天然ガスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 天然ガス > 天然ガスの意味・解説 

天然ガス(てんねんがす)

常温気体一次エネルギーのことです。開発生産原油とほぼ同じで、産出地域類似しています。天然ガスは気体であるため輸送保存が困難です。

天然ガス

英語 natural gas

地下からガスとして産出する燃料資源で、沸点は-162常温では気体である。硫黄分がないために燃焼排気硫黄酸化物が含まれない。燃焼熱量当たりの二酸化炭素発生が、石油より20程度少ないなど、優れた特性をもつ。また、発電用としてはガスタービン利用できるため、発電熱効率化石燃料中でもっとも高められる。最新コンバインド・サイクル採用した天然ガスプラントでは、発電熱効率50前後達している。一方自動車燃料としては可搬性などに問題があることから、これまであまり利用されていなかったが、バストラックなど大型車から天然ガス車実用化されつつある。

参照 天然ガス自動車
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

天然ガス

読み方てんねんがす
【英】: natural gas

天然地下から産出し、地表条件では気状を成す物質通常メタン主成分とする低級パラフィン系炭化水素(CnH2n+2から成る可燃性天然ガスを指す。
その地質学的産状によっておよそ次のように大別される。すなわち、油田において原油とともに産出するか、または油田地帯含油地質系統中に遊離鉱床成し存在する油田ガス原油または石炭鉱床を有しない地質系統中で主として地層水中に溶解状態を成し存在する水溶性天然ガス、および炭田地帯炭層または炭層付近地層から産出する炭田ガスである。
このうち世界的商業的稼行の対象となるのは第一油田ガスであり、原油とともに生産されるガス油井ガスoil-well gas)またはケーシング・ヘッド・ガスといい、原油別にガスだけ産出するものを non-associated gas またはガス井ガスgas-well gas)という。前者随伴ガスassociated gas)とも呼ばれ、油層中の原油に溶存している溶解ガスsolution gas もしくは dissolved gasから成ることが多いが、貯留層で原油の上部にこれと接して存在しているガス・キャップ・ガスが同時に生産されてくることもある。後者のうちで地下条件では全体ガス相であるが、地表物理条件では液相コンデンセート)を析出するものもある。天然ガスの主成分パラフィン系炭化水素で C1メタンが最も多いが、油井ガスコンデンセートを伴うガスあるいはガス井ガスなかにも C の数の多いエタンプロパンブタンペンタンなどを含むガスもある。プロパン上の高級炭化水素ある程度以上含むと常温常圧下で液体分を生じるが、このようなガス湿性ガスwet gas)といい、メタン多く液体分を生じないガス乾性ガスまたはドライ・ガス(dry gas)という。原油採収率増加のため、採取したガス圧入ガス源として用いることがあるが、このとき C2エタン)~ C6ヘキサン成分に富むガスをリッチ・ガス(rich gas)、少なガスをリーン・ガス(lean gas)と呼ぶ用語もよく使われる。炭化水素以外の不純分としては窒素炭酸ガス硫化水素を含むことがあり、またアルゴンヘリウムキセノンなどの希元素ガスをごく微量に含む場合もある。天然ガスは広く燃料として使用されるほか、水素メタノールアンモニアなどの製造原料にもなる。1984 年世界の天然ガス生産量は約 1 兆 7,000 億 m3 であり、そのうち 1,920 億 m312 %)が国を越え輸出されている。このうち低温液化して LNG として取り引きされた量は 34 百万トンなので、天然ガス生産量占め比率は 3 %弱ということになる。

天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/22 15:27 UTC 版)

天然ガス(てんねんガス、: natural gas、天然気)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスで、一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。




  1. ^ 北逸郎、長谷川英尚、神谷千紗子 ほか、CH4の炭素同位体比とN2/Ar比の分布に基づく天然ガスの生成プロセス 石油技術協会誌 Vol.66 (2001) No.3 P292-302
  2. ^ a b c 早稲田周、重川守(1988):本邦油•ガス田地帯における天然ガスの起源に関する地球化学的考察 石油技術協会誌 Vol.53 (1988) No.3 P213-222
  3. ^ 吉江照一:地球深層天然ガスに関する調査 石油技術協会誌 Vol.56 (1991) No.2 P159-164
  4. ^ 早稲田周、岩野裕継、武田信從、地球化学からみた天然ガスの成因と熟成度 石油技術協会誌 Vol.67 (2002) No.1 P3-15
  5. ^ 石炭を天然ガスに変えるメタン生成菌を発見 産業技術総合研究所 2016/10/14
  6. ^ 金子信行:メタン生成アーケア(古細菌) 石油技術協会誌 Vol.68 (2003) No.5 P450-457
  7. ^ 坂田将、高橋誠、星野一男(1986):深部火山岩中の天然ガスの成因に関する地球化学的考察 石油技術協会誌 Vol.51 (1986) No.3 P228-237
  8. ^ 藤田嘉彦、火山岩体石油鉱床の起源 地学雑誌 Vol.94 (1985-1986) No.7 P612-619
  9. ^ 北逸郎、長谷川英尚、滝沢英夫 ほか、天然ガスの起源と生成環境 N2/Ar比とHe/Ar比からのアプローチ 石油技術協会誌 Vol.64 (1999) No.5 P438-447
  10. ^ a b c d e f g 糸山直之著 「LNG船がわかる本」 成山堂出版 2005年1月18日 増補改訂初版発行 ISBN 4-425-32123-5
  11. ^ サイエンス』日本語版 2007年12月号
  12. ^ a b c d e f g 藤田和男ほか監修 佐々木詔雄ほか編著 『天然ガスの本』 日刊工業新聞 2008年3月25日初版1刷発行 ISBN 978-4-526-06024-3
  13. ^ コンデンセートとは地下では気体であったものが地上の圧力や温度の低下によって凝縮した液体のことをいう。
  14. ^ ハイドレートとはガスの水分が凍結したもの。
  15. ^ 金子信行、佐脇貴幸、棚橋学、「関東平野下に賦存する可燃性天然ガスについて」 日本地質学会 第115年学術大会(2008秋田)セッションID: P-90, doi:10.14863/geosocabst.2008.0.426.0
  16. ^ : liquefied natural gas
  17. ^ 日本エネルギー学会編 「よくわかる天然ガス」 社団法人 日本エネルギー学会 2000年2月16日初版発行 ISBN 4-339-08232-5
  18. ^ “「世界最大の浮遊施設」が進水、エンパイアステートビルより巨大”. AFP (フランス通信社). (2013年12月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004524 2013年12月6日閲覧。 
  19. ^ a b Center for Energy Economics, BEG/UT-Austin(2013年7月28日時点のアーカイブ
  20. ^ SLNG - Singapre LNG Corporation(2014年3月8日時点のアーカイブ
  21. ^ Johnson, Jeff. LNG WEIGHS ANCHOR. Chemical & Engineering News. Vol.83. No.17. pp.19-22. 2005年4月25日.
  22. ^ : compressed natural gas
  23. ^ ケネス・S・ディフェス著 秋山淑子訳 「石油が消える日」 パンローリング株式会社 2007年8月5日初版第一刷発行 ISBN 978-4-7759-7088-1


「天然ガス」の続きの解説一覧





天然ガスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「天然ガス」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • CFD銘柄のヒストリカルボラティリティの比較

    ヒストリカルボラティリティ(HV)とは、ある銘柄の価格変動率のことです。ヒストリカルボラティリティの大きい銘柄は価格の変動が大きいハイリスクハイリターンの銘柄になります。一方、ヒストリカルボラティリテ...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

  • CFDのスプレッド比較

    CFD業者ではほとんどの銘柄にスプレッドを設定しています。下の図は、GMOクリック証券の「日本225」の注文画面です。これは、8419ポイントで売り注文ができ、8422ポイントで買い注文ができることを...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天然ガス」の関連用語

天然ガスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

センターコンソール

背斜トラップ

ジョー・シファート

コーニング

自動反転機構付きパワーウインドウ

ディシジョン・ツリー

点火装置

テラス構造





天然ガスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2017 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然ガス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS