4月1日 記念日・年中行事

4月1日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 02:18 UTC 版)

記念日・年中行事

エイプリルフール。画像はスウェーデンでのいたずら

フィクションのできごと

誕生日(フィクション)

4月1日生まれと「早生まれ」

日本においては、学齢期が満6歳に達した日の翌日以後における最初の「学年の初め」から始まる[46]。ここでいう「学年の初め」とは4月1日である[47]

年齢計算上、年齢計算ニ関スル法律により誕生日前日の午後12時に加齢することになっていることから、6年前の4月1日に生まれた子どもは法律上、6歳の誕生日前日の3月31日午後12時をもって6歳となる。したがって、満6歳に達した日(3月31日)の翌日(4月1日)以後の「学年の初め」は、その年の4月1日ということになり、前年生まれの者と同じ学年に組み入れられる早生まれには、4月1日生まれの者も含まれることになる。つまり「1学年」は4月2日生まれから翌年4月1日生まれの者で構成されることになる(詳しくは、学齢#早生まれ年齢計算ニ関スル法律#本法の適用満年齢を参照のこと)。このため、この日に生まれた人は必ず学年の中では最年少になる。


注釈

  1. ^ 開局時は「テレビ岡山」の愛称を使用していた。

出典

  1. ^ 相撲協会、八百長関与23人「追放」 北の湖親方ら降格 日本経済新聞 (2011年4月1日) 2021年2月14日閲覧。
  2. ^ 消費税8%に 17年ぶり税率上げ、国民負担年間8兆円増 日本経済新聞 (2014年4月1日) 2021年2月14日閲覧。
  3. ^ 渋谷区同性カップル条例が成立 全国初、4月1日施行」朝日新聞、2015年3月31日。
  4. ^ 大阪市:平成30年4月1日に、大阪市交通局は民営化しました。 (…>交通>お知らせ) 大阪市 (2018年9月3日) 2020年11月2日閲覧。
  5. ^ 日本の新元号「令和」に決定…国民、新時代に期待感”. 中央日報 (2019年4月1日). 2019年4月1日閲覧。
  6. ^ 新社名「大樹生命」をPR 佐藤支社長ら、津駅前で 三重 伊勢新聞 (2019年4月2日) 2020年11月2日閲覧。
  7. ^ 禁煙法施行、なお世界と差 コロナ拡大で危機感 日本経済新聞 夕刊 (2020年4月3日) 2020年11月2日閲覧。
  8. ^ John Wilmot, 2nd earl of Rochester English poet Encyclopædia Britannica
  9. ^ 元中日選手 会田豊彦さん死去、74歳”. Sponichi Annex (2012年3月23日). 2020年10月30日閲覧。
  10. ^ 杉浦文夫氏死去/元浜松市立高校長”. BUSINESS LIVE (2016年10月26日). 2020年11月25日閲覧。
  11. ^ 塚本やよい(『ちゃお』公式サイト内のページ)より(2021年1月11日閲覧)
  12. ^ 立花十四朗/たちばなじゅうしろう”. アトリエピーチ. 2021年1月13日閲覧。
  13. ^ 剛しいらを応援して下さる皆様へ”. 剛しいら組 (2018年4月4日). 2020年11月17日閲覧。
  14. ^ “山西義政さん死去、97歳 地場流通大手イズミの創業者”. 中国新聞社. (2020年4月3日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=629672&comment_sub_id=0&category_id=256 2020年11月1日閲覧。 
  15. ^ 母の友編集部(編)『ぼくらのなまえはぐりとぐら-絵本「ぐりとぐら」のすべて。』福音館書店、2001年、83頁。ISBN 4-8340-1777-X。大本の出典は『こどものとも』373号(1987年4月号)折込付録「絵本のたのしみ」。
  16. ^ ゆでたまご「運命の子供たち!!の巻」『キン肉マン 第24巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1986年2月15日、ISBN 978-4-08-851804-6、18頁。
  17. ^ #津上翔一生誕祭2019
  18. ^ 『ドリームクラブZERO ビジュアルファンブック』ソフトバンククリエイティブ〈ゲーマガbooks〉、2011年、92頁。ISBN 978-4-7973-6114-8
  19. ^ 高橋陽一『キャプテン翼 3109日全記録』集英社、2003年、56頁。ISBN 4-08-782789-5
  20. ^ 堂本裕貴『りぶねす』10巻、講談社講談社コミックス〉、2018年、193頁。ISBN 978-4-06-511272-4
  21. ^ ウソップ”. ONE PIECE.com. 2021年2月4日閲覧。
  22. ^ 高橋和希『遊☆戯☆王キャラクターズガイドブック 千年の書』集英社〈Vジャンプブックス〉、2015年、147頁。ISBN 978-4-08-779722-0
  23. ^ エッジ (山田栄二)”. KAKUGE.COM. 2020年4月25日閲覧。
  24. ^ アイカツ!キャラクター”. 2014年10月7日閲覧。
  25. ^ サンライズ(企画・原作)、バンダイ(原案)、サンライズ、バンダイ(監修)『アイカツ! アイドル名鑑』小学館、2014年、44頁。ISBN 978-4-09-280501-9
  26. ^ 『カードキャプターさくら(1)』第1巻、講談社〈KCデラックス〉、1996年、43頁。ISBN 978-4-06-319743-3
  27. ^ ゲーム内のプロフィールより。
  28. ^ 満田拓也『Major―Dramatic baseball comic』第24巻、小学館〈少年サンデーコミックス〉、1999年、125頁。ISBN 978-4-09-125504-4
  29. ^ キャラクター紹介”. サイボーグ009公式サイト 009ing. 2016年1月14日閲覧。
  30. ^ 井上雄彦『SLAM DUNK』第23巻、集英社ジャンプ・コミックス〉、1995年、47頁。ISBN 4-08-871843-7
  31. ^ 矢吹健太朗長谷見沙貴『To LOVEる -とらぶる-&To LOVEる -とらぶる- ダークネス公式データブック「ぱ〜ふぇくとらぶる! 」』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2011年、90頁。ISBN 978-4-08-874852-8
  32. ^ 矢吹健太朗、長谷見沙貴『To LOVEる-とらぶる-ダークネス 楽園計画ガイドブック「とらぶまにあ」』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年、123頁。ISBN 978-4-08-880260-2
  33. ^ 告白予行練習シリーズ”. 角川ビーンズ文庫. 2020年4月24日閲覧。
  34. ^ 告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜”. HoneyWorks. 2020年4月25日閲覧。
  35. ^ 『ファイアーエムブレム if ファイナルパーフェクトガイド』KADOKAWA、2015年、342頁。ISBN 978-4-04-869406-3
  36. ^ 都築兄弟 - キャラクター”. TVアニメ『スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH』公式サイト. 2020年1月19日閲覧。
  37. ^ 萩生響(はぎゅう ひびき)”. TVアニメ「あんハピ♪」公式サイト. 2016年5月1日閲覧。
  38. ^ CHARACTER”. TVアニメ「つり球」. 2020年1月26日閲覧。
  39. ^ CHARACTER”. 音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト. 2019年12月30日閲覧。
  40. ^ 久保帯人『BLEACH OFFICIAL CHARACTER BOOK SOULs.』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2006年、119頁。ISBN 4-08-874079-3
  41. ^ a b 『マブラヴ オルタネイティヴ メモリアルアートブック』アスキー・メディアワークス、2012年、44頁。ISBN 978-4-04-891212-9
  42. ^ 俺、ツインテールになります。”. キャラ誕. 2020年4月25日閲覧。
  43. ^ キャラクター”. 劇場版「ハイスクール・フリート」公式サイト. 2020年4月25日閲覧。
  44. ^ a b “【キャラ誕生日まとめ】3月27日〜4月3日生まれのキャラは?「エヴァ」綾波レイから「Re:ゼロ」スバルまで”. アニメ!アニメ! (イード). (2020年3月27日). https://animeanime.jp/article/2020/03/27/52507.html 2021年1月21日閲覧。 
  45. ^ 『ゴールデンカムイ公式ファンブック 探究者たちの記録』集英社、2020年、70頁。ISBN 978-4-08-891732-0
  46. ^ 学校教育法第17条第1項。
  47. ^ 学校教育法施行規則第59条。


「4月1日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「4月1日」の関連用語

4月1日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



4月1日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの4月1日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS