原子力発電とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 発電 > 原子力発電の意味・解説 

げん しりょく はつでん [6] 【原子力発電】

核分裂による熱で水蒸気発生させ,蒸気タービン発電機回し発電すること。

原子力発電

読み方げんしりょくはつでん
【英】: nuclear power generation / atomic power generation
同義語: atomic power generation  

原子力発電は、原子炉内でウラン 235 などの核分裂性物質制御下で連続的核分裂反応を行わせ、その際生じる反応熱利用して発電するもので、熱エネルギー電気変える方法火力発電と同じである。
ウラン 235原子核分裂することによって発生するエネルギーは、同じ質量炭素原子酸化するときに発生するエネルギー250 万倍達するので、少量ウラン 235燃料)の装荷によって燃料補給なしに長期間エネルギー出し続ける。制御下で連鎖的にウラン 235核分裂を起こさせる原子炉仕組みは、第二次世界大戦中米国原子爆弾用のプルトニウム製造のために考案され、戦後動力炉として米国中心に開発されてきたが、その主な構成要素以下のとおりである。(1) ウラン燃料棒、(2) 中性子吸収し、連鎖反応調節する制御棒、(3) 中性子減速し、連鎖反応起こりやすくする減速材、(4) 発生する熱を取り出す冷却材、(5) 以上の一式格納する圧力容器
現在実用されている原子炉には減速材冷却材種類および燃料仕様などによって次のような種類がある。(1) 軽水炉軽水通常の)が減速材冷却材兼用されており、燃料には濃縮ウランを用いる。軽水炉現在世界の原子力発電の主力になっているが、沸騰水型BWR)と加圧水型PWR)の 2 種類がある。沸騰水型は、原子炉の中で蒸気発生させ、それを直接タービンに送る方式であり、加圧水型原子炉発生した高温高圧熱湯蒸気発生器熱交換器)に送り、そこで蒸気を作ってタービンに送る方式である。(2) 重水炉減速材重水重水素酸素から成る)を用いたもので、冷却材には重水または軽水を用いる。カナダ開発された Candu 炉重水冷却方式である。わが国では、冷却材軽水を用いた炉を新型転換炉ATR)として原型炉「ふげん」を運転中である。(3) ガス炉冷却材として加圧ガスを用いるもので、減速材には黒鉛が使われる。英国世界さきがけて動力炉として実用化したコールダーホール型炉は CO2 を用いた。冷却材として加圧ヘリウム・ガスを用い出口温度高温にする高温ガス炉新たに多目的炉として検討対象となっている。
原子炉を用いた商業発電1956 年から始まり以後年々増えて 1984 年央には米国トップ世界中311 基、2.1KW 、その発電量は総発電量の 10 %を超えるに至った。わが国では、日本原子力研究所による数年間にわたる研究原子炉経験経て1963 年発電試験炉、1966 年商用発電炉の運転が始まりそれ以来各電力会社による原子力発電所建設進み1985 年末には 31 基、23.6 百万 KW達し1984 年度の発電量は総発電量の 22.9 %に達した。このシェア今後も引き続いて増えていく見通しである。原子力発電を成り立たせるためには、核燃料サイクル確立される必要がある。すなわち、天然ウラン非分裂性のウラン 238 が 99.3 %)中のウラン 235 を約 3 %にまで含有率高める「濃縮」、原子炉で約 1 年間使った燃料中で発生したプルトニウム 239分離し、燃え残りウラン 235 を再濃縮する「再処理」のサイクルであるが、わが国はまだこれらを外国依存しており、国内でこれらを完結させることが一つ課題である。またこれに関連して、将来原子炉として高速増殖炉FBR)を実用化することが大きな課題である。高速増殖炉は、プルトニウム濃縮ウランとの混合物燃料として使用し、減速材を用いず、高速中性子燃料当て、そのなかのウラン 238プルトニウム転換することにより、消費されるプルトニウムよりも多くプルトニウム炉内生産される。このためこの種の原子炉導入されると、核燃料資源利用効率著しく増大することになる。この炉心部は高温になるので冷却材には液体ナトリウム使用するなど、高度の技術要求される。さらに将来の夢エネルギーとして核融合原子力発電が考えられ、米国ソ連西欧わが国それぞれ研究取り組んでいる。これは海水から濃縮採取される重水素三重水素原子核融合するときに放出するばく大なエネルギー利用するものであるが、この核融合反応を起こさせるためにはばく大なエネルギーが必要で、現在はまだ各国とも、その条件となるプラズマの高エネルギー密度状態を作り出す研究大きな資金投入している段階である。

原子力発電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/25 18:47 UTC 版)

原子力発電(げんしりょくはつでん、: nuclear electricity generation)とは、原子力を利用した発電のことである。現代の多くの原子力発電は、原子核分裂時に発生する熱エネルギーで高圧の水蒸気をつくり、蒸気タービン及びこれと同軸接続された発電機を回転させて発電する。ここでは主に軍事用以外の商業用の原子力発電の全般について説明する。




注釈

  1. ^ 原子炉においては、重水と区別するため、一般的な水は軽水と呼ばれる。
  2. ^ 同様に、廃熱のための施設は火力発電所でも必要となる。
  3. ^ 連合国軍最高司令官総司令部指令第三号第八項『日本帝国政府はウランからウラン235を大量分離することを目的とする、また他のいかなる不安定元素についてもその大量分離を目的とする、一切の研究開発作業を禁止すべきである』
  4. ^ 原子力基本法 第2条-原子力開発利用の基本方針
    平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。
  5. ^ 1957年当時。現在は沖縄電力を含めて10社となっている。ただし沖縄電力は日本原子力発電に出資していない。
  6. ^ 参考:美浜発電所3号機2次系配管破損事故[42]
  7. ^ 日本の分のみ2014年1月31日時点、他の国・地域は2014年1月1日時点。

出典

  1. ^ 電気学会通信教育会 『基礎原子力工学』、東京都千代田区: 電気学会〈電気学会大学講座〉、1982年5月20日 
  2. ^ a b ターボ機械協会 蒸気タービンとは?”. 2010年12月8日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 西原正夫、西原守、山本俊二「ジルコニウム合金の圧縮クリープ」、『材料試験』第10巻第90号、社団法人日本材料学会、1961年3月15日、 168-173頁、 NAID 1100022865722010年11月3日閲覧。オープンアクセス
  4. ^ 火力発電熱効率の向上”. 東京電力. 2010年10月30日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 原子力事業部 ABWR 改良型沸騰水型原子炉”. 東芝. 2010年2月8日閲覧。
  6. ^ 原子力事業部 模型で学ぶ原子力”. 東芝. 2010年10月31日閲覧。
  7. ^ a b c d e 原子力発電の歴史”. 神戸大学環境サークル (2006年2月17日). 2010年11月6日閲覧。
  8. ^ 小林圭二 (2005年3月22日). “京都大学原子炉実験所 原子力安全研究グループ 高速増殖炉 - 過去。現在・未来 (PDF)”. 京都大学. 2010年11月27日閲覧。
  9. ^ a b c アメリカの原子力安全規制機関 (PDF)”. 国立国会図書館. 2010年12月3日閲覧。[要ページ番号]
  10. ^ a b 旧ソ連の原子力研究施設”. 原子力百科事典ATOMICA. 一般財団法人高度情報科学技術研究機構 (2001年3月). 2010年11月27日閲覧。
  11. ^ a b c d e 不破哲三 「科学の目」で原発災害を考える”. 日本共産党 (2011年5月10日). 2011年5月14日閲覧。
  12. ^ 第1部 原子力の歩み 第1章 国際協力 §1 ジュネーブ会議”. 昭和33-34年版 原子力白書. 内閣府原子力委員会 (1960年2月). 2010年12月3日閲覧。
  13. ^ a b c d e f 柴田猛順. “エネルギー問題講義 (PDF)”. 大阪大学大学院理学研究科素粒子論研究室. 2010年11月6日閲覧。[要ページ番号]
  14. ^ a b 科学と技術の諸相 §3.原発の経済性・安全性”. 2010年12月3日閲覧。
  15. ^ 世界から見た原子力安全・保安院”. 経済産業省. 2011年4月6日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 多重防護”. 東京電力. 2011年4月6日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ 外国における高レベル放射性廃棄物の処分 (3) -アメリカ編”. ATOMICA. 2010年12月3日閲覧。
  18. ^ アメリカの電気事業および原子力産業”. ATOMICA (2009年1月). 2010年12月3日閲覧。
  19. ^ a b c チェルノブイリをめぐる放射線影響問題”. ATOMICA (2003年1月). 2010年11月6日閲覧。
  20. ^ 土井淑平 アメリカの核開発”. 土井淑平 活動と仕事. 土井淑平 (2010年2月27日). 2010年11月14日閲覧。
  21. ^ 原子力の三原則”. 原子力安全・保安院. 2011年1月20日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ 原子力委員会の役割”. 原子力委員会. 2011年1月20日閲覧。
  23. ^ 【総論】第1章 はじめに §1 原子力委員会の性格と構成”. 昭和33-34年版 原子力白書. 原子力委員会 (1960年2月). 2011年1月20日閲覧。
  24. ^ 沿革”. 日本原子力研究所. 2011年1月20日閲覧。
  25. ^ 沿革”. 日本原子力発電. 2011年1月20日閲覧。[リンク切れ]
  26. ^ 第III部 資料部 13.原子力知識の普及啓発”. 昭和52年版 原子力白書. 原子力委員会 (1977年12月). 2011年1月20日閲覧。
  27. ^ 黒鉛減速炭酸ガス冷却型原子炉”. ATOMICA (2008年12月). 2010年11月14日閲覧。
  28. ^ “鳩山首相、温室ガス25%削減目標を国際公約として明言”. Reuters. (2009年9月23日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11604120090922 2005年7月9日閲覧。 
  29. ^ 山口智久 (2009年9月22日). “鳩山首相、温室効果ガス「25%削減」世界に宣言”. asahi.com (朝日新聞社). http://www.asahi.com/eco/TKY200909220249.html 2005年7月9日閲覧。 
  30. ^ “温暖化法案、原発利用を明記=連立相手の社民にも配慮 - 小沢環境相”. 時事通信 (Yahoo!ニュース). (2010年2月23日). http://news.yahoo.co.jp/pickup/1545135 2015年7月9日閲覧。 
  31. ^ “Mr. Hatoyama's Climate Headache - Opinion Asia” (英語). The Wall Street Journal. (2010年3月8日). http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052748703936804575108543273662242 2015年7月9日閲覧。 
  32. ^ 福島第一原発事故評価チェルノブイリと同じレベル7に”. SciencePortal. 2011年6月14日閲覧。[リンク切れ]
  33. ^ 原子力基本法”. 電気事業連合会. 2010年11月6日閲覧。[リンク切れ]
  34. ^ よくわかる原子力 東海村JCO臨界事故”. 原子力教育を考える会. 2010年12月9日閲覧。
  35. ^ 国際原子力エネルギー・パートナーシップ (GNFP)”. 外務省 (2008年11月). 2010年11月6日閲覧。
  36. ^ 1-2 原子炉は核爆発しない (PDF)」『核エネルギーと地震 - 中越沖地震の検証、技術と危機管理』 医療科学社〈高田純の放射線防護学入門シリーズ〉、2008年6月23日、pp. 4-5。ISBN 978-4-86003-389-72010年11月3日閲覧。
  37. ^ 炉心溶融とは”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2011年3月26日閲覧。
  38. ^ 電力用語解説 非常用炉心冷却系”. 中部電力. 2011年3月26日閲覧。
  39. ^ 自己制御性”. ATOMICA. 2011年3月26日閲覧。[リンク切れ]
  40. ^ 東日本大震災による福島第一原子力発電所1-4号機事故の収束に向けた対応状況(2011.08.06 12:00現在) (PDF)”. 一般社団法人日本原子力産業協会. 2011年8月10日閲覧。
  41. ^ 橋本努 (2011年5月16日). “東京電力福島第一原発の何が問題だったのか 検証その2”. SYNODOS. 2015年10月11日閲覧。
  42. ^ 柏崎市 INES (PDF)”. 2010年11月3日閲覧。[リンク切れ]
  43. ^ a b c d e f g h i 世界の原子力発電開発の動向2014年版 (PDF)”. 一般社団法人日本原子力産業協会. 2014年12月20日閲覧。[要ページ番号]
  44. ^ 「世界の原子力発電開発の動向 2014年版」を4月14日に刊行 (PDF)”. Press Release. 一般社団法人日本原子力産業協会. pp. 1, 3 (2014年4月9日). 2015年10月20日閲覧。
  45. ^ a b c d e f g Nuclear share figures, 2003-2013” (英語). World Nuclear Association. 2014年12月20日閲覧。
  46. ^ “米原子力規制委のマクファーレン委員長、核燃料処分に注力へ”. ブルームバーグ. (2012年8月15日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M8ROOZ6K510901.html 2012年9月1日閲覧。 
  47. ^ “NRC Approves Final Rule on Spent Fuel Storage and Ends Suspension of Final Licensing Actions for Nuclear Plants and Renewals” (英語) (PDF). NRC NEWS (米国原子力規制委員会 (NRC)). (2014年8月26日). http://www.nrc.gov/reading-rm/doc-collections/news/2014/14-055.pdf 2014年12月20日閲覧。 
  48. ^ 世界の原子力発電の動向・中南米(2005年)”. ATOMICA (2006年8月). 2010年12月14日閲覧。
  49. ^ 世界の原子力発電開発の動向・CIS”. ATOMICA. 2010年12月10日閲覧。
  50. ^ a b 日本政策金融公庫国際協力銀行フランクフルト事務所 (2009年9月). “欧州における原発の現状と今後の見通し (PDF)”. 2011年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月14日閲覧。 “2009年8月1日時点で、EU27カ国における...原発による電力シェアは28%...
  51. ^ エネルギー” (日本語). 在日フランス大使館 (2009年10月26日). 2010年11月14日閲覧。
  52. ^ a b ベルギーの原子力政策・計画”. ATOMICA. 2011年3月26日閲覧。
  53. ^ エネルギー白書2007年版”. 資源エネルギー庁. 2011年3月26日閲覧。[リンク切れ]
  54. ^ Emerging Nuclear Energy Countries” (英語). World Nuclear Association. 2014年12月20日閲覧。
  55. ^ “イラン初の原子力発電所、試験的な稼動を開始”. 中国国際放送局 (サーチナニュース). (2009年2月26日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0226&f=politics_0226_001.shtml 2010年12月28日閲覧。 
  56. ^ “露がトルコで原発初受注 露大統領中東歴訪”. 産経ニュース. (2010年5月13日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100513/erp1005132058015-n1.htm 2010年12月28日閲覧。  [リンク切れ]
  57. ^ a b c “UAE原発建設、韓国企業連合が受注”. ロイター. (2009年12月28日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13122920091227 2010年12月28日閲覧。 
  58. ^ 中杉秀夫 (2014年1月21日). “中国の原子力発電開発:エネルギー逼迫による必要性 (PDF)”. 一般社団法人日本原子力産業協会. pp. 18-21. 2014年12月20日閲覧。
  59. ^ 原子力事業部 原子力の必要性”. 三菱重工. 2010年11月26日閲覧。[リンク切れ]
  60. ^ “課題残し日本最長「50年運転」関電美浜原発1号機 28日に40年”. 産経新聞. (2011年1月17日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110117/biz11011716540035-n1.htm 2011年1月17日閲覧。  [リンク切れ]
  61. ^ 川内原子力発電所1号機の通常運転復帰について”. 九州電力 (2015年9月10日). 2015年9月20日閲覧。
  62. ^ 2009年:“泊原発3号機が営業運転開始 北電の原子力割合40%に”. 産経新聞. (2009年12月22日). http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/hokkaido/091222/hkd0912222050003-n1.htm 2010年12月8日閲覧。  [リンク切れ]
  63. ^ 2009年:東北電力 電力供給 (PDF) [リンク切れ] - 2010年12月8日閲覧
  64. ^ 2008年:東京電力 電気のどのくらいが原子力発電なの?[リンク切れ] - 2010年12月8日閲覧
  65. ^ 2010年::“中電 原発新設へ 原子力比率50%に引き上げ”. 毎日新聞. (2010年12月6日). http://mainichi.jp/select/biz/news/20101206k0000m040117000c.html 2010年12月8日閲覧。  [リンク切れ]
  66. ^ 2009年:北陸電力 原子力発電の推進[リンク切れ] - 2010年12月8日閲覧
  67. ^ 2010年:関西電力 関西電力の発電電力量比[リンク切れ] - 2010年12月8日閲覧
  68. ^ 2009年:中国電力 建設計画 - 2010年12月8日閲覧
  69. ^ 2006年:四国電力 四国の発電の割合[リンク切れ] - 2010年12月8日閲覧
  70. ^ 2010年:九州電力 火力発電の運用[リンク切れ] - 2010年12月8日閲覧
  71. ^ 2009年:沖縄電力 電力負荷の平準化の推進 - 2010年12月8日閲覧
  72. ^ スウェーデンが選ぶ脱「脱原子力」 (PDF)”. 第2回新入会員歓迎懇談会 資料4. 日本原子力産業協会 (2009年3月19日). 2010年12月2日閲覧。 [要ページ番号]
  73. ^ “イタリア、原発再開を凍結へ 国民投票が成立”. 朝日新聞. (2011年6月13日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106130284.html 2011年6月13日閲覧。 
  74. ^ “Nuclear plants in the US keep closing — that's bad news for climate change” (英語). Vox. (2014年5月2日). http://www.vox.com/2014/5/2/5671394/nuclear-power-retirements-climate-change 2014年12月20日閲覧。 
  75. ^ Table A9. Electricity generating capacity (PDF)” (英語). Annual Energy Outlook 2014. U.S. Energy Information Administration. p. A-20 (2014年4月). 2014年12月20日閲覧。
  76. ^ 原子力発電所の寿命延長(NRCの運転認可更新規則)”. ATOMICA (2007年6月). 2014年12月20日閲覧。
  77. ^ Fact Sheet on Reactor License Renewal” (英語). NRC(米国原子力規制委員会) (2014年5月). 2014年12月20日閲覧。
  78. ^ US NRC expects application to extend nuclear licenses beyond 60 years” (英語). Platts (2014年2月26日). 2014年12月20日閲覧。
  79. ^ 一ノ渡忠之 (2012年5月22日). “ロシアの原子力産業の現状”. ユーラシア研究所. 2014年12月20日閲覧。
  80. ^ 副島英樹 (2011年4月17日). “[ロシア]「双頭」の姿勢に揺るぎなし”. [第61号] 原発、揺れる世界. Asahi Shimbun GLOBE. 2014年12月20日閲覧。
  81. ^ イギリスの原子力発電開発”. ATOMICA (2010年9月). 2014年12月20日閲覧。
  82. ^ 有馬純 (2014年7月8日). “英国と原子力”. 国際環境経済研究所. 2014年12月20日閲覧。
  83. ^ “EU、英国の原発建設計画を承認=関係筋”. Reuters. (2014年10月8日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0HX0U220141008 2014年12月20日閲覧。 
  84. ^ “中国政府、原発新設を再開 安全計画を承認、認可の凍結解除”. 日本経済新聞. (2012年6月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM01051_R00C12A6FF1000/ 2014年12月20日閲覧。 
  85. ^ 永崎隆雄 (2013年5月10日). “中国の原子力レヴュー”. SciencePortal China. 2014年12月20日閲覧。
  86. ^ 永崎隆雄 (2013年7月17日). “福島事故後の中国原子力開発 (PDF)”. 第27回原子力委員会資料第3号. 原子力委員会. pp. 19, 21. 2014年12月20日閲覧。
  87. ^ “韓国、原発の新設継続 依存度35年に約3割に引き上げ”. 日本経済新聞. (2014年1月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1403M_U4A110C1FF2000/ 2014年12月20日閲覧。 
  88. ^ “揺るがぬ原発輸出政策 韓国、経済成長を優先”. 東京新聞. (2012年6月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/archive/nuchamon/list/CK2012062102000168.html 2014年12月20日閲覧。 
  89. ^ インドの原子力開発と原子力施設”. ATOMICA. 2014年12月20日閲覧。
  90. ^ India looks to 63 GW nuclear capacity by 2032” (英語). Modern Power Systems (2012年2月26日). 2014年12月20日閲覧。
  91. ^ “New French energy policy to limit nuclear” (英語). World Nuclear News. (2014年6月18日). http://www.world-nuclear-news.org/np-new-french-energy-policy-to-limit-nuclear-1806144.html 2014年12月20日閲覧。 
  92. ^ “原子力協定、今国会で承認へ トルコ・UAEに原発輸出”. 日本経済新聞. (2014年4月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0403H_U4A400C1PP8000/ 2014年11月30日閲覧。 
  93. ^ 新興市場における原子力の将来:サウジアラビア”. Forum on Energy (2014年1月14日). 2014年11月30日閲覧。
  94. ^ “ヨルダン原発、ロシア企業に交渉権 日仏連合は劣勢に”. 朝日新聞. (2013年11月6日). http://www.asahi.com/articles/TKY201311060564.html 2014年11月30日閲覧。  [リンク切れ]
  95. ^ “ポーランド、初の原子力発電所建設は予定通り進める方針”. Reuters. (2012年10月15日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE89E04S20121015 2014年11月30日閲覧。 
  96. ^ “日本とカザフスタン、原発で連携強化”. 日本経済新聞. (2013年2月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1803M_Y3A210C1PP8000/ 2014年11月30日閲覧。 
  97. ^ a b “ベトナム原発受注で日本勢敗退、首脳外交含め戦略見直しも”. MSN産経ニュース. (2010年2月9日). http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100209/env1002092023000-n1.htm 2010年2月9日閲覧。  [リンク切れ]
  98. ^ Timeline” (英語). Emirates Nuclear Energy Corporation. 2014年11月30日閲覧。
  99. ^ “ベトナム、原発計画14基に 首相が開発方針承認”. 47News. (2010年6月23日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062301001057.html 2010年6月23日閲覧。 
  100. ^ 【図解・社会】東日本大震災2年・ベトナムの原発計画” (2013年3月3日). 2014年11月30日閲覧。
  101. ^ World Nuclear Power Reactors & Uranium Requirements” (英語). World Nuclear Association (2014年10月1日). 2014年11月23日閲覧。
  102. ^ 原子力政策の現状について”. 資源エネルギー庁. 2010年12月11日閲覧。[リンク切れ]
  103. ^ 磯山友幸 (2015年6月5日). “「磯山友幸の『政策ウラ読み』」安倍内閣、原発依存度「実質引き上げ」の真意 - 「増設」「リプレイス」はなし崩しに進むのか”. 日経ビジネスオンライン. 日経BP社. 2015年11月28日閲覧。 “経済産業省は...原子力発電の割合は...20~22%とした。...LNG(液化天然ガス)火力27%、石炭火力26%、石油火力3%とした。再生可能エネルギーは22~24%だが、これには水力...が含まれる。
  104. ^ ニュースがわかる!トピックス 「エネルギーミックス」は、どのように決まったの? (PDF)”. エネ百科. 日本原子力文化財団 (2015年9月30日). 2015年11月28日閲覧。 “...火力発電所の利用が増えたことにより、CO2の排出量が増えています。これらの改善が今後の重要な課題です。...それぞれの発電コストを改めて検証したうえで...エネルギーミックス...が、2015年7月16日に決定されました。
  105. ^ 中村稔 (2015年5月2日). “経産省案「原発比率20~22%」は非現実的だ どうする電源構成3> 九州大学・吉岡教授”. 東洋経済ONLINE. 東洋経済新報社. 2015年8月23日閲覧。 “...運転延長にしても原子力規制委員会の審査次第であり、認められるかはわからない。...経産省案は...全部動かすような想定にしている。...「20~22%」というのは、単なる計算...にすぎない。
  106. ^ 原子力産業の国際動向”. ATOMICA (2007年12月). 2010年12月12日閲覧。
  107. ^ 東京電力 国際原子力開発株式会社の概要 (PDF) - 2010年11月14日閲覧
  108. ^ 原子力発電は他の発電よりCO2排出量は本当に少ないのですか?”. 過去の御質問. 原子力委員会 (2002年11月15日). 2014年12月20日閲覧。
  109. ^ a b 本藤祐樹「ライフサイクルCO2排出量による原子力発電技術の評価」、『研究報告書(電力中央研究所報告)』、電力中央研究所、2001年8月2010年11月14日閲覧。
  110. ^ B.K.Sovacool (2008年6月2日). “Valuing the greenhouse gas emissions from nuclear power: A critical survey (PDF)” (英語). Nuclear Information and Resource Service. p. 2940. 2014年11月30日閲覧。
  111. ^ a b c d 日本の原子力発電の予測”. ATOMICA (2005年7月). 2014年11月23日閲覧。
  112. ^ a b 松尾雄司、山口雄司 (2014年3月12日). “有価証券報告書を用いた電源別発電コストの検証と福島事故後の電気事業財務の評価”. 第56回 研究報告・討論会(H26.3.6開催)資料. 一般財団法人日本エネルギー経済研究所. 2014年11月16日閲覧。
  113. ^ a b 第3部 第3章 第1節 1.原子力の意義と原子力政策の変遷”. 平成21年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2010). 資源エネルギー庁. 2011年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月2日閲覧。 “原子力発電については...燃料のエネルギー密度が高く備蓄が容易であることや燃料を一度装填すると一年程度は交換する必要がないこと...から供給安定性に優れており...
  114. ^ 原子燃料サイクルの意義”. 関西原子力懇談会. 2010年10月30日閲覧。[リンク切れ]
  115. ^ Uranium production figures, 2002-2012” (英語). World Nuclear Association. 2014年11月24日閲覧。
  116. ^ 原子力情報・データ Q.なぜ原子力発電は必要なの?”. 原子力の科学館「あっとほうむ」. 福井原子力センター. 2015年10月27日閲覧。 “ウランは、カナダやオーストラリアなどの政情が安定した国から輸入しているので、安定した供給が期待できます。
  117. ^ 世界のエネルギー消費と供給”. 資源エネルギー庁. 2014年11月23日閲覧。
  118. ^ Nuclear Power in Open Energy Markets: A case study of Turkey (PDF)” (英語). Energy Market Regulatory Authority, Republic of Turkey. p. 12, line 2 - (2007年). 2014年12月20日閲覧。
  119. ^ 原子力発電の供給安定性”. 電源開発. 2010年10月30日閲覧。 “...ウランは、石油と同様に海外からの輸入に依存しています。しかし、...特定地域への強い偏在がなく、...政情の安定した国々に分散しているため、資源確保の観点から供給安定性に優れています。 [要高次出典]
  120. ^ 原子力の研究、開発及び利用に関する長期計画”. 原子力委員会 (1994年6月24日). 2010年10月30日閲覧。
  121. ^ 海外におけるプルトニウムの軽水炉での利用状況”. ATOMICA (2007年8月). 2014年11月30日閲覧。 “混合酸化物(MOX)燃料は、1963年...以来...欧州諸国を中心に過去40年にわたり利用されてきており、MOX燃料を軽水炉で利用するプルサーマルは、約5,290体の実績を有している。
  122. ^ 文部科学省研究開発局 (2013年10月16日). “「もんじゅ研究計画」について (PDF)”. 総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 第7回会合 資料2. 資源エネルギー庁. pp. 2, 6. 2014年11月30日閲覧。
  123. ^ Fast Neutron Reactors” (英語). World Nuclear Association. 2014年11月30日閲覧。
  124. ^ 海水からのウラン回収”. ATOMICA. 2010年10月30日閲覧。
  125. ^ 瀬古典明 (2013年7月29日). “期待される海水からのウラン捕集研究の現状 - 日本の豊かな海の活用法”. Global Energy Policy Research. 2014年11月30日閲覧。
  126. ^ 3. 電源三法交付金制度 (PDF)”. 電源立地制度の概要 - 平成15年度大改正後の新たな交付金制度. 資源エネルギー庁. pp. pp.5,7 (2004年3月). 2010年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  127. ^ 環境中のトリチウム測定調査データベース”. 放射線安全研究成果情報データベース. 放射線医学総合研究所. 2013年8月19日閲覧。
  128. ^ 財団法人海洋生物環境研究所、日本エヌ・ユー・エス (2011年3月). “平成22年度国内外における発電所等からの温排水による環境影響に係る調査業務報告書 環境省請負調査業務 (PDF)”. 環境省. 2013年9月19日閲覧。 [要ページ番号]
  129. ^ ENVIRONMENTAL CONSEQUENCES OF THE CHERNOBYL ACCIDENT AND THEIR REMEDIATION: TWENTY YEARS OF EXPERIENCE Report of the Chernobyl Forum Expert Group ‘Environment’ (PDF)” (英語). IAEA. p. 24 (2006年). 2015年1月2日閲覧。
  130. ^ 北村俊郎 (2013年9月10日). “近づけぬ悩み”. 日本エネルギー会議. 2015年1月2日閲覧。
  131. ^ a b 吉田康彦 (2012年7月6日). “日本の原発は「トイレなきマンション」、しかし実際は「トイレなし」が大半”. 吉田康彦のホームページ. 2015年1月2日閲覧。
  132. ^ 10万年の安全は守れるか - 行き場なき高レベル放射性廃棄物”. NHKクローズアップ現代. NHK (2012年10月1日). 2015年1月2日閲覧。
  133. ^ 世界の高レベル放射性廃棄物処分計画”. 電気事業連合会. 2010年10月30日閲覧。[リンク切れ]
  134. ^ 増田寛也 (2014年5月). “参1 これまでの審議の状況報告(放射性廃棄物WG)平成25年11月28日 (PDF)”. 放射性廃棄物WG中間とりまとめ. 総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会原子力小委員会 放射性廃棄物WG. p. 36. 2014年12月24日閲覧。 “我が国においても、これまで科学的知見が蓄積されている方法は地層処分。他方、その安全性に対し十分な信頼が得られていない。...地層処分に向けた取組を進める...際、以下の取組を並行的に進めることが必要。ⅰ)地層処分の技術的信頼性について、最新の科学的知見を定期的かつ継続的に評価・反映
  135. ^ 放射性廃棄物と地層処分のホームページ”. 資源エネルギー庁. 2011年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  136. ^ 原発と地域振興 - 福井県美浜町の事例”. 福井・若狭合宿フィールドワーク・報告書(1999年). 神戸大学 澤宗則 研究室. 2015年9月19日閲覧。
  137. ^ 滝順一 (2011年3月21日). “日本の原発、「海依存」が弱点 冷却に構造的課題”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2100G_R20C11A3000000/ 2015年9月19日閲覧。 
  138. ^ 財団法人福島県原子力広報協会[リンク切れ] - 2010年10月30日閲覧
  139. ^ 毎日jp 国際原子力開発設立[リンク切れ] - 2010年10月30日閲覧
  140. ^ 外務省 核テロリズムに対抗するためのグローバル・イニシアティブ - 2010年10月30日閲覧
  141. ^ “原発への攻撃、極秘に被害予測 1984年に外務省”. 朝日新聞. (2011年7月31日). http://www.asahi.com/politics/update/0730/TKY201107300615.html 2011年7月31日閲覧。 [リンク切れ]
  142. ^ 石油、石炭、天然ガス、ウランの確認可採埋蔵量”. 電気事業連合会. 2015年1月23日閲覧。
  143. ^ 小宮山涼一、柿木達朗「2030年、2100年に向けた世界の原子力発電、ウラン需給の超長期シナリオ (PDF) 」 、『エネルギー経済(IEEJ)』第33巻第3号、一般財団法人日本エネルギー経済研究所、2007年2月掲載、 1-24頁、 NAID 400154067802015年1月23日閲覧。
  144. ^ 劣化ウランとその利用”. ATOMICA (2009年2月). 2010年10月30日閲覧。
  145. ^ 原子力の平和利用を考える”. AllAbout. 2010年10月30日閲覧。[リンク切れ]
  146. ^ “Flamanville costs up €2 billion” (英語). World Nuclear News. (2012年12月4日). http://www.world-nuclear-news.org/NN-Flamanville_costs_up_2_billion_Euros-0412127.html 2014年12月24日閲覧。 
  147. ^ “Areva-Siemens Raises Claim To $4.4 Billion Over Finnish Reactor Delays” (英語). Reuters (.Business Insider). (2014年10月25日). http://www.businessinsider.com/r-areva-siemens-raises-claim-to-44-billion-over-finnish-reactor-delays-2014-10 2014年12月24日閲覧。 
  148. ^ a b 大島堅一 (2010年9月7日). “原子力政策大綱見直しの必要性について - 費用論からの問題提起 (PDF)”. 第48回原子力委員会 資料第1-1号. 原子力委員会. pp. pp. 16, 24. 2011年6月18日閲覧。 “p. 16:電力料金を通じて支払われている電源開発促進税を主財源とする財政費用は、原子力が最も高い。 p. 24:バックエンド費用は莫大な額になのぼるとされている。...消費者が現在負担している費用は、あくまで六ヶ所再処理工場での再処理に関するもののみである。全量再処理するのであれば、さらに必要になる。
  149. ^ 電気事業連合会 原子力発電所の放射線管理[リンク切れ] - 2010年10月30日閲覧
  150. ^ 送電費用”. よく分かる原子力. 原子力教育を考える会. 2010年10月30日閲覧。
  151. ^ 原発に頼らなくても日本は成長できる』50頁。
  152. ^ 原発に頼らなくても日本は成長できる』48頁。
  153. ^ 負荷追従運転”. ATOMICA (2010年10月). 2015年1月2日閲覧。
  154. ^ 原発に頼らなくても日本は成長できる』iii頁。
  155. ^ 解体廃棄物の放射能レベル区分”. ATOMICA (2009年2月). 2010年10月30日閲覧。
  156. ^ 国際原子力発電技術移転機構”. 日本技術者連盟. 2010年10月30日閲覧。 “メーカーや電力会社ではNPG Engineerは1990年ごろと比較して40%前後減っている。
  157. ^ 原子力分野の人材育成について”. 文部科学省 (2007年2月). 2010年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  158. ^ 石油は枯渇しない”. 三井海洋開発MODEC. 2015年1月23日閲覧。 “地球上に存在する原油の絶対埋蔵量のうち、採算が取れると判断された油田の埋蔵量が「可採埋蔵量」で...探査・探鉱の技術や...生産技術が進歩して開発コストが下がれば、石油の可採埋蔵量は今後も増加します。
  159. ^ エネルギー白書 「平成24年度エネルギーに関する年次報告」(エネルギー白書2013) 第2部 エネルギー動向 第2章 国際エネルギー動向 第2節 一次エネルギーの動向”. 資源エネルギー庁. 2015年1月23日閲覧。 “...回収率の向上や追加的な石油資源の発見・確認によって、1980年代以降、可採年数はほぼ40年程度の水準を維持し続けてきました。
  160. ^ 小出裕章. “(その2)化石燃料とウラン (PDF)”. 原子力を巡る基礎知識 - その2. 京都大学原子炉実験所. 2015年1月23日閲覧。 “...石油可採年数推定値なるものがおよそ「科学」的なものではなく、世界的あるいは個別国家的な利害が絡みながら、あるいは技術の進歩によってもどんどんと変わっていくもの...
  161. ^ バングラデシュ インフラ エネルギー問題解消 石油が取れる”. スタッフブログ. クリエイティブ (2014年1月25日). 2015年1月23日閲覧。
  162. ^ 緊急会議 小出裕章×小林武史 「原発は今すぐ止めなければならない」(3)”. エコレゾウェブ (2011年5月15日). 2013年8月27日閲覧。 “小出 ...原子力発電だけは...100%運転を続けていれば当然、...エネルギーをほとんど使わない時などには電気が余ってしまうわけなんです。...そこでどうすればいいかというときに、揚水発電というのを思いついたんです。...下と上に池を作って、原子力発電所の電気が余った時に、下の池から上の池にポンプで水を汲み上げておく。それで電気をたくさん使う時になったら上の池から下の池に水を落としてその水力を使った発電で電気を起こす...
  163. ^ 電源別発電コストの最新推計と電源代替の費用便益分析 (PDF)”. RITEシステム研究グループ. p. 4 (2014年10月20日). 2014年12月20日閲覧。
  164. ^ 総合エネルギー調査会原子力部会 第70回 原子力発電の経済性について”. 経済産業庁. 2010年11月14日閲覧。
  165. ^ 勝田忠広、鈴木利治 (2005年6月12日). “公益事業学会第55回全国大会 : 原子力発電の経済性に関する考察(予稿) (PDF)”. 原子力資料情報室. p. 3. 2006年12月16日閲覧。
  166. ^ 勝田忠広、鈴木利治 (2005年6月12日). “公益事業学会第55回全国大会 : 原子力発電の経済性に関する考察 (レポート資料) (PDF)”. 原子力資料情報室. pp. 8-9. 2006年12月16日閲覧。 “(p. 8)運転年数40年の場合、最も安いのはLNGで4.88円/kWh、続いて石炭の4.93円/kWhとなり、その次に原子力発電の5.73円/kWhという結果になった。原子力発電の LNGとの差は1円/kWh近くにもなっている。
  167. ^ 勝田忠広、鈴木利治 (2005年6月12日). “公益事業学会第55回全国大会 : 原子力発電の経済性に関する考察(プレゼン資料) (PDF)”. 原子力資料情報室. p. 4. 2006年12月16日閲覧。
  168. ^ 第1部 第2章 第2節 我が国における再生可能エネルギーの導入動向”. 平成21年度エネルギーに関する年次報告 (エネルギー白書2010). 資源エネルギー庁 (2010年). 2011年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月11日閲覧。 “図表:第122-3-2 各エネルギー源の発電コスト・CO2削減費用
  169. ^ 原子力発電の占める割合 2008年”. 関西電力. 2012年4月3日閲覧。[リンク切れ]
  170. ^ 大島堅一 (2010年9月7日). “原子力政策大綱見直しの必要性について - 費用論からの問題提起 (PDF)”. 第48回原子力委員会 資料第1-1号. 原子力委員会. p. 15. 2011年7月11日閲覧。 “図表:電源別費用 (単価) の実績 (スライド4の(1)(2)(3)の合計)
  171. ^ Levelized Cost of New Generation Resources in the Annual Energy Outlook 2011” (英語) (2010年11月). 2011年5月19日閲覧。
  172. ^ MSN産経ニュース 原発事故コスト試算案 最大1.6円に上方修正[リンク切れ] - 2012年4月3日閲覧
  173. ^ 国家戦略室 コスト等検証委員会報告書案 (PDF)”. p. 63. 2011年12月13日閲覧。[リンク切れ]
  174. ^ 発電コスト検証ワーキンググループ (2015年4月). “長期エネルギー需給見通し小委員会に対する発電コスト等の検証に関する報告 (PDF)”. 総合資源エネルギー調査会発電コスト検証ワーキンググループ(第6回会合)資料1 長期エネルギー需給見通し小委員会に対する発電コスト等の検証に関する報告(案). 2015年9月16日閲覧。
  175. ^ 大津智義. “2030年の発電コスト「原発が最安」 経産省試算”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASH4W5Q55H4WULFA01W.html 2015年4月28日閲覧。 
  176. ^ 発電コストワーキンググループ (2015年4月). “2030年モデルプラント試算結果概要、並びに感度分析の概要(案) (PDF)”. 総合資源エネルギー調査会発電コスト検証ワーキンググループ(第6回会合) 資料1 長期エネルギー需給見通し小委員会に対する発電コスト等の検証に関する報告(案). 資源エネルギー庁. p. 11. 2015年10月27日閲覧。
  177. ^ 日本エネルギー経済研究所 (2011年9月13日). “有価証券報告書を用いた火力・原子力発電のコスト評価 (PDF)”. 第35回原子力委員会定例会 資料第3-1号. 原子力委員会. p. 3. 2014年11月16日閲覧。 “原子力発電のコストは...建設単価の上昇や設備利用率の低迷等により高い水準となっているものの、実績値ベースでは他電源に比べて依然として安価であった。
  178. ^ 松尾雄司、山口雄司、村上朋子 (2013年8月19日). “有価証券報告書を用いた評価手法による電源別長期発電コストの推移”. 日本エネルギー経済研究所. 2013年10月18日閲覧。
  179. ^ “原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル”. 西日本新聞. (2014年9月16日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/114333 2014年11月16日閲覧。 
  180. ^ 塩谷喜雄 (2011年7月7日). “「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」”. Foresight (新潮社). http://www.fsight.jp/10620 2015年10月20日閲覧. "「泊1号機17.9円、女川1号機16.98円、柏崎刈羽5号機19.71円、浜岡3号機18.7円、大飯3号機14.22円、玄海3号機14.7円」...比較的原価見積もりが高い原発を列挙したが、1kWh当たりのコストが10円を切っている原発が2つだけある。大飯4号機の8.91円と、玄海2号機の6.86円である。" 
  181. ^ 我が国の原子力発電及び各種電源の運転期間発電原価 (PDF)”. 原子力委員会. 2014年11月23日閲覧。
  182. ^ 発電コストをめぐる現状と課題について (PDF)”. 資源エネルギー庁電力・ガス事業部. p. 18 (2011年3月10日). 2014年11月23日閲覧。
  183. ^ 松尾雄司「コスト等検証委員会」による原子力発電のコスト試算の概要と評価 (PDF) 」 、『IEEJ』、日本エネルギー経済研究所、2012年1月、 5頁、2014年11月23日閲覧。
  184. ^ 北海道電力株式会社泊発電所 原子炉設置変更許可申請(3号原子炉の増設)の概要 (PDF)”. 原子力委員会 (2003年6月). 2008年2月11日閲覧。[要ページ番号]
  185. ^ 泊発電所3号機の営業運転開始について”. 北海道電力 (2009年12月22日). 2010年11月7日閲覧。
  186. ^ 葛野川発電所1号機の営業運転開始について - 揚水式発電として世界最大の有効落差を持つ発電所”. プレスリリース 1999年. 東京電力 (1999年12月3日). 2010年10月30日閲覧。
  187. ^ 三井造船 (2004年9月30日). “市原パワー株式会社市原発電所の運転開始について”. ニュースリリース. 電源開発. 2008年2月11日閲覧。
  188. ^ 敦賀火力発電所2号機 (70万kW) の運転開始について (PDF)”. 北陸電力 (2000年9月28日). 2008年2月11日閲覧。
  189. ^ 電源開発 (2007年1月31日). “郡山布引高原風力発電所の竣工について - 合計出力65,980kWは国内最大”. 電源開発. 2008年2月11日閲覧。







原子力発電と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

原子力発電に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「原子力発電」の関連用語

原子力発電のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

火成岩

火山砕屑岩

ポンプ採油法

CNG 船

圧入パターン

自然電位検層

CNG 船

コーニング





原子力発電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原子力発電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS