河豚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 河豚 > 河豚の意味・解説 

か とん [0] 【河豚】

「ふぐ(河豚)」の異名

ふく [1] 【〈河豚〉】

フグ古形[季] 冬。 〔現在でも西日本ではいう〕

ふぐ [1] 【〈河豚〉・鰒

古くは「ふく」〕
フグ目フグ科海魚総称広義にはハリセンボン科イトマキフグ科ハコフグ科などを含む。体は長卵形丸みを帯びる。ひれが比較小さくを欠き,鋭い歯はくちばし状。外敵に襲われると腹を著しく膨張させるものもいる。美味だが卵巣肝臓などにテトロドトキシンという毒をもつものが多い。フグ料理に用いる代表的なものは,トラフグ・マフグ・ショウサイフグなどで,日本近海では約40種が知られる。世界中温・熱海域分布カトンフクベ。フグト。 [季] 冬。 《 -くうて尚生きてゐる汝かな /虚子

ふくべ 【〈河豚〉】

フグ古名。 〔和名抄

河豚

読み方:フクベ(fukube)

フグ科とその近縁硬骨魚総称


河豚

読み方:フグfugu

フグ目海魚総称


河豚

作者里見弴

収載図書初舞台彼岸花里見弴作品
出版社講談社
刊行年月2003.5
シリーズ名講談社文芸文庫


河豚

読み方:フグfugu

フグ科魚類総称


河豚

読み方:フグfugu

フグ科総称美味だが肝臓卵巣猛毒を含んでいる

季節

分類 動物


河豚

読み方:フグfugu

作者 里見弴

ジャンル 小説


フグ

(河豚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/16 09:29 UTC 版)

フグ河豚)は、フグ目、特にフグ科に属する魚の総称。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r わが国の水産業 ふぐ(社団法人日本水産資源保護協会)
  2. ^ 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』(中公新書、2004年)p.199ではフグ科について約160種としている
  3. ^ 自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒 厚生労働省
  4. ^ なぜ続く? 無資格者のフグ調理で食中毒発生”. FOOCOM.NET (2009年3月9日). 2015年3月27日閲覧。
  5. ^ a b 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.199 2004年
  6. ^ a b c d 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.200 2004年
  7. ^ a b c d 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.201 2004年
  8. ^ “フグ 注意!雑種増加中 毒の部位不明、外見の判別難しく”. 毎日新聞朝刊. (2017年5月26日). https://mainichi.jp/articles/20170526/k00/00e/040/239000c 
  9. ^ 荒川 修:フグ類が保有する毒の分布,蓄積機構,および生理機能 日本水産学会誌 Vol.79 (2013) No.3 p.311-314
  10. ^ 高橋順太郎・猪子吉人「河豚之毒」明治22年(1889年)『帝国大学紀要医科』第1冊第5号
  11. ^ a b c おさかな雑学研究会『頭がよくなる おさかな雑学大事典』p.56 幻冬舎文庫 2002年
  12. ^ 石毛直道『食文化 新鮮市場』毎日新聞社、1992年、p.30
  13. ^ a b おさかな雑学研究会『頭がよくなる おさかな雑学大事典』p.55 幻冬舎文庫 2002年
  14. ^ かがわ県産品紹介【さぬき風】 - かがわさぬき野Web版・2004年秋
  15. ^ a b 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.172 2002年
  16. ^ a b 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.173 2002年
  17. ^ 「讃岐でんぶく」商標登録を認可/県産ナシフグ - 四国新聞・2010年3月31日
  18. ^ 農林水産省大臣官房統計情報部 『平成20年 漁業・養殖業生産統計年報』 財団法人 農林統計協会、2010年
  19. ^ ASAHI.com 輸入フグふくらんだ 門司税関調べ、初めて国内産上回る
  20. ^ フグの衛生確保について(厚生省環境衛生局長通知)
  21. ^ マリントキシン-毒を持つ魚介類に注意!- 自己判断は禁物、フグの毒国立科学博物館ホットニュース、2008年9月25日。
  22. ^ a b 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.202 2004年
  23. ^ 東京都市場衛生検査所 ふぐの衛生的な取扱い
  24. ^ フグの衛生確保について(厚生省環境衛生局長通知)
  25. ^ フグの衛生確保について(厚生省環境衛生局乳肉衛生課長通知)
  26. ^ 東京コンシェルジュ #12(2012年6月3日閲覧)
  27. ^ No.56 古代エジプトでは肉よりも魚、フグまで食べていたビールのルーツ研究所キリンビール大学キリン あと、フグも、古代エジプトの時代から食べていました。ご存じのように、フグは毒をもっています。だから今のエジプトでも、フグは免許を持った人しか売ることができません。ただ、その免許をどうやって取得したかたずねると、「親戚からもらった」とかいう場合がありますけれどね。
  28. ^ エジプトしりとり「ふ」
  29. ^ 末廣恭雄『日本の魚』保育社〈カラーブックス〉、1968年、p60
  30. ^ フグ卵巣ぬか漬けの微生物によるフグ毒分解の検討 日本水産学会誌 69(5) pp.782-786, 853 20030915 社団法人日本水産学会
  31. ^ 藤井 建夫、JOI:DN/JST.JSTAGE/jsfm/30.186 腐敗と発酵のはざまの研究生活で垣間見たもの, 日本食品微生物学会雑誌 Vol.30 (2013) No.4 p.186-192
  32. ^ 「秘密の隠れ家」人気店、フグの肝提供で捜索 読売新聞 2016年3月31日
  33. ^ 「とらふぐの会」系4店処分…「違法性は認識」 読売新聞 2016年4月1日
  34. ^ フグの肝 提供疑い、料理店経営者ら逮捕…大阪府警 毎日新聞 2016年5月24日
  35. ^ a b 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p.51 梧桐書院 1991年
  36. ^ 里浜人の暮らし
  37. ^ 2008年3月27日放送の朝日放送ビーバップ!ハイヒール」より
  38. ^ 『大草家料理書』、『本朝食鑑』。
  39. ^ ペットにあげてはいけない食べ物 ニャンバーワン
  40. ^ 危険がいっぱい ふぐの素人料理 東京都福祉保健局
  41. ^ 毒を持たない小川のとらふぐ”. ふぐ乃小川. 2014年10月5日閲覧。
  42. ^ 毒のないフグをつくる フグ毒の謎に挑戦!”. 日本水産学会. 2014年10月5日閲覧。
  43. ^ “高級食材「フグ」の本場、下関”. CNN. (2014年9月27日). http://www.cnn.co.jp/special/cnnasia/35048142.html 2014年10月5日閲覧。 
  44. ^ 釣りをされる皆様へ|厚生労働省
  45. ^ 柴崎達矢食中毒:フグ肝臓食べた男性死亡 調理練習の残り持ち帰る毎日新聞、2014年10月9日(2014年10月9日閲覧)
  46. ^ フグ毒研究の最近の進歩 藥學雜誌 Journal of the Pharmaceutical Society of Japan 120(10) pp.825-837 20001001 社団法人日本薬学会


「フグ」の続きの解説一覧





河豚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「河豚」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||





河豚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

庄川

タブ

軽海用水

酸洗

ウメイロ

サルビア

掃気効率

ウインガーツバーグ





河豚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS