドイツ国内を流れオランダ国内へと入ったあと、ロッテルダムから北海に注いでいます。全長約1,320km、そのうちドイツ流れるのは約698km。ライン川流域マインツからコブレンツの間は「ロマンチック・ライン」と呼ばれ、多く古城点在しており、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。古城眺めながらのクルーズは、時間を忘れさせるほどの魅力あります


ライン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/19 06:36 UTC 版)

ライン川(ラインがわ、:Rhy / : Rhein: Rijn: Rhin: Rhine: Rhenus)は、ヨーロッパを流れる


  1. ^ 『水道の思想 都市と水の文化誌』p185 鯖田豊之 中公新書, 1996 年
  2. ^ 佐藤弘幸『図説 オランダの歴史』p125 河出書房新社、2012年。
  3. ^ GRDC - Rhine Basin Station: Rees
  4. ^ 佐藤弘幸『図説 オランダの歴史』p21 河出書房新社、2012年。
  5. ^ 佐藤弘幸『図説 オランダの歴史』p22 河出書房新社、2012年。
  6. ^ 「図説スイスの歴史」p48-51 踊共二 河出書房新社 2011年8月30日初版発行
  7. ^ 「商業史」p184 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  8. ^ 「商業史」p180 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  9. ^ http://www.itej.or.jp/assets/www/html/archive/jijyou/201007_00.pdf 「ヨーロッパにおける河川輸送の現状と今後の展望 ─ライン川におけるコンテナ輸送を中心に─」 p83-84 小澤茂樹 (月刊運輸と経済2010年07月号「離島における交通の諸問題」所収) 一般財団法人運輸調査局 
  10. ^ 『事典現代のドイツ』p475(大修館書店、1998年)
  11. ^ 『事典現代のドイツ』p540(大修館書店、1998年)
  12. ^ 『水道の思想 都市と水の文化誌』p185 鯖田豊之 中公新書, 1996 年
  13. ^ ライン川、90キロ短かった? 2010年3月29日6時52分配信・時事通信[リンク切れ]
  14. ^ 「ライン川、本当は90キロ短かった――1932年の事典が記載ミス」『朝日新聞』2010年4月1日付朝刊、第13版、第9面。


「ライン川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ライン川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ライン川」の関連用語

ライン川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トロイ遺跡

ミーソン遺跡

ハロン湾

カナディアンロッキー

グランドキャニオン国立公園

サンクトペテルブルグ

兵馬傭博物館

チェスキークルムロフ





ライン川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライン川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS