クーデターとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > クーデターの意味・解説 

クー デター [3]フランス coup d'État】

既存政治体制構成する一部勢力が,権力全面的掌握または権力拡大のために,非合法的に武力行使すること。国家権力一つ階級から他の階級移行する革命とは区別される。

クーデター(くーでたー)(coup d'etat)

非合法的な手段によって政権掌握すること

武力行使するなど非合法的な手段によって現行の政府を倒し、政治的権力奪い取ること。政権内の軍部暴走する例が多い。フランス語で「国家対す不意打ち」という意味がある

議会制民主主義取り入れ現代国家では、国民主権観点から、選挙政権を選ぶ機会国民与えている。そのため、クーデターのように選挙によらない政権交代民主的ではないと考えられるが、クーデターによって樹立された政権その後国家統治するミャンマー(旧ビルマ)のような例も見られる

タイ19日、タクシン政権批判する陸軍がクーデターを起こした。クーデターで中心的役割を果たした陸軍ソンティ司令官タイ憲法効力停止させ、民主改革評議会組織して、プミポン国王支持を得た上で民主的政権への移行目指している。

タイでは、タクシン首相一族による不透明株取引きっかけ政治混乱し、議会解散を受けて実施された総選挙は、野党呼びかけ大量白票が投じられるなどしたため憲法裁判所から選挙無効判断が出ていた。

クーデターの発生時、国連総会出席するためにニューヨーク滞在していたタクシン首相は、ロンドン亡命状態を余儀なくされている。タイでの軍部によるクーデターは1991年以来15年ぶり。

(2006.09.25掲載


【クーデター】(くーでたー)

coup d'État (仏)
直訳すると「国家への一撃」。

テロリズムによって既存国家政府機構を破壊し、テロリスト戒厳を命じる事。
未発展の国家武装した民間人傭兵企てる他、正規軍将校実行する事もある。
実際戦闘発生しないまま、降伏により決着した場合は特に「無血クーデター」と呼ばれる

どのような形で行われるにせよ政治的変動避けられず、しばしば治安悪化を招く。
また、国内テロリズム活性化させ、紛争引き金となる事も少なくない
混乱情勢悪化伴って仮想敵国との外交関係軋轢が生じ、(「自国市民保護救出」や「旧勢力支援」などを名目とした)侵略を招く危険性もある。

付け加えて言えば戒厳実行できるような勢力はしばし政治的地盤を欠く。
そもそも政治力に劣るからテロリズムに頼るのであり、クーデター勢力が旧支配層より無能である事例数多い
政権奪取した反政府テロ組織新たな政府組織として再編される際、旧弊そのまま引き継いでしまう事も少なくない


クーデター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/16 15:51 UTC 版)

クーデター: coup d'État)は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。




「クーデター」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クーデターに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クーデター」の関連用語

クーデターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

V-22

ハードポイント

Su-26

Bf109

エアクッション艇1号

デルタ

10式戦車

トレイル





クーデターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクーデター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS