多自然型川づくりとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 環境アセスメント用語 > 多自然型川づくりの意味・解説 

多自然型川づくり (たしぜんがたかわづくり)

 水辺多様な生物環境として位置づけ治水上の安全を確保しつつ、人間生活と調和する豊かな自然の保全創造配慮した川づくりを目的とした、国土交通省河川改修事業河川改修に当たって、瀬と淵を保存または再生し、川幅広くとれるところは広くし、法勾配緩勾配とし、植生自然石利用した護岸採用するなど自然の川の持つ構造的多様性尊重した工法採用している。

多自然型川づくり (たしぜんがたかわづくり)

多自然型川づくりとは、地水上の安全性確保した上で草花や緑にあふれ、昆虫などさまざまな生き物育む多様豊かな自然環境保全創出し、再生することを目指す川づくりのことです。例えば、魚類生息に重要な瀬と淵の創出、木や石を用いた空隙のある多様な水辺環境創出護岸表面覆土等による緑化などです。

多自然型川づくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/19 15:04 UTC 版)

多自然型川づくり(たしぜんがたかわ-)とは、平成元年度から旧建設省が実施している河川事業の一つ。 この事業名称で、1991年11月の建設省(現・国土交通省)が全国通達したことに端を発している。




「多自然型川づくり」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「多自然型川づくり」の関連用語

多自然型川づくりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

風布川

カプリス デ デュー

タッチラグビー

ホームバー

7000形

地方自治法施行60周年記念 山梨県分 1,000円銀貨幣

タウン

三島彌太郎





多自然型川づくりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多自然型川づくり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS