伝統的とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 伝統的の意味・解説 

でん とうてき [0] 【伝統的】

形動
古くから受け継がれ伝えられているさま。 「 -な考え方」 「 -な行事」 「 -に園芸が盛んだ」


伝統的

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伝統

(伝統的 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/15 03:38 UTC 版)

伝統(でんとう)とは、信仰、風習、制度、思想、学問、芸術などの様々な分野において、古くからのしきたり・様式・傾向、血筋、などの有形無形の系統を受け伝えることをいう。


  1. ^ 日本国語大辞典、小学館、2005年。
  2. ^ 広辞苑、第六版、岩波書店、2008年。
  3. ^ a b c d 「それホンモノ? 『良き伝統』の正体」毎日新聞、2016年1月25日
  4. ^ a b エリック・ボブズボウム、テレンス・レンジャー(編)、『創られた伝統』紀伊國屋書店、1983年。
  5. ^ a b c d 「創られちゃう伝統――「夫婦別姓」最高裁判決を受けて生じる無邪気な言説」、Yahoo News、2015年12月18日
  6. ^ a b c d e は、「『家庭教育支援法』成立目指す自民 『伝統的家族』なる幻想 家族の絆弱まり、家庭の教育力低下--!?」、毎日新聞、2017年3月1日。
  7. ^ a b c 白川千尋 国立民族学博物館(編)「創られた伝統」『世界民族百科事典』 丸善出版 2014 ISBN 9784621088234 pp.56-57.
  8. ^ 原田実、江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統、講談社、2014年。
  9. ^ 原田実、江戸しぐさの終焉、講談社、2016年
  10. ^ 宋美玄、他、「各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと」、メタモル出版、2016年。
  11. ^ Michele M. Mason “Empowering the Would-be Warrior: Bushido and the Gendered Bodies of the Japanese Nation”
  12. ^ 平山昇『鉄道が変えた社寺参詣 · 初詣は鉄道とともに生まれ育った』交通新聞社新書
  13. ^ 日中文化芸術専門学校 理事長挨拶・理念・教職人員 2016年7月7日閲覧
  14. ^ a b 成澤宗男「明治時代の天皇崇拝は神道の長い歴史では特殊」、『週刊金曜日』第1089巻、金曜日、2016年5月27日、 20-21頁。
  15. ^ 成澤宗雄、「日本会議と神社本庁」、金曜日、40ページ。
  16. ^ 広田照幸、日本人のしつけは衰退したか、講談社、1999年。
  17. ^ 品田悦一、「萬葉集の発明」、新曜社、2001年。
  18. ^ マーク・シングルトン 『ヨガ・ボディ - ポーズ練習の起源』 喜多千草訳、大隅書店、2014年ISBN 978-4-905328-06-3
  19. ^ 伊藤雅之「現代ヨーガの系譜 : スピリチュアリティ文化との融合に着目して」、『宗教研究』84(4)、日本宗教学会、2011年3月30日、 417-418頁、 NAID 110008514008


「伝統」の続きの解説一覧





伝統的と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「伝統的」の関連用語

伝統的のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ゴールド・スターン

上の荘の森

稲垣 陽

日野レンジャー

ウィリアム・ヒューレット

由良海水浴場

ゴールデン・マーブル・ダイヤモンド・ベールテール・エンゼル

オオクワガタ





伝統的のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝統 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS