新即物主義とは?

しん そくぶつしゅぎ [7] 【新即物主義】

表現主義対す反動として,1920年代からドイツに興った芸術運動主観的幻想的傾向を排し,現実を明確に,客観的合理的にとらえようとする立場文学ではケストナー美術ではグロッスなどに代表される。日本では,村野四郎の「体操詩集」にその影響がある。ノイエ-ザハリヒカイト

新即物主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/21 14:33 UTC 版)

新即物主義(しんそくぶつしゅぎ、: New Objectivity)とは、ノイエザッハリヒカイト: Neue Sachlichkeit)とも呼ばれ、第一次世界大戦後に勃興した美術運動である。1910年代の個人の内面と探求の表現を目指した、主観的ともいえる表現主義に反する態度を取り、社会の中の無名性や匿名性として存在している人間に対し冷徹な視線を注ぎ、即物的に表現する。1925年、マンハイム美術館で開催された展覧会『ノイエザッハリヒカイト(新即物主義)』が始まり。その過酷なまでの人物描写は魔術的リアリスムという言葉を生んだ。後に音楽分野にも波及したが、ナチスの台頭とともに退廃芸術として迫害を受け収束する。




「新即物主義」の続きの解説一覧





新即物主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

新即物主義に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「新即物主義」の関連用語

新即物主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

紡器

鳥骨鶏

裏筋

高瀬川

ミニキン

ブッシュナイフ

胸郭

2000系





新即物主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新即物主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS