慰安婦とは?

い あんふ ゐ- [2] 【慰安婦】

日中戦争太平洋戦争中,朝鮮などアジアから集められ,戦地日本軍将兵の性の相手となることを強要された女性たち。従軍慰安婦

慰安婦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/21 14:30 UTC 版)

慰安婦(いあんふ、위안부、Comfort WomenMilitary Prostitutes)とは、戦地の軍人を相手に売春する施設である慰安所でそれを行った女性であり、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦の慰安所設置によって生じた用語である。現代では、それを批判する人々の視点から「かつて主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性」との語義で用いられる用語である[1]




[ヘルプ]
  1. ^ 大辞泉2006年
  2. ^ a b c d e f g h i “朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表”. 朝日新聞. (2002年2月24日). http://web.archive.org/web/20020223225519/http://www.asahi.com/national/update/0223/028.html 2010年3月9日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 미니 인터뷰‘한국군 위안부’문제 제기한 김귀옥 박사 “밝혀진 건 퍼즐의 일부”(ミニインタビュー '韓国軍慰安婦'問題提起キム・グィオク博士 "明らかになったのは、パズルの一部")日曜時報 2002年3月26日323号(朝鮮語)
  4. ^ “李栄薫ソウル大教授「従軍慰安婦は売春業」”. 朝鮮日報. (2004年9月3日). http://web.archive.org/web/20080201100354/http://www.chosunonline.com/article/20040903000051 2010年3月9日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 한국군 '특수위안대'는 사실상의 공창 창간 2주년 기념 발굴특종 한국군도 '위안부' 운용했다 (2)(韓国軍'特殊慰安隊'は事実上の公娼 創刊2周年記念発掘特集 韓国軍も'慰安婦'運用した (2))” (韓国語). オーマイニュース. (2002年2月26日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000067635 2010年3月9日閲覧。 
  6. ^ a b 「韓国軍が慰安所設置」 ベトナム戦争時 米公文書に記述”. 産経新聞(2015.3.29). 2015年3月29日閲覧。 web魚拓
  7. ^ a b c d e f g h i j k ‘皆さんはドルを稼いでくれる愛国者です’証言を通じて “基地村の隠された真実” 続々と明らかに(‘여러분은 달러를 벌어주는 애국자입니다’증언 통해 “기지촌의 숨겨진 진실” 속속 드러나Ilda 2008/12/15(朝鮮語)
  8. ^ a b c d e f Donna Hughes, Katherine Chon, Ellerman Ellerman (2007). Modern-Day Comfort Women:The U.S. Military, Transnational Crime, and the Trafficking of Women. ロードアイランド大学. p. 4. http://www.uri.edu/artsci/wms/hughes/modern_day_comfort_women.pdf. 
  9. ^ a b c d e f g h i j “東亜日報慰安婦掲載一覧” (韓国語). 東亜日報. http://ws.donga.com/fbin/kisaIdx?word=%EA%D0%E4%CC%DC%FE 2010年3月9日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f “Fearing G.I. Occupiers, Japan Urgesd Women Into Brothels” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1995年10月27日). http://www.nytimes.com/1995/10/27/world/fearing-gi-occupiers-japan-urgesd-women-into-brothels.html?pagewanted=all&src=pm 2012年7月8日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 李榮薫 2009
  12. ^ a b c d e f g h i j "米国と韓国の軍の性売買は国際法違反" (“미국과 한국의 미군성매매는 국제법 위반”)統一TV 2008年10月17日(朝鮮語)
  13. ^ a b c d e f “Former sex workers in fight for compensation” (英語). 中央日報. (2008年10月30日). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=2896741 2010年3月8日閲覧。 
  14. ^ a b c “大韓民国政府が売春斡旋業者であった 売春取締を装い女性を外貨稼ぎの手段と考えた韓国政府… 朝鮮戦争時に慰安所を設置して、独裁政権は在韓米軍・日本人対象売春助長 (대한민국 정부가 포주였다 성매매 단속하는 척하며 여성을 외화벌이 수단으로 여겼던 한국 정부… 한국전쟁 때 위안소 설치하고, 독재정권은 주한미군·일본인 대상 성매매 조장해)”. ハンギョレ. (2011年11月28日). http://h21.hani.co.kr/arti/cover/cover_general/30838.html 2012年7月9日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f 李榮薫その日、私はなぜそのように言ったのかNew Daily 2009年6月1日
  16. ^ デジタル大辞泉
  17. ^ 大辞林 第三版
  18. ^ 総務省 管轄法令
  19. ^ 昭和10年5月15日 社会局保険部長発各健康保険組合理事長宛 通知第339号「保健施設ニ関スル件」
  20. ^ en:Brothel#Military brothelsから抄訳
  21. ^ 李娜榮 日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」 立命館言語文化研究 23(2), 209-228, 2011-10-00
  22. ^ en:Prostitutes in South Korea for the U.S. militaryから抄訳。
  23. ^ a b c d e f g h i 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」尹貞玉編著『朝鮮人女性がみた慰安婦問題』三一新書,1992.
  24. ^ a b 1937年12月21日の在上海日本総領事館警察署長「皇軍将兵慰安婦女渡来ニツキ便宜供与方依頼ノ件」
  25. ^ a b 関東局(編)の『関東局施政三十年史』(原書房1974年)
  26. ^ a b c d e 秦郁彦 1999, pp. 358-366
  27. ^ a b c d e f g h i j k 永井和「陸軍慰安所の創設と慰安婦募集に関する一考察」『二十世紀研究』創刊号、2000年、京都大学大学院文学研究科。「日本軍の慰安所政策について」(2012年増補)。
  28. ^ a b c 報知新聞 1931.4.5(昭和6)「国際信義と公娼廃止」[1](神戸大学近代デジタルライブラリ)
  29. ^ a b c d e 小野田寛郎による「私が見た『従軍慰安婦』の正体」(『正論』2005年1月号)[要ページ番号]
  30. ^ 北支那方面軍伍長をしていた金子安次の証言(「女性国際戦犯法廷」 2000年12月)
  31. ^ 衆議院本会議昭和20年11月29日、福家俊一発言。[2]、帝国議会会議録。
  32. ^ 貴族院本会議昭和20年(1945年)12月14日。關屋貞三郎の「在外同胞救援」発言。 [3]帝国議会会議録、貴族院本会議昭和20年12月14日。
  33. ^ a b c d e f g h i 慰安婦問題の問いかけているもの
  34. ^ 『広辞苑の嘘』光文社2001,pp210-211
  35. ^ 新井佐和子:『広辞苑』が載せた「朝鮮人強制連行」のウソ。正論(1998/5)pp46-53
  36. ^ 世界大百科事典 第2版【従軍慰安婦】
  37. ^ 大辞林 第三版 【慰安婦】
  38. ^ 千田夏光 1973
  39. ^ 秦郁彦 1999, p. 362
  40. ^ 大辞林 第三版【従軍】
  41. ^ 藤岡信勝『汚辱の近現代史』 [要ページ番号]
  42. ^ Ronza』1997年8月号 千田夏光「『従軍慰安婦』の真実」 [要ページ番号]
  43. ^ 秦郁彦 1999, p. 358
  44. ^ 第21号 昭和43年4月26日 第058回国会 社会労働委員会
  45. ^ 吉見義明・林博史 1995
  46. ^ 朝鮮日報』(2004年10月22日付)
  47. ^ [4]「いわゆる従軍慰安婦問題に対する日本政府の施策」平成12年11月,外務省。
  48. ^ a b 崔碩栄『韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由』 彩図社 2012年10月 ISBN 978-4883928880
  49. ^ a b c d e f g 李娜榮日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」立命館言語文化研究 23(2), 209-228, 2011-10-00
  50. ^ 朝鮮日報1992.1.15
  51. ^ a b c d e 秦郁彦 1999, p. 369
  52. ^ 秦郁彦 1999, pp. 366-367
  53. ^ a b c d e f g h 秦郁彦 1999, p. 367
  54. ^ 尹明淑 2003 [要ページ番号]
  55. ^ a b c d e f g h i j k l m 金貴玉「朝鮮戦争時の韓国軍「慰安婦」制度について」『軍隊と性暴力―朝鮮半島の20世紀』宋連玉, 金栄編、現代史料出版2010年所収。
  56. ^ a b c d e "손해배상[대법원 1966.10.18, 선고, 66다1635,1636, 판결](損害賠償[大法院1966.10.18宣告, 66ダ1635, 1636判決])", 大韓民国法制処国家法令情報センター.
  57. ^ 『ソウル統計年報』1968年版から1975年版
  58. ^ The Human Rights Situation in South Korea (Foreign Languages Publishing House, 1993) p. 270:
  59. ^ Yang Hyunah,Revisiting the Isuues of Korean Military Comfort Women,Positions5(1),1997.
  60. ^ Katherine H. S. Moon. Sex Among Allies: Military Prostitution in U.S.-Korea Relations. Columbia University Press. 1997.
  61. ^ Donna Hughes, 他Modern-Day Comfort Women:[5],p.4
  62. ^ UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION [6]A "comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower" attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers. The word "comfort girl" is peculiar to the Japanese. Other reports show the "comfort girls" have been found wherever it was necessary for the Japanese Army to fight. This report however deals only with the Korean "comfort girls" recruited by the Japanese and attached to their Army in Burma. The Japanese are reported to have shipped some 703 of these girls to Burma in 1942.
  63. ^ C.J. Bradford. "Jungle Warfare." The RUSI Journal Vol. 90 Iss. 558. 1945.
  64. ^ John Ashmead, The Mountain and the feather, Houghton Mifflin, 1961. p.166, p.294.
  65. ^ Matsui Yayori and Lora Sharnoff. "Sexual Slavery in Korea." Frontiers Vol. 2 No. 1 (Spring 1977). pp. 22-30.
  66. ^ ジョージ・ヒックス 1995
  67. ^ a b Denial Reopens Wounds of Japan's Ex-Sex SlavesNew York Times March 8, 2007
  68. ^ a b c d e f g h i j k CHOE SANG-HUN (2009年1月8日). “Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2009/01/08/world/asia/08korea.html?_r=2&scp=8&sq=Comfort%20Women%20Korean%20War&st=cse 2012年10月31日閲覧。 
  69. ^ Columbia University Press,2000.
  70. ^ 「日本軍性奴隷問題への国際社会と日本の対応を振り返る」『戦争と性』第25号、2006年5月号 [要ページ番号]
  71. ^ 西岡力 2007, pp. 156-157
  72. ^ 西岡力 2007, pp. 157-158
  73. ^ 秦郁彦 1999, p. 331
  74. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 334
  75. ^ a b [7]日弁連会長土屋公献声明「従軍慰安婦問題への政府の対応に関する声明」1995年11月16日。
  76. ^ [8]日弁連HP:会長声明・日弁連コメント1996年6月20日「従軍慰安婦問題に関する声明」
  77. ^ 秦郁彦 1999, p. 217
  78. ^ a b c Chunghee Sarah Soh,The Comfort Woman,pp71-72
  79. ^ 女たちの戦争と平和資料館事務局長の渡辺美奈による。渡辺美奈・林博史・俵義文著『村山・河野談話見直しの錯誤』第三章「世界は日本軍慰安婦をどう見てきたか」、かもがわ出版、2013年4月 [要ページ番号]
  80. ^ 秦郁彦 1999, p. 327
  81. ^ 秦郁彦 1999, p. 191
  82. ^ 藤目ゆき 1997 [要ページ番号]
  83. ^ E/CN.4/1996/53/Add.1(付属文書1「戦時における軍事的性奴隷制問題に関する朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国および日本への訪問調査に基づく報告書」)アジア女性基金による和訳「付属文書1」p1他で「軍性奴隷制」と明記、p2では「明確に性奴隷制」であるとしている。
  84. ^ 西岡力「世界中にばら撒かれた「慰安婦問題」が捏造である完全なる根拠」SAPIO2012年8月22・29日号
  85. ^ 西岡力論文の該当箇所はniftyニュース2012年9月13日で閲覧可[9](2012年10月20日閲覧)
  86. ^ 西岡力 2007, pp. 161-165
  87. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会編『私は「慰安婦」ではない 日本の侵略と性奴隷』p99 - p113 東方出版,1997年
  88. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会編『私は「慰安婦」ではない 日本の侵略と性奴隷』p193、p194、東方出版,1997年
  89. ^ 『日本が知らない戦争責任』1999年現代人文社
  90. ^ 秦郁彦 1999, pp. 328-329
  91. ^ a b (参院内閣委)戦時性的強制被害者問題法案、審議入り民主党ホームページ[リンク切れ]
  92. ^ 戦時性的強制被害者間題の解決の促進に関する法律案(仮称)政策要綱民主党公式HP 1999/12/22
  93. ^ 前田朗「大量虐殺的強姦」国連人権促進保護小委員会第56回会期2004年8月10日
  94. ^ a b c d 秦郁彦 1999, p. 145
  95. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 51
  96. ^ 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」ユン貞玉編『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』三一新書,1992年,p129.
  97. ^ a b c d e f g h i j 山田宏「売春」世界大百科事典、平凡社、2007,p333
  98. ^ a b c d e 山手茂「売春」日本大百科全書、小学館、1987
  99. ^ a b ジョージ・ヒックス 1995, p. 23
  100. ^ バーン&ボニー・ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p206
  101. ^ 齋藤茂「妓女と中国文人」(東方選書、2000年)p13
  102. ^ 齋藤茂「妓女と中国文人」(東方選書、2000年)p14
  103. ^ a b c d e 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」尹貞玉編『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』三一新書,1992年,p131.
  104. ^ a b c 李能和『朝鮮解語花史』東洋書院、1927年。「李能和全集2」韓国学研究所
  105. ^ 川村湊『妓生』p.20
  106. ^ a b c d e 朴禮緒「〈朝鮮歴史民俗の旅〉妓生 (1)」朝鮮新報 2004.10.30
  107. ^ a b 野村伸一: 「賤民」の文化史序説ー朝鮮半島の被差別民(補遺)(2008年。野村「賤民」の文化史序説(『いくつもの日本5』岩波書店、2003年所収)を補訂したもの)2012年11月15日閲覧
  108. ^ 川村湊『妓生』p.21
  109. ^ 梨花女子大学校韓国女性史編纂委員会『韓国女性史』第一巻、梨大出版部、1978年、p519-520
  110. ^ a b c d e f 川村湊『妓生』作品社、2001年、p.40-43
  111. ^ 妓生世界大百科事典第2版、コトバンク
  112. ^ a b 川村湊『妓生』p.34
  113. ^ 川村湊『妓生』p.33
  114. ^ a b c d e f 川村湊『妓生』p.35-38
  115. ^ a b c d 林鍾国『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p148-149
  116. ^ a b c d 『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p150-151
  117. ^ a b c d e f g h i j k 藤永壮「植民地朝鮮における公娼制度の確立過程―1910年代のソウルを中心に―」京都大学大学院文学研究科・文学部・現代文化学系「二十世紀」編『二十世紀研究』第5号、2004年12月
  118. ^ 『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p147
  119. ^ a b 川村湊『妓生』p.43
  120. ^ a b c 川田文子「戦争と性」明石書店,1995年。p76-77
  121. ^ a b c d e f g h i 川村湊『妓生』p.44-51
  122. ^ 川村湊『妓生』p.112-3
  123. ^ 川村湊『妓生』p.113
  124. ^ 川村湊『妓生』作品社、2001年、p.38-39
  125. ^ バーン&ボニー・ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p287
  126. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p289-291
  127. ^ a b c d 藤目ゆき 1997, p. 53
  128. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p300
  129. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p301
  130. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p304
  131. ^ a b 藤目ゆき 1997, pp. 54-55
  132. ^ a b [10]「廃娼運動の歴史」平成9年、国立国会図書館
  133. ^ a b 吉見義明・林博史 1995, p. 189
  134. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 190
  135. ^ 『天皇と朝鮮人と総督府』金一勉著、p38
  136. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 202
  137. ^ 宋連玉『朝鮮植民地支配における公娼制』p56、「日本史研究」371号
  138. ^ 秦郁彦 1999, p. 40
  139. ^ 『朝鮮新聞』1911年4月19日記事
  140. ^ 1918年6月12日『京城日報』
  141. ^ a b c 宋連玉「日本の植民地支配と国家的管理売春-朝鮮の公娼を中心にして」(『朝鮮史研究会論文集』32集、1994年、pp.37-88, 緑陰書房)
  142. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 50
  143. ^ 秦郁彦 1999, pp. 42-43
  144. ^ 三省堂 大辞林 http://www.weblio.jp/content/%E5%BF%98%E5%85%AB
  145. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 197-201
  146. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 195
  147. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 28
  148. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 54
  149. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p45、p46岩波ブックレット
  150. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p45、p46岩波ブックレット、油谷治郎七の「欧米列強風紀及性病法制画概観」
  151. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 194
  152. ^ 秦郁彦 1999, p. 39
  153. ^ 神埼清『売春』p26、現代史出版、1974
  154. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 195
  155. ^ 報知新聞 1931.4.5(昭和6)「国際信義と公娼廃止」[11](神戸大学近代デジタルライブラリ)
  156. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 108-109
  157. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 108
  158. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 109
  159. ^ 小谷野敦『日本売春史』新潮社,p149,2007年
  160. ^ 秦郁彦 1999, p. 146
  161. ^ ジョージ・ヒックス 1995, p. 24
  162. ^ a b c 藤目ゆき 1995, p. 56
  163. ^ 秦郁彦 1999, p. 146
  164. ^ 藤目ゆき 1997, p. 79
  165. ^ 柴田修子「戦時性暴力の被害者から変革の主体へ」立命館言語文化研究
  166. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」2013年2月。
  167. ^ 柴田修子「戦時性暴力の被害者から変革の主体へ」p.71
  168. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」p29.
  169. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」p30.
  170. ^ ジョージ・ヒックス 1995, p. 25
  171. ^ David J.Piver,Cleansing the Nation:The War on Prostitution 1917-1921,Prolougue:The Journal of the National Archives,No.12,Spring,1980.,pp.24-30
  172. ^ a b c 藤目ゆき 1997, p. 78
  173. ^ #フランス軍慰安婦参照。
  174. ^ a b 秦郁彦 1999, pp. 147-149
  175. ^ 秦郁彦 1999, p. 147
  176. ^ #インド駐留インド軍参照。
  177. ^ Schuessler, Jennifer (2013年5月20日). “The Dark Side of Liberation”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/05/21/books/rape-by-american-soldiers-in-world-war-ii-france.html?pagewanted=all&_r=0 2013年6月14日閲覧。 
  178. ^ Faur, Fabienne (2013年5月26日). “GI's were liberators yes, but also trouble in Normandy”. Agence France-Presse. http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hY3cUraWo4fVJqWbA34Fd2IeTFOQ?docId=CNG.26cca045d911d64d66269c72328f270e.b11 2013年6月14日閲覧。 
  179. ^ 秦郁彦 1999, p. 148
  180. ^ 岡村寧次『戦場回想編』1970年、302-303頁
  181. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金慰安婦とは―慰安所の設置「…慰安婦団を同行しながら、強姦罪は跡を絶たない有様である」
  182. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金」[12]p55-p74「…慰安所を設けた。然し、強姦は甚だ盛んに行われて…」
  183. ^ 吉見義明 1995, pp. 43-47 「慰安所設置が強姦防止に役立たなかった事がよく示されていよう」
  184. ^ 十五年戦争極秘資料集 補巻、早尾乕雄『戦場心理の研究 総論』「南京、上海、杭州等代表的ノ都市ニ於ケル将兵ノ状態ニ就テ述ベテ見様ト思フ」p49
  185. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金[13]p55-p74
  186. ^ 十五年戦争極秘資料集 補巻、早尾乕雄『戦場心理の研究 第2』第八章「戦争ト性欲」P247
  187. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金」 [14]p55-p74(強姦の具体的描写はP67-P74)
  188. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」,p6-7
  189. ^ 秦郁彦 1999, pp. 152-153
  190. ^ ビーヴァー『ベルリン陥落1945』pp.72-75
  191. ^ 半藤一利『ソ連が満州に侵攻した夏』文藝春秋社,1999年,p247
  192. ^ [15]Wendy Jo Gertjejanssen:Victims, Heroes, Survivors. Sexual Violence On The Eastern Front During World War II, University of Minnesota, 2004Mai.
  193. ^ アントニー・ビーヴァー著・川上洸訳『ベルリン陥落1945』白水社,2004年,p.602
  194. ^ 太平洋戦争研究会編『図説 満州帝国』河出書房新社刊、1996年、p135
  195. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」,同猪俣論文,p16、p19-22。
  196. ^ 上坪隆『水子の譜』社会思想社現代教養文庫p.183「昭和21年6月10日付 二日市保養所報告書(報告対象期間=昭和21年3月25日 - 21年6月5日)"地域別と加害者" 不法妊娠(強姦等による妊娠 救療部の用語)ヲ地区別ニ分類スルニ北朝24ニシテ最多、南鮮14、満州4、北支3ノ順序ニシテ鮮_人ニ因ルモノ28、ソ連人ニ因ルモノハ8、支那人ニ因ルモノ6人、米人ニ因ルモノ3、台湾人、比島人ニ因ルモノ各1ナリ」
  197. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」,p36
  198. ^ [16]中央日報2007年1月23日
  199. ^ 第008回国会 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号”. 衆議院. 国立国会図書館 (1950年10月31日). 2010年9月29日閲覧。
  200. ^ a b c d ジョージ・ヒックス 1995, p. 24
  201. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 156
  202. ^ 秦郁彦 1999, p. 157
  203. ^ 秦郁彦 1999, p. 158
  204. ^ 秦郁彦 1999, p. 148
  205. ^ 秦郁彦 1999, p. 149
  206. ^ クリスタ・パウル『ナチズムと強制売春』明石書店1996
  207. ^ 諸君!』1992年9月号。[要ページ番号]
  208. ^ Franz Seidler,Prostitution,Homosexualitat,Selbstvertummelung-Probleme der deutschen Sanitatsfuhrung 1939-45,Neckargemund,1977,Kurt Vowinkel Verlag.
  209. ^ 朝日新聞1992年9月7日記事
  210. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 150
  211. ^ 「日本の名誉回復」には何が必要なのか ラインハルト・ツェルナー岩波書店世界2015年2月号 p=109
  212. ^ 邦訳明石書店,1996
  213. ^ Robert Sommer,Das KZ-Bordell:Sexuelle Zwangsarbeit in nationalsozialistischen,Paderborn
  214. ^ 秦郁彦 1999, p. 151
  215. ^ クリスタ・パウル『ナチズムと強制売春』明石書店,1996,p.9ほか同書全体。
  216. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 171
  217. ^ en:Bordel militaire de campagne参照
  218. ^ Mustapha El Qadéry, BNRM, Rabat「Femmes des Bordels Militaires de Campagne. Les BMC de l’armée coloniale française au Maroc」Publié in, M. Cheikh & M. Péraldi, Des femmes sur les routes. Voyage au féminin entre Afrique et Méditerranée, éd. CJB, le Fennec, Karthala, Cacablanca, 2009, pp. 229-244
  219. ^ Christelle Taraud, La prostitution coloniale. Algérie, Maroc, Tunisie (1830-1962), Paris, Éditions Payot & Rivages, 2009 [2003],
  220. ^ Bernard B.Fall, Street without Joy, Harrisburg, 1961.
  221. ^ John C.Burnham:Medical Inspection of Prostitutes in America in the 19th Century,Bulletin of the History of Medicine,45,May-June 1971
  222. ^ a b c d 藤目ゆき 1997 第一章
  223. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 70
  224. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 73-74
  225. ^ Lucie Cheng Hirata,Free,Indentured,Enslaved:Chinese Prostitute in 19th Century America,Journal of women in culture and socaiety,vol,5.no1,1979
  226. ^ Judy Yung,Chinese Women of America,University of Washington Press,1986
  227. ^ 若槻泰雄「排日の歴史」中公新書p32-3
  228. ^ 藤目ゆき 1997, p. 72
  229. ^ 藤目ゆき 1997, p. 75
  230. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 76
  231. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 76-77
  232. ^ Carol Anonueva,Prostitution in Philippines,in Cast the First Stone,pp64-89
  233. ^ 藤目ゆき 1997, p. 59
  234. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 77
  235. ^ 秦郁彦 1999, p. 160
  236. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 163
  237. ^ セオドア・ホワイト『歴史の探求』サイマル出版会、1978、上、p183。
  238. ^ 秦郁彦 1999, p. 164
  239. ^ 秦郁彦 1999, p. 161
  240. ^ 恵泉女学園大学平和文化研究所編集『占領と性』インパクト出版会,2007,p.26.
  241. ^ a b c d 藤目ゆき 1997, p. 327
  242. ^ 藤目ゆき 1997, p. 326
  243. ^ 恵泉女学園大学平和文化研究所編集『占領と性』インパクト出版会,2007,p.47.
  244. ^ 『占領と性』2007,p.48
  245. ^ 『占領と性』2007,p.48
  246. ^ 『占領と性』2007,p.50
  247. ^ 『占領と性』2007,p.51
  248. ^ 住本利男『占領秘史』毎日新聞社1952年,65-72p
  249. ^ 朝日新聞1955年8月15日
  250. ^ 『占領と性』インパクト出版会,2007,p.45.
  251. ^ 林茂夫「駐韓米軍」二月社、1978年、p178
  252. ^ a b c d 藤目ゆき 1997, p. 332
  253. ^ Treaty of San FranciscoWikisource
  254. ^ a b c d “アジア女性基金事業実施に際しての総理の手紙” (プレスリリース), 首相官邸, (1996年8月19日), http://www.kantei.go.jp/jp/hasimotosouri/speech/1996/0819.html 2010年3月8日閲覧。 
  255. ^ 「売笑婦のいない世界を」『婦人公論』(1953年4月号) [要ページ番号]
  256. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 332-337
  257. ^ Grace Cho (2008). Haunting the Korean Diaspora: Shame, Secrecy, and the Forgotten War. ミネソタ大学出版. p. 94. ISBN 0816652759. http://books.google.co.kr/books?id=VagzEDjnZpcC&pg=PA103&dq=yanggongju+caste&hl=en&sa=X&ei=U2llUdCaL4ftkgX0rYCABw&ved=0CDUQ6AEwAA#v=onepage&q=yanggongju%20caste&f. 
  258. ^ 中央日報 2002年02月24日19時29分 「韓国戦争中にも軍慰安婦存在」韓国教授が主張 [17]
  259. ^ 『朝日新聞』2002年2月24日付)1956年に韓国陸軍本部編纂した公式記録や目撃者たちの証言の研究による。
  260. ^ a b c 崔吉城朝鮮戦争における国連軍の性暴行と売春」『アジア社会文化研究』no.2 page.1-16,2001年、広島大学学術リポジトリ。
  261. ^ Park, Soo-mee (2008年10月30日). “Former sex workers in fight for compensation”. 中央日報英語版. http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=2896741 2013年6月7日閲覧。 
  262. ^ Ghosh, Palash (2013年4月29日). “South Korea: A Thriving Sex Industry In A Powerful, Wealthy Super-State”. インターナショナルビジネスタイムス. http://www.ibtimes.com/south-korea-thriving-sex-industry-powerful-wealthy-super-state-1222647 2013年6月7日閲覧。 
  263. ^ Rhee, Young-hoon (2009年6月1日). “그날 나는 왜 그렇게 말하였던가”. New Daily. http://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=27671 2013年7月13日閲覧。 
  264. ^ Lee, Jin-kyung (2010). Service Economies: Militarism, Sex Work, and Migrant Labor in South Korea. University of Minnesota Press. p. 125. ISBN 0816651264. http://books.google.fr/books?id=ZAp3ee2bz_0C&pg=PA125&dq=Service+Economies:+Prostitutes+in+South+Korea+for+the+U.S.+military&hl=en&sa=X&de=lSycUY6yH-ieiAfX_IH4Dg&redir_esc=y#v=onepage&q=Service%20Economies%3A%20Prostitutes%20in%20South%20Korea%20for%20the%20U.S.%20military&f=false. 
  265. ^ [18]Hyun S.Kim,JT Takagi,and Hye-Jung Park,The Woman Outside:Korean Women and the U.S.Militaly,1997/updated2009. p.8
  266. ^ a b c d e “US servicemen in Korea contribute to human trafficking: report”. プレステレビ. (2012年12月21日). http://www.presstv.com/usdetail/279266.html 2013年6月6日閲覧。 
  267. ^ Dujisin, Zoltán (2009年7月7日). “RIGHTS-SOUTH KOREA: Prostitution Thrives with U.S. Military Presence”. インター・プレス・サービス. http://www.ipsnews.net/2009/07/rights-south-korea-prostitution-thrives-with-us-military-presence/ 2013年6月7日閲覧。 
  268. ^ Robson, Seth (2005年8月6日). “Ex-bar worker who was forced into prostitution wins $5,000 judgment”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/ex-bar-worker-who-was-forced-into-prostitution-wins-5-000-judgment-1.36633 2013年6月7日閲覧。 
  269. ^ Annie Isabel Fukushima and Gwyn Kirk (2013年6月17日). “Military Sexual Violence: From Frontline to Fenceline”. Foreign Policy in Focus. http://www.fpif.org/articles/military_sexual_violence_from_frontline_to_fenceline 2013年6月30日閲覧。 
  270. ^ a b Macintyre, Donald (2002年8月5日). “Base Instincts”. タイム. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,333899,00.html 2013年6月7日閲覧。 
  271. ^ “Court rules in favor of Filipina prostitutes”. 中央日報英語版. (2003年5月31日). http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=1987730 2013年6月7日閲覧。 
  272. ^ Rabiroff, Jon (2009年9月26日). “Philippine Embassy has 'watch list' of suspect bars in South Korea”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/philippine-embassy-has-watch-list-of-suspect-bars-in-south-korea-1.95038 2013年6月7日閲覧。 
  273. ^ Human Trafficking public service announcement在韓米軍2012年11月20日
  274. ^ a b c d e f g h i Openly revealing a secret lifeJoongAng Daily(中央日報)July 31, 2005
  275. ^ a b 李榮薫 2009, pp. 156-158
  276. ^ 1956年4月11日東亜日報「少女二名誘拐 売淫「ブローカー」拘束」
  277. ^ 1959年10月18日 東亜日報「慰安婦66%が保菌 全国接客女人検診結果」
  278. ^ 1961年1月31日 東亜日報「慰安婦教養講習 伊淡支所主催で」
  279. ^ 1961年9月14日の東亜日報「UN軍相対慰安婦 13日から登録実施」
  280. ^ 釜山日報2004年9月18日
  281. ^ 名越二荒之助 『日韓共鳴二千年史』明成社、2002年。[要ページ番号]
  282. ^ “ベトナム戦争時「韓国軍が慰安所経営」 米公文書に記述”. 産経新聞. (2015年3月29日). http://www.sankei.com/politics/news/150329/plt1503290011-n1.html 
  283. ^ a b “Deliver them from 'hell'” (英語). 中央日報. (2002年10月19日). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=1910008 2010年3月8日閲覧。 
  284. ^ a b “Filipinas forced into prostitution on the rise in S.Korea” (英語). ハンギョレ. (2009年12月1日). http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_international/390782.html 2010年3月8日閲覧。 
  285. ^ a b “【社説】国際的な恥、韓国の売買春”. 中央日報. (2002年10月18日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=33402&servcode=100&sectcode=100 2010年3月8日閲覧。 
  286. ^ “韓国人女性8000人、米国で‘遠征売春’”. 中央日報. (2006年6月21日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77026&servcode=400&sectcode=400 2010年3月8日閲覧。 
  287. ^ 2012年9月12日放送
  288. ^ 2012/9/13朝鮮日報「性犯罪:元警察署長が公娼制度導入を提唱」
  289. ^ 特約茶室展示館(金門県)
  290. ^ シリアに「聖戦慰安婦」=チュニジア女性、反体制派に従軍【チュニスAFP=時事】 2013年9月20日
  291. ^ 辛基秀 (シン・ギス) 『映像が語る「日韓併合」史: 1875年~1945年』 労働経済社、1987年8月15日発行、296頁。No. 563番の寫眞
  292. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 197-201
  293. ^ 秦郁彦 1999, p. 63
  294. ^ 蘇智良『上海日軍慰安所実録』。上海に始まる日本軍慰安所 上海師範大教授が調査(『人民網』日本語版 2005年6月17日付)
  295. ^ a b c 岡村寧次『戦場回想編』1970年、302-303
  296. ^ アジア女性基金慰安婦とは―慰安所の設置
  297. ^ 吉見義明 1995, pp. 43-47
  298. ^ 十五年戦争極秘資料集 補巻、早尾乕雄『戦場心理の研究 第2』第八章「戦争ト性欲」P247,p49
  299. ^ アジア女性基金 [19]p55-p74(強姦はP67-P74)
  300. ^ 吉見義明・川田文子 1997, pp. 52-54
  301. ^ Peipei Qiu, Su Zhiliang, Chen Lifei 2014 Chinese Comfort Women: Testimonies from Imperial Japan's Sex Slaves (Oxford Oral History Series) Oxford Univ Pr (Sd)
  302. ^ アジア女性基金 [20]p39-p123
  303. ^ 『岡村寧次大将資料第一 戦場回想編』1970年、302-303頁
  304. ^ 大審院刑事判例集.第16巻上[21]P.254、PDF-P.145
  305. ^ 「日本軍「従軍慰安婦」被害者の拉致事件を処罰した戦前の下級審刑事判決を発掘」戸塚悦朗(龍谷法学2004-12-25)[22][23]、「日本軍「従軍慰安婦」被害者の拉致事件を処罰した戦前の下級審刑事判決を発掘(続)」戸塚悦朗(龍谷法学 2006-03-10)[24][25]
  306. ^ 1938年2月7日、和歌山県知事発内務省警保局長宛「時局利用婦女誘拐被疑事件ニ関スル件」
  307. ^ 1938年1月19日、群馬県知事発内務大臣・陸軍大臣宛「上海派遣軍内陸軍慰安所ニ於ケル酌婦募集ニ関スル件」
  308. ^ 1938年1月25日、高知県知事発内務大臣宛「支那渡航婦女募集取締ニ関スル件」
  309. ^ 1938年1月25日、山形県知事発内務大臣・陸軍大臣宛「北支派遣軍慰安酌婦募集ニ関スル件」
  310. ^ 1938年2月14日、茨城県知事発内務大臣・陸軍大臣宛「上海派遣軍内陸軍慰安所ニ於ケル酌婦募集ニ関スル件」
  311. ^ 1938年2月15日、宮城県知事発内務大臣宛「上海派遣軍内陸軍慰安所ニ於ケル酌婦募集ニ関スル件」
  312. ^ 支那渡航婦女ノ取扱二関スル件”. 陸軍省. 国立アジア歴史資料センター (1938年2月18日). 2010年3月10日閲覧。
  313. ^ 吉見義明 1992、平尾弘子「戦時下支那渡航婦女の記」関釜裁判ニュース第54号,2008年7月13日。
  314. ^ 吉見義明 1995, p. 5,36,91
  315. ^ 石出法太、金富子、林博史『日本軍慰安婦をどう教えるか』P85,P114
  316. ^ 『文藝春秋』1996年5月号「新しい日本の歴史が始まる」[要ページ番号]
  317. ^ 共著『歴史教科書との15年戦争』1997年、PHP研究所[要ページ番号]
  318. ^ 『文藝春秋』1996年5月号で発表した「歪められた私の論理」、『昭和史の謎を追う 下』文春文庫、p495.
  319. ^ 西岡力 2007, pp. 33-34
  320. ^ 『歴史を偽造する韓国』第十章、2002年 [要ページ番号]
  321. ^ a b c d e f 水間政憲『新史料発掘!当時の朝鮮紙が報道していた極悪「朝鮮人業者」強制連行の動かぬ証拠〜まさに「悪魔の所業」──日本軍はこれら業者と取引するなと命令していた〜]』SAPIO2007年5月9日号,小学館
  322. ^ 吉見義明・川田文子 1997 [要ページ番号]
  323. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p30、p31、岩波ブックレット2010年
  324. ^ 1932年3月23日東亜日報「巡査出身の誘拐魔が検挙」
  325. ^ 東亜日報1933年5月5日「民籍を偽造 醜業を強制 悪魔のような遊郭業者の所業 犯人逮捕へ」
  326. ^ 東亜日報1933年6月30日「路上で少女掠取 醜業中人に売渡 金神通を売った男女検挙 判明した誘拐魔の手段」
  327. ^ 1934年4月14日東亜日報「災害地 処女 遊郭誘引魔」
  328. ^ 1934年7月16日東亜日報「十一歳少女売春強要」
  329. ^ 1936年3月15日東亜日報「春窮を弄ぶ悪魔! 農村に人肉商跳梁 就職を甘餌に処女等誘出 烏山でも一名が被捉」
  330. ^ 永井和 『日本軍の慰安所政策について』「…慰安所で働く女性の調達のために、軍と総領事館の指示を受けた業者が日本および朝鮮へ募集に出かけたこと、および彼等の募集活動と集められた女性の渡航に便宜をはかるように、内地の(おそらく朝鮮も同様と思われる)警察にむけて依頼がなされた事実である。」
  331. ^ 1938年12月4日東亜日報「良家処女誘引し、満州へ売却騙財 釜山署、犯人逮捕」
  332. ^ 1939年3月15日東亜日報「河允明誘拐事件波紋拡大 悪辣な遊郭業者」
  333. ^ a b c d 秦郁彦 1999, p. 54
  334. ^ 1939年3月5日毎日新報
  335. ^ 1939年3月9日東亜日報「誘引事件多端 遊郭業者が娼妓を地方へ転売」
  336. ^ 1939年3月15日東亜日報
  337. ^ 1939年3月29日東亜日報
  338. ^ 雑誌「朝光」(朝鮮日報社刊)1939年5月号
  339. ^ 1939年5月27日東亜日報「支那人が朝鮮収養女 養育 断固禁止」
  340. ^ 東亜日報、1939年8月5日
  341. ^ 1939年8月31日東亜日報「悪徳紹介業者が跋扈。農村婦女子を誘拐。被害女性が100名を突破する」
  342. ^ 朝鮮総督府統計年報、朝鮮総督府編. 昭和10年
  343. ^ 朝鮮総督府統計年報. 昭和13年
  344. ^ 、朝鮮総督府統計年報. 昭和15年
  345. ^ 毎日新聞「一億人の昭和史」P62 - 65によれば「日本軍の通った後には処女なし」と言われるほどだった。
  346. ^ 秦郁彦 1999, p. 77 「東京裁判では2万人レイプしても収まらず」
  347. ^ 南京事件調査研究会編訳『南京事件資料集 1 アメリカ関係資料編』[ロバート・O・ウィルソンの手紙]
  348. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 76
  349. ^ 大林清『玉の井晩歌』p194 - p239、1983、青蛙房
  350. ^ 歴史学者|『兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く』 (朝日選書) (2000/12)などの作品あり
  351. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 77 執筆者http://www.dce.osaka-sandai.ac.jp/~funtak/papers/SIanfu.htm
  352. ^ 千田夏光『従軍慰安婦・慶子 中国、ガ島、ビルマ…死線をさまよった女の証言』カッパ・ノベルス 1981年11月
  353. ^ 麻生徹男『上海より上海へ 兵站病院の産婦人科医』石風社
  354. ^ 華公平 『従軍慰安所〈海乃家〉の伝言 海軍特別陸戦隊指定の慰安婦たち』日本機関紙出版センター、1992年8月
  355. ^ 吉見義明 1992, pp. 183-185 在上海領事館「昭和13年における特殊婦女の状況・・」
  356. ^ 麻生徹男『上海より上海へ』
  357. ^ 吉見義明 1995, p. 28
  358. ^ 吉見義明 1995, p. 29
  359. ^ 吉見義明 1995, p. 31-32
  360. ^ 朝鮮義勇隊(後の朝鮮義勇軍)に所属し、中国共産党に入党した抗日パルチザン
  361. ^ 『激情時代』の女性たち:Women in "The Passionate Age" 南鉄心。(リンク先「フルテキストへのリンク」のPDFファイルで閲覧可)
  362. ^ 林博史「大東亜共栄圏」の実態--日本軍占領下のアジア沖縄県史料編集室編『沖縄戦研究II』沖縄県教育委員会発行、1999年2月 http://www.geocities.jp/hhhirofumi/paper41.htm
  363. ^ a b 吉見義明・林博史 1995, p. 4
  364. ^ 秦郁彦 1999, pp. 103-105
  365. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」,p6-7
  366. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 22
  367. ^ 加藤友康責任編集『歴史学辞典 7戦争と外交』p299、弘文堂
  368. ^ デジタル記念館 慰安婦問題とアジア女性基金「慰安所と慰安婦の数」http://www.awf.or.jp/1/facts-07.html
  369. ^ 林博史「大東亜共栄圏」の実態--日本軍占領下のアジア沖縄県史料編集室編『沖縄戦研究II』沖縄県教育委員会発行、1999年2月 http://www.geocities.jp/hhhirofumi/paper41.htm
  370. ^ 林博史「大東亜共栄圏」の実態--日本軍占領下のアジア沖縄県史料編集室編『沖縄戦研究II』沖縄県教育委員会発行、1999年2月 http://www.geocities.jp/hhhirofumi/paper41.htm
  371. ^ 秦郁彦 1999, pp. 192-198
  372. ^ デジタル記念館 慰安婦問題とアジア女性基金 「慰安婦にされた女性たち-フィリピン」http://www.awf.or.jp/1/philippine-00.html
  373. ^ M.R.L.ヘンソン著、藤目ゆき訳『ある日本軍「慰安婦」の回想 フィリピン現代史を生きて』p168 - p181、岩波書店
  374. ^ M.R.L.ヘンソン著、藤目ゆき訳『ある日本軍「慰安婦」の回想 フィリピン現代史を生きて』p72、p174、岩波書店
  375. ^ 吉見義明 1992, p. 299
  376. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 121
  377. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 154
  378. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p45、岩波ブックレット
  379. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 124
  380. ^ 秦郁彦 1999, p. 208
  381. ^ 林博史「東南アジアの日本軍慰安所」http://www.geocities.jp/hhhirofumi/paper22.htm
  382. ^ 『村山・河野談話見直しの錯誤』P16林博史、俵義文、渡辺美奈
  383. ^ 吉見義明 1995, pp. 175-192
  384. ^ 吉見義明 1995, p. 191
  385. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p36,p37、岩波ブックレット
  386. ^ 『村山・河野談話見直しの錯誤』P16林博史、俵義文、渡辺美奈
  387. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p36,p37、岩波ブックレット
  388. ^ 2013年6月19日付しんぶん赤旗
  389. ^ 「2007年の第一次安倍内閣時の答弁書で「強制連行の資料なし」としたのを、自ら否定した形だ。強制否定派の最大のよりどころが揺らいでいる」と東京新聞は伝えている2013年6月25日付東京新聞
  390. ^ 古賀徳子『沖縄戦における日本軍「慰安婦」制度の展開』「季刊戦争責任研究第63号」p62、p71、p80
  391. ^ 山川泰邦『従軍慰安婦狩りだしの裏話』p330 - p332、「群星(むしぶり)」1984「各部隊は競うて慰安所を設置、一箇所15人、一個連隊で二か所を設置、全駐屯部隊で500人を辻遊郭から狩りだした」
  392. ^ 古賀徳子『沖縄戦における日本軍「慰安婦」制度の展開』「季刊戦争責任研究第63号」p71
  393. ^ 古賀徳子『沖縄戦における日本軍「慰安婦」制度の展開』「季刊戦争責任研究第63号」p67
  394. ^ 旧日本軍が付帯施設として慰安所運営=米軍文書聯合ニュース2014年3月16日付
  395. ^ 連合軍東南アジア翻訳・尋問センター(SEATIC) PUBLICATION No.131, 28 APRIL, 1945, G. F. BLUNDA, COLONEL, CAC, US Army, Superintendent (OSS CONFINDENTIAL C.I.D XL8505)
  396. ^ 堀江正規編『日本資本主義講座 戰後日本の政治と經濟 第1巻 日本帝國主義の崩壊』岩波書店、1953年、p.260。
  397. ^ 朴慶植『朝鮮人強制連行の記録』 未来社、1965年。p.67、p.169。
  398. ^ 小熊英二『1968』下巻 新曜社p.713、p.721
  399. ^ a b 沖縄のハルモニ (1979) 山谷哲夫 晩聲社、東京 [要ページ番号]
  400. ^ 「慰安婦」言説再考 日本人「慰安婦」の被害者性をめぐって (PDF)  2016年11月3日閲覧。
  401. ^ a b c d e f 高崎宗司「半島女子勤労挺身隊」について]:『「慰安婦」問題 調査報告・1999』財団法人女性のためのアジア平和国民基金刊,1999年。
  402. ^ 秦郁彦 1999, p. 15
  403. ^ 秦郁彦 1999, p. 229
  404. ^ 秦郁彦 1999, p. 26
  405. ^ 秦郁彦 1999, p. 235・242
  406. ^ [26]1992.8.8
  407. ^ 西岡力「<慰安婦問題>とは何だったのか」文藝春秋1992年4月号。[要ページ番号]
  408. ^ 여명의 눈동자
  409. ^ 野平俊水韓国ドラマ「日本嫌い」事情えっ、ヨン様までが反日!?」『諸君!2004年8月号文藝春秋[要ページ番号]
  410. ^ 日刊スポーツ新聞(일간스포츠신문)サイト社史。[27]
  411. ^ 第118回国会 予算委員会 第19号 [28]
  412. ^ 高崎宗司「反日感情」(講談社現代新書)p130
  413. ^ a b 池田信夫 (2012年8月24日). “日韓関係をこじらせた「河野談話」の訂正が必要だ”. ニューズウィーク日本語版. 2012年9月6日閲覧。
  414. ^ a b 慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士
  415. ^ 秦郁彦 1999, pp. 11-13
  416. ^ a b c d 秦郁彦 1999, p. 13
  417. ^ 岡田邦宏 (2006年6月14日). “「河野談話」の背景と教訓(『明日への選択』平成15年9月号)”. 日本政策研究センター. 2010年3月8日閲覧。
  418. ^ 毎日新聞1993年9月9日「記者の目 日韓関係」
  419. ^ “内閣総理大臣の談話 平成六年八月三十一日” (プレスリリース), 首相官邸, (1994年8月31日), http://www.kantei.go.jp/jp/murayamasouri/danwa/asia-danwa.html 2010年3月8日閲覧。 
  420. ^ a b c d “韓国での慰安婦基金、受給拒まれたまま事業終了へ”. 朝日新聞. (2002年2月20日). http://web.archive.org/web/20020224032420/www.asahi.com/national/update/0220/018.html 2010年3月8日閲覧。 
  421. ^ 元慰安婦の方々に対する小泉内閣総理大臣の手紙
  422. ^ a b c 各国・地域における償い事業の内容-韓国”. アジア女性基金. 2010年3月8日閲覧。
  423. ^ アジア女性基金 アジア基金と私たち(P26)
  424. ^ 慰安婦「水曜デモ」、8カ国で同時開催中央日報 2004.03.17
  425. ^ “慰安婦問題関連の世界連帯集会、光復節に開催”. 聯合ニュース. (2007年8月6日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2007/08/06/0200000000AJP20070806002200882.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  426. ^ "사과하라!" 베를린에 울려퍼진 '700회 수요집회'출처 : "사과하라!" 베를린에 울려퍼진 '700회 수요집회' - 오마이뉴스( "謝罪せよ!"ベルリンに響いた'700回要求集会'-オーマイニュース)” (韓国語). オーマイニュース. (2006年3月16日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000316972 2010年3月8日閲覧。 
  427. ^ “韓国女性家族部関係者、在日婦人会と懇談”. 民団新聞. (2006年12月20日). http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?corner=2&page=1&subpage=2256 2010年3月8日閲覧。 
  428. ^ “慰安婦問題訴える世界連帯集会、12日ワシントンで”. 聯合ニュース. (2009年8月11日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2009/08/11/0400000000AJP20090811000500882.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  429. ^ “【写真】日本の参議員、水曜集会に”. 中央日報. (2003年2月12日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=37408&servcode=400&sectcode=400 2010年3月8日閲覧。 
  430. ^ 秦郁彦 1999, pp. 232-233
  431. ^ 秦郁彦 1999, p. 233
  432. ^ 秦郁彦 1999, pp. 232-234
  433. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 246
  434. ^ 秦郁彦 1999, p. 238
  435. ^ 秦郁彦 1999, p. 240
  436. ^ 家永三郎監修『教科書から消せない戦争の真実』p11、教科書裁判ブックレット
  437. ^ 俵義文『ドキュメント「慰安婦」問題と教科書』p203
  438. ^ 1997-2-9産経新聞「遮断機」
  439. ^ 俵義文『ドキュメント「慰安婦」問題と教科書』p233
  440. ^ 予算委員会における辻元清美の慰安婦問題についての質疑に係る安倍首相の答弁に対する質問主意書”. 衆議院. 2014年12月7日閲覧。
  441. ^ a b 西岡力 2007, pp. 139-143
  442. ^ a b c 産経新聞』1997年3月9日付
  443. ^ a b c 第140回国会 参議院 予算委員会 第2号平成9年(1997年)1月30日
  444. ^ a b c 第140回国会 参議院 予算委員会 第8号平成9年(1997年)3月12日
  445. ^ 『産経新聞』(1998年4月28日付)「主張」
  446. ^ a b 河野談話は見直しが必要だ池田信夫BLOG
  447. ^ 「強制連行資料なし」橋本内閣で既に決定 慰安婦問題
  448. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 328
  449. ^ [29]「龍谷法学」42巻4号,2010年。
  450. ^ 『法学セミナー』1998年11月号
  451. ^ 酒井信彦 (1996年8月15日). “日本カトリック教団の『戦争の反省』の欺瞞(2)”. 月曜評論. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年4月24日閲覧。
  452. ^ 古森義久 (2014年11月27日). “米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに (2/2)”. 産経ニュース (産経新聞). http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n2.html 2014年12月7日閲覧。 
  453. ^ a b c d e 古森義久 (2014年11月27日). “米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに (1/2)”. 産経ニュース (産経新聞). http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html 2014年12月5日閲覧。 
  454. ^ 朝日新聞1999.8.27.
  455. ^ 毎日新聞1999年9月15日「<強制労働訴訟>ドイツや日本の戦争犯罪追及の動き」
  456. ^ a b c [30]京都学園法学 33/34, 115-186, 2001-03-20。
  457. ^ a b 産経新聞2007.4.16.「慰安婦決議案「負の結果招く」…日系有力指導者、ナカノ氏反対」
  458. ^ a b マイク・ホンダ参照
  459. ^ 2007年の政治参照。
  460. ^ a b AFPBBNews2007年3月11日「慰安婦問題の第一人者である吉見教授、安倍首相の発言に苦言 - 東京」
  461. ^ 年表参照。
  462. ^ ワシントンポスト2007年3月24日web魚拓
  463. ^ ““The U.S. wants to create trouble between Japan, China and Korea”” (英語). アルジャジーラ. (2007年4月7日). http://megalodon.jp/?url=http%3A%2F%2Fwww.aljazeera.com%2Fnews%2Fnewsfull.php%3Fnewid%3D17377&date=20070801185806 2010年3月8日閲覧。 
  464. ^ 2013年5月14日 読売新聞
  465. ^ 閣議決定
  466. ^ 「組織的強制徴用なし」 慰安婦問題 米議会調査局が報告書(『産経新聞』2007年4月12日)
  467. ^ United States House of Representatives House Resolution 121アメリカ合衆国下院121号決議参照
  468. ^ 林博史・俵義文・渡部美奈『村山・河野談話見直しの錯誤』p35
  469. ^ 2007年8月1日社説
  470. ^ a b c d e f g h i j k [31]古森義久コラム「外交弱小国・日本の安全保障を考える」第63回「慰安婦決議、カナダやオランダも〜やまない日本糾弾」日経BPネット2007年12月4日(全6ページ、カナダALPHAについては特にp3 - p6参照 p3(魚拓p3, p4, p5, p6))。
  471. ^ a b c 韓国挺身隊問題対策協議会常任代表ユン・ミヒャン (2007年8月29日). “<民論団論>目をそらすな「慰安婦」問題 米下院決議案採択の意味と課題 国際世論の日本政府指弾続く”. 民団新聞 (在日本大韓民国民団). http://www.mindan.org/search_view.php?mode=news&id=8564 2010年2月25日閲覧。 
  472. ^ “慰安婦決議阻止へ4200万円 日本政府 米ロビー会社に支払う”. 産経新聞. (2009年8月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/america/090829/amr0908292151008-n1.htm 2010年3月7日閲覧。 
  473. ^ a b 뉴욕시 출마자에 108만달러The Korea Times,2011年2月4日web魚拓
  474. ^ 公式サイト
  475. ^ a b c d e 中西輝政「ホワイト・プロパガンダで対抗しなければ対日一兆ドル訴訟が動き出す」SAPIO2007年5月9日 [要ページ番号]
  476. ^ a b c 河添恵子『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』産経新聞出版2011年,pp71-4
  477. ^ 櫻井よしこ『異形の大国 中国』新潮文庫2008年 [要ページ番号]
  478. ^ 公式サイトミッション(使命)
  479. ^ 「Clinton Donor Under a Cloud in Fraud Case」August 30, 2007,New York Times
  480. ^ “ホンダ米下院議員が元慰安婦女性を訪問”. 中央日報. (2009年8月13日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=119169&servcode=400&sectcode=410 2010年3月8日閲覧。 
  481. ^ “ホンダ米議員「過去史に対する日本の謝罪は不十分」”. 聯合ニュース. (2009年8月13日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/08/13/0200000000AJP20090813001900882.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  482. ^ “柳外交通商部長官、訪韓中のホンダ米下院議員と面談”. 聯合ニュース. (2009年8月11日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/08/11/0200000000AJP20090811004600882.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  483. ^ “欧州も「慰安婦」決議 日本政府に公式謝罪要求”. しんぶん赤旗. (2007年12月15日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-12-15/2007121507_01_0.html 2010年3月8日閲覧。 
  484. ^ [32]
  485. ^ “韓国国会が慰安婦問題めぐり決議、日本に謝罪などを要求”. 産経新聞. (2008年10月27日). http://sankei.jp.msn.com/world/korea/081027/kor0810271309001-n1.htm 2010年3月8日閲覧。 
  486. ^ [33]
  487. ^ Treaty of Peace with JapanTaiwan Documents Project
  488. ^ A BRIEF ACCOUNT OF THE KOREAN WARKorean War Veterans Association
  489. ^ #大韓民国軍慰安婦参照
  490. ^ なぜ今? 慰安婦問題が浮上する米国を読み解く 国際問題評論家古森義久氏日経BP社2007年3月16日
  491. ^ 渡部昇一の考える、いわゆる慰安婦問題についてワック・マガジンズ
  492. ^ “「慰安婦」政府への意見書、地方議会で可決広がる 「後世に汚点」批判も”. 産経新聞. (2010年7月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100715/lcl1007150105000-n1.htm 2010年7月17日閲覧。 
  493. ^ 2008年6月25日東京都清瀬市11月7日北海道札幌市2009年3月25日福岡県福岡市6月22日大阪府箕面市6月23日東京三鷹市6月24日東京小金井市6月29日京都京田辺市9月11日奈良生駒市9月25日大阪泉南市10月1日東京国分寺市12月14日京都長岡京市、千葉船橋市12月18日東京国立市12月22日福岡県田川市議会などが採択。[34][35]
  494. ^ “【民主党解剖】第4部 新体制の行方 (3) どうなる外国人参政権”. 産経新聞. (2009年6月4日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090604/stt0906041838009-n4.htm 2010年3月8日閲覧。 
  495. ^ a b “JR大阪駅前歩道橋で慰安婦支援団体と保守系住民団体が“衝突””. 産経新聞. (2010年4月7日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100407/crm1004072311030-n1.htm 2010年4月16日閲覧。 
  496. ^ 島根県議会 議員提出第6号議案[36]
  497. ^ a b c 第2の慰安婦碑、ニューヨーク州に建立東亜日報JUNE 18, 2012
  498. ^ “「慰安婦問題忘れない」、在米同胞が追慕碑設立推進” (英語). 聯合ニュース. (2009年8月3日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/08/03/0200000000AJP20090803000600882.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  499. ^ “Students Plan 'Comfort Women' Memorials in U.S.”. 朝鮮日報. (2009年8月13日). http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2009/08/13/2009081300390.html 2010年3月8日閲覧。 web魚拓
  500. ^ “慰安婦決議案国連に上程を、米下院外交委小委員長”. 聯合ニュース. (2009年9月2日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2009/09/02/0900000000AJP20090902003800882.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  501. ^ a b p1p2産経新聞2012年6月9日「慰安婦問題、敗北主義に陥るな 外務省「韓国は確信犯的にやっている」」
  502. ^ a b c d e p.1p.2「韓国系が数の論理でごり押し 米の慰安婦の碑 根拠乏しい「20万人拉致」」産経新聞2012.5.11]、自由民主2510号、平成24年5月29日号、田村重信「米ニュージャージー州パリセイズ・パーク市の慰安婦記念碑問題」2012年5月28日BLOGOS
  503. ^ 東郷和彦 2012, p. 143
  504. ^ (ブロンズ製、高さ1.2m)ソウルの大使館前に慰安婦像 日本反対、韓国は黙認西日本新聞 2011年12月14日
  505. ^ 安倍首相、靖国放火犯引き渡し拒否に「極めて遺憾」中央日報2013年01月05日
  506. ^ 「戦争と女性の人権博物館|日本軍慰安婦のための名誉と人権のための戦争と女性の人権博物館」と公式サイトで明記されている。
  507. ^ [37]公式サイト建設計画。
  508. ^ [38]公式サイトより。
  509. ^ 戦争と女性の人権博物館より。
  510. ^ a b we petition the obama administration to:Repeal the House of Representatives Resolution 121 to stop aggravating int'l harassment by Korean propaganda & lies!ホワイトハウス2012年6月21日
  511. ^ a b “米の慰安婦決議 在米日本人が廃止請願の署名運動”. 中央日報. (2012年6月27日). http://japanese.joins.com/article/426/154426.html?servcode=400&sectcode=400 2012年7月2日閲覧。 
  512. ^ 【なでしこアクション】米国下院慰安婦決議撤廃を民間の手で!日本文化チャンネル桜 2012/07/02
  513. ^ Open Letter in Support of Historians in Japan:[39]Humanities and Social Sciences online.2015年5月5日。2015.6.8閲覧。日本語原文朝日新聞2015年5月7日にも転載。“日本研究者の声明要旨”. 時事通信社. (2015年5月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015050700151&g=pol 2015年5月7日閲覧。 
  514. ^ 世界の歴史学者ら声明 安倍首相に歴史の直視訴える」聯合ニュース2015年5月6日
  515. ^ 世界の歴史学者187人が集団声明「安倍首相、慰安婦の過去の歴史を歪曲するな」中央日報2015年5月6日
  516. ^ 日米歴史家、韓国メディアの"変化球"に困惑 なぜ「5月5日の日米声明」をネジ曲げるのか東洋経済ONLINE 2015年5月7日
  517. ^ 「慰安婦資料、世界遺産へ国際委=韓国」『時事通信』5月7日
  518. ^ 「日本政府関係者「登録を全力で阻止」」産経ニュース2016.6.1 23:05
  519. ^ Agreement Between Japan and the Republic of Korea Concerning the Settlement of Problems in Regard to Property and Claims and Economic CooperationWikisource
  520. ^ a b “徴用被害者の未払い賃金請求は困難、政府が立場表明”. 聯合ニュース. (2009年8月14日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2009/08/14/0400000000AJP20090814001100882.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  521. ^ “Seoul draws fire for snubbing compensation for colonial-era laborers” (英語). 聯合ニュース. (2009年8月14日). http://english.yonhapnews.co.kr/news/2009/08/14/0200000000AEN20090814005900315.HTML 2010年3月8日閲覧。 
  522. ^ “慰安婦、日本に法的責任 韓国政府が再確認”. 産経新聞. (2010年3月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100315/plc1003152251018-n1.htm 2010年3月16日閲覧。 
  523. ^ “「個人請求権は解決済み」日本外務省が立場表明”. 聯合ニュース. (2010年3月18日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2010/03/18/0400000000AJP20100318002200882.HTML 2010年3月21日閲覧。 
  524. ^ “従軍慰安婦の訴え退ける フィリピン最高裁”. 共同通信 (産経新聞). (2010年5月4日). http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100504/asi1005041916004-n1.htm 2010年5月4日閲覧。 
  525. ^ a b 韓国憲法裁判所判決全文(日本語)WAM女たちの戦争と平和資料館
  526. ^ a b [40]「従軍慰安婦及び原爆被害者に関する違憲決定」国立国会図書館「外国の立法」2011.10月
  527. ^ 正論2013年8月号、p59
  528. ^ [41]5.本案に関する判断、ウ.被請求人の不作為の基本権侵害の可否(3),p.15.
  529. ^ a b [42]西岡力「韓国よ、いい加減にせんか 危険水位を超えた「慰安婦」対日諜略」産経新聞2011.11.11.,月刊正論2011年12月号
  530. ^ 2013年5月22日衆議院外務委員会
  531. ^ 2015年12月29日中日新聞朝刊1面
  532. ^ 読売新聞2014年9月12日13S2・3・4・6・38・38面
  533. ^ “朝日が記事本取り消し 慰安婦報道、計18本に”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年12月24日). http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122401000898.html 2015年3月2日閲覧。 
  534. ^ “朝日新聞、慰安婦報道関連記事2本取り消し 計18本に”. 日本経済新聞. (2014年12月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H47_U4A221C1000000/ 2015年3月2日閲覧。 
  535. ^ [43]
  536. ^ 読売新聞2014年9月30日13S版38面
  537. ^ 朝日新聞、週刊文春の広告を掲載拒否 慰安婦問題追及記事など掲載(産経新聞2014年8月27日 9月5日閲覧)
  538. ^ a b 週刊新潮の広告も拒否 慰安婦記事で朝日新聞(産経新聞2014年8月28日 9月5日閲覧)
  539. ^ 週刊新潮の広告、「売国」「誤報」黒塗りで掲載へ 朝日新聞(産経新聞2014年9月3日 9月5日閲覧)
  540. ^ 朝日新聞、週刊文春広告も伏せ字で掲載 新潮とともに(産経新聞2014年9月4日 9月5日閲覧)
  541. ^ 朝日新聞、営業益半減=慰安婦、吉田調書問題も影響-9月中間2014-11-28 時事通信
  542. ^ 朝日の慰安婦誤報、“日本の評判悪化に責任なし”と海外紙 産経は「国際的影響」強調 NewSphere 2014年12月24日 18:34
  543. ^ 第三者委が「国際的影響」認める報告書産経ニュース 2014.12.22 17:54
  544. ^ [検証 朝日「慰安婦」報道](4)韓国メディアと「共鳴」読売新聞2014年08月31日
  545. ^ [44]産経新聞 2015.2.19
  546. ^ 読売新聞2015年2月20日13S版37面
  547. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 142-144
  548. ^ 今日の歴史(2月14日)聯合ニュース 2008/02/14
  549. ^ a b c d 秦郁彦 1999, p. 401
  550. ^ a b c d e f g h i j k l 「慰安所と慰安婦の数」慰安婦問題とアジア女性基金デジタル記念館2012年9月22日閲覧
  551. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 105・400
  552. ^ 秦郁彦 1999, pp. 400-401
  553. ^ 秦郁彦 1999, p. 406
  554. ^ 秦郁彦 1999, p. 410
  555. ^ 秦郁彦 1999 [要ページ番号]
  556. ^ クマラスワミ報告 (P21)[45]
  557. ^ 秦郁彦 1999, p. 41
  558. ^ 秦郁彦 1999, p. 30
  559. ^ 秦郁彦 1999, p. 48
  560. ^ 秦郁彦 1999, p. 399
  561. ^ 毎日新聞社(編)『決定版・昭和史--破局への道』 毎日新聞社 1983年第11巻P190)1944年8月に勅令で女子挺身勤労令を公布、即日施行
  562. ^ 朝鮮日報』 2005年1月11付
  563. ^ <インタビュー>世界に慰安婦問題解決を訴え続ける吉元玉さん聯合ニュース 2009/08/10
  564. ^ パク・ヒョンジョン (2011年12月14日). “20年間 水曜日ごとに日本大使館前 千回泣いたけれど…”. ハンギョレ. 2011年12月17日閲覧。
  565. ^ a b 李栄薫教授「国史教科書、日本収奪を膨らませ過ぎ」
  566. ^ (『中央日報』2005年4月26日付)
  567. ^ 『日帝支配下の韓国現代史』(風濤社1984年)
  568. ^ a b c d 李栄薫、国史教科書、日帝被害誇張されている 慰安婦数十万 - 強制連行650万は虚構、国史学界論争予告("국사 교과서 일제피해 과장됐다""위안부 수십만-강제 연행 650만은 허구", 국사학계 논란 예고)” (韓国語). PRESSIAN (2005年4月26日). 2012年7月23日閲覧。
  569. ^ a b c d ハンコク招待席 ソウル大経済学部李栄薫教授 日帝清算、正確な事実に基づかなければ 社会的通念に挑戦して常識の壁を超えた勇気ある学者 日本軍慰安婦·徴用者は誇張 国民感情に反する主張で波紋(한국 초대석 서울대 경제학부 이영훈 교수"일제 청산, 정확한 사실에 기초해야"사회적 통념에 도전하고 상식의 벽을 넘어선 용기있는 학자"일본군 위안부·징용자 수 과장"국민정서에 反한 주장으로 파문("국사 교과서 일제피해 과장됐다""위안부 수십만-강제 연행 650만은 허구", 국사학계 논란 예고))” (韓国語). ハンコクドットコム (2005年5月19日). 2012年7月23日閲覧。
  570. ^ 李榮薫 2009 [要ページ番号]
  571. ^ a b 韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会(編) 1993 [要ページ番号]
  572. ^ citing a 1975 statement by Seijuro Arahune, Liberal Democratic Party member of the Japanese Diet, that 145,000 Korean sex slaves had died during the Second World War
  573. ^ 蘇智良『慰安婦研究』上海書店出版社、1999年 [要ページ番号]
  574. ^ 国連代表部金永好書記官発表による。『中央日報』2005年4月23日付
  575. ^ 朝鮮中央通信社 日帝の罪状録を発表 [46]
  576. ^ U.S. lawmaker seeks Japan apology中央日報 August 14, 2009
  577. ^ 中央日報』2005年4月23日付
  578. ^ アメリカの歴史教科書"日本軍、慰安婦の強制動員"" 1日20-30人の相手"の惨状詳しく記録"日王の贈り物として提供..隠すために殺害"(美역사교과서 "일본군, 위안부 강제 동원""하루 20-30명 상대" 참상 상세히 기록"日王 선물로 제공.. 은폐 위해 학살도")聯合ニュース 2007/03/28(朝鮮語)
  579. ^ Alexander Martin 'U.S. Publisher Rebuffs Japan on ‘Comfort Women’ Revision' The Wall Street Journal.15th Jan. 2015
  580. ^ 古森義久,2009年6月29日産経新聞
  581. ^ a b 中国網日本語版2013年7月23日
  582. ^ . Cynthia Enloe, Does Khaki Become You? The Militarization of Women’s Lives (London: Pluto Press, 1983), pp.33-34
  583. ^ Hata2007[47],p13.
  584. ^ a b c d 「女性のためのアジア平和国民基金」(編)『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成』龍溪書舎1997年3月20日,1・14頁]
  585. ^ 井浦祥二郎『潜水艦隊』 学習研究社(2001年6月) [要ページ番号]
  586. ^ a b 「慰安婦:「連行のため歸那」 外務省調査資料から発見」『朝鮮日報』2015年 04月 09日
  587. ^ 第040回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号昭和37年(1962年)4月11日
  588. ^ a b c d 吉見義明 1995 [要ページ番号]
  589. ^ a b c 吉見義明・川田文子 1997 [要ページ番号]
  590. ^ a b (朝鮮語)教科書フォーラムの安秉直、「慰安婦は自発的」妄言で波紋”. デイリー・サプライズ (2006年12月6日). 2008年12月9日閲覧。
  591. ^ 櫻田武鹿内信隆『いま明かす戦後秘史』上巻(サンケイ出版、1983年) pp.40-41
  592. ^ “【読者サービス室から】戦時の慰安婦 「朝鮮人業者も募集した」”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年5月24日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130524/kor13052407380001-n1.htm 2013年9月12日閲覧。 
  593. ^ a b 吉見義明・林博史 1995, pp. 153-157
  594. ^ 山田清吉『武漢兵站』p77、p82、図書出版社
  595. ^ 従軍慰安婦110番編集委員会『従軍慰安婦110番』p75、1992、明石書店
  596. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会(編)『アジアの声(第11集)私は「慰安婦」ではない』 東方出版(大阪)1997年8月
  597. ^ a b 吉見義明・林博史 1995, p. 160
  598. ^ 韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会(編) 1993, pp. 63-64
  599. ^ 文玉珠・森川万智子「ビルマ戦線 楯師団の『慰安婦』だった私」(梨の木舎)
  600. ^ 韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会(編) 1993 [要ページ番号]
  601. ^ a b c 日本人戦争捕虜尋問レポート No.49:“UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION Psychological Warfare Team Attached to U.S.Army Forces”(1944年)。
  602. ^ a b 金一勉『軍隊慰安婦―戦争と人間の記録』(徳間書店新装改訂版版 1992年2月) [要ページ番号]
  603. ^ 李2009,p147
  604. ^ 吉見義明『日本軍慰安婦制度とは何か』p57 - 59、岩波ブックレット
  605. ^ a b 秦郁彦 『昭和史の謎を追う 下』文藝春秋社1999年12月 [要ページ番号]
  606. ^ 秦郁彦 1999, p. 270
  607. ^ 吉見義明『日本軍慰安婦制度とは何か』p47、岩波ブックレット
  608. ^ 吉見義明『日本軍慰安婦制度とは何か』p46、岩波ブックレット
  609. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会編『私は慰安婦ではない』p24、東方出版
  610. ^ 高安やえ「女のラバウル小唄」(『戦中派の遺言〈続〉』 櫂書房1979年) [要ページ番号]
  611. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 156-157
  612. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 156
  613. ^ 李榮薫 2009, p. 140
  614. ^ 日本兵捕虜に対する連合軍の尋問記録による
  615. ^ a b 吉見義明 1992 [要ページ番号]
  616. ^ 日本占領下インドネシアにおける慰安婦---オランダ公文書館調査報告山本まゆみ、ウイリアム・ブラッドリー・ホートン
  617. ^ a b 山崎朋子『サンダカン八番娼館』(文藝春秋1975年1月) [要ページ番号]
  618. ^ a b c 上野千鶴子「ナショナリズムとジェンダー」青土社p117
  619. ^ a b 西岡力 2007, pp. 88-89
  620. ^ a b 文玉珠 『ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』(梨の木舎1996年)P138
  621. ^ 西岡力『闇に挑む!』(徳間文庫1998年9月)p301
  622. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 392
  623. ^ a b 李榮薫 2009, p. 141
  624. ^ 「大東亜戦争陸軍給与令」昭和18年7月28日勅令625号。秦郁彦 1999, p. 394
  625. ^ 秦郁彦 1999, p. 394
  626. ^ 2005年基準の企業物価指数664.9で当時の企業物価指数を割って算出。1931年の企業物価指数は0.748で換算倍率は601.18倍。1939年の企業物価指数は1.466で倍率は453.54倍。1942年の企業物価指数は1.912で倍率は347.75倍。日本銀行過去の貨幣価値を調べる 国会図書館
  627. ^ 1939年の換算倍率 (453.54) による。
  628. ^ 李榮薫 2009, p. 136
  629. ^ 日本の円の価値は、この時期は安定していたが、ブロック経済又は満州事変と前後して急低下して日華事変の頃まで6割のレベルが続き、欧州戦争開始以後さらに低下している。ただし米価は上下変動があり、第二次上海事変からとくに欧州戦争が始まってから大きく上昇が始まる。
  630. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 394
  631. ^ 吉見義明・林博史 1995 [要ページ番号]
  632. ^ :聯合ニュース(朝鮮語)2010/11/18 연합뉴스 : 바른언론 빠른뉴스(<人々>'慰安所征伐'父親日記寄贈した日本人)[48]
  633. ^ 総山孝雄『南海のあけぼの』叢文社1983年1月 [要ページ番号]
  634. ^ 本項目慰安婦#概要参照
  635. ^ 秦郁彦 1999, pp. 366-367
  636. ^ 秦郁彦 1999, pp. 367-369
  637. ^ 尹明淑 『日本の軍隊慰安婦制度と朝鮮人軍慰安婦』p296-298)※出版社、発行年不明
  638. ^ a b c d e f 秦郁彦 1999, p. 368 内務省管理局「昭和19年度内地樺太南洋移入朝鮮人労務者供出割当数調」
  639. ^ (「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」の控訴人最終準備書面)。女子挺身隊#朝鮮の挺身隊も参照。
  640. ^ 金一勉 2012, pp. 17-18
  641. ^ a b 金一勉 1976, p. 18
  642. ^ 秦郁彦 1999, p. 266
  643. ^ 西岡力 2007, pp. 48-50
  644. ^ 西岡力 2007, p. 45
  645. ^ 西岡力 2007, p. 47
  646. ^ 西岡力 2007, pp. 47-48
  647. ^ 西岡力 2007, p. 50
  648. ^ 中央日報2012年11月25日「在米韓国人 デトロイトに慰安婦少女像の建立推進」[49]
  649. ^ a b 西尾幹二「歴史を裁く愚かさ」2000,PHP文庫、p122-125
  650. ^ クリスタ・パウル『ナチズムと強制売春』明石書店,1996,p.9
  651. ^ a b ““위안부 속여서 끌고가는 것 직접 봤는데 꾸며낸 일이라고?” … “사설 쓴 논설위원들 다 불러라” … JP, 와타나베 사장 호통쳤다” (韓国語). 中央日報 (中央日報). (2015年5月6日). http://article.joins.com/news/article/article.asp?total_id=17736684&ctg=1000&cloc=joongang%7Chome%7Ckeywordnews 2015年9月13日閲覧。 
  652. ^ 池萬元氏「偽の慰安婦」疑惑を提起、波紋広がる中央日報 2005.04.14
  653. ^ 中央日報 2003年01月03日18時17分 日本軍慰安婦「強制動員」の公式資料が発見 [50]
  654. ^ 櫻井よしこ「密約外交の代償」(『文藝春秋』4月号) [要ページ番号]
  655. ^ 西岡力 2007, p. 114
  656. ^ 1997年2月27日の朝鮮時報(朝鮮総連機関紙)
  657. ^ a b c 吉見義明・川田文子『「従軍慰安婦」をめぐる30のウソと真実』大月書店,1997年,p24
  658. ^ 西岡力 2007, p. 128
  659. ^ 「アジア女性基金ニュース」8号、1997.3.5.
  660. ^ 「歴史論争を総括する」(『論座』 1999年9月号) [要ページ番号]
  661. ^ 小林よしのり『新ゴーマニズム宣言 5』 小学館2002年9月 [要ページ番号]
  662. ^ 呉善花『「反日韓国」に未来はない』(小学館2001年9月) [要ページ番号]
  663. ^ 『asahicom』2007年3月27日付
  664. ^ 西岡力 2007 [要ページ番号]
  665. ^ “慰安婦問題解決の署名運動、目標を大幅に下回る”. 聯合ニュース. (2010年3月12日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2010/03/12/0800000000AJP20100312003000882.HTML 2010年3月14日閲覧。 
  666. ^ a b [51]毎日新聞2013,8.7.
  667. ^ 『共同通信』2007年5月12日付
  668. ^ 慰安婦問題 対日非難は蒸し返し」(Sankeiweb 2007/03/10 06:09)
  669. ^ 「フィリピン少年が見たカミカゼ」桜の花出版、2007年 [要ページ番号]
  670. ^ [52]日弁連1995年11月16日「従軍慰安婦問題への政府の対応に関する声明」
  671. ^ 週刊新潮1996年5月2/9号 [要ページ番号]
  672. ^ 秦郁彦 1999, p. 246
  673. ^ 私が知る「従軍慰安婦」湯浅謙(季刊『中帰連』第五号 1998年6月)
  674. ^ 『親日派のための弁明2』 扶桑社2004年11月27日 [要ページ番号]
  675. ^ 「日本軍「慰安婦」問題に関する声明」日本の戦争責任資料センター 2007年2月23日
  676. ^ 林博史、俵義文、渡辺美奈『村山・河野談話見直しの削除』p46、かもがわ出版
  677. ^ 西尾幹二 藤岡信勝『国民の油断 歴史教科書が危ない!』1996年10月、PHP研究所、244p
  678. ^ 林博史、俵義文、渡辺美奈『村山・河野談話見直しの削除』p44,p46、かもがわ出版
  679. ^ 『産経新聞』2007年5月18日付
  680. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 88
  681. ^ 藤目ゆき 1997 [要ページ番号]
  682. ^ 秦郁彦 1999, p. 27
  683. ^ a b 人身売買排除」方針に見る近代公娼制度の様相」立命館大学人文科学研究所紀要 93, 237-268, 2009,p237-238
  684. ^ 倉橋正直 2010 [要ページ番号]
  685. ^ 倉橋正直『愛知県立大学文学部論集』第43号「公娼制度について」P18
  686. ^ 倉橋正直『歴史評論』540号「近代日本の公娼制度」1995-4
  687. ^ 従軍慰安婦問題ウリヨソンネットワーク『もっと知りたい「慰安婦」問題ー性と民族の視点からー』金富子・梁澄子著、明石書店、1995年、p26
  688. ^ 『日韓歴史論争-海峡は越えられるか』p86、櫻井よしこ、金両基、中央公論社
  689. ^ a b 『日韓歴史論争-海峡は越えられるか』p95、櫻井よしこ、金両基、中央公論社
  690. ^ 責任編集・佐藤次高『歴史学辞典8』弘文堂、p136-p137、中村欣哉(この部分)、2001年初版
  691. ^ 山地白雨『悲しき国』(自由討究社)。川村湊『妓生』作品社、p117
  692. ^ 柳建寺土左衛門(正木準章)『朝鮮川柳』(川柳建寺社)。川村湊『妓生』p165
  693. ^ 川村湊『妓生』p181
  694. ^ 『妓生』作品社、p12
  695. ^ 『妓生』作品社、p14
  696. ^ 朝鮮朝日 1940年9月11日
  697. ^ のち三一書房、三一新書1978年。文庫版は講談社文庫 1984年
  698. ^ 千田夏光 1978, pp. 102-105
  699. ^ 千田夏光 1978, p. 103
  700. ^ 千田夏光 1978, pp. 104-105
  701. ^ a b 加藤正夫「千田夏光著『従軍慰安婦』の重大な誤り」『現代コリア』1993年2・3月号、p55-6
  702. ^ a b c d e 西岡力「よくわかる慰安婦問題」p77-79
  703. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 97
  704. ^ 秦郁彦 1999, p. 101
  705. ^ 島田俊彦『関東軍』p222、中央公論社、1965年
  706. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 100
  707. ^ 吉見義明、林博史『共同研究 日本軍慰安婦』pp.89-90、大月書店
  708. ^ 千田夏光 1978, p. 17
  709. ^ 千田夏光 1978, pp. 37-40
  710. ^ 千田夏光 1978, p. 37
  711. ^ 天児都は正論1995年12月号に「従軍慰安婦と私」、1997年7・8月号『現代コリア』に「慰安婦問題の問いかけたもの―私自身の問題として―」、『慰安婦と医療の係わりについて』梓書院2010年を発表。
  712. ^ 1978年の三一新書版の「新版にあたって」p11-12
  713. ^ 千田夏光 1978, p. 21
  714. ^ 『諸君!』1992年7月号 [要ページ番号]
  715. ^ 中川八洋『歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本』 徳間書店2002年4月 [要ページ番号]
  716. ^ 吉見義明・川田文子『「従軍慰安婦」をめぐる30のウソと真実』大月書店,1997年,p.26-27.
  717. ^ 1997年1月28日 「日本の戦争責任資料センター」 上杉聰 「『慰安婦』は商行為かという問いに答えつつ」
  718. ^ 秦郁彦 1999, pp. 246-247 第9章
  719. ^ a b c 産経新聞2007年4月13日「慰安婦決議案 報告書に「吉田清治証言」 米下院はこの虚構を根拠に審議」記事
  720. ^ “「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断”. 朝日新聞デジタル. (2014年8月5日). http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html 2014年8月5日閲覧。 
  721. ^ 「慰安婦『身の上話』を徹底検証する」(『諸君!』1996年12月号) [要ページ番号]
  722. ^ 「歴史論争を総括する」『論座』朝日新聞社 1999年9月号 [要ページ番号]
  723. ^ 秦郁彦 1999, p. 177
  724. ^ 秦郁彦 1999, p. 275
  725. ^ 中央日報1993年1月7日
  726. ^ a b 西岡力 2007, p. 103
  727. ^ 統一日報1993年1月8日
  728. ^ 西岡力 2007, pp. 103-104
  729. ^ 『月刊朝鮮』 1992年7月号
  730. ^ 西岡力 2007, p. 104
  731. ^ 『ナショナリズムとジェンダー』青土社,1998,p177.
  732. ^ a b c d e 『日本国民に告ぐ 誇りなき国家は、必ず滅亡する』第二章,ワック出版、2005年(原著1996年、クレスト社) [要ページ番号]
  733. ^ 証明責任参照
  734. ^ 「ハイナンNET」は大学生やフリーターなど、10代から20代の若者が中国海南島戦時性暴力被害裁判の支援を行なっているネットワーク。
  735. ^ 石田米子・内田知行『黄土の村の性暴力』 創土社2004年 [要ページ番号]
  736. ^ a b c 『慰安婦問題とは何だったのか』中公新書,2007,p30
  737. ^ 西岡力 2007, pp. 93-94
  738. ^ 西岡力 2007, p. 96
  739. ^ 西岡力 2007, p. 94
  740. ^ 西岡力 2007, p. 91
  741. ^ a b 西岡力 2007, p. 98
  742. ^ #報酬節参照
  743. ^ 西岡力 2007, pp. 98-99
  744. ^ a b 西岡力「すべては朝日新聞の捏造から始まった」(『WILL』2007年5月号) [要ページ番号]
  745. ^ 日本文化チャンネル桜』2005年6月15日
  746. ^ 西岡力 2007, p. 61
  747. ^ 西岡力 2007, p. 90
  748. ^ a b c 西岡力 2007, pp. 90-92
  749. ^ 西岡力 2007, pp. 100-101
  750. ^ a b c 櫻井よしこ「密約外交の代償」(『文藝春秋』1997年4月号) [要ページ番号]
  751. ^ a b c 産経新聞、1997年3月9日「『強制連行』証拠なく 直前の聞き取り基に」
  752. ^ 刑法第169条
  753. ^ 刑事訴訟法317条。
  754. ^ 『国民の油断』1996年,p200
  755. ^ 西岡力 2007, p. 145
  756. ^ 西岡力 2007, p. 146
  757. ^ 1997年3月31日付の『朝日新聞』
  758. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 273
  759. ^ a b 秦郁彦 1999, pp. 273-274
  760. ^ 秦郁彦 1999, p. 274
  761. ^ 大師堂経慰『慰安婦強制連行はなかった』展転社1999年 [要ページ番号]
  762. ^ a b 慰安婦問題 日韓歩み寄りを妨害する韓国の親北勢力と北朝鮮(2/5ページ)MSN産経ニュース、2012年9月23日
  763. ^ a b 慰安婦問題 日韓歩み寄りを妨害する韓国の親北勢力と北朝鮮(1/5ページ)MSN産経ニュース、2012年9月23日
  764. ^ 慰安婦問題 日韓歩み寄りを妨害する韓国の親北勢力と北朝鮮(3/5ページ)MSN産経ニュース、2012年9月23日
  765. ^ 「日豪安保宣言が中国『慰安婦カード』を無効にする」 浅川晃広(『諸君!』2007年6月号) [要ページ番号]
  766. ^ 民族的快感、沸く韓国 米の慰安婦決議案 ホンダ議員、英雄扱い」(『Sankeiweb』 2007/03/14 03:24)は日本に対する道徳的優位を誇示するために韓国は慰安婦問題を日本の国家的強制によるものとすることに力を注いできていると指摘している。
  767. ^ a b c Chunghee Sarah Soh:The Comfort Woman (University of Chicago Press, 2009)。[53]JEFF KINGSTON, Continuing controversy of 'comfort women', May 10, 2009.(同書ジャパンタイムズ書評)
  768. ^ shibboleth
  769. ^ 日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会(編)『歴史教科書への疑問』展転社1997年12月23日、p314
  770. ^ Allen & Unwin.邦訳『性の奴隷 従軍慰安婦』三一書房 1995
  771. ^ 秦郁彦 1999, p. 268
  772. ^ 日本語訳p287-288
  773. ^ a b 秦郁彦 1999, pp. 266-267
  774. ^ 秦郁彦 1999, pp. 268-270
  775. ^ 前掲
  776. ^ a b c d 秦郁彦 1999, p. 267
  777. ^ 金子兜太「私の履歴書」日本経済新聞1996年7月12日。
  778. ^ a b 「クマラスワミ報告」解説 【荒井信一】
  779. ^ 『戦時・性暴力をどう裁くか―国連マクドゥーガル報告全訳〈増補新装2000年版〉』P8,凱風社、2000年
  780. ^ 「Fight for Justice 日本軍「慰安婦」―忘却への抵抗・未来の責任」4-2 国連マクドゥーガル報告
  781. ^ 日弁連主催のゲイ・マクドゥーガル講演会(1999年6月2日 東京都千代田弁護士会館)
  782. ^ 正論』 2013年8月号、p.59
  783. ^ 産経新聞朝刊 国際面 2006年3月18日
  784. ^ a b [54]GMA News,SC dumps demand of WWII Filipino comfort women,May4,2010.
  785. ^ [55]従軍慰安婦及び原爆被害者に関する違憲決定
  786. ^ “河野談話、韓国と文言調整=「元慰安婦」の裏付け調査せず―政府が検証報告書”. 時事通信社. (2014年6月21日). http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303350404579636981733927794 
  787. ^ “米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに”. 産経新聞. (2014年11月27日). http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html 
  788. ^ “全世界に従軍慰安婦の実像を暴露したチョン・ソウン氏死去”. 中央日報. (2004年2月26日). http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=49024 
  789. ^ “慰安婦問題 韓国も自らの足元を見つめよ”. 読売新聞. (2014年10月18日) 
  790. ^ “「日本軍慰安婦」出身のキム・スンドック氏が死亡”. 中央日報. (2004年7月1日). http://japanese.joins.com/article/325/53325.html?sectcode=&servcode= 



慰安婦

出典:『Wiktionary』 (2012/03/01 08:37 UTC 版)

名詞

いあんふ 歴史的仮名遣い:ゐあんふ)

  1. 戦前日本軍において、軍隊内で、軍人性行為相手務め女性呼称

発音

い↗あ↘んふ

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「慰安婦」の関連用語

慰安婦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

YZ250

桑摘爪

絶縁台

地方自治法施行60周年記念 熊本県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

BMW Z4 クーペ

眼窩

貝の口組

宇治平等院表参道茶のかおり





慰安婦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慰安婦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの慰安婦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS