日中戦争とは?

日中戦争 (にっちゅうせんそう)


日中戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/18 02:25 UTC 版)

日中戦争(にっちゅうせんそう)は、1937年民国紀元26年、昭和12年)から1945年まで、中華民国大日本帝国の間で行われた戦争である。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 支那事変は閣議決定によってはじめられたものではないため、日本側の実質的な責任者・司令官は不在のまま、事変として軍部・現地軍が対応。1941年に大東亜戦争に組み込まれ一戦線に移行する
  2. ^ 中華民国政府は八年抗戰・中日戰爭など、日中戦争終結後に設立された中華人民共和国政府は中国人民抗日战争などと表記する。
  3. ^ 19世紀に清との貿易で貿易赤字に苦しんだイギリスは、アヘン輸出によって、貿易黒字に転じた。
  4. ^ 1890年には輔仁文社が香港で成立。孫文1894年ハワイで興中会を結成。1895年に武装蜂起に失敗、日本に亡命。日清戦争以降増加していた日本への留学生は1904年には2万人を越え、当時の留学生(章炳麟鄒容陳天華など)の間では革命思想が浸透した。
  5. ^ 計画では歩兵大隊六個、騎兵中隊、野戦砲兵大隊、工兵中隊の五千人規模の予定だったが、各国の動向に合わせて減らされ歩兵大隊四個、騎兵中隊、野戦砲兵大隊等の四千人規模で始まった。そしてさらに各国が削減したので1901年11月には歩兵大隊四個、騎兵隊、野戦砲兵中隊の千三百人程度に減らされた。
  6. ^ 興中会、華興会、光復会等の各団体を団結させた。
  7. ^ 陳独秀毛沢東もこのときにマルクス主義に急接近する。天児慧『巨龍の胎動 毛沢東VS鄧小平』〈中国の歴史11〉(講談社、2004年)61頁
  8. ^ それゆえ中国共産党と中国国民党とを「異母兄弟」とする見方もある。天児慧同書63頁
  9. ^ 中国の独立、経済提携、満州返還
  10. ^ 『皇国暦日史談』は「「我が海軍航空部隊は支那事変開始直後の9月22日月明の3時大挙広東を襲い、更に7時、13時半並びに14時の4回に亙り矢継早に空襲を繰り返したが敵空軍は己に全滅し高射砲も大半破壊して防空の役立たず、我が空軍は無人の境を行くが如くリレー式に広東市の西北より東にかけ天河、白雲両飛行場、兵器廠、淨塔水源池、其の他工場地帯、政府軍事各機関、遠東軍管学校、中山大学、中山紀念堂外重要建設物を片つ端から徹底的に爆撃した。此のため広東全市は殆んど猛火の巷と化し猛火盛んに上り大混乱に陥った。革命の震源地、排日の総本家たりし広東も我が正義の前に完膚なきまでに叩きのめされた。」と記している。日置英剛編『年表太平洋戦争全史』国書刊行会 (2005)
  11. ^ 当時、英国は劣勢にあり、戦局打開のため欧州戦線への米国の介入を強く希望していた
  12. ^ この状況は1939年に作成された日本映画『土と兵隊』(田坂具隆監督)にも描写されている
  13. ^ 単なる死亡者数は、軍隊戦死者100万余りと一般人2000万人の合計である。統計表にある1985年の2100万はおそらくこれに基づいているであろう。つまり1985年の数字は全国軍民の犠牲者数を指しており、犠牲者数2100万人と死傷者数3500万の間は矛盾がない[要出典]

出典

  1. ^ a b 事変呼称ニ関スル件”. 内閣官房. 国立国会図書館 (1937年9月2日). 2011年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時期等ニ付テ”. 内閣官房. 国立国会図書館 (1941年12月12日). 2011年10月15日閲覧。
  3. ^ 平凡社『世界大百科事典』 (2007年版、改訂新版) 9巻、p.574 「抗日戦争」の項目より
  4. ^ a b 波多野澄雄 2010-01-31, p. 1.
  5. ^ 石川禎浩 2010, p. 178.
  6. ^ 庄司潤一郎 2011, p. 79.
  7. ^ 庄司潤一郎 2011, p. 43.
  8. ^ 中国、抗日戦争14年間に教科書修正 海外から“歴史改ざん”の指摘 NewSphere 2017-1-12
  9. ^ 江口圭一「1910-30年代の日本」『日本通史18巻近代3』,p3-6
  10. ^ 本多勝一『大東亜戦争と50年戦争』朝日新聞社,1998,208-9
  11. ^ a b 庄司潤一郎 2011, p. 68.
  12. ^ 『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社,1995年[要ページ番号]
  13. ^ 林房雄『大東亜戦争肯定論』[要ページ番号]
  14. ^ a b 江口 (1991)、11〜14頁。
  15. ^ 臼井 (2000)、1頁。
  16. ^ 小林 (2007)、7頁。
  17. ^ 『二十世紀日本の戦争』 文藝春秋,2000年,p68-72
  18. ^ [1]石大三郎「盧溝橋事件への一考察」日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 No. 2, 31-41 (2001)
  19. ^ a b c d e f 猪木正道『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社,1995年,p9-17
  20. ^ a b c d e f g h 猪木正道『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社,1995年,p3-5
  21. ^ アメリカ合衆国との望厦条約、フランスとの黄埔条約)
  22. ^ a b c 和田民子 2007, pp. 287-290.
  23. ^ a b c d 猪木正道『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社,1995年,p18-25
  24. ^ a b c d e f g 太平洋戦争研究会編、森山康平『図説 日中戦争』2000年,p6
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 櫻井良樹「近代日中関係の担い手に関する研究(中清派遣隊) ―漢口駐屯の日本陸軍派遣隊と国際政治―」CiNii,麗澤大学学術リポジトリ
  26. ^ 櫻井良樹 2015, p. 10,29,30.
  27. ^ a b 猪木正道『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社,1995年,p26-34
  28. ^ a b c d e f g h i j k 江口圭一「1910-30年代の日本」,p9-13
  29. ^ a b c d 臼井勝美『新版 日中戦争』p3
  30. ^ 猪木正道『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社,1995年,p73-84
  31. ^ a b c 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p77
  32. ^ a b c d e f 猪木正道『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社,1995年,p89-93
  33. ^ a b c d e f g h i j 江口圭一「1910-30年代の日本」,p18-22
  34. ^ a b c d 天児慧『巨龍の胎動 毛沢東VS鄧小平』〈中国の歴史11〉(講談社、2004年)58頁
  35. ^ a b c [2]時事新報1913.10.11(大正2)「対支事件解決顛末 十月十日外務省発表」
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m 江口圭一「1910-30年代の日本」,p26-31
  37. ^ a b c d e f K・カール・カワカミ『シナ大陸の真相 1931-1938』福井雄三訳、展転社、2001年,p28-39
  38. ^ 「連ソ容共・労農扶助」と方針を転換。天児慧同書63頁
  39. ^ a b c d e 江口圭一「1910-30年代の日本」,p41-43
  40. ^ a b c d e K・カール・カワカミ『シナ大陸の真相 1931-1938』福井雄三訳、展転社、2001年,p50-56
  41. ^ 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p11-13
  42. ^ a b c d 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p26-29
  43. ^ 前掲「知性」山浦貫一述『森恪』
  44. ^ a b c d e 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p55-58
  45. ^ a b c d e 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p48-50
  46. ^ 臼井勝美 (1995). 張学良の昭和史最後の証言. 臼井勝美. ISBN 978-4041954027. [要ページ番号]
  47. ^ 阿羅健一『日中戦争はドイツが仕組んだ―上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ』小学館、2008年,28頁
  48. ^ a b 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p62
  49. ^ a b c d e 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p122-123
  50. ^ 猪木正道『軍国日本の興亡 : 日清戦争から日中戦争へ』中央公論社, 1995年, pp.209-211
  51. ^ 「支那国政府の不戦条約加入と国民政府承認問題との関係」昭和3年11月6日[3]アジア歴史資料センター:レファレンスコードB04122285900
  52. ^ a b c d e f g h i j 臼井勝美『新版 日中戦争』p4-5
  53. ^ 臼井勝美『新版 日中戦争』p13
  54. ^ a b 臼井勝美『新版 日中戦争』p10-12
  55. ^ a b c d e 臼井勝美『新版 日中戦争』p17-20
  56. ^ a b c d e 臼井勝美『新版 日中戦争』p21-24
  57. ^ a b 臼井勝美『新版 日中戦争』p15
  58. ^ a b 太平洋戦争研究会・編、森山康平・著『図説 日中戦争』、河出書房新社、2000年,p7
  59. ^ 『東京朝日新聞』1935年10月27日付朝刊 2面
  60. ^ 『東京朝日新聞』1935年10月24日付夕刊 1面
  61. ^ North-China Daily News, October 23 1935, p.9
  62. ^ 『東京朝日新聞』1935年10月22日付朝刊 2面
  63. ^ North-China Daily News, October 22 1935, p.9
  64. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u K・カール・カワカミ『シナ大陸の真相 1931-1938』福井雄三訳、展転社、2001年,p120-129
  65. ^ a b c K・カール・カワカミ『シナ大陸の真相 1931-1938』福井雄三訳、展転社、2001年,p57-64
  66. ^ a b c d 臼井勝美『新版 日中戦争』p29-33
  67. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p K・カール・カワカミ『シナ大陸の真相 1931-1938』福井雄三訳、展転社、2001年,p152-171
  68. ^ a b c 臼井勝美『新版 日中戦争』p43-46
  69. ^ a b c d 臼井勝美『新版 日中戦争』p47-51
  70. ^ a b 臼井勝美『新版 日中戦争』p41-42
  71. ^ a b c d e f g h 臼井勝美『新版 日中戦争』p52-58
  72. ^ 中国国民党第五期第三次中央執行委員全体会議
  73. ^ a b 臼井勝美『新版 日中戦争』p60-64
  74. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 臼井勝美『新版 日中戦争』p65-72
  75. ^ 軍兵力並配置に関する参考資料の件(支駐)』 アジア歴史資料センター Ref.C01004192300 
  76. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s K・カール・カワカミ『シナ大陸の真相 1931-1938』福井雄三訳、展転社、2001年,p136-149
  77. ^ 『朝日新聞』 1937年7月17日付夕刊 1面
  78. ^ 昭和12年7月11日閣議決定「蘆溝橋事件処理に関する閣議決定」
  79. ^ 大杉一雄『日中十五年戦争史』p271-2
  80. ^ a b c d e f g 臼井勝美『新版 日中戦争』p77-87
  81. ^ a b c d e f g 大杉一雄『日中十五年戦争史』p284-288
  82. ^ Frederic E. Wakeman (September 1996). Policing Shanghai, 1927-1937. University of California Press. p. 280. ISBN 0520207610. http://books.google.com/books?id=vT5GrHv4VcMC&printsec=frontcover&dq=Policing+Shanghai,+1927-1937&hl=en&ei=C8U6TdHYL4SwuAOSn7iSCg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCYQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false 2011年1月22日閲覧。. 
  83. ^ 『東京朝日新聞』1937年8月15日付朝刊、2面
  84. ^ a b c d e 日置英剛編『年表太平洋戦争全史』国書刊行会 (2005) [要ページ番号]
  85. ^ a b c d e f g 臼井勝美『新版 日中戦争』p90-92
  86. ^ 臼井勝美『新版 日中戦争』p77
  87. ^ a b c d 大杉一雄『日中十五年戦争史』p289-294
  88. ^ The New York Times, August 27, 1937。『読売新聞』1937年8月29日付第二夕刊。『読売新聞』1937年8月30日付号外。『東京朝日新聞』1937年8月29日付朝刊。『東京日日新聞』1937年8月29日付号外。『読売新聞』1937年9月14日
  89. ^ 『読売新聞』1937年9月15日
  90. ^ The New York Times, August 30, 1937記事
  91. ^ The Times9月27日 付記事
  92. ^ 『東京朝日新聞』1937年10月16日付夕刊
  93. ^ a b c 大杉『日中15年戦争史』p298-300
  94. ^ a b 大杉『日中15年戦争史』p310
  95. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 臼井勝美『新版 日中戦争』p124-135
  96. ^ 波多野澄雄 2010-01-31, p. 6.
  97. ^ 「支那事変写真全集 <中>」、朝日新聞、昭和13年発行[要ページ番号]
  98. ^ 英国紙THE TIMES(タイムズ), Dec. 24 1937, Nanking's New Rulers/Autonomous Commission Set Up
  99. ^ “ブリタニカ国際年鑑 1938年版(Encyclopaedia Britannica Book of The Year 1938)”[要ページ番号]
  100. ^ a b c d e f g h i j k 臼井勝美『新版 日中戦争』p97-101
  101. ^ a b c 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p188
  102. ^ a b c d e f g h i j k 臼井勝美『新版 日中戦争』p102-110
  103. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 臼井勝美『新版 日中戦争』p111-117
  104. ^ a b c d e f g h i j k 臼井勝美『新版 日中戦争』p119-123
  105. ^ a b c 石川禎浩『革命とナショナリズム 1925-1945 シリーズ中国近現代史3』岩波新書,2010年,p200-201
  106. ^ [4]平成14年8月27日判決言渡第1事件・平成9年(ワ)第16684号 損害賠償請求事件第2事件・平成11年(ワ)第27579号 損害賠償等請求事件
  107. ^ a b c d e f 臼井勝美『新版 日中戦争』p135-142
  108. ^ a b c d e f g h i j k l m 臼井勝美『新版 日中戦争』p143-155
  109. ^ a b c 戸部良一日本の戦争指導—3つの視点から」『戦争史研究国際フォーラム報告書第6回』防衛省,2008年
  110. ^ 南京戦史資料集、偕行社、1989年[要ページ番号]
  111. ^ 伊香俊哉『満州事変から日中全面戦争へ』吉川弘文館、2007年[要ページ番号]
  112. ^ 東中野修道「南京事件 国民党極秘文書から読み解く」2006年[要ページ番号]
  113. ^ ジョン・トーランド『大日本帝国の興亡』1巻 暁のZ作戦「五部 運命のハルノート 3 アメリカの『暫定協定』」[要ページ番号]
  114. ^ 石川「革命とナショナリズム」岩波新書p125
  115. ^ 「日本との協調関係は維持する。しかし武器などの中国への輸出も偽装できる限り続ける」NHKスペシャル 日中戦争〜なぜ戦争は拡大したのか〜(2006年8月13日放送より
  116. ^ K・カール・カワカミ『シナ大陸の真相 1931-1938』福井雄三訳、展転社、2001年,p176-182
  117. ^ a b 笹川裕史「糧食・兵士の戦時徴発と農村の社会変容」石島紀之久保亨『重慶国民政府史の研究』東京大学出版会2004年 413026124X [要ページ番号]
  118. ^ a b 太平洋戦争研究会、森山康平『図説 日中戦争』河出書房新社、2000年,p172
  119. ^ 戦争: 中国侵略. 読売新聞社. pp. 186. https://books.google.com/books?id=uKodAQAAMAAJ&q=%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8D%81+%E4%BA%8C%E5%B9%B4%E4%B8%83%E6%9C%88%E4%B8%83%E6%97%A5%E3%80%81%E5%8C%97%E4%BA%AC%E9%83%8A%E5%A4%96%E3%81%AE%E8%98%86%E6%BA%9D%E6%A9%8B%E3%81%A7%E9%9F%BF%E3%81%84%E3%81%9F%E5%8D%81%E6%95%B0%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%8A%83%E5%A3%B0%E3%82%92%E3%81%8D%E3%81%A3%E6%88%A6%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%80%81%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%B8%87&dq=%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8D%81+%E4%BA%8C%E5%B9%B4%E4%B8%83%E6%9C%88%E4%B8%83%E6%97%A5%E3%80%81%E5%8C%97%E4%BA%AC%E9%83%8A%E5%A4%96%E3%81%AE%E8%98%86%E6%BA%9D%E6%A9%8B%E3%81%A7%E9%9F%BF%E3%81%84%E3%81%9F%E5%8D%81%E6%95%B0%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%8A%83%E5%A3%B0%E3%82%92%E3%81%8D%E3%81%A3%E6%88%A6%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%80%81%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%B8%87&hl=zh-CN&sa=X&ved=0ahUKEwjSho6Y4cXRAhXL4iYKHR-LBA8Q6AEIHDAA 2017年4月21日閲覧。. 
  120. ^ 中華民國行政院賠償委員會 (1947年5月20日) (中国語), 中華民國行政賠償委員會在第四屆國民參政會第三次大會上的報告 . 前揭1946年中華民國國防部調查
  121. ^ a b 中華民國行政院賠償委員會 (1947年5月20日) (中国語), 中華民國行政賠償委員會在第四屆國民參政會第三次大會上的報告 
  122. ^ a b c d e 孟國祥 (1995年3月). “關於抗日戰爭中我國軍民傷亡數字問題” (中国語). 抗日戰爭研究 (03期). 
  123. ^ 江泽民 (1995年9月3日) (中国語), 江泽民同志在首都各界纪念抗日战争暨世界反法西斯战争胜利五十周年大会上的讲话 
  124. ^ 黄文雄『反日教育を煽る中国の大罪―日本よ、これだけは中国に謝罪させよ!』 日本文芸社、2004年[要ページ番号]
  125. ^ 何応欽. 八年抗戦と台湾復帰(台北版)、 pp36-37
  126. ^ a b 行政賠償委員会1947年5月20日第四期国民参政会第三回大会ので報告
  127. ^ 首都各界による抗日戦争記念ならびに世界反ファシスト戦争勝利五十周年大会の江沢民同志によるスピーチ, 1995.9.3
  128. ^ 解放軍軍事科学院軍歴史研究部、中国抗日戦争史・下巻.[要ページ番号]
  129. ^ 陳祖恩「上海日本人居留民戦後送還政策の実情」『北東アジア研究』第10号、2006年1月
  130. ^ 外務省対中ODA概要平成28年2月1日
  131. ^ 青木直人『中国に喰い潰される日本 チャイナリスクの現場から』PHP研究所、2007/1/27、ISBN 978-4569659824
  132. ^ “中国の増長を食い止める手段あるか 追い詰められているのは中国?”. zakzak. (2010年9月29日). オリジナル2010年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101001213455/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100929/plt1009291611005-n1.htm 
  133. ^ “ならず者中国に6兆円も貢ぐ日本…オマヌケ支援をストップせよ”. zakzak. (2012年9月27日). オリジナル2012年9月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120929231458/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120927/plt1209271125004-n1.htm 
  134. ^ a b 瀬島龍三『大東亜戦争の実相』[要ページ番号]
  135. ^ 読売新聞 1937.12.19(昭和12)「無理のない政治」神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 政治(58-136)
  136. ^ 報知新聞 1937.12.25-1937.12.27(昭和12)「事変下本年の回顧 (7)」神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 政治(58-142)
  137. ^ 報知新聞 1937.12.19-1937.12.22(昭和12)事変下本年の回顧 (1)外交 (A〜D)神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 外交(147-057)
  138. ^ 日本は侵略国家であったのか「真の近現代史観」懸賞論文,2008年.アパグループ.
  139. ^ 毎日新聞 2008年11月9日 東京朝刊
  140. ^ 『WiLL』2008年11月号







日中戦争と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日中戦争に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日中戦争」の関連用語

日中戦争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

谷水

愛知県民の森

九重山

平柄うちわ

梼原神在居の千枚田

裏筋

ウフィッツィ美術館

トカラノコギリクワガタ





日中戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2017,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日中戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS