アンゴラとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > アンゴラの意味・解説 

アンゴラ 【Angola】 ◇


アンゴラ [0] 【angora】

アンカラ旧称から〕
アンゴラウサギ・アンゴラヤギの毛。 → モヘア

アンゴラ

sheeo01.jpg【英】:Angra

モヘアアンゴラ山羊)のように長く白い毛が育つことから「アンゴラ・ラビット」と名づけられた兎。
フランス中心にチェコドイツ中国日本などで飼育されている。その毛は手触りがやわらかく、軽くパステルカラー発色良いニットに向く。

アンゴラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/20 18:35 UTC 版)

アンゴラ共和国(アンゴラきょうわこく)、通称アンゴラは、アフリカ南西部に位置する共和制国家。東にザンビア、南にナミビア、北にコンゴ民主共和国と国境を接し、西は大西洋に面している。コンゴ民主共和国を挟んで飛地カビンダが存在し、カビンダは北にコンゴ共和国と国境を接する。首都ルアンダ




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ a b 東京より物価が高い国がアフリカに!世界一物価高の国アンゴラ。 2009年6月12日 11:152009年8月28日閲覧
  3. ^ 小田英郎 『世界現代史15──アフリカ現代史III』 山川出版社、1991年9月第2版。p.25。
  4. ^ 川田順造編 『新版世界各国史10──アフリカ史』 山川出版社、2009年8月。pp.285-286
  5. ^ 小田英郎 『世界現代史15──アフリカ現代史III』 山川出版社、1991年9月第2版。p.27。
  6. ^ A.H.デ・オリヴェイラ・マルケス/金七紀男訳 『ポルトガル2──世界の教科書=歴史』 ほるぷ出版、1981年。pp.86。
  7. ^ A.H.デ・オリヴェイラ・マルケス/金七紀男訳 『ポルトガル2──世界の教科書=歴史』 ほるぷ出版、1981年。pp.86-87。
  8. ^ 福井英一郎編『世界地理10 アフリカII』朝倉書店、1998年。p.136。
  9. ^ オランダオランダ領ブラジル (Dutch Brazil1630年1654年)の利権でポルトガルと対立していた。
  10. ^ 岡倉登志 『アフリカの歴史──侵略と抵抗の軌跡』 明石書店、2001年1月。p.22-24。
  11. ^ ボリス・ファウスト/鈴木茂訳 『ブラジル史』 明石書店、2008年6月。p.66。
  12. ^ シッコ・アレンカール、マルクス・ヴェニシオ・リベイロ、ルシア・カルピ/東明彦、鈴木茂、アンジェロ・イシ訳『ブラジルの歴史 ブラジル高校歴史教科書』明石書店、2003年1月 pp.75-76。
  13. ^ シッコ・アレンカール、マルクス・ヴェニシオ・リベイロ、ルシア・カルピ/東明彦、鈴木茂、アンジェロ・イシ訳『ブラジルの歴史 ブラジル高校歴史教科書』明石書店、2003年1月 pp.62-63。
  14. ^ A.H.デ・オリヴェイラ・マルケス/金七紀男訳3 『ポルトガル3──世界の教科書=歴史』 ほるぷ出版、1981年。pp.36-40。
  15. ^ a b c d e f CIA World Factbook2009年12月13日閲覧
  16. ^ 難民を助ける会はアンゴラで唯一の日本のNGOです 2009年8月23日閲覧
  17. ^ 松本仁一『アフリカ・レポート 壊れる国、生きる人々』岩波書店(岩波新書)、2008年8月 pp.121-123
  18. ^ The Increasing Importance of African Oil”. Power and Interest Report (2006年3月20日). 2009年12月13日閲覧。
  19. ^ スティグリッツ教授の経済教室 p-99
  20. ^ Into Africa: China's Grab for Influence and Oil
  21. ^ Hitachi Theater 地雷廃絶への挑戦-アンゴラの地雷原に挑む- 2009年8月23日閲覧
  22. ^ http://databank.worldbank.org/data/download/GDP.pdf
  23. ^ http://databank.worldbank.org/data/download/GNIPC.pdf
  24. ^ World Refugee Survey 2008 - Angola, UNHCR
  25. ^ Angola, U.S. Department of State
  26. ^ Flight from Angola, The Economist , August 16, 1975
  27. ^ 寺尾智史「南部アフリカ・アンゴラにおける多言語政策試行」
  28. ^ http://books.google.com/books?id=DeVqVy21g9sC&pg=PA40&lpg=PA40&dq=presbyterian+church+in+angola&source=bl&ots=3KbFI1zxSt&sig=vzJ0gD-4N2h0KgEIN9E8SebEh34&hl=en&ei=UnqKSsi_GoWwswPK_4XTDQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1
  29. ^ warc.ch/update/up132/09.html
  30. ^ wcc-coe.org/wcc/what/regional/african-mchs.pdf
  31. ^ http://books.google.com/books?id=C5V7oyy69zgC&pg=PA539&lpg=PA539&dq=presbyterian+church+in+angola&source=bl&ots=KP8Anxs5Mb&sig=sEo9W7xjWU3x0o-ancv2pi1UWIo&hl=en&ei=UnqKSsi_GoWwswPK_4XTDQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=5#v=onepage&q=&f=false
  32. ^ a b c d e f g h i j k l "Botswana". 2005 Findings on the Worst Forms of Child Labor. Bureau of International Labor Affairs, U.S. Department of Labor (2006). This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  33. ^ A.H.デ・オリヴェイラ・マルケス 『ポルトガル3』 金七紀男訳、ほるぷ出版〈世界の教科書=歴史〉、東京、1981年11月1日、初版、163頁。
  34. ^ Seal AJ, Creeke PI, Dibari F, et al. (January 2007). “Low and deficient niacin status and pellagra are endemic in postwar Angola”. Am. J. Clin. Nutr. 85 (1): 218–24. PMID 17209199. http://www.ajcn.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=17209199. 
  35. ^ a b c 市之瀬敦「モザンビーク文学と公用語問題」『モザンビーク 「救われるべき」国の過去・現在・未来』「モザンビーク」刊行チーム、拓殖書房、1994年11月
  36. ^ 青山森人「アンゴラ人でしか書けないアンゴラの根っこ」『社会思想史の窓第118号 クレオル文化』石塚正英:編 社会評論社、1997/05
  37. ^ 日本語未訳のため、葡語のタイトルから独自に訳した







アンゴラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンゴラ」の関連用語

アンゴラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アンゴラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ザ・ウールマーク・カンパニーザ・ウールマーク・カンパニー
Copyright The Woolmark Company 2014
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンゴラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS