ローマ帝国とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 帝国 > ローマ帝国の意味・解説 

ローマ帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/18 13:27 UTC 版)

ローマ帝国(ローマていこく、: Imperium Romanum)は、古代ローマイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニアダキアメソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 皇帝僭称者を含めるとその数は更に増える。
  2. ^ エドワード・ギボンローマ帝国衰亡史』、井上浩一『生き残った帝国ビザンティン』 講談社講談社学術文庫 1866〉、2008年3月、ISBN 978-4-06-159866-9 など。

出典

  1. ^ a b c d Rein Taagepera (1979). “Size and Duration of Empires: Growth-Decline Curves, 600 B.C. to 600 A.D.”. Social Science History 3 (3/4): 125. doi:10.2307/1170959. http://links.jstor.org/sici?sici=0145-5532%281979%293%3A3%2F4%3C115%3ASADOEG%3E2.0.CO%3B2-H. 
  2. ^ John D. Durand, Historical Estimates of World Population: An Evaluation, 1977, pp. 253-296.
  3. ^ John D. Durand, Historical Estimates of World Population: An Evaluation, 1977, pp. 253–296.
  4. ^ アルベルト・アンジェラ著 ローマ帝国1万5千キロの旅 p.493 ISBN 978-4-309-22589-0
  5. ^ 菊池 2002, pp. 32-33.
  6. ^ 神聖ローマ帝国という、「ローマ帝国」を名乗る国家が1806年まで存在していたが、この国は前身と自認していた西ローマ帝国と直接の繋がりはなく、ローマの名は自称であった。1806年の帝国解散の宣言は、「ドイツ皇帝」の名義でなされている。


「ローマ帝国」の続きの解説一覧





ローマ帝国と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ローマ帝国に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ローマ帝国」の関連用語

ローマ帝国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウキオリソウ

命日祭

盛安寺

第八おりいぶ丸

メンガタクワガタ

重量制限

ROADSTER 1.8 Turbo

ヒメコマツ





ローマ帝国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローマ帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS