栃木県 政治

栃木県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:25 UTC 版)

政治

県政

歴代公選知事

  • 小平重吉(2期、1947年4月12日 - 1955年2月4日)
  • 小川喜一(1期、1955年2月5日 - 1959年2月4日)
  • 横川信夫(4期、1959年2月5日 - 1974年12月7日)
  • 船田譲(3期、1974年12月8日 - 1984年12月7日)
  • 渡辺文雄(4期、1984年12月9日 - 2000年12月8日)
  • 福田昭夫(1期、2000年12月9日 - 2004年12月8日)
  • 福田富一(5期、2004年12月9日 - 現職)

財政

平成19年度
  • 財政力指数 0.63
    • Iグループ(財政力指数0.5以上)17自治体中7位
平成18年度
  • 財政力指数 0.58
    • Iグループ(財政力指数0.5以上)16自治体中8位
平成17年度
  • 財政力指数 0.53
    • Iグループ(財政力指数0.5以上)10自治体中9位
平成16年度
  • 財政力指数 0.49
    • IIグループ(財政力指数0.4以上、0.5未満)10自治体中1位

国政

衆議院小選挙区が5。参議院では、全県で1区を構成。

経済・産業

2008年(平成20年)度の県民総生産は7兆9901億円である[29]。国のGDPと比較しても、過半数の国よりも大きな規模を有している。主要産業は、宇都宮市のほか上三川町小山市大田原市真岡市栃木市足利市鹿沼市矢板市などに代表される内陸型近代工業で、これらは北関東工業地域の一部を形成している。

農業も盛んであり、県北から流出する河川の豊かな水を利用した産業地帯で、米作が盛んなほか飲料工業も発達している。那須塩原市や大田原市、宇都宮市は国内有数の米産地となっているほか、那須塩原市では酪農も盛んであり、国内生乳生産量は北海道に次いで高い。ほか、真岡市や鹿沼市などを中心にいちごの栽培が盛んであり、壬生町や鹿沼市のかんぴょうとともに県の特産品となっている。

商業は宇都宮市で盛んで、栃木県内年間商品販売額の約半分が宇都宮市で占められており、栃木県内第一の商業都市となっている。観光産業も盛んで、日光市や那須塩原市、足利市の歴史・自然遺産(日光の社寺足尾銅山跡、足利学校跡、中禅寺湖華厳滝鬼怒川温泉那須岳那須高原塩原温泉など)、宇都宮市の餃子カクテルジャズ茂木町ツインリンクもてぎ、栃木市の蔵の街なども観光資源となっている。

県庁所在地の宇都宮市は全国屈指の米産地であるほか、栃木県の年間製品販売額の約半分を占め、工業生産額も栃木県内市町村最大となっており、栃木県内最大の農商工業都市となっている。

第一次産業

農林業

なお、かんぴょうは栃木県が99%を生産し、残りは茨城県が生産している。

水産業

農業産出額

2008年発表統計データによる
栃木県内上位20市町の農業産出額(出典
1 那須塩原市 277億円
2 大田原市 268億円
3 宇都宮市 208億円
4 那須町 144億円
5 小山市 142億円
6 鹿沼市 132億円
7 日光市 130億円
8 那須烏山市 116億円
9 さくら市 116億円
10 二宮町 113億円
11 真岡市 112億円
12 芳賀町 86億円
13 下野市 86億円
14 高根沢町 71億円
15 佐野市 68億円
16 栃木市 62億円
17 足利市 60億円
18 上三川町 57億円
19 壬生町 56億円
20 市貝町 56億円

第二次産業

工業

鉱業

製造品出荷額等

2010年発表統計データによる栃木県内上位20市町の
2008年度の製造品出荷額(出典)、主な進出企業
1 宇都宮市 1兆6949億円 松下電器産業(現:パナソニック)、キヤノン富士重工業住友ベークライト中外製薬
久光製薬日本たばこ産業デュポンカルソニック・ハリソンマニー株式会社
2 上三川町 9295億円 日産自動車
3 小山市 7796億円 コマツ富士通
4 大田原市 7599億円 東芝富士通ニコン
5 真岡市 6657億円 本田技研工業神戸製鋼所パナソニック電工住宅設備
6 大平町 4190億円 日立アプライアンスいすゞ
7 足利市 4180億円 タツミ
8 鹿沼市 4126億円 関西ペイント東芝ライテック、JSP、ナカニシ
9 矢板市 4061億円 シャープ
10 那須塩原市 3879億円 ブリヂストン
11 佐野市 3857億円
12 日光市 3502億円 古河電工日本香堂グラクソ・スミスクライン
13 栃木市 2583億円
14 下野市 2079億円
15 さくら市 2001億円
16 芳賀町 1833億円 本田技術研究所
17 野木町 1134億円
18 壬生町 996億円
19 市貝町 847億円
20 高根沢町 687億円

第三次産業

商業

観光

商業年間商品販売額

2010年発表統計データによる
栃木県内の上位20市町の2006年度の商業年間商品販売額出典
1 宇都宮市 2兆8359億円
2 小山市 5296億円
3 足利市 3452億円
4 佐野市 2836億円
5 那須塩原市 2093億円
6 鹿沼市 2042億円
7 栃木市 1817億円
8 真岡市 1360億円
9 大田原市 1293億円
10 日光市 1206億円
11 下野市 814億円
12 壬生町 676億円
13 上三川町 671億円
14 さくら市 638億円
15 矢板市 487億円
16 大平町 451億円
17 芳賀町 436億円
18 高根沢町 313億円
19 岩舟町 304億円
20 那須町 288億円

主な大型商業施設

栃木県の企業

栃木県に本社のある主な企業

栃木県に進出した主な企業

生活・交通

警察

交通

各種交通機関が集中通過する矢板市郊外の塩那丘陵
東北自動車道東北新幹線宇都宮線東北本線)、国道4号が狭い範囲に集中する
五十里湖(海尻付近)空撮画像
中央部は湯西川に掛かる野岩鉄道会津鬼怒川線鉄橋と国道121号

栃木県のほぼ中心を南北に東京東北地方を結ぶJR東北新幹線、JR宇都宮線東北本線)、東北自動車道国道4号が南北に走る。 また宇都宮を中心にして放射線状に栃木県内各地へと路線が伸びている。宇都宮を基準にして各方向への主要路線は次の通り。

このほかに東西を結ぶ路線は、県南部では茨城県群馬県両県間を結ぶ北関東自動車道やJR両毛線、JR水戸線国道50号など。県北部では、国道400号などがある。南北方向には、県東部では国道294号など。県西部には東京から直通する鉄道路線の東武日光線東武鬼怒川線野岩鉄道会津鬼怒川線が走る。

栃木県内に空港は存在しない。最寄りの空港は成田国際空港(千葉県成田市)・東京国際空港(東京都)など。

高速国道

一般国道

主要県道・一般県道

鉄道路線

栃木県内の鉄道路線の総運行距離(重複除く)は418.5 kmで、117駅ある[31]。2019年度の1日あたりの平均輸送人員は17.6万人で、最盛期(1995年)から2割減少している[31]。〔〕は、路線ごとの栃木県内区間の運行距離、駅数、平均輸送人員(2019年度)[31]

もともとJRのない沖縄県を除く46都道府県で唯一、栃木県内のJRの路線で在来線の特急(臨時およびミニ新幹線のうち在来線区間[注釈 6]を含む)が走らない県となる。[注釈 8][注釈 9]


主な路線バス

栃木県内の民間路線バス(民間委託のコミュニティバスを含む)の総走行キロは2,635.3万 km、2019年度の1日あたりの平均輸送人員は51,408人で、最盛期(1969年)から87%減少している[31]。〔〕は、事業者ごとの栃木県内区間の走行キロ、平均輸送人員(2019年度)[31]

医療・福祉

災害拠点病院
保育所

教育

大学短期大学
高等専門学校
専修学校
特別支援学校
高等学校
中学校
小学校
幼稚園

マスメディア

新聞

テレビ局

放送対象地域は関東広域圏に属する。栃木県域放送とちぎテレビNHK宇都宮放送局のほかに、NHK放送センター教育テレビ)と在京キー局5局(日本テレビテレビ朝日TBSテレビ東京フジテレビ)が栃木県内全域が放送区域になっている。県中部以南の関東平野では放送対象地域外のNHK東京総合テレビ(JOAK-DTV)が受信エリアのめやすとなっている[32]。また、とちぎテレビのみならずNHK・キー局ともに栃木県内各地に中継局を置いている。

ラジオ局

※関東広域放送を行っているJRN系列のTBSラジオ、NRN系列の文化放送ニッポン放送も放送対象地域になっている。

※本県はradikoの基本サービスで聴取できる局数が全国の都道府県で一番多い18局ある。

1994年(平成6年)、栃木市の栃木コミュニティ放送に免許が交付されたことがあるが(JOZZ3AA-FM:FM蔵の街)、経済的な問題もあり免許を取り下げたため、コミュニティ放送局は2015年10月までない[要文献特定詳細情報]状態が20年近く続き、新規の開局の機運はなく、全国で唯一コミュニティ放送の無い都道府県「空白県」であったが、2015年(平成27年)1月27日栃木ケーブルテレビ(運営・ケーブルテレビ株式会社)が運営するとちぎシティエフエム(JOZZ3CB-FM)に予備免許[33]が交付され、栃木県にもコミュニティ放送が開局の見通しとなった。


注釈

  1. ^ 関東地方各地の雷日数と夏季の雷日数は、東京約11日のうち夏季約9日、横浜約12日のうち夏季約8日、群馬県前橋年間19.0日のうち夏季約18日、埼玉県熊谷年間19.3日のうち夏季約17日、茨城県水戸年間16.0日のうち夏季約13日となっており、いずれの地点でも夏季の雷日数が多くなっている。
  2. ^ 下野国は、正確には560,020人から342,260人。
  3. ^ 同じく、総人口は24,534,195人から27,063,910人。
  4. ^ 陸奥国は、1,962,839人から1,690,509人。
  5. ^ 同様に、隣の常陸国も人口減少が著しく、江戸後期においては、北関東が特に疲弊した地域であったことがわかる。
  6. ^ 秋田、山形新幹線は、当県内は全線が新幹線区間のため、これらに含まれない。
  7. ^ 2020年10月以降は臨時特急「まほろば」が走る予定がないため、事実上唯一ではない。
  8. ^ 定期の在来線(ミニ新幹線除く)の特急に限れば、岩手県奈良県[注釈 7]広島県もこれらに該当。
  9. ^ ただし、JRの直通の特急は栃木県内では東武鉄道の路線として走っている。

出典

  1. ^ 阪部教宜 編、『橡木縣地誌略』、1877年、栃木町、集英堂 [1]
  2. ^ 土屋栄五郎 編、『府縣管轄便覽』、1872年、土屋栄五郎 [2]
  3. ^ 杤木縣、『杤木縣一覽概表』、1874年、栃木町、杤木縣 [3]
  4. ^ 杤木縣、『杤木縣治一覽表』、1876年、栃木町、杤木縣 [4]
  5. ^ 栃木県、『栃木縣治提要』、1881年、宇都宮町 [5]
  6. ^ 栃木縣會、『明治廿五年度 通常縣會日誌』、1892年、宇都宮町 [6]
  7. ^ 舟橋一也 編、『両毛文庫 栃木通巻 栃木縣誌』、目次、1904年、両毛文庫本部 [7]
  8. ^ a b 埼玉、栃木、群馬の三県境が観光地化している? デイリーポータルZ 2016年3月16日、2021年12月4日閲覧
  9. ^ 戦場ヶ原の気象
  10. ^ 橋本澄朗「栃木のあけぼの」 阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 11-12ページ
  11. ^ 季刊・東北学2008年第15号『高原山黒曜石原産地遺跡の発掘』P27-45より、国武貞克著
  12. ^ 高原山黒曜石原産地遺跡群詳細(矢板市ホームページより)
  13. ^ 2007年04月14日Asahi.comニュース
  14. ^ 2008年2月23日産経ニュース
  15. ^ 2009年2月27日産経ニュース
  16. ^ 2009年2月とちぎテレビニュース
  17. ^ とちぎテレビ動画ニュース
  18. ^ 橋本澄朗「栃木のあけぼの」阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 14ページ
  19. ^ a b 武光誠 『県民性の日本地図』文藝春秋〈文春新書〉、2001年、78頁。ISBN 4-16-660166-0 
  20. ^ 森浩一著『古墳の発掘』中公新書(65)(中央公論社 1965年(昭和40年)4月発行) 35ページの「私はこれまで天皇陵をも含めて多くの古墳を見てきたが、そのなかでいちばん美しい古墳を一つえらべといわれたら即座に下侍塚と答えよう。」を指しているのか。
  21. ^ 橋本澄朗「古代の下野」阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 6-57ページ
  22. ^ 平家物語による。
  23. ^ 社伝による。
  24. ^ 鎌倉府政庁の公式記録である吾妻鏡による。
  25. ^ 塙静夫著「とちぎの社寺散歩」(下野新聞社発行)ISBN 4-88286-210-7
  26. ^ 武光誠 『県民性の日本地図』文藝春秋〈文春新書〉、2001年、79-80頁。ISBN 4-16-660166-0 
  27. ^ 以下の各人口推計は、「日本歴史大事典 4」(小学館 2001年)による。
  28. ^ 藤原哲也(2015年6月16日). “「県民の日」で催し 県庁などにぎわう”. 東京新聞 (中日新聞社)
  29. ^ 栃木県の県民経済計算
  30. ^ 最新版日本の地理5『関東地方』15頁
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v とちぎの公共交通(令和2(2020)年度版)”. 栃木県生活交通対策協議会 (2021年6月). 2022年3月25日閲覧。
  32. ^ 地上デジタルテレビ放送のエリア(関東広域圏東京親局) (PDF) 総務省 2020年7月15日閲覧。
  33. ^ 栃木県栃木市のコミュニティ放送局に予備免許(総務省関東総合通信局2015年1月28日確認)
  34. ^ イチゴ新品種、甘く大粒 開発7年、王国の主力候補 栃木県”. 下野新聞 (2018年11月15日). 2021年1月2日閲覧。
  35. ^ イチゴ新品種は「とちあいか」 栃木県が開発、名称決定”. 下野新聞 (2020年7月29日). 2021年1月2日閲覧。
  36. ^ とちぎのシンボル(栃木県庁)
  37. ^ a b c 沖縄県名誉県民条例 - 沖縄県、2019年7月28日閲覧。
  38. ^ 人物「明治時代以降」島岡達三 - 栃木県、2019年7月28日閲覧。
  39. ^ 人物「明治時代以降」船村徹 - 栃木県、2019年7月28日閲覧。
  40. ^ 人物「明治時代以降」渡辺貞夫 - 栃木県、2019年7月28日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

栃木県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
栃木県の温泉情報



栃木県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの栃木県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS