木曽川とは?

木曽川

豊かな自然、との闘い、川文化、夢普請魅力ある水郷づくり
木曽川は、その源を長野県木曽郡木祖村鉢盛山標高2,446m)に発し、木曽谷として名高い渓谷中山道沿って南南西下って岐阜県入り飛騨川などと合流し、愛知県犬山市濃尾平野に出て、南西流下し、長良川背割堤挟み併流南下し、伊勢湾に注いでいる流域面積5,275km2幹川流路延長229kmの河川です。

川島町を流れる木曽川
川島町流れる木曽川

河川概要
水系木曽川水系
河川木曽川
幹川流路延長229km
流域面積5,275km2
流域内人170万人
流域関係都県長野県岐阜県愛知県三重県

木曽川流域図
○拡大図
1.木曽三川歴史
"木曽三川歴史は、御囲堤輪中宝暦治水など洪水との闘い歴史です。明治になって、オランダ人技師ヨハネス・デレーケらにより近代土木による三川分流工事完成し、現在の木曽三川原形がつくられました。"

特有の歴史先人の知恵活用

昭和34年伊勢湾台風
昭和34年伊勢湾台風
昭和51年災害の空中写真
昭和51年災害空中写真
御囲堤
御囲堤
平田靱負像
平田靱負
木曽・長良背割堤
木曽長良背割堤
濃尾平野流れ我が国有数大河川、木曽川、長良川揖斐川流域人々はこれらを一筋の川と同様に考え木曽三川と呼んで親しんできました。
災害歴史
木曽三川歴史は、災害との長い闘いとの繰り返しでもあります昭和34年伊勢湾台風では、各河川からの出水加え異常高潮発生いたるところ堤防破壊され濃尾平野0メートル地帯またたく間に泥海となり、木曽三川下流部に未曾有の災害をもたらしました。また、昭和51年台風17号では、4日間にわたる記録的集中豪雨により岐阜県安八町長良川堤防決壊し、安八町墨俣町一帯湛水しました。
輪中文化
戦国時代までは、木曽三川流路網の目のように流れ上流に降ったは、地形特性から濃尾平野西側集まり気象特性から、「四刻八刻十二刻と言い伝えられているように揖斐長良木曽の順に時間追って洪水が襲うことから、一番低い揖斐川筋では長時間洪水苦しめられ、集落単位洪水防御としての「輪中」が発達し、独特な輪中文化生まれました。輪中では自己の部落洪水から守り内水についても自己の輪中内で処置する伝統があり、それは時としてをめぐる輪中同士での流血騒ぎになることもありました。
三川分流
木曽三川東西日本のまん中に位置し、徳川家康天下分け目関ヶ原の合戦後、石高増大西側からの攻撃備え、木曽川左岸我が国最初一大連続堤防である御囲堤造りました。木曽三川を治めるには、三川分流が必要であったため、江戸幕府外様大名への強藩財政疲弊政策として御手伝普請が行われました。なかでも薩摩藩による宝暦治水は、総奉行平田靱負割腹など多く犠牲者出し悲話として有名です。平田靱負を祀った治水神社薩摩日向を植えた千本松原は、今では人々憩いの場となっています。
明治になって、政府招きにより来日したオランダ人技師ヨハネス・デレーケらにより近代土木による三川分流工事完成し、現在の木曽三川原形がつくられました。
ゼロメートル地帯
しかし、昭和3040年代高度経済成長期地下水汲み上げ増大にともない生じた急激な地盤沈下により、木曽三川河口部を含む濃尾平野は、海抜ゼロメートル以下の面積日本一となってしまいました。この様な状況考慮しつつ、平成改修として高潮堤防を含む堤防整備浚渫長良川河口堰建設などの工事実施してきたところであり、現在、徳山ダム建設揖斐川右岸堤防強化鋭意進められています。
【夢普請
地元では、これまでの闘う水郷地帯」というイメージから「魅力ある水郷づくり」に取り組む動きが出てきています。地域夢づくりその実現のために、「夢普請」と名付けられた、住民市町村、県、国等の関係機関連携協働し、共に知恵出しあい、共に汗をかく活動により、安全、安心な地域づくりが今、進められています。この「夢普請」の活動内容については、http://www.yumenosato.jpで見ることができます
2.地域の中の木曽三川
"木曽三川寝覚の床飛水峡恵那峡養老の滝などに代表される景勝地恵まれている他、鵜飼い花火大会また、環境省選定水浴88唯一の河川水浴場を持つなど、すぐれた自然環境歴史的文化遺産を活かし、様々な利用がなされています。"

地域社会とのつながり

日本ライン下り
日本ライン下り
寝覚の床
寝覚の床
長良川の鵜飼い
長良川の鵜飼
長良川水浴場
長良川水浴
長良川水浴場
長良川水浴
木曽三川は、すぐれた自然環境歴史的文化遺産を活かし、様々な利用がなされています。
名勝
木曽川では、飛騨木曽国定公園中にあり東洋ライン川といわれる日本ライン下りが行われ、その観光船下りおもしろさは、本場ライン下り超えると言われています。
また、木曽三川景勝地にも大変恵まれており、巨大花崗岩が木曽川の激流に刻まれてできた自然の彫刻であり、浦島太郎竜宮城から帰った後美し景色気に入り、そこに住み、玉手箱開けたとの伝説のある名勝史跡天然記念物の木曽川の寝覚の床や国の天然記念物指定されている日本最大級甌穴群を有する飛水峡奇岩怪石からなる恵那峡名水百選にも選ばれ、老を養う若変りとしての不思議まつわる伝説有する養老の滝などがあります
清流
長良川は、豊富なアユ資源恵まれ我が国唯一の宮内庁職員としての鵜匠による鵜飼いが行われています。また、自然景観水質優れており、中流域美濃市関市岐阜市)は、環境省選定名水百選に選ばれ、清流長良川に育まれた美濃和紙づくりは1300年伝統持ち、国の無形文化財指定されています。
岐阜市においては環境省選定水浴88唯一の河川水浴場にも選ばれています。岐阜市長良川花火大会は、2週連続して2回行われ、全国から見物客が集まる程、規模大きく風情あります。他にもイベント数多く行われ多く市民観光客親しまれています。
揖斐川では、河川一定水域を竹材などを用いて遮断しそこに落ち捕獲する漁法ヤナ観光として盛んに行われをつかまえる子どもなど観光客で賑わっています。
3.木曽三川自然環境
"木曽三川生息する魚類種類数はわが国最大であり、淡水魚天然記念物であるイタセンパラネコギギ希少種ハリヨ生息しています。また、下流部から河口域にかけては、ほぼ全域感潮区間であり、汽水域を好むヤマトシジミ我が国有数生息地です。"


イタセンパラ
イタセンパラ
ケレップ水制とワンド
ケレップ水制ワンド
とんぼ池
とんぼ池
木曽三川広大沖積平野大部分占め濃尾平野は、上流端から木曽川扇状地を代表とする木曽三川により形成された扇状地自然堤防帯、及び三角州からなっています。
多様な植生
これらの低平地は、水田水路、池、湿地河川など豊かな水環境を有し、生息する魚類種類数は、わが国最大であり、淡水魚天然記念物であるイタセンパラネコギギ特別天然記念物オオサンショウウオ希少種ハリヨ生息するなど希少な植物合わせて自然豊かな我が国を代表する河川です。
木曽川の12~24km付近に明治改修整備されたケレップ水制によりワンド形成され、希少な植物であるタコノアシ昆虫ではコフキトンボチョウトンボコシアキトンボ二枚貝大きさとして世界一思われるイシガイドブガイ生息するなど、良好環境形成されています。また、下流部から河口域にかけては、ほぼ全域感潮区間であり、汽水域を好むヤマトシジミ我が国有数生息地となっており、休日には多くの人が干潮狩りを楽しんでいます。
トンボ天国
木曽川の三派川地区では、河跡湖であり42種類トンボ多く野鳥などが見られる笠松町トンボ天国に代表される広大豊かな河川環境広がり祖父江地区では、我が国でも珍しい、河川砂丘である祖父江砂丘がみられます。
4.木曽川の主な災害

■木曽川
発生年月日
原因
被害状況
S34.9.26~9.29
伊勢湾台風
愛知県岐阜県三重県全体被害状況
被災家屋 354,427棟(河川被害以外も含む)
S36.6.27
梅雨前線低血圧
浸水面積 500ha(美濃加茂市可児市笠松町、他2町)
被災家屋 889棟
S45.6.10~7.18
梅雨前線台風2号
浸水面積 337ha(美濃加茂市可児市笠松町祖父江町扶桑町
被災家屋 198
S58.9.24~9.30
台風10号
浸水面積 509ha(美濃加茂市可児市犬山市一宮市笠松町坂祝町)
被災家屋 4,588

(注:この情報2008年2月現在のものです)

木曽川(中流域)(きそがわ(ちゅうりゅういき))

河川 愛知県犬山市
名水画像
名古屋市内の上水源等利用される河川である。現在の流路になったのは、天正14年の木曽川最大洪水天正洪水以降のことで、急流河床及び河川が特異風景をなし、優良環境として国の名勝指定されている。
位置情報

おすすめの時期
新緑の「春」と、水の豊富な「夏」
周辺の自然環境
木曽川の最終渓谷で、上流部では山林に囲まれ、チャート角岩)の懸崖奇岩巨岩を望むことができる。
利用状況
良質水質豊富な水量により、犬山市尾張地域の上水源として利用されている。
イベント情報
日本ライン下り」 一年中:川の景色を楽しみながら、木曽川(約13km:美濃太田から犬山橋下まで)を下る。
木曽川鵜飼」 6月9月鵜飼は8~10羽のを捕らせる古典的漁法で、鵜船のたくかがり火と共に川を下り鵜匠巧みな綱さばきと妙技間近で見ることができる。
「昼うかい」5月10月に潜ってを捕る瞬間間近見られる日本唯一の昼うかいを行っている。
日本ライン夏まつり納涼花火大会」 毎年8月10日犬山橋下流で開かれる。約3,000発の華やか花火競演に約15万人見物客花火酔いしれる。

水質・水量
水質は「生活環境の保全に関する環境基準」で「AA」を保っており、水量は約1,500トン/日。
由来・歴史
木曽川が現在の流路になったのは、天正14年西暦1586年)木曽川史上最大洪水と言われる天正洪水以降のことで、それ以前はいくつもの支流分かれ濃尾平野流れていました。この「天正洪水」により集中して流れ流路が「木曽川」と言われており、天正18年西暦1590年)には、豊臣秀吉が木曽川左岸犬山から長島まで)の築堤をしました。この堤防は度々決壊していましたが、その後慶長12年西暦1607年)、徳川義直家康の第9子)が尾張藩主になると、翌年徳川家康は、伊奈備前守忠次に木曽川左岸築堤を命じます。この築堤は、犬山から伊勢湾まで50km工事をわずか2年完成させ「お囲み堤」ともいわれ、尾張洪水から守るとともに西国大名対す一大防御線を築きました。また尾張藩では美濃に対して、この堤防より3尺低くするよう圧力をかけたといわれています。
水質保全活動
年2回の水質調査と、地元小学校が木曽川の調査等を実施している。
アクセス
鉄道バスでお越し場合
名古屋鉄道犬山遊園駅下車徒歩3分(日本ライン下り乗り場

【 お車でお越し場合
■ 東名自動車道小牧IC国道41号線北上し「五郎丸交差点北へ曲がり10分程走行すると「犬山橋」に到着。(犬山橋から上流約15Kmまでの間が、名水百選の木曽川中流域になります)

お問い合わせ
犬山市役所経済環境部環境
〒 484-8501
愛知県犬山市大字犬山東畑36番地
TEL : 0568-61-1800
020300@city.inuyama.lg.jp
http://www.city.inuyama.aichi.jp
その他
犬山橋付近からは緑に囲まれた国宝犬山城を望むことができます
アクセスマップ
アクセスマップ図

木曽川

名称: 木曽川
ふりがな きそがわ
種別 名勝
種別2:
都道府県 2県以上
市区町村 犬山市可児市加茂郡坂祝町各務原市
管理団体 可児市(昭6・812),坂祝町(昭6・812),各務原市(昭6・812),犬山市(昭6・812)
指定年月日 1931.05.11(昭和6.05.11)
指定基準 10,名6
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: 美濃國土田村ヨリ尾張國犬山町ニ亘レル峽谷ニシテ木曾川ノ一部其ノ絶勝ノ尤ナルモノナリ古生層ノ角岩ヲ以テ構成セラル■谷林木ノ幽致ハ湍瀬岩礁ノ奇趣ト相待チ更ニ犬山城点景トシ遊覧利便多キ特色アル勝區ヲ成ス
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
名勝:  鳴門  面河渓  毛利氏庭園  木曽川  木曽川堤  耶馬渓  養浩館

木曾川

読み方:キソガワ(kisogawa)

所在 群馬県

水系 利根川水系

等級 1級


木曾川

読み方:キソガワ(kisogawa)

所在 長野県岐阜県愛知県三重県

水系 木曾川水系

等級 1級


木曽川

読み方:キソガワ(kisogawa)

所在 愛知県(JR東海道本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

木曽川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/09 01:53 UTC 版)

木曽川(きそがわ)は、長野県から岐阜県愛知県三重県を経て伊勢湾に注ぐ木曽川水系の本流で一級河川、いわゆる木曽三川の一つ。源流部では、「味噌川」(みそがわ)とも呼ばれる。




  1. ^ 木曽川(中流域) - 名水百選 - 環境省
  2. ^ 『日本三代実録11巻』
  3. ^ * 榎原雅治 『中世の東海道をゆく 京から鎌倉へ、旅路の風景』(中央公論新社 中公新書、2008年)


「木曽川」の続きの解説一覧





木曽川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

木曽川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「木曽川」の関連用語

木曽川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

四万十川

ナイベツ川湧水

赤川

不老水

江戸川

白川水源

重信川

杜々の森湧水





木曽川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木曽川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS