三国協商とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 体制 > 三国協商の意味・解説 

さん ごくきょうしょう -けふしやう [5] 【三国協商】


【三国協商】(さんごくきょうしょう)

イギリス・フランス・ロシアの各国間で締結された露仏同盟1894年成立)、英仏協商1904年成立)、英露協商1907年成立)によって作られた三国協調関係示し言葉

協商」と「同盟」が成立したことで、列強二分して相争う一触即発状況になったが、その後イタリア同盟から脱落し、1902年に仏伊間で仏伊協商締結
さらにオーストリア民族紛争機能不全に陥り、実質三国協商対ドイツ様相呈す

1914年勃発した第一次世界大戦では三国協商は「連合国」を作りドイツオーストリアはじめとする三国同盟」が作った「同盟国」と交戦した。
その後英国日英同盟を結んでいた日本、「ルシタニア号事件」を契機ドイツ宣戦布告したアメリカ協商陣営に加わって参戦した)


三国協商

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/17 15:25 UTC 版)

三国協商(さんごくきょうしょう、英語: Triple Ententeフランス語: Triple-Ententeロシア語: Антанта)は、19世紀末から20世紀初頭においてイギリスフランスロシア帝国の各国の間で締結された、露仏同盟英露協商英仏協商によって作られた三国の協調関係を指した言葉[1]英仏露協商ともいい、独墺伊同盟と対立し、第一次世界大戦の主要な交戦国となった。


[ヘルプ]
  1. ^ 協商」(フランス語entente」の訳語。「同意」「協定」を意味する)とは国家間における同盟ほど強くない緩やかな協力関係の事であって商業活動の協力の事ではない。
  2. ^ イタリアが三国同盟に加盟した理由は、チュニジア侵攻を行ったフランスに対して敵愾心を持っていたところへ、フランスの孤立を図っていたビスマルクが勧誘したことによる。但し、この際イタリアはオーストリアに対する未回収のイタリア問題を断念せねばならず、三国同盟は締結当初から強力な一枚岩体制ではなかった。
  3. ^ エチオピア戦争敗北後のイタリアは、むしろフランスとの提携によって地中海・アフリカ北岸政策を進めるようになる。1900年には秘密協定を結び、フランスのモロッコにおける優越を、イタリアのトリポリ・キレナイカにおける優越をそれぞれ相互に承認することとなった。そしてこの協商により、ドイツがフランスを攻撃した場合において、イタリアは参戦義務を負わないことが定められた。
  4. ^ 多民族国家であるがゆえに、政府は民族自決の要求に絶えずさらされていた。詳細は「オーストリア=ハンガリー帝国」を参照


「三国協商」の続きの解説一覧





三国協商と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「三国協商」の関連用語

三国協商のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ティルトローター

迫撃砲

FLIR

駆逐戦車

ダイヤモンド

スプーク

編隊

浜松広報館





三国協商のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三国協商 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS