セルシウス度とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > セルシウス度の意味・解説 

セルシウス度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/09 13:51 UTC 版)

セルシウス度(セルシウスど、英語: degree Celsius、記号: °C)は、温度単位である。国際単位系 (SI) では、次のように定義されている[1]




  1. ^ 計量法第3条と別表第1、第8条は、「法定計量単位」を明確に定めており、温度の法定計量単位は、「ケルビン セルシウス度又は度」及び「カ氏度」(計量単位令別表第7)である。この規定のゆえに、「セ氏度」、「摂氏度」、「華氏度」の表記は計量法の違反となる。通産省のブックレットは、「計量法では 用語の使用を明確には規定していませんが、・・・」(新計量法とSI化の進め方、通商産業省、SI単位等普及推進委員会、1999年3月発行、、p.31 Q21とA21)と記述し、計量法上の「物象の状態の量」の用語の使用を規定してはいないことを表明している。このことは、「計量単位」については、その使用を明確に規定しており、規定外の計量単位(の名称)を使用することは、法に違反となることを示すものである。なお、計量法は「取引又は証明に用いる」計量単位について規制しており、これらの用途以外における「非計量単位」の使用は計量法の規制外である。
  1. ^ a b 『国際単位系(SI)』2.1.1.5 熱力学温度の単位(ケルビン)、pp.24-25
  2. ^ 計量単位令 別表第1 第5号 温度 「セルシウス度又は度」の欄
  3. ^ 計量単位規則 別表第2 「温度・セルシウス度又は度」の欄
  4. ^ 計量単位令 別表第1 第5号 温度 「セルシウス度又は度」の欄 の表現のとおり
  5. ^ 1958年にアルコール専売法の第2条第2項中の「摂氏十五度」を「温度十五度」に改める法律改正がなされている。計量単位の統一に伴う関係法律の整備に関する法律第9条
  6. ^ 『国際単位系(SI)』表3 固有の名称と記号で表される一貫性のある SI 組立単位、p.29
  7. ^ 『国際単位系(SI)』 5.2 単位の名称、p.43
  8. ^ 『国際単位系(SI)』 5.3.3 量の値の書式、p.45
  9. ^ Anders Celsius 1701-1744 ウプサラ天文台による解説、第6段落目
  10. ^ History of the Celsius temperature scale ウプサラ天文台による解説、第5段落の後半部分、Pehr Wargentin(Secretary of the Academy of Sciences、Royal Swedish Academy of Sciences)の1749年の論文による
  11. ^ History of the Celsius temperature scale ウプサラ天文台による解説、第5段落の後半部分、「Linné is not mentioned at all.」
  12. ^ The Unicode Standard, Version 8.0. Mountain View, CA, USA: The Unicode Consortium. (August 2015). ISBN 978-1-936213-10-8. http://www.unicode.org/versions/Unicode8.0.0/ch22.pdf 2015年9月6日閲覧。. 


「セルシウス度」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セルシウス度」の関連用語

セルシウス度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ネットボール

キック

ノベタン

ジュリー・ペイエット

バンチ

S-1005

ランサー

おれんじHOPE





セルシウス度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセルシウス度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS