電磁波とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 電磁波の意味・解説 

電磁波

読み方でんじは
【英】electromagnetic wave, radio wave

電磁波とは、電場磁場相互に組み合わさりながら空間伝達するエネルギーの波のことである。

電場とは、電気エネルギーが及ぶ範囲のことであり、磁場とは磁気エネルギーの及ぶ範囲のことである。その両者互いに絡み合って電磁波が形成される。電気流れたり、電波通っている空間では必ず電磁波が発生している。電磁波が真空中を伝達する速度光速と同じ、約30キロメートル毎秒である。

電磁波は、1秒間に生じる電磁波の波の数である「周波数」で表され、周波数が高いほどエネルギーが高いとされている。周波数の高い順に、放射線X線ガンマ線)、紫外線可視光線赤外線電波などの種類がある。

電磁波には、X線ガンマ線などの一般に放射線呼ばれる電離放射線」と、可視光それより周波数の低い「非電離放射線」の2種類に大別できる。電離放射線は、細胞などに直接的影響与えるため、国際的安全基準設けられている。非電離放射線細胞などに直接的影響与えないものの、人体への影響懸念されており、電磁波による影響抑えるための研究が行われている。


【電磁波】(でんじは)

電気磁気両方特徴を持った、空間を伝わる波のエネルギーの事。
周波数により速度は変わるが、基本的に光の速さ(約30km/s)で空間を伝わる。

周波数の高いものから
γ線 > X線 > 紫外線 > 可視光線 > 赤外線 > 電波
となる。
また電波の中では、波長の短い順に
EHF(ミリメートル波) < SHF(センチメートル波) < UHF(極超短波) < VHF(メートル波/超短波) < HF(短波) < MF(中波) < LF(長波/キロメートル波) < VLF(超長波) < ELF(極超長波)
となる。EHFUHFは「マイクロ波」と呼ばれることもある。

略語は(E:Extra S:Super U:Ultra V:Very H:High M:Middle L:Low F:Frequency)

一般に電磁波は周波数が高い(波長が短い)ほど直進性強く解像度が高い(=情報伝送量が大きい)。
また、周波数が低い(波長長い)ほど回折しやすく、空気中の水分吸収されにくくなる。そのため長距離に届き、悪天候でも山向こうまで届かせることが出来る。

そのため、以下のように用途合わせて電波種類決定される。

用途電波種類特徴など
潜水艦陸上との通信超長波(VLFELF)海水面貫通して伝達でき、極めて長距離まで届くが、
単位時間当たりの情報伝送量は小さい。
テレビ・ラジオ放送
あるいは一般的な無線通信
中波短波VHFまたはUHFある程度情報伝送量と伝送距離
両立して確保できるため、選択されることが多い。
(山を越えビル迂回する)
レーダーセンチメートル波(SHF)解像度が必要とされるため。

関連:レーダー レーザー


電磁波

【英】:electromagnetic wave

互いに垂直の方向向い電場磁場が一体となった「場」である電磁場が、相関を保って周期的変化しながら空中空間)を光の速度秒速30km)で伝わっていく波のこと。の中でいちばん波長長いのが電波であり、以下波長の短くなっていく順に、赤外線可視光線紫外線X線ガンマ線宇宙線と続く。

説明に「電磁波」が含まれている用語


電磁波(Electromagnetic wave)

電荷振動により作り出された電界磁界を伴う放射エネルギーをいう。


電磁波

電荷促進されるときに生ず電気磁気エネルギーの波。

電磁波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/08 07:11 UTC 版)

電磁波(でんじは : electromagnetic wave)は、空間電場磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射: electromagnetic radiation)とも呼ばれる。現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。




  1. ^ 数値 A の前に付く不等号 "< A" は「A より小さい」、"> A" は「A より大きい」領域を表す。 また "A – B" とダッシュの両辺に数値 A, B がある場合、「A から B の間」の領域を表す。 10n は 10 の n 乗を表す。たとえば 103 は 10 × 10 × 10 = 1000 と同じ数であり、10-31/10 × 1/10 × 1/10 = 1/1000 = 0.001 と同じ数である。
  2. ^ 1 eV はおおよそ 1.6 × 10-19 J に相当する。したがってプランク定数を eV/THz 単位で表せばおよそ h = 4.1 × 10-3 eV/THz である。たとえば振動数 3000 THz(波長約 100 nm)の光子のエネルギーは 3000 × 4.1 × 10-3 eV = 12.3 eV となる。これは水素原子の第一イオン化エネルギー 13.6 eV と同程度の大きさである。
  3. ^ Nancy Wertheimer. 標準的なドイツ語ではヴェアトハイマー、ヴェルトハイマーなどに近い。
  4. ^ Ed Leeper
  5. ^ 耳から離し、頭蓋骨から離した状態で、手で操作して使用すること。
[ヘルプ]
  1. ^ Max Planck, Zur Theorie des Gesetzes der Energieverteilung im Normalspektrum, Deutschen Physikalischen Gesellschaft Verhandlungen 2, 1900, pp. 237–245. pdf.
  2. ^ Max Planck, On the Law of Distribution of Energy in the Normal Spectrum , Annalen der Physik, volume 309, issue 3, pp. 553-563, 1901. pdf. Ueber das Gesetz der Energieverteilung im Norrnalspectrum の英訳版。
  3. ^ Albert Einstein, Über einen die Erzeugung und Verwandlung des Lichtes betreffenden heurischen Gesichtspunkt , Annalen der Physik Band 17, pp. 132-148. pdf.
  4. ^ A. B. Arons and M. B. Peppard (Translators), Albert Einstein (Author), Concerning an Heuristic Point of View Toward the Emission and Transformation of Light , American Journal of Physics, volume 33, number 5, pp. 367-374, May 1965. pdf. 1905年の光量子仮説に関する論文の英訳版。
  5. ^ 飯島 純夫、電磁場が染色体に及ぼす影響、山梨医大誌 14 (1),1 - 5,1999。
  6. ^ WHOファクトシートNo.263,"電磁界と公衆衛生:「超低周波電磁界とがん」", 2001年10月 [1] (PDF)
  7. ^ a b http://www.nies.go.jp/kanko/tokubetu/setsumei/sr-035-2001b.html
  8. ^ 国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP), "時間変化する電界、磁界及び電磁界による曝露を制限するためのガイドライン(300 GHz まで)", 1998年4月[2]
  9. ^ 総務省 電波利用ホームページ 電波環境の保護[3]
  10. ^ 関西電力,"電磁界に対する専門機関の見解"[4]
  11. ^ National Research Council,"Possible Health Effects of Exposure to Residential Electric and Magnetic Fields"(1997)[5]
  12. ^ Nancy Wertheimer, Ed Leeper, Electrical Wiring Configurations and Childhood Cancer , American Journal of Epidemiology, Volume 109, issue 3, pp.273-284, 1979. 要旨
  13. ^ Martha S. Linet, Elizabeth E. Hatch, Ruth A. Kleinerman, Leslie L. Robison, William T. Kaune, Dana R. Friedman, Richard K. Severson, Carol M. Haines, Charleen T. Hartsock, Shelly Niwa, Sholom Wacholder, and Robert E. Tarone, Residential Exposure to Magnetic Fields and Acute Lymphoblastic Leukemia in Children , New England Journal of Medicine Vol. 337 No. 1, 3 July 1997.
  14. ^ 長妻昭, "電気毛布等の小児白血病・脳腫瘍発症への影響に関する質問主意書", 衆議院第156回国会 質問第126号, 平成15年7月11日提出 [6]それへの政府回答
  15. ^ a b c d e 携帯電話の電磁波「発がんの可能性も」 WHOが分析 ウェブ魚拓
  16. ^ 機内でも病院でも スマホ利用、進む規制緩和日本経済新聞 2014年9月
  17. ^ 総務省報道資料, "電波の医用機器等への影響に関する調査結果", 平成14年7月2日 [7]
  18. ^ (無題)”. 平成11年度 公正取引委員会年次報告. 公正取引委員会 (2010年3月31日). 2011年10月15日閲覧。


「電磁波」の続きの解説一覧

電磁波

出典:『Wiktionary』 (2009/06/29 00:34 UTC 版)

名詞

(電磁 波:でんじは

  1. 電場変化磁場変化互いを生み出しながら、空間を進む波。電磁波には、波長長い順に、電波赤外線可視光線紫外線X線ガンマ線がある。

語源

関連語

翻訳






電磁波と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

電磁波に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電磁波」の関連用語


2
98% |||||

3
96% |||||



6
74% |||||


8
74% |||||

9
電波 国語辞典
74% |||||

10
74% |||||

電磁波のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Optimus chat

用途廃棄

スタビレーター

Wedge Touch Mouse

NB100

AGM-88

Intel Edison

T-2





電磁波のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電磁波の記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2016 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
株式会社EMC鹿島株式会社EMC鹿島
© Copyright EMC Kashima all right reserved.
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2016.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電磁波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電磁波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS