チリとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > チリの意味・解説 

チリ 【Chile】 ◇


ちり [1]

鍋料理の一。煮立った湯の中に魚肉豆腐野菜などを入れ,煮ながらぽん酢などを加え醬油につけて食べるもの。(たい)ちり・(たら)ちり・河豚(ふぐ)ちりなど。ちり鍋

ちり [0] 【散り】

散ること。 「あしひきの山下光るもみちの-のまがひは今日にもあるかも/万葉集 3700
建築で,隣接する二つ平面のわずかなずれ。壁のの,わずかに壁から出た部分飛び石地面から石の平面までの高さなど。
本の部分の名。本製本で,表紙本文の紙よりも一回り大きく出ているその部分。 → 製本

ちり [0] [2] 【塵

こまかくとびちるごみ。ほこり。 「本棚の-を払う」
小さなごみ。あくた。 「いとちひさき-のありけるを目ざとに見つけて/枕草子 151
浄土に対してこの世わずらわしさや,けがれ。世俗のよごれ。 「うき世の-」 「世に従へば,心,外の-に奪はれて惑ひやすく/徒然 75
よごれ。けがれ。 「いかでわれ心のに-据ゑで見る甲斐ありて月を眺めん/山家
ほんのわずかなこと。ほんの少し。 「 -ほども心にかけない」

ち り [1] 【地利】

〔「じり」とも〕
地勢の有利さ。地の利
土地から生ず利益耕作牧畜山林鉱物などの生産物
地頭得分地主小作料など,土地からあがる利益総称地子(じし)

ち り [1] 【地理】

地球上の山川・海陸気候人口集落産業交通などの状態。 「中央アジアの-を研究する」 「自然-」 「人文-」
その土地様子事情。 「この辺の-に明るい人
学問または教科としての地理学

ち り [1] 【治理】

( 名 ) スル
物事安定させること。整った状態にすること。 「自己生存するの術を-して/民約論

ちり 【知里】

姓氏の一。

チリ

汚れなどを防止するため、本文よりも表紙を少し大きく作っている本の表紙本文大きさの差の部分
本

地利

読み方:チリ(chiri)

荘園における年貢別称


チリ 【Chile】

南アメリカ南西部アンデス山脈太平洋にはさまれた共和国首都サンチアゴ一八一八スペイン領から独立。一五二〇年マゼラン発見インディオ抵抗激しく、四〇年スペイン人征服。チリはインディオ語で「」「地の果て」を意味する。住民多く白人系で、憲法信教の自由政教分離の原則確立しているが、一九二五年までカトリック国教であったため、住民大部分は同教である。キリスト教民主党も、政教分離のてまえ、キリスト教社会主義スローガンにせざるをえなくされている。

チリ

名前 ChiliThiryTilly

チリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/23 01:07 UTC 版)

チリ共和国(チリきょうわこく、スペイン語: República de Chile)、通称チリは、南アメリカ南部に位置する共和制国家である。東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接しており、西と南は太平洋に面している。首都はサンティアゴ・デ・チレ




チリ共和国
República de Chile
チリの国旗 チリの国章
国旗 国章
国の標語:Por la razón o la fuerza
(スペイン語:理性によって、または力によって)
国歌チリの国歌
チリの位置
公用語 スペイン語
首都 サンティアゴ・デ・チレ[注記 1]
最大の都市 サンティアゴ・デ・チレ
政府
大統領 ミシェル・バチェレ
首相 なし
面積
総計 756,950km237位
水面積率 1.1%
人口
総計(2011年 17,248,450人(59位
人口密度 21,81人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 137兆8,869億[1]チリ・ペソ
GDP (MER)
合計(2013年 2,770億[1]ドル(38位
GDP (PPP)
合計(2013年 3,956億[1]ドル(42位
1人あたり 22,534[1]ドル
独立 スペインより
1818年2月12日
通貨 チリ・ペソ (CLP)
時間帯 UTC -4(DST:-3)
ISO 3166-1 CL / CHL
ccTLD .cl
国際電話番号 56
  1. ^ 立法府(国会)はバルパライソに置かれている。
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2015年1月3日閲覧。
  2. ^ Bureau of Western Hemisphere Affairs, Background Note: Chile”. United States Department of State. 2011年12月16日閲覧。
  3. ^ Chile.com.La Incógnita Sobre el Origen de la Palabra Chile”. Chile.com (2000年6月15日). 2009年12月17日閲覧。Encyclopædia Britannica. “Picunche (people) – Britannica Online Encyclopedia”. Britannica.com. 2009年12月17日閲覧。
  4. ^ Encina, Francisco A., and Leopoldo Castedo (1961). Resumen de la Historia de Chile. 4th ed. Santiago. I. Zig-Zag. p. 44. http://img242.imageshack.us/img242/6293/chilenameuo6.jpg. 
  5. ^ 下中彌三郎(編)『世界文化地理体系24 ラテンアメリカ』平凡社、1954年
  6. ^ 富田虎男「日本人のインディアン像 : その1. 徳川時代のインディアン像」(アメリカ研究シリーズ8巻1頁),1986年03月30日,2頁。
  7. ^ Insight Guides: Chile. Langenscheidt Publishing Group. (2002). p. 27. ISBN 978-981-234-890-6. https://books.google.com/books?id=Nf8SnJ_ZJbkC&pg=PA27 2013年7月14日閲覧。. 
  8. ^ Bárbaros, page 66. David J. Weber”. Archive.org. 2009年5月12日閲覧。
  9. ^ INE – Censo de 1813. Introducción (PDF)”. 2010年1月8日閲覧。
  10. ^ 自治組織を作って独立を志向するクリオーリョのグループの民兵の指揮官サアベドラは、副主と市会に対して「開かれた市会」(カピルド・アピエルト)の開催を要求し、それは5月22日に開かれた。その結果、5月25日に民兵の指揮官のサアペドラが議長となり、革命派を含む政治委員会が成立した。この政治委員会は、自由貿易を認めた。これはクリオーリョの政権奪取であり、スペイン人のアメリカ統治の否認であった。増田義郎「南アメリカ諸国の独立」183-188ページ
  11. ^ a b 増田義郎編『新版世界各国史26 ラテン・アメリカ史Ⅱ 南アメリカ』山川出版社 2000年
  12. ^ 増田義郎「南アメリカ諸国の独立」188-189ページ
  13. ^ Fowler, Will (1996). Authoritarianism in Latin America since independence. University of Virginia: Geenwood Press. pp. 30–96. ISBN 0-313-29843-2. 
  14. ^ Frazier, Lessie Jo (17 July 2007). Salt in the Sand: Memory, Violence, and the Nation-State in Chile, 1890 to the Present. Duke University Press. pp. 163–184. ISBN 978-0-8223-4003-4. https://books.google.com/books?id=gQU-GYGeVSEC&pg=PA163 2013年7月14日閲覧。. 
  15. ^ Development and Breakdown of Democracy, 1830–1973”. Country Studies. Library of Congress (1994年3月31日). 2009年4月21日閲覧。
  16. ^ 岡本哲史「チリ経済の「奇跡」を再検証する 新自由主義改革の虚像と実像」『ラテン・アメリカは警告する 構造改革日本の未来』内橋克人、佐野誠(編) 新評論 2005年
  17. ^ 選管の第3次公式集計(開票率98%)
  18. ^ 同国屈指の企業家セバスティアン・ピニェーラ元上院議員は20年にわたる中道・左派政党の連合による政権運営の継続を批判し、「変化」を訴えた。
  19. ^ コンセルタシオン・デモクラシアエドゥアルド・フレイは元大統領で、エンリケス、アラテ両候補の政策の一部を実行することを約束している。アラテ候補を推薦した左派連合は、決選投票で右派政権の復活阻止するためフレイ候補を支持することを明らかにしている。
  20. ^ 与党を離脱した無所属、
  21. ^ 共産党などで結成した左翼連合
  22. ^ “チリ大統領選で中道右派のピニェラ氏が勝利、政権交代へ”. ロイター. (2010年1月18日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13376120100118 2011年2月14日閲覧。 
  23. ^ More Quakes Shake Chile’s Infrastructure[リンク切れ], Adam Figman, Contract Magazine, 1 March 2010
  24. ^ “チリ大統領選、右派が政権奪取…民政移管後で初”. 読売新聞. (2010年1月18日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100118-OYT1T00287.htm 
  25. ^ “チリ大統領選、右派富豪のピニェラ氏が勝利 20年ぶりの政権交代へ”. AFP. (2010年1月18日). http://www.afpbb.com/article/politics/2683785/5189741 2011年2月15日閲覧。 
  26. ^ 祝33人救出! でも微妙なチリとボリビアの距離 2010年10月14日 ニューズウィーク日本版
  27. ^ チリ火山の灰、12日間で地球1周
  28. ^ http://news24.jp/articles/2011/06/05/10183998.html
  29. ^ “Chile scraps Pinochet-era system”. BBC. (2005年8月16日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/4157908.stm 2009年12月31日閲覧。 
  30. ^ http://www.transparency.org/policy_research/surveys_indices/cpi/2007 2009-03-25 閲覧
  31. ^ Chile and Uruguay least corrupt countries in Latam 2009-03-25 閲覧
  32. ^ United Nations Member States”. United Nations. 2011年8月1日閲覧。
  33. ^ United Nations Member States”. United Nations. 2011年8月1日閲覧。
  34. ^ The San Francisco Conference: Chile Signs United Nations Charter”. 2010年5月14日閲覧。
  35. ^ Election (13 May 2010) Human Rights Council”. 64th Session. United Nations General Assembly. 2010年5月13日閲覧。
  36. ^ Chad, Chile, Lithuania, Nigeria and Saudi Arabia were elected to serve on the UN Security Council”. United Nations (2013年10月17日). 2013年10月17日閲覧。
  37. ^ Chilean Army Commander-in-Chief Visits WJPC”. 2014年5月19日閲覧。
  38. ^ Army War College Community Banner”. 2014年5月12日閲覧。
  39. ^ Carabineros de Chile”. Wayback.archive.org (2007年10月24日). 2012年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月13日閲覧。
  40. ^ Submarine Force”. Wayback.archive.org. 2007年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月14日閲覧。
  41. ^ Carabineros de Chile, accessed on May 31, 2008
  42. ^ Organigrama”. Gobierno de Chile. 2007年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月15日閲覧。
  43. ^ 安全対策基礎データ”. 外務省 (2013年5月14日). 2014年7月5日閲覧。
  44. ^ 内閣府による県民経済計算 (PDF)
  45. ^ Banco Mundial (2013年). “Foreign direct investment, net inflows (BoP, current US$)” (英語). 2013年7月7日閲覧。
  46. ^ Banco Mundial (2013年). “Market capitalization of listed companies (current US$)” (英語). 2013年7月7日閲覧。
  47. ^ Agencia Central de Inteligencia (2011年). “Labor Force (HTML)” (英語). 2011年5月1日閲覧。
  48. ^ Agencia Central de Inteligencia (2011年). “Labor Force - By occupation” (英語). 2011年5月1日閲覧。
  49. ^ Blanco, Hernán et al. (August 2007) International Trade and Sustainable Tourism in Chile. International Institute for Sustainable Development
  50. ^ “Zalaquett (UDI) aboga por aumento de recursos para fomentar el turismo chileno en el exterior”. UPI. (2013年1月5日). http://www.elmostrador.cl/noticias/pais/2013/01/05/zalaquett-udi-aboga-por-aumento-de-recursos-para-fomentar-el-turismo-chileno-en-el-exterior/ 2013年1月5日閲覧。 
  51. ^ Organización Mundial del Turismo (2010). “Regional Results: Americas” (英語) (PDF). UNWTO Tourism Highlights 2011 Edition. pp. 8. 
  52. ^ Servicio Nacional de Turismo (s/f). “Estudios y estadísticas - Estadísticas - Llegadas de turistas extranjeros a Chile - Por nacionalidad: Turistas extranjeros entrados según nacionalidad, año 2011 (PHP)”. 2012年6月19日閲覧。
  53. ^ Servicio Nacional de Turismo (2011年4月1日). “Llegada de turistas extranjeros a Chile aumenta en un 9 %”. 2011年4月8日閲覧。
  54. ^ Servicio Nacional de Turismo. “Estudios y estadísticas - Estadísticas - Salidas de chilenos al exterior - Por destinos: Salidas de chilenos según país de destino, año 2011 (PHP)”. 2012年8月3日閲覧。
  55. ^ Rodríguez, F. (2011年5月20日). “研究ではアメリカで最も古い鉱山がタフレタルにあった確認し”. pp. 52. 2011年5月21日閲覧。[リンク切れ]
  56. ^ University of Chicago Press Journals. “Archaeologists uncover oldest mine in the Americas”. 2011年5月21日閲覧。
  57. ^ Morandé, Felipe (2012年8月6日). “Minería - ¿Sería posible un Chile sin esta actividad?”. 2013年7月3日閲覧。
  58. ^ Editorial: 200 años de tradición minera. Minería Chilena. (2010年7月). pp. 13. ISSN 0716-1042. http://www.mch.cl/revistas/PDF/MCH%20349.pdf 2012年5月25日閲覧。. 
  59. ^ Instituto Nacional de Estadísticas (INE). “Preguntas frecuentes - Demografía - 77.-¿Cuál es la población estimada por sexo y edad? - Población total estimada al 30 de junio, por sexo (2000-2050) (PHP)”. 21 ene 2012閲覧。
  60. ^ Chile.
  61. ^ www.bartleby.com
  62. ^ Composición Étnica de las Tres Áreas Culturales del Continente Americano al Comienzo del Siglo XXI
  63. ^ 5.2.6. Estructura racial”. La Universidad de Chile. 2007年8月26日閲覧。
  64. ^ Chile - International Religious Freedom Report 2008”. United States Department of State. 2008年9月19日閲覧。
  65. ^ UNESCO Institute for Statistics estimates based on its Global Age-specific Literacy Projections model, April 2008.
  66. ^ Valdivia Chile”. Allsouthernchile.com. 2011年8月1日閲覧。
  67. ^ International Web Solutions, Inc. <http://www.iwsinc.net>. “Latin America :: Chile”. Global Adrenaline. 2011年8月1日閲覧。
  68. ^ Learning About Each Other”. Learnapec.org. 2011年8月1日閲覧。
  69. ^ Chile Foreign Relations”. Country-studies.com. 2011年8月1日閲覧。
  70. ^ Food in Chile – Chilean Food, Chilean Cuisine – traditional, popular, dishes, recipe, diet, history, common, meals, rice, main, people, favorite, customs, fruits, country, bread, vegetables, bread, drink, typical”. Foodbycountry.com. 2011年8月1日閲覧。
  71. ^ Maria Baez Kijac (2003). The South American Table: The Flavor and Soul of Authentic.... Harvard Common Press. ISBN 978-1-55832-249-3. https://books.google.com/books?id=LlePAePLlqkC 2013年7月14日閲覧。. 
  72. ^ {{{title}}}”. 2011年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月29日閲覧。
  73. ^ Un mapa por completar: la joven poesia chilena – ¿Por qué tanta y tan variada poesía?”. Uchile.cl. 2009年12月17日閲覧。
  74. ^ Latin American Herald Tribune – Isabel Allende Named to Council of Cervantes Institute”. Laht.com. 2010年11月14日閲覧。
  75. ^ Grossman, Lev (2008年11月10日). “Bolaño's 2666: The Best Book of 2008”. Time. http://www.time.com/time/arts/article/0,8599,1857951,00.html 2010年4月28日閲覧。 
  76. ^ Sarah Kerr (2008年12月18日). “The Triumph of Roberto Bolaño”. The New York Review of Books. 2008年12月18日閲覧。
  77. ^ Wood, James (2007年4月15日). “The Visceral Realist”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/04/15/books/review/Wood.t.html 2010年4月1日閲覧。 
  78. ^ Memoria Chilena”. Memoriachilena.cl. 2015年3月9日閲覧。
  79. ^ Conjuntos Folkloricos de Chile”. Musicapopular.cl. 1984年4月19日閲覧。
  80. ^ Martinez, Jessica. “Top Cultural Celebrations and Festivals in Chile”. USA Today. http://traveltips.usatoday.com/top-cultural-celebrations-festivals-chile-61003.html 
  81. ^ 世界遺産条約”. ユネスコ. 2015年10月31日閲覧。
  82. ^ チリ - 世界遺産リストに刻まプロパティ”. ユネスコ. 2015年10月31日閲覧。
  83. ^ このケースは、チリ以外の3チームに 1つの引き分け(勝ち点1)が必ず入るため、その3チームが1勝をあげた時点(例:3チームとも1勝1分け1敗=勝ち点4、だった場合)でリーグ最下位の4位、チリ以外に 1分け2敗(勝ち点1)のチームが出た場合でも 残り2チームが1勝以上してしまう(勝ち点4以上になる)ためにリーグ3位となり勝ち上がれない。 自力での決勝トーナメント進出が難しい事はもとより、他力本願でも勝敗の星取表(○と●と△)の関係で、全通りの中で2分け1敗(勝ち点2)のチームが2つ出ると言う条件でしか可能性が無かった。
  84. ^ 6リーグ上位2チーム自動的勝ち上がり+3位チーム同士の成績上位4チームが勝ち上がる方式では、W杯イタリア大会で同じリーグ内で 3引き分けのチームが2つ出て、共に決勝トーナメントに進出したアイルランドとオランダの例がある(総得点も同じだったため、くじ引きによりアイルランドがグループ2位、オランダがグループ3位となった)。イタリア大会より以前は、勝利での勝ち点が2点だったり、大会によっては2次リーグが有ったりと、ルールの改変前である。



チリ

出典:『Wiktionary』 (2011/08/16 12:54 UTC 版)

固有名詞

チリ

  1. 南アメリカ南西部にある正式名称チリ共和国首都サンティアゴ

別表記

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

チリに関連した本

「チリ」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チリ」の関連用語

チリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ち

てん

オフセットいんさつ

せいはん

せいはん

ふうとう

だんボール

いろパッチ





チリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2016 K'sBookshelf All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのチリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS