アルプス山脈とは?

アルプス山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/29 05:02 UTC 版)

アルプス山脈(アルプスさんみゃく、: Alpes アルペース、: Alpes: Alpi: Alpen: Alps)は、アルプス・ヒマラヤ造山帯に属し、ヨーロッパ中央部を東西に横切る「山脈」である。オーストリアスロベニアを東端とし、イタリアドイツリヒテンシュタインスイス各国にまたがり、フランスを南西端とする多国にまたがっている。アルプ(スイスの高山山腹の夏季放牧場;英語: alpフランス語: alpeドイツ語: Alpe)がいっぱいであるからアルプスであると考える説と、ケルト語の alp「岩山」を語源とし、ラテン語を経由したと考える説がある。最高峰のモンブランは標高4,810.9m(2007年)で、フランスとイタリアの国境をなし、ヨーロッパの最高峰[1]でもある。


  1. ^ ヨーロッパとアジアの境にあるカフカース山脈エルブルース(5,642m)をヨーロッパ最高峰とする考え方もある。
  2. ^ 『事典現代のドイツ』p38(大修館書店、1998年)
  3. ^ 「図説スイスの歴史」p30 踊共二 河出書房新社 2011年8月30日初版発行
  4. ^ 『観光大国スイスの誕生 「辺境」から「崇高なる美の国」へ』p54 河村秀和 平凡社新書 2013年7月12日初版第1刷
  5. ^ 「国民百科事典1」平凡社 p122 1961年2月1日初版発行
  6. ^ 『観光大国スイスの誕生 「辺境」から「崇高なる美の国」へ』p50 河村秀和 平凡社新書 2013年7月12日初版第1刷
  7. ^ 『観光大国スイスの誕生 「辺境」から「崇高なる美の国」へ』p155 河村秀和 平凡社新書 2013年7月12日初版第1刷
  8. ^ 「ビジュアルシリーズ世界再発見4 イギリス・中央ヨーロッパ」p126 ベルテルスマン社、ミッチェル・ビーズリー社編 同朋舎出版 1992年5月20日第1版第1刷発行
  9. ^ 『観光大国スイスの誕生 「辺境」から「崇高なる美の国」へ』p42 河村秀和 平凡社新書 2013年7月12日初版第1刷
  10. ^ 『観光大国スイスの誕生 「辺境」から「崇高なる美の国」へ』p40-41 河村秀和 平凡社新書 2013年7月12日初版第1刷
  11. ^ 森田安一『物語 スイスの歴史』中公新書 p203 2000年7月25日発行
  12. ^ スイス文学研究会『スイスを知るための60章』明石書店、2014年、p348
  13. ^ スイス文学研究会『スイスを知るための60章』明石書店、2014年、p350
  14. ^ 「ウィーン・オーストリアを知るための57章 第2版」p54 2011年4月25日 明石書店 広瀬佳一・今井顕編著
  15. ^ 「ビジュアルシリーズ世界再発見4 イギリス・中央ヨーロッパ」p124 ベルテルスマン社、ミッチェル・ビーズリー社編 同朋舎出版 1992年5月20日第1版第1刷発行


「アルプス山脈」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アルプス山脈に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルプス山脈」の関連用語

アルプス山脈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

衛星移動通信

オニフスベ

諏訪洞・備中川のせせらぎと水車

オフサイトセンター

ボーイング式777-300型

イブリック

鼓形ウォームギヤ

3000系





アルプス山脈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルプス山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS