啓蒙思想とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 思想 > 啓蒙思想の意味・解説 

けい もうしそう -さう [5] 【啓蒙思想】

一八世紀フランス中心としてヨーロッパ全域に広がった革新的思想キリスト教会などの伝統的権威から解放された理性使用公衆に促し,人類普遍的進歩を図った。フランスではデカルト体系への批判を伴った。フランスボルテール百科全書派イギリスのロック・ヒュームが代表。啓蒙主義

けいもうしそう 【啓蒙思想】

ヨーロッパで、一七世紀末起こり一八世紀後半全盛をみた旧弊打破革新思想人間合理的理性啓発により、宗教政治社会・教育経済・法律の全般にわたって旧慣改め新秩序立てようとした思想動向。オランダ・イギリスに興り、フランス・ドイツに波及し、フランス革命準備役割を果たした。イギリスのロック・ヒューム、フランスのモンテスキュー・ヴォルテール、ドイツのウォルフ・カントなどに代表される。啓蒙主義

啓蒙思想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/21 23:46 UTC 版)

啓蒙思想(けいもうしそう、: Enlightenment, : Lumières, : Aufklärung)とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して、啓蒙主義(けいもうしゅぎ)とも言う[1]。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光で照らされること(蒙(くら)きを啓(あき)らむ)」である。自然の光(ラテン語: lumen naturale)を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味。











啓蒙思想と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

啓蒙思想に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「啓蒙思想」の関連用語

啓蒙思想のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ラトゥール

ワインの瓶型

クサフグ

白妙

マタタビ

大飛出

明治の森箕面国定公園

イヌマキ





啓蒙思想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの啓蒙思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS