エアーズロックとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 景勝地・観光地 > 世界遺産 > エアーズロックの意味・解説 

エアーズロック(オーストラリア)

エアーズロック

オーストラリア大陸のほぼ中央ノーザンテリトリーアウトバック忽然姿を現すエアーズロック。大地の上悠然とそびえる、世界最大一枚岩として知られています。2億3000万年もの昔に創造され、高さは約350m、周囲は約10kmにも及び、世界遺産にも登録されました。オーストラリア先住民族アボリジニには「ウルル」と呼ばれ、聖地として大切にされています。夜明け夕暮れ時には七色変化し、オレンジだんだんと濃くなって深紅になり、紫へと変化していく姿は言葉では表現出来ないほど神秘的美しいものです。


エアーズロック

作者小笠原

収載図書エアーズ・ロック―短編小説
出版社ストーク
刊行年月2003.4

収載図書エアーズロック
出版社日本文学館
刊行年月2008.11


ウルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/10 13:08 UTC 版)

(エアーズロック から転送)

座標: 南緯25度20分41.3秒 東経131度2分6.6秒 / 南緯25.344806度 東経131.035167度 / -25.344806; 131.035167


  1. ^ Layton, Robert (August 2001). Uluru: An Aboriginal History of Ayers Rock (2001 revised ed.). Canberra: Aboriginal Studies Press. ISBN 0-85575-202-5.
  2. ^ a b c Welcome to Uluru-Kata Tjuta National Park Department of the Environment
  3. ^ a b c Amazing facts Parks Australia
  4. ^ 青春出版社『世界で一番おもしろい地図帳』、JTB旅行サイト(デッドリンク)など
  5. ^ 管野浩編 『雑学おもしろ事典』 p.205 日東書院 1991年
  6. ^ a b c d e Kata Tjuta - the forgotten sibling Pawn of the Pumice Castle
  7. ^ エアーズロック旅行(ツアー)特集 日本旅行
  8. ^ エアーズロック入山禁止で論争 共同通信 2009年7月10日配信
  9. ^ エアーズロック登山禁止へ”. 読売新聞 (2009年7月21日). 2010年1月9日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 観光業に配慮して…豪州「エアーズロック」登山継続”. スポニチ (2010年1月8日). 2010年1月9日閲覧。[リンク切れ]


「ウルル」の続きの解説一覧





エアーズロックと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エアーズロックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エアーズロック」の関連用語

エアーズロックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

頤和園

莫高窟

兵馬傭博物館

アグリジェント

マカオ

キュランダ

ライン川

ナスカの地上絵





エアーズロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウルル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS