幹川流路延長とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 河川用語 > 幹川流路延長の意味・解説 

幹川流路延長 (かんせんりゅうろえんちょう)

幹川流路延長とは、一つ水系の中で流量流域面積大きいものを幹川とし、河口から谷をさかのぼった分水界上の点までの流路延長を言います。建設省現・国交通省においては河川実態調査水系全体総合的調査として取りまとめ河川現況調査が行われており、昭和53年度に行われ河川現況調査をもとに、流域面積及び幹川流路延長の統一が図られ、多摩川においては山梨県甲州市笠取山までの138kmが幹川流路延長となっています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幹川流路延長」の関連用語

1
52% |||||

2
38% |||||

3
38% |||||

4
36% |||||

5
36% |||||

6
36% |||||

7
34% |||||

8
34% |||||

9
32% |||||

10
32% |||||

幹川流路延長のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Golf

コリドラス・トリリネアトゥス

下赤坂棚田

レギュラー ティー

水難救助車

ソムリエナイフ

黄金竹

トリッカー





幹川流路延長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS