扇状地とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 地形 > 扇状地の意味・解説 

せん じょうち -じやう- [3] 【扇状地】

河川山地から低地移り流れがゆるやかになる所に堆積物が積もってできる扇形地形

扇状地

山間部流れ急流河川平坦地に出るとその流速が弱まり、運搬してきた粗大砂礫山地からの出口をかなめに扇状堆積させた地形多量の被圧伏流水があり、扇状地の末端部では地下水湧出する。土質砂・礫主体とし地盤良好なことが多い。

扇状地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/11 04:16 UTC 版)

扇状地(せんじょうち、英語: alluvial fan)とは、河川山地から平野盆地に移る所などに見られる、土砂などが山側を頂点として扇状に堆積した地形のこと。扇子の形と似ていることからこの名がある。扇状地の頂点を扇頂、末端を扇端、中央部を扇央という。






「扇状地」の続きの解説一覧





扇状地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「扇状地」の関連用語

扇状地のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




扇状地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サムシングサムシング
Copyright (c) 2014 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの扇状地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS