ナトリウムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > ナトリウム > ナトリウムの意味・解説 

ナトリウム

読み方:ナトリウム
英語表記sodium

ナトリウムは、原子番号11原子量22.98977の元素で、軟らかい銀白色金属であるが比重は0.971でより軽い。融点は97.90度で空気中の水分酸化し、激しく反応し、急激な発熱水素水蒸気などのガス発生して、酸化ナトリウム水酸化ナトリウムなどのアルカリ性物質になる。
高速増殖炉もんじゅには、冷却材として使われ、液体ナトリウム漏洩事故発生した。

ナトリウム

分子式Na
その他の名称:SodiumNa
体系名:ナトリウム塩、ナトリウム


物質
ナトリウム
英語名
Sodium
元素記号
Na
原子番号
11
分子量
22.989768
発見
1807年
原子半径(Å)
1.86
融点(℃)
97.81
沸点(℃)
881
密度(g/cm3
0.97
比熱(cal/g ℃)
0.295
イオン化エネルギー(eV)
5.139
電子親和力(eV)
0.546

食塩構成する元素。その意味では最も古くから知られていた元素であるといえるが、ナトリウム元素単体発見されたのは1807年のことである。

ナトリウム

英訳・(英)同義/類義語:Na, sodium

原子番号11番の典型元素安定な1価の陽イオンになり、地球上の主要な陽イオン

ナトリウム(Na)

ナトリウムは生物にとって必須金属で、生物細胞外液浸透圧一定に保つなどの働きをしています。地殻中には約2.4%、海水には約11g/リットル存在しています。用途としては、金属ナトリウム原子炉冷却材ナトリウムランプ光電管合金などに、ナトリウム塩融雪剤ガラス工業調理などに使われています。水道水基準では、「200mg/リットル以下」と定められています。

ナトリウム

読み方なとりうむ
【英】:Na

人体に必要なミネラル一種で、浸透圧の調整などの働きをする。主に食塩の形で摂取される。

 人体に必要なミネラル一種で、主に食塩塩化ナトリウム)の形で摂取されています。
 成人体内には、ほとんどが細胞の外の体液細胞外液)に含まれています。細胞外液浸透圧調節し、細胞外液量を保つなどの役割をしています。
 通常、健康な人では欠乏することはありません。摂りすぎるとむくみや口の渇きのほか、高血圧胃がん食道がんリスク高めることが報告されています。本来必要な1日摂取量は2、3g程度ですが、塩味好み習慣的なもので、個人差大きく、つい摂りすぎてしまいがちです。カリウム多く含む野菜果物一緒に摂ることで、ナトリウムの排泄促進することができます。「日本人の食事摂取基準2005年版)」では、摂取量の減少目指すものと位置づけられており、目標量(食塩として)は成人男性1日当たり10g未満成人女性では8g未満設定されています。


ナトリウム

【仮名】なとりうむ
原文sodium

体の水分バランス維持に必要なミネラル。ナトリウムは食塩多く加工食品中に含まれている。ナトリウムの量が多くなりすぎると、体内水分貯留するようになることがある

ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/06 08:47 UTC 版)

ナトリウム: Natrium [ˈnaːtriʊm]: Natrium)は原子番号 11、原子量 22.99 の元素、またその単体金属である。元素記号Naアルカリ金属元素の一つで、典型元素である。薬学栄養学などの分野ではソジウムソディウム: sodium [ˈsoʊdiəm])とも言い、日本の工業分野では(特に化合物中において)曹達ソーダ)と呼ばれる[※ 1]。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている[2]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 炭酸水素ナトリウムを重炭酸ソーダ(重曹)と呼んだり、水酸化ナトリウムを苛性ソーダと呼ぶ。また、ナトリウム化合物を作ることから日本曹達や東洋曹達(現東ソー)などの名前の由来となっている。

出典

  1. ^ Endt, P. M. ENDT, ,1 (1990) (12/1990). “Energy levels of A = 21-44 nuclei (VII)”. Nuclear Physics A 521: 1. doi:10.1016/0375-9474(90)90598-G. 
  2. ^ 毒物及び劇物取締法 昭和二十五年十二月二十八日 法律三百三号 第二条 別表第二
  3. ^ 近角、木越、田沼「最新元素知識」東京書籍、1976年
  4. ^ 桜井「元素111の新知識」BLUE BACKS、講談社、1997年。 ISBN 4-06-257192-7
  5. ^ Yanming Ma et al., "Transparent dense sodium", Nature 458, 182-185 (2009). doi:10.1038/nature07786
  6. ^ Sodium Metal from France”. U.S. International Trade Commission. 2012年8月4日閲覧。
  7. ^ 『15509の化学商品』 化学工業日報社、2009年2月。ISBN 978-4-87326-544-5


「ナトリウム」の続きの解説一覧

ナトリウム

出典:『Wiktionary』 (2011/07/06 14:34 UTC 版)

名詞

ナトリウム

  1. 原子番号 11元素記号 Na金属元素アルカリ金属単体常温常圧では銀白色固体

訳語






ナトリウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ナトリウムに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナトリウム」の関連用語

ナトリウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

自然放射線

サーベイメータ

空間放射線量率

スペクトロメトリ

MOX燃料

モニタリングステーション

FBR

半減期





ナトリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2017 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナトリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのナトリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS