バチカンとは?

バチカン

バチカンバチカンペンダントトップチェーンなどを通すための金具
三味線バチの形に似ているために、この名称がつけられました。
[写真左]バチカン(甲丸バチカンとも呼ばれています)
[写真右]三角バチカン(Aカン,かに爪バチカンetc. とも呼ばれています)
写真三角バチカンカン付ですが、カンなしのタイプあります

関連用語:Aカン三角バチカン

バチカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/21 04:14 UTC 版)

バチカン市国(バチカンしこく、ラテン語: Status Civitatis Vaticanæイタリア語: Stato della Città del Vaticano)、通称バチカンは、ヨーロッパにある国家で、国土面積は世界最小である。ヴァチカンバティカンヴァティカンとも表記される。




バチカン市国
Status Civitatis Vaticanæ(ラテン語)
Stato della Città del Vaticano(イタリア語)
バチカンの国旗 バチカンの国章
国旗 国章
国の標語:なし
国歌賛歌と教皇の行進曲
バチカンの位置
公用語 ラテン語[1]
首都 都市国家
最大の都市 都市国家
政府
教皇 フランシスコ
国務長官 ピエトロ・パロリンイタリア語版英語版ラテン語版
面積
総計 0.44km2195位
水面積率 極僅か
人口
総計(2014年 819人(195位
人口密度 1865人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(xxxx年 xxx,xxxユーロ (€)
GDP (MER)
合計(xxxx年 xxx,xxxドル(???位
GDP (PPP)
合計(xxxx年 xxx,xxxドル(???位
1人あたり xxxドル
独立
ラテラノ条約締結 1929年2月11日
ラテラノ条約批准 1929年6月7日
通貨 ユーロ (€) (EUR) [2][3]
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 VA / VAT
ccTLD .va
国際電話番号 379
  1. ^ イタリア語が常用される。
  2. ^ 1999年以前の通貨はイタリア・リラバチカン・リラ
  3. ^ バチカンのユーロ硬貨も参照。
[ヘルプ]
  1. ^ a b バチカン 基礎データ 外務省
  2. ^ NUNTIATURA APOSTOLICA IN IAPONIA ERIGITUR
  3. ^ “中国が初の政党白書 一党独裁の正当性強調”. 47ニュース. 共同通信 (共同通信社). (2007年11月15日). http://www.47news.jp/CN/200711/CN2007111501000289.html 2013年12月23日閲覧。 
  4. ^ “「中国政府は言論・宗教を抑圧」 米国が中国人権報告書発表”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2009年10月17日). オリジナル2009年10月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091025075008/http://sankei.jp.msn.com/world/america/091017/amr0910171912007-n1.htm 
  5. ^ “政府の教会統制策、バチカンの許可なく司祭叙階 - 中国”. AFPBB News (クリエイティヴ・リンク). (2006年5月3日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2053086/526712 
  6. ^ Restriction and Suppression of Religious Freedom in China ボイス・オブ・アメリカ2006年5月17日
  7. ^ “バチカンとの国交樹立を妨げるもの - 中国”. AFPBB News (クリエイティヴ・リンク). (2006年3月26日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2039872/431452?pageID=2 
  8. ^ “キューバ見つめて バチカン、50年の外交努力”. (2014年12月24日). http://www.christiantoday.co.jp/articles/14895/20141224/cuba-vatican-50-pope-francis.htm 2014年12月25日閲覧。 
  9. ^ 時事新報1934年4月22日付など
  10. ^ 上野景文『バチカンの聖と俗』、かまくら春秋社、2011、pp91-92
  11. ^ 「ビジュアルシリーズ 世界再発見1 フランス・南ヨーロッパ」p114 ベルテルスマン社、ミッチェル・ビーズリー社編 同朋舎出版 1992年5月20日第1版第1刷
  12. ^ “バチカン銀行の資金押収 「闇」の解明なるか”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2010年9月22日). オリジナル2010年9月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100925072035/http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100922/erp1009221931006-n1.htm 2011年1月10日閲覧。 
  13. ^ “バチカン、金融取引で資金洗浄か 監視局、6件を認定”. 朝日新聞. (2013年5月26日). http://www.asahi.com/international/update/0526/TKY201305250396.html 2013年5月26日閲覧。 
  14. ^ “バチカン銀行幹部を事実上の更迭 法王が経営透明化本腰”. 朝日新聞. (2013年7月2日). http://www.asahi.com/international/update/0702/TKY201307020020.html 2013年8月21日閲覧。 
  15. ^ [1]
  16. ^ All About 天使が配達?!絵葉書送るならバチカン郵便局 バチカンの郵便ポストに手紙を投函するときは、うっかりイタリアの切手を貼らないように注意しましょう。
  17. ^ 劣悪イタリア郵便事情の改善に 日本人が立ち上がった!”. Cafeglobe.com. カフェグローブ・ドット・コム (2002年4月1日). 2002年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月10日閲覧。
  18. ^ CIA - The World Factbook -- Holy See (Vatican City)



バチカン

出典:『Wiktionary』 (2011/12/25 12:09 UTC 版)

固有名詞

バチカン【和地関、梵蒂岡】

  1. イタリアローマ市内位置する国。正式名称バチカン市国
  2. ローマ教皇庁を意味する俗語

関連語

翻訳






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バチカン」の関連用語

バチカンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サイズ棒

丸小ビーズ

ヴェネチアンビーズ

三角カン

携帯ストラップ金具

ヴァレンチニット

波形ワイヤー

ストライプビーズ





バチカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2016 BOW All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバチカン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバチカン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS