啓蒙主義とは?

啓蒙主義

読み方:けいもうしゅぎ

啓蒙時代」とも呼ばれる17世紀18世紀ヨーロッパで広まった、神学に代表される旧来の伝統権威理性のもとに批判し、民衆啓蒙しようす思想

啓蒙思想

(啓蒙主義 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/21 23:46 UTC 版)

啓蒙思想(けいもうしそう、: Enlightenment, : Lumières, : Aufklärung)とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して、啓蒙主義(けいもうしゅぎ)とも言う[1]。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光で照らされること(蒙(くら)きを啓(あき)らむ)」である。自然の光(ラテン語: lumen naturale)を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味。











固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「啓蒙主義」の関連用語

啓蒙主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

東京ラーメン

ランチャー台

畝打組

輸出モデル

コウ

若狭湾国定公園

CX-7

Alligator Wisdom





啓蒙主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの啓蒙思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS