手塚治虫とは?

手塚治虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/07 01:26 UTC 版)

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年[注 1]昭和3年)11月3日 - 1989年平成元年)2月9日)は、日本漫画家アニメーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士奈良県立医科大学1961年)。血液型A型[1]戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 生前は1926年生まれと自称していた「現代漫画6巻 手塚治虫集」(筑摩書房)著者紹介など。
  2. ^ a b 大阪帝国大学附属医学専門部は、手塚が在学中の1947年10月に大阪帝国大学が大阪大学へ改称されたことに伴い大阪大学附属医学専門部と改称した。
  3. ^ 起源は開高健「マンガの神様・手塚治虫」(週刊朝日1964年2月21日号)。生前手塚治虫は著書『ぼくはマンガ家』のように、「漫画」より「マンガ」という表記を好んで使っており、それに習う。
  4. ^ ただし、後述の石原実は手塚没後のインタビューで「手塚がいじめっ子を自宅に呼んで漫画で懐柔・籠絡した」とされる点に疑問を呈している。石原によると、同窓会のたびに皆で「おかしいなー」と言っていたが、手塚本人に言うと「『すまん、すまん』とケロッとして」いたという。(池田啓晶他 『手塚治虫完全解体新書』 集英社、2002年、p238)
  5. ^ 旧制大学と旧制専門学校は明確に区別されており、旧制専門学校卒業生には学士号の授与も行われなかった。
  6. ^ 徹夜明けであっても映画館に駆け込んだという。『観たり撮ったり映したり』(手塚治虫著)
  7. ^ ただし、アニメーション『鉄腕アトム』関係者への聞き取りと資料の再調査を行った津堅信之は実際には「当初は1本155万円が代理店より制作費として支払われていた」としている。津堅によると、その後も制作料は少しずつ引き上げられており、「虫プロは確実に経営努力を実施して、かつ結果を得ている。『『アトム』を55万円で作ったから、その後のアニメ制作環境が悪くなった』という評価がいまだにあるとすれば、短絡的であると言わざるを得ない。」としている(津堅信之『アニメ作家としての手塚治虫―その軌跡と本質』NTT出版、2007年)。
  8. ^ アニメーターの大塚康生は、手塚が一方で理想のアニメに憧れながらも、遂にそれを成し遂げられなかった原因を、商業主義のためではなくて、手塚がアニメの技術について無知だったからだとしている。「演技設計やアニメートに無関心では優れたアニメーションになる筈がなかったように思います。実際、手塚氏はフル・アニメーションの基礎技術をディズニーなどの先達に学んだ形跡がなく、ろくにアニメーターの養成もせずに漫画的なリミテッドから出発している点も実に不思議です」(大塚『作画汗まみれ 増補改訂版』P95「4章 テレビアニメーション時代の幕開け」)
  9. ^ なお『どろろ』作中の妖怪は水木の影響を受けたと思われる点描が用いられている(夏目、151-152p)。
  10. ^ 医師法第八条の規定に基づき内閣が制定した医師法施行令の第四条第二項には「医師が死亡し、又は失そうの宣告を受けたときは、戸籍法(昭和二十二年法律第二百二十四号)による死亡又は失そうの届出義務者は、三十日以内に、医籍の登録のまつ消を申請しなければならない。」とあり、また同七条第一項には「医師は、医籍の登録のまつ消を申請するときは、住所地の都道府県知事を経由して、免許証を厚生労働大臣に返納しなければならない。第四条第二項の規定により医籍の登録のまつ消を申請する者についても、同様とする。」となっている。このため本来は死亡後三十日以内に遺族が医師の免許証の返納手続きをとるべきなのであったが、記念館内に展示保管されているため悪用される恐れがないこと、医師免許証に文化財としての価値があるという理由で、法令の本来の規定を超えた特例の措置がなされた。
  11. ^ 手塚は、球団の堤義明オーナーから「大人になった姿のレオ」と指定されたことから父親の「パンジャ」がモデルであると説明している。
  12. ^ トレードマークの縦縞がなく、胸の部分に「OSAKA」と描かれているデザイン。
  13. ^ この机は藤子不二雄Aの生家である富山県氷見市の光禅寺で展示されている。
  14. ^ 別の対談では、このとき手塚は家にいたが、母親に「留守です」と帰されたとも語っている
  15. ^ 但し作中で説明されるのは井上ひさしが1971年に執筆した戯曲版のストーリーである。
  16. ^ フジパンロボット館は閉幕後に愛知青少年公園(現・愛・地球博記念公園)に移設され、2005年愛・地球博でも展示された。
  17. ^ なお、治虫の作品に父親の存在が希薄であることはしばしば指摘されている。(桜井、34p)

出典

  1. ^ 元はB型と言われていたが、改めて検査をしたらA型だった。(『小池一夫対談集 ~キャラクター60年~』対談:手塚治虫)
  2. ^ 1980代:年譜:手塚治虫について:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト
  3. ^ 桜井, p. 22.
  4. ^ 桜井, pp. 24-28.
  5. ^ 夏目, pp. 70-71.
  6. ^ 桜井, p. 31.
  7. ^ 手塚 1999, p. 20.
  8. ^ , p. 20.
  9. ^ 手塚 1997, p. 20.
  10. ^ 手塚 1997, pp. 20-22.
  11. ^ a b 手塚 1997, p. 13.
  12. ^ 手塚 2009.
  13. ^ 手塚 1997, pp. 6-9.
  14. ^ 桜井, p. 32.
  15. ^ 手塚 1999, p. 29.
  16. ^ 手塚 1999, p. 274.
  17. ^ a b 桜井, p. 45.
  18. ^ 手塚 1997, p. 52.
  19. ^ 手塚 1997, pp. 52-59.
  20. ^ 桜井, pp. 48-50.
  21. ^ 手塚 1997, p. 62.
  22. ^ 桜井, p. 58.
  23. ^ a b 桜井, p. 59.
  24. ^ 手塚 1999, pp. 57-60.
  25. ^ 手塚 1999, pp. 61-65.
  26. ^ a b 米澤, p. 13.
  27. ^ 手塚 1999, pp. 89-90.
  28. ^ 手塚 1999, p. 90.
  29. ^ 手塚 1999, p. 91.
  30. ^ 米澤, p. 82.
  31. ^ a b , p. 128.
  32. ^ 米澤, pp. 14-15.
  33. ^ 手塚 1999, p. 96.
  34. ^ 米澤, pp. 15-16.
  35. ^ 米澤, p. 16.
  36. ^ 手塚 1999, pp. 98-99.
  37. ^ 公表されている手塚治の医師免許による。
  38. ^ 手塚 1999, p. 100.
  39. ^ 桜井, pp. 72-73.
  40. ^ 米澤, p. 21.
  41. ^ 米澤, p. 27.
  42. ^ 米澤, p. 23.
  43. ^ 米澤, pp. 23-24.
  44. ^ 手塚 1999, p. 183.
  45. ^ 手塚 1999, pp. 184-185.
  46. ^ a b 米澤, p. 31.
  47. ^ 米澤, pp. 32-33.
  48. ^ a b 桜井, p. 118.
  49. ^ 米澤, pp. 85-86.
  50. ^ 桜井, p. 119.
  51. ^ 手塚 1999, pp. 216-217.
  52. ^ 桜井, p. 121.
  53. ^ 豊田, pp. 59-63.
  54. ^ 手塚 1999, pp. 33-34.
  55. ^ 山本.
  56. ^ 大宅壮一は1958年に「文藝春秋」で連載した「日本の人物鉱脈」で「最近私は"阪僑"という妙な言葉をつくって、大阪人気質、東京その他における大阪系人物のありかたを、南方諸地域や日本における中国人のありかたになぞらえて」と書いている。
    札埜和男『大阪弁「ほんまもん」講座』新潮社、2006年 ISBN 978-4106101601 p20
  57. ^ a b 手塚 1999, p. 237.
  58. ^ 桜井, p. 136.
  59. ^ a b 手塚 1999, p. 242.
  60. ^ 桜井, p. 142.
  61. ^ a b 手塚 1999, p. 249.
  62. ^ 「話の特集」1979年7月号 瀕死のアニメーション
  63. ^ 米澤, p. 50.
  64. ^ 米澤, p. 55.
  65. ^ a b 米澤, p. 54.
  66. ^ 米澤, pp. 56-57.
  67. ^ 米澤, p. 59.
  68. ^ 米澤, pp. 59-62.
  69. ^ 桜井, pp. 166-167.
  70. ^ 夏目, pp. 169-170.
  71. ^ 夏目, p. 170.
  72. ^ 米澤, p. 65.
  73. ^ 米澤, p. 67.
  74. ^ 米澤, p. 72.
  75. ^ 米澤, p. 93.
  76. ^ 手塚治虫、松谷孝征 『手塚治虫 壁を超える言葉』 かんき出版、2014年10月、第25章)。
  77. ^ 1989年2月10日放送『おはよう!ナイスデイ』
  78. ^ NHK特集『手塚治虫 創作の秘密』(1986年1月10日放送)
  79. ^ a b 手塚眞「わが父 手塚治虫」朝日ジャーナル臨時増刊1989年4月20日号『手塚治虫の世界』所収
  80. ^ NHK「手塚治虫 世紀末へのメッセージ」1999年1月15日 22:00 - 22:50放送
  81. ^ 集英社新書「手塚先生、締め切り過ぎてます!」福元一義 2009年
  82. ^ 東京読売新聞朝刊「いま永遠の"火の鳥"となる 手塚治虫さんの葬儀にファン1万人」(1989年3月3日)
  83. ^ 東京読売新聞朝刊「手塚治虫さんの通夜 2000人がお別れ / 東京・東久留米」(1989年2月12日)
  84. ^ 米澤, p. 80.
  85. ^ NHKスペシャル「いのち〜わが父・手塚治虫」(1989年4月16日)
  86. ^ 宮﨑駿『折り返し点』(p.116、梅原の発言)
  87. ^ 渡辺泰「アニメーションに魅せられた神様」、霜月たけなか編『誕生!「手塚治虫」』所収、朝日ソノラマ、1998年、101-102p
  88. ^ 「手塚治虫の引き裂かれた夢 (2)」
  89. ^ 手塚 1999, pp. 21-22.
  90. ^ 夏目, pp. 67-92.
  91. ^ 「第一章 マンガとの出会い」内「あかぬけていた大阪文化」内の本人発言、手塚治虫+聞き手=石子順『手塚治虫漫画の奥義』、講談社、1992年
  92. ^ 『二人で少年漫画ばかり描いてきた』p.20
  93. ^ 石森章太郎『少年のためのマンガ家入門』秋田書店、1965年。
  94. ^ 日本漫画学院(木村忠夫)編『漫画家名鑑1 漫画家訪問記』草の根出版会、1989年、p.84。ちばてつやインタビュー。
  95. ^ 瀬戸龍哉編『コミックを創った10人の男 巨星たちの春秋』ワニブックス、2002年、p.107。望月三起也インタビュー
  96. ^ a b 辰巳, p. 18.
  97. ^ 桜井昌一『ぼくは劇画の仕掛人だった』エイプリル出版、1978年、p.32
  98. ^ 佐藤まさあき『「劇画の星」をめざして 誰も書かなかった「劇画内幕史」』文藝春秋、1996年、p.11
  99. ^ 竹内オサム『手塚治虫論』平凡社、1992年、224-232p
  100. ^ 米澤, p. 97.
  101. ^ 野口文雄『手塚治虫の「新宝島」』小学館、2007年
  102. ^ 「霜月たかなか編『誕生!「手塚治虫」マンガの神様を育てたバックグラウンド』(1998年、朝日ソノラマ)
  103. ^ 夏目房之介『手塚治虫はどこにいる』筑摩書房、1992年、48p
  104. ^ 夏目, pp. 44-46.
  105. ^ 夏目, pp. 47-66.
  106. ^ 米澤, pp. 161-162.
  107. ^ 米澤, pp. 162-163.
  108. ^ 米澤, p. 181.
  109. ^ 桜井, p. 116.
  110. ^ 手塚 1997.
  111. ^ 手塚治虫エッセイ集(3)(手塚治虫漫画全集) P185-186 講談社 1997年
  112. ^ 思わずバンザイをし涙をこぼした:手塚治虫と戦争:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイトhttp://tezukaosamu.net/jp/war/entry/47.html 講談社版手塚治虫漫画全集『手塚治虫講演集』「未来人へのメッセージ」講談社、1986年岩波書店刊『未来人へのメッセージ』
  113. ^ 手塚 1999, p. 53.
  114. ^ 竹内オサム『戦後マンガ50年史』(1995年、筑摩書房)
  115. ^ 光文社刊『漫画の描き方』より
  116. ^ 夏目, pp. 188-189.
  117. ^ 夏目, p. 189.
  118. ^ 鳴海丈『萌えの起源』PHP新書 2009年
  119. ^ 手塚治虫デビュー作品集 毎日新聞社 1991年
  120. ^ a b 石ノ森章太郎『漫画超進化論』(河出書房新社、1989年)
  121. ^ 1989年2月10日金曜日放送 テレビ朝日『こんにちは2時 マンガ界の神様手塚治虫さん逝く!!』「「若く見られてはいけない」という事で、先生公称は大正15年生まれとして手塚さんは通していらしていたという事ですね」
  122. ^ 1978年『20歳への提言』オーシャンプランニング所収
  123. ^ 1992年『手塚治虫大全1』マガジンハウス社
  124. ^ 「論集 手塚漫画のはじまり」(1980年名著刊行会)
  125. ^ 「ユリイカ」手塚治虫特集号(1983年2月号)
  126. ^ 『漫画家・アニメ作家人名辞典』(日外アソーシエーツ)
  127. ^ 手塚(1987)、pp.6-7。原文には精密検査を受けたのは「四年前」とあるが、もとは1982年から『キネマ旬報』に連載されたもので、この箇所の掲載号が明示されていないため、具体的に何年を指すのかは不明確である。手塚自身は自分がA型ということに納得がいかず「断じてぼくは(引用者注:血液型性格分類でいうところの)B型だと思う」とも書いている。
  128. ^ 『ブラックジャック創作秘話』第2巻 p9 秋田書店
  129. ^ 大塚英志、ササキバラ・ゴウ『教養としての〈まんが・アニメ〉』講談社現代新書、2001年、19p
  130. ^ TBS系「輝く日本の星! 手塚治虫を作る」
  131. ^ テヅカニアン博物館監修「手塚治虫の真実と謎と秘密と履歴書」p.72
  132. ^ 国際写真情報「異色対談 のらくろとアトム」1967年8月
  133. ^ 角川文庫「火の鳥13 ギリシャ・ローマ編」あとがきの手塚治虫の妹である宇都美美奈子の寄稿より
  134. ^ 手塚治虫「ぼくはマンガ家」1979年
  135. ^ 手塚治虫もトラファンだった 60年前の文通に素顔残す朝日新聞・2008年9月25日)。なお、1950年当時の球団名は「大阪タイガース」であったが、この当時から通称としては「阪神」と呼ばれていた。
  136. ^ 週刊少年マガジン1989年3月15日「思い出の手塚先生」
  137. ^ 藤子不二雄「トキワ荘青春日記」光文社
  138. ^ a b 「手塚治虫は宇宙人だ」月刊文藝春秋1989年4月号
  139. ^ 小学館「藤子不二雄自選集8」1981年 -藤子さんは凸凹コンビです 手塚治虫-
  140. ^ 小学館「コロコロコミック」1989年2月27日号
  141. ^ 朝日新聞「漫画家の梁山泊『トキワ荘』解体」1982年12月1日
  142. ^ 石ノ森章太郎のマンガ教室
  143. ^ 石ノ森章太郎のマンガ教室
  144. ^ 手塚 1999.
  145. ^ 石ノ森章太郎『ことばの記憶』2008年 P.132
  146. ^ a b 秋田文庫「ぜんぶ手塚治虫!」2007年
  147. ^ 日本漫画学院 赤塚不二夫インタビュー[リンク切れ] 参考。
  148. ^ 『トキワ荘の青春 ぼくの漫画修行時代』、44-46頁。
  149. ^ 古谷三敏「ボクの手塚せんせい」2010年 P.55
  150. ^ 赤塚不二夫120% 小学館文庫 1999年
  151. ^ 自由国民社「赤塚不二夫の特集」1997年
  152. ^ 秋田文庫「鉄の旋律」手塚治虫 水野による巻末のあとがきより
  153. ^ a b 1987年「トキワ荘青春物語」蝸牛社 -トキワ荘前史 手塚治虫-
  154. ^ a b 手塚治虫「ぼくはマンガ家」大和書房、1988年、175p
  155. ^ 福元一義『手塚先生、締め切り過ぎてます!』集英社《集英社新書》、2009年 P.44
  156. ^ 1989年2月23日 SPA!
  157. ^ 横山光輝さんのこと「復刻版鉄人28号」第三巻 大都社 1979年
  158. ^ a b 松本零士「未来創造-夢の発想法」2010年 p.111
  159. ^ 松本零士「未来創造-夢の発想法」2010年 p.129
  160. ^ 松本零士『未来創造-夢の発想法』2010年 p.133
  161. ^ 手塚プロダクション, p. 136.
  162. ^ アンソロジー『ブラック・ジャックALIVE』(2005年、秋田書店)
  163. ^ 産経ニュースwest 2012.10.26 『永井豪「手塚先生とコラボ、夢が実現」アトム〜マジンガーZ…特別展で系譜も披露』より
  164. ^ 永井豪『漫画家』p。35(1992年、実業之日本社)
  165. ^ 手塚プロダクション, p. 140.
  166. ^ 手塚プロダクション, p. 142.
  167. ^ 手塚プロダクション, p. 150.
  168. ^ 古谷三敏「ボクの手塚せんせい」2010年 P.45
  169. ^ 探検バクモン』2013年1月23日付放送分
  170. ^ 株式会社金の星社「手塚治虫物語―漫画の夢1945〜1959」2009年、P.151
  171. ^ 手塚プロダクション, p. 148.
  172. ^ a b 小学館「ビッグコミック」1989年3月10日
  173. ^ 辰巳, p. 11.
  174. ^ 辰巳, p. 6.
  175. ^ 辰巳ヨシヒロ「劇画漂流」青林工藝舎
  176. ^ 辰巳, p. 145.
  177. ^ 辰巳, p. 292.
  178. ^ 辰巳, p. 304.
  179. ^ 辰巳, p. 320.
  180. ^ 「つげ義春自分史」『つげ義春全集・別巻 苦節十年記/旅籠の思い出』筑摩書房 1994年 ISBN 4-480-70169-9
  181. ^ 白土三平「嵐の忍者」小学館クリエイティブ
  182. ^ 漫画の教科書「思想の科学」1982年3月号
  183. ^ 手塚治虫「ぼくはマンガ家」大和書房、1988年、178p
  184. ^ 草森紳一「マンガ考」
  185. ^ 角川書店「大友克洋×メトロポリス」2001年7月1日 P. 123
  186. ^ 角川書店「大友克洋×メトロポリス」2001年7月1日 P. 121
  187. ^ ユリイカ臨時増刊号『総特集大友克洋「カミソリ感覚」』1988年8月
  188. ^ COMIX BOX「特集ぼくらの手塚治虫」89年
  189. ^ 『1億人の手塚治虫』(1989年、JICC出版局)
  190. ^ 石坂啓のインタビューによる
  191. ^ 映画メトロポリス公式サイト
  192. ^ NHK-FMラジオ 「日曜喫茶室 鉄腕アトムの贈り物」1993年5月30日
  193. ^ 手塚治虫名作集11「新撰組」あとがきの萩尾による寄稿より。
  194. ^ 1989年「SFマガジン」4月号
  195. ^ 手塚プロダクション, p. 144.
  196. ^ 手塚 1999, p. 87.
  197. ^ 手塚治虫漫画全集「鳥人体系」あとがきより
  198. ^ 報知新聞 1989年2月10日
  199. ^ 峯島正行『回想 私の手塚治虫』(山川出版社)P.47
  200. ^ 峯島正行『回想 私の手塚治虫』(山川出版社)P.47
  201. ^ 峯島正行『回想 私の手塚治虫』(山川出版社)P.72
  202. ^ 峯島正行『回想 私の手塚治虫』(山川出版社)P.72
  203. ^ やなせたかし「アンパンマンの遺書」岩波書店 1995年 P146
  204. ^ やなせたかし「アンパンマンの遺書」岩波書店 1995年 P154
  205. ^ 平凡パンチ 1984年5月 私の少年漫画誌
  206. ^ 手塚治虫「僕はマンガ家」大和書房、1988年、144p
  207. ^ イガグリくん - マンガ図書館Z(外部リンク)
  208. ^ 手塚 1999, pp. 171-176.
  209. ^ 石ノ森章太郎のマンガ家入門 秋田文庫
  210. ^ 株式会社金の星社「手塚治虫物語―漫画の夢1945〜1959」2009年、P.183
  211. ^ ヨシトミヤスオ「マンガ漫画の魅力」1978年。手塚とヨシトミとの対談による手塚本人談
  212. ^ 『日本ヒーローは世界を制す』(角川書店)
  213. ^ 初出は小学館の『ビッグコミック』1969年10月25日号、角川文庫『畏悦録』収録
  214. ^ 足立倫行『妖怪と歩く 評伝・水木しげる』(1994年、文藝春秋
  215. ^ 講談社「ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン」第一巻 水木へのインタビューより
  216. ^ 手塚 1987, p. 17.
  217. ^ 『水木サンの幸福論』174ページ
  218. ^ a b いしかわじゅん「フロムK」(双葉社週刊漫画アクション』1989年3月7日号掲載分)
  219. ^ まんが情報誌「ぱふ」1989年4月
  220. ^ 秋田書店「ブラック・ジャック創作秘話1」
  221. ^ 秋田書店「ブラック・ジャック創作秘話」1巻
  222. ^ 小学館『週刊少年サンデー』1989年3月1日「まんがの神様手塚治虫ご逝去を掉む」
  223. ^ 1989年3月10日号「週刊朝日」夏目房之介のコラムより
  224. ^ 夏目房之介「手塚治虫はどこにいる」筑摩書房 1992年
  225. ^ a b NHK BS2「週刊手塚治虫」2009年4月17日 ゲスト富野由悠季
  226. ^ 産経新聞ニュース「ガンダムの富野監督の語った鉄腕アトムと手塚治虫」(2013年6月)
  227. ^ 富野由悠季「∀の癒し」
  228. ^ 河出書房新社「文藝別冊 総特集 手塚治虫」1999年 P.18
  229. ^ 虫ん坊「新作アニメーション火の鳥 高橋良輔監督インタビュー」(2004年4月号)
  230. ^ a b 宮崎駿「手塚治虫に「神の手」を見たとき、ぼくは彼と訣別した」『COMIC BOX』(ふゅーじょんぷろだくと)1989年5月号
  231. ^ 宮崎駿さんの手塚体験 「原点だから崇拝しない」(2009年4月19日時点のアーカイブ)YOMIURI ONLINE、2009年4月14日。
  232. ^ 1980年5月 ぱふ
  233. ^ 徳間書店「アニメージュ」1981年8月号
  234. ^ 徳間書店「The art of Nausica」1984年6月20日
  235. ^ NHK特集『手塚治虫 創作の秘密』(1986年1月10日放送)
  236. ^ a b c 【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】第二話:手塚治虫の「チョコレート」”. ぐるなび みんなのごはん. 2015年5月30日閲覧。
  237. ^ 手塚治虫の家系図(深瀬泰旦:「漫画の神様 手塚治虫とその一族」、歴史と旅、秋田書店、2000年2月号より)
  238. ^ 手塚 1997, pp. 17-19.
  239. ^ アニメ雑学おもしろ事典(1984年、白泉社)手塚インタビュー
  240. ^ 手塚 1997, pp. 10-12.
  241. ^ テヅカニアン博物館監修「手塚治虫の真実と謎と秘密と履歴書」p.12
  242. ^ 桜井, p. 37.
  243. ^ 桜井, p. 40.
  244. ^ 『手塚治虫完全解体新書』所収
  245. ^ 2009年2月9日放送「BS20周年企画 手塚治虫2009」
  246. ^ 手塚 1999, p. 217.
  247. ^ 桜井, p. 122.
  248. ^ , p. 25.
  249. ^ E o projeto continua!:Henshin!(2010年9月7日時点のアーカイブ)(ポルトガル語)参照。
  250. ^ Panini lança edição especial que reúne Turma da Mônica Jovem com personagens do japonês Osamu Tezuka、 o pai do mangá、 em aventura na Amazônia[リンク切れ] (ポルトガル語)参照。
  251. ^ Tezka Macoto' 6D -手塚眞ブログ-:SUWA 及び Tezka Macoto' 6D -手塚眞ブログ-:DALI 参照。
  252. ^ [1]


「手塚治虫」の続きの解説一覧





手塚治虫と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

手塚治虫に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「手塚治虫」の関連用語

手塚治虫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

坑井仕上げ

内貼り

海上通信

八女和紙

クモハ1000形

920T

ストームライダー

サーゲイ・ブリン





手塚治虫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手塚治虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS