伊藤博文とは?

伊藤博文

伊藤博文
総理在職期間
[第1次]明18.12.22~明21. 4.30861
[第2次]明25. 8. 8~明29. 8.311,485
[第3次]明31. 1.12~明31. 6.30170日
[第4次]明33.10.19~明34. 5.10204
在職通算日数2,720
総理就任時年齢:44歳・50歳・56歳・59歳

伊藤博文 いとう ひろぶみ

伊藤博文の肖像 その1
伊藤博文の肖像 その2
伊藤博文の肖像 その3
伊藤博文の肖像 その4
天保12年9月2日明治42年10月26日 (1841~1909)

山口生まれ。政治家、元老。父萩藩下級藩士養子となり、以後伊藤姓を名乗る吉田松陰師事し、松下村塾に学ぶ。木戸孝允高杉晋作と共に尊皇攘夷運動挺身明治4年(1871)岩倉遣外使節団に特命副使として参加大久保利通信頼を得る。大久保死後内務卿継ぎ政府中心的位置確保15年(1882)憲法調査のため渡欧18年(1885)内閣制度創設初代内閣総理大臣就任大日本帝国憲法制定指導枢密院議長貴族院議長、首相(4度)、初代韓国統監等を歴任42年(1909)ハルビン駅頭で韓国の独立運動安重根により暗殺される。

キーワード 政治家, 首相
号・別称 春畝, 滄浪閣主人
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 帝国憲法皇室典範義解 / 伊藤博文著 金港堂等, 1889 <YDM31757>
  2. 帝国憲法義解 / 伊藤博文著 国家学会, 明22.4 <YDM31742>
  3. 皇室典範義解 / 伊藤博文著 ; 国家学会国家学会, 明22.4 <YDM31539>
  4. 伊藤博文侯対清政策 / 伊藤博文述 ; 緒方常彰編 修学堂, 明31.12 <YDM29469>
  5. 伊藤侯演説集 / 伊藤博文述 日報社, 明32序 (日報文庫 ; 1) <YDM27665>
  6. 維新風雲録 / 末松謙澄哲学書院, 明33.10 <YDM6418>
  7. 帝国憲法皇室典範義解 / 伊藤博文著 ; 平島平漢東亜同文書局, 明40.5 <YDM31758>
  8. 藤公詩存 / 伊藤博文著 ; 末松謙澄博文館, 明43.5 <YDM99853>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

伊藤博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/07 02:03 UTC 版)

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、天保12年9月2日1841年10月16日) - 明治42年(1909年10月26日)は、日本武士長州藩士)、政治家位階勲等爵位従一位大勲位公爵博文(ひろぶみ、「ハクブン」と有職読みすることもある)。幼名利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。は「春畝(しゅんぽ)」、「滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)」など。「春畝公」と表記されることも多い。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 1876年発布のオスマン帝国憲法(ミドハト憲法)は大日本帝国憲法より13年早いが、2年後の1878年から1908年まで停止しており、また現在のトルコ共和国政府はトルコをヨーロッパの国であるとみなしている。
  2. ^ 塙忠宝の子・塙忠韶は明治維新後政府から召しだされ大学少助教に任ぜられ、文部小助教、租税寮十二等出仕、修史局御用掛へと一旧幕臣でありながらと異例の出世を経験した。これについて小説家の司馬遼太郎は、伊藤が後年自責の念から忠宝を礼遇したのではないかと推測している[3]
  3. ^ 韓国側では乙巳保護条約と呼ぶ。
  4. ^ 広義の日本統治時代として韓国併合時代の35年と保護国時代の5年をひとつながりでとらえることもある。
  5. ^ 私的蓄財はほとんどないとされていた伊藤だが、実は公債だけで14万円(2009年換算で約28億円)も溜め込んでいたことが明らかになっている[25]
  6. ^ 明治42年(1909年)松山での講演会での発言。
  7. ^ 『海南新聞』1909年明治42年)3月18日号の記事によると、同年3月16日松山道後を訪れた伊藤博文は、歓迎会演説の中で自らの出自に就いて 「予ノ祖先ハ當國ヨリ出デタル者ニテ、伊予ニハ予ト同シク河野氏ノ末流多シト存スルガ、予ノ祖先ハ300年以前ニ於テ敗戰ノ結果、河野一族ノ滅亡ト共ニ中國ヘ移リタル者テ「通起(みちおき)」ト称シ慶長16年(1609年)5月26日ニ死歿シタルガ故ニ、明年ニテ恰モ300年ニ相当ス。彼ハ「林淡路守通起」ト称シ、予ハ其レヨリ第11代目ニ當レリ。「通起」ハ敗戰ノ後、毛利氏ヲ頼リタルモ、毛利氏モ當敗軍ニ属シ、頗ル艱難ヲ極メタル時ナルカ故ニ、遂ニ村落ニ埋歿シ落魄シテ、眞ニ僻遠ナルカ寒村ニ居住シ、其裔孫此処ニ存続シテ、今ヤ一族60餘軒ヲ算スルニ至レリ。予モ即チ其一人ニシテ、明年ヲ以テ齢70ニ達スルガ故ニ、恰モ周防ニ移リタル通起ノ歿後230年ニ出生シタルモノナリ。予カ父母ニ擁セラレテ萩ノ城下ニ出デタルハ僅ニ8歳ノ時ニシテ、爾来幾多ノ変遷ヲ経テ、今日ニ及ベリ。近來家系ノ事ニツイテ當國ノ諸君ガ頗ル調査ニ盡力セラレタル結果、周防移住以前ノ事蹟、大ニ明確ト成リタレハ、明年ハ周防ニオイテ親族ヲ参集シ、通起ノ為ニ300回忌ノ法要ヲ營ム心算ナリ。今次當地ニ於テハ、諸君ガ頗ル厚意ヲ以テ來遊ヲ歓迎セラレタルハ、右ノ縁故ニ基クモノトシテ、予ハ殊更ニ諸君ニ対シテ感謝ノ意ヲ表スル次第ナリ。顧フニ古來成敗ノ蹟ニ就テ考フレハ、予ガ祖先ハ當國ヨリ出デタルモノナレバ、當國ハ即チ祖先ノ故郷ナリ。今ヤ祖先ノ故郷ヘ歸リ來リテ斯クノ如ク熱誠ナル諸君ノ歓迎ヲ受ク。胸中萬感ヲ惹カザルヲ得ズ。加之、本日ハ諸君ガ我過失ヲ論ゼズシテ、唯々微功ヲ録セラレタルニ至テハ、深ク諸君ノ厚意ヲ心ニ銘シテ忘却セズ」と発言している。

出典

  1. ^ 鳥海靖「伊藤博文」『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞出版伊藤之雄 (2009, pp. 582 - 583)
  2. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 22 - 25)
  3. ^ 司馬遼太郎「死んでも死なぬ」『幕末』収録より
  4. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 22 - 25)、瀧井一博 (2010, pp. 3 - 5)
  5. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 25 - 45)、瀧井一博 (2010, pp. 7 - 12)
  6. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 45 - 71)
  7. ^ 朝日新聞 2008年6月3日付記事
  8. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 74 - 141)、瀧井一博 (2010, pp. 18 - 48)
  9. ^ 瀧井一博 (2010, pp. 75, 375)
  10. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 161 - 201)、瀧井一博 (2010, pp. 55 - 66, 75 - 77)
  11. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 201 - 208, 217 - 229)、瀧井一博 (2010, pp. 66 - 84)
  12. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 295 - 298)、瀧井一博 (2010, pp. 92 - 103, 119)
  13. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 309 - 373)
  14. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 393 - 405, 416 - 426, 434 - 457)、瀧井一博 (2010, pp. 120 - 129, 167 - 203)
  15. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 458 - 495)
  16. ^ 『伊藤博文と韓国併合』 青木書店
  17. ^ 2010年8月22日放送 7:00-7:45 NHK総合
  18. ^ 伊藤博文伝 春畝公追頌会
  19. ^ 『実録 首相列伝』学研
  20. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 564 - 576)
  21. ^ 上垣外憲一『暗殺・伊藤博文』ちくま新書、2000年、大野芳『伊藤博文暗殺事件 闇に葬られた真犯人』新潮社、2003年、海野福寿『伊藤博文と韓国併合』青木書店、2004年
  22. ^ 口述筆記の自叙伝『室田義文翁譚』(共編: 田谷広吉・山野辺義智、常陽明治記念会東京支部、1938年)
  23. ^ a b 麻田雅文 『日露関係から見た伊藤博文暗殺 ― 両国関係の危機と克服』 東北大学機関リポジトリ、2012年http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/53686/1/1343-9332-2012-16-1.pdf 
  24. ^ 松村正義 (2014)
  25. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 412 - 413)
  26. ^ 以上引用『実録 首相列伝』学研より。
  27. ^ 大庭 みな子『津田梅子』朝日文芸文庫、朝日新聞社、ISBN 4-02-264013-8
  28. ^ 扶桑社刊の『新しい歴史教科書』と小学館刊の『21世紀子ども百科 歴史館』に所収。
  29. ^ 平瀬礼太、「民衆が市中引き回し、のちに再建「伊藤博文像」」(銅像はつらいよ十選 1)、日本経済新聞、2013年12月13日
  30. ^ 『日本の名家・名門 人物系譜総覧』 226、227頁
  31. ^ 同書211、214頁
  32. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨
  33. ^ 聯合ニュース 2009年10月21日付(朝鮮語)
  34. ^ 毎日新報」1939年10月18日付より。


「伊藤博文」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

第二次世界大戦前の日本の政治家 島田俊雄  青木一男  伊藤博文  近衞文麿  石井菊次郎
貴族院侯爵議員 東郷平八郎  伊達宗彰  伊藤博文  井上馨  前田利建
日本の内閣総理大臣 三木武夫  大隈重信  伊藤博文  山本権兵衛  海部俊樹
貴族院伯爵議員 中川久成  小笠原長幹  伊藤博文  上杉憲章  黒木三次
貴族院公爵議員 九条道孝  毛利元徳  伊藤博文  鷹司信輔  一条実輝
教育関係人物 モンテスキュー  平松隆円  伊藤博文  新島襄  グッゲンビュール
将棋棋士 行方尚史  中座真  伊藤博文  佐藤庄平  関屋喜代作
日本の神 (人物神) 永山武四郎  東郷平八郎  伊藤博文  児玉源太郎  藤田東湖
日本国歴代内閣 憲政党  大隈重信  伊藤博文  近衞文麿  第1次西園寺内閣

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

伊藤博文に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「伊藤博文」の関連用語

伊藤博文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




伊藤博文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2014,Hofu Virtual Site Museum,Japan
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2014 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2014 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2014 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊藤博文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS