バウハウスとは?

バウハウス

【英】:bauhaus

20世紀初め建築家中心となってドイツ・ワイマールに設立された国立総合造形学校工業技術芸術統合目指し教育・研究が行われ,現代建築デザイン大きな影響与えたが,後にナチス圧迫により閉鎖となる。

バウハウス

第一次大戦終了後に美術デザイン建築教育機関として建築家グロピウス校長になって設立された。教育理念背景には、アーツ・アンド・クラフツがある。クレーカンジンスキーイッテンなど優れた作家教授陣を構成し、家具住宅舞台美術絵画写真金工グラフィックなどを含む総合芸術実験場として機能した。二十世紀前半のもっとも重要な美術教育の場となったが、ナチス台頭によって閉鎖された。

バウハウス

読み】:バウハウス
【英】:BAUHAUS

1920年代ドイツ近代デザイン中心地となった建築応用美術のための学校デザイン工業技術の間にをかける重要な役割をはたした。1933年ナチス圧力解散してから教授陣と学生各地移住したため、バウハウスの理念多くの国々に広められ、1930年代40年代における近代主義シンボルともいえる存在となった。バウハウスの創設は、1919年に、旧ヴァイマール美術アカデミーヴァイマール美術工芸学校グロピウスによりひとつにまとめられたことに始まる。グロピウス最初思想は、すべてを包含する近代的構成的な芸術実現して、モニュメンタル要素装飾的要素分離をなくそうとするものであったが、さらに1923年には、工業大量生産用のデザインを行う工芸家が重要であるとした。このため、バウハウスは産業界と密接に関係を持ち多く製品を生み出した。その特徴は非個人的幾何学的厳格なことであり、むだを省き素材研究し、洗練された形を持っており、ヨーロッパ建築応用美術大きな影響与えた。

バウハウス

名前 Bouhuys

バウハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 02:40 UTC 版)

バウハウスドイツ語: Bauhaus, バオハオスとも)は、1919年ドイツヴァイマルに設立された、工芸写真デザインなどを含む美術建築に関する総合的な教育を行った学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。学校として存在し得たのは、ナチスにより1933年に閉校されるまでのわずか14年間であるが、その活動は現代美術に大きな影響を与えた(モダニズム建築20世紀美術の項を参照)。






「バウハウス」の続きの解説一覧





バウハウスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バウハウスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バウハウス」の関連用語

バウハウスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

C.C.ミント・トニック

キイロアナコンダ

キャニスタ

ヨシガモ

小型ドーザ

フェタオイル

耶馬日田英彦山国定公園

テブクロイトヒキヤドカリ





バウハウスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2016 All rights reserved
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2016 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバウハウス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS