地震 地震の概要

地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 17:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という[2]
  2. 大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる[2]。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった[3]

地震を専門とした学問地震学という。地震学は地球物理学の一分野である。

概要

兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)によって発生した野島断層。地震の震源となった断層のずれが波及して「地表地震断層」として現れたものである。激しい揺れを起こした断層本体(震源断層、起震断層)とは別のものであり、また地下に存在する断層のほとんどは、地表から観察できないので、防災上注意しなければならない。
地震計で観測された地震動のグラフ。

地下の岩盤には様々な要因により(ひずみ)がかかっており、急激な変形によってこれを解消する現象が地震である。地球の内部で起こる地質現象(地質活動)の一種。地震に対して、地殻が非常にゆっくりとずれ動く現象を地殻変動と呼ぶ。

地震によって変形した岩石の断面を断層といい、地下数 kmから数十 kmの深さにあって地表までは達しないことが多いが、大きな地震の時にはその末端が地表にも現れて地表地震断層となる場合がある。一度断層となった面は強度が低下するため繰り返し地震を引き起こすと考えられている。特にカリフォルニアにあるサンアンドレアス断層は1,000 km以上に及ぶ長大なもので繰り返し地震を起こしており、日本の地震学者に地震と断層の結びつきを知らせたことで有名で、日本では兵庫県南部地震野島断層濃尾地震根尾谷断層北伊豆地震丹那断層などが有名である。

地震によって生じる振動は高速の地震波となって地中を伝わり、人間が生活している地表でも地震動として感じられる。

地震波はの一種であり、地中を伝わる波(実体波)と地表を伝わる波(表面波)に大別される。実体波はさらに、速度が速いP波(たて波、疎密波)と、速度が遅いS波(横波、ねじれ波)に分けられる[注 1]

地震のはじめに感じられることが多い細かい震動(初期微動)はP波、地震の激しい震動(主要動)は主にS波による。P波とS波は伝わる速度が違うので、P波とS波の到達時間の差である初期微動の時間[注 2]震央と観測地点との間の距離に比例する。初期微動が長いほど震源は遠い。初期微動が長くかつ主要動が大きい場合は、震源が遠いにも関わらず振幅が大きいので、大地震の可能性が考えられる。また、P波はS波よりも速いので、P波を検知したときに警報を出せば被害が軽減できることから、緊急地震速報や緊急停止システム[注 3]で応用されている。

地下で断層が動いた時、最初に動いた地点を震源と呼び、地上における震源の真上の地点を震央と呼ぶ。テレビや新聞などで一般的に使用される震源は震央の位置を示している。震源が動いた後もまわりに面状にずれが生じ、震源域と呼ばれるずれた部分全体が地震波を発する。

地震波の速度はほぼ一定であり上記のように異種の波がある性質を利用して[注 4]地震計で地震波を観測することにより、1地点以上の観測で観測地点から震央までの距離[注 5]、2地点以上の観測で震央の位置、3地点以上の観測で震源の深さを求めることができる。この算出式は大森房吉が1899年に発表したので、「(震源の)大森公式」と呼ばれている。このほかに地震を含めた地下の諸現象の解明や、核実験の監視などに有用であることから世界的に地震観測網が整備されている。日本は地震災害が多いことから地震計や震度計が数千か所の規模で高密度に設置され、気象庁による迅速な地震情報発表や緊急地震速報などに活用されている。

なお、一つの地震の地震波にはいろいろな周期周波数)の成分が含まれており、その違いによって被害が異なるほか、近隣の地域でも表層地盤の構造や建物の大きさ・形状によって揺れ方が大きく異なることが知られている(詳細は後述参照)。

また地震は、震源の深さによって、浅発地震、稍(やや)深発地震、深発地震の3つに分類される。前者の境界は60 kmまたは70 kmとされる場合が多く、後者の境界は200 kmまたは300 kmとされる場合が多いが、統一した定義はない。震源が深い地震は同じ規模の浅い地震に比べて地表での揺れは小さい。ただし、地下構造の影響により震央から離れた地点で大きく揺れる異常震域が現れることがある。

このほかに地震を特徴付けるものとして、発震機構とよばれる断層の動き方(後述)や地震の大きさなどがある。

地震の大きさ

地震の大きさを表現する指標は主に2系統あり、それぞれいくつかの種類がある。Mは指数関数、震度は非線形関数であり、数字の大きさと実際の物理量は比例関係ではない[注 6](詳細は後述参照)。

  • マグニチュード (M) [注 7]は地震の規模すなわち断層の大きさ、あるいは地震の際に放出されるエネルギーの量を表す指標である。
  • 震度階級(震度)は地表の各地点での揺れの大きさを表す指標である。単に「ある地震の震度」という場合には、その地震における全観測地点の最大震度をいう。

地震活動

比較的大きな地震は、地震活動に時間的・空間的なまとまりがあり、その中で最も規模が大きな地震を本震と呼ぶ。ただし、本震の区別が容易でない地震もあり、断層のずれの程度や前後に起こる地震の経過、断層の過去の活動などを考慮して判断される。本震に対して、その前に起こるものを前震、その後に起こるものを余震という。

被害をもたらすような大地震ではほぼ例外なく余震が発生し、余震により被害が拡大する例も多い。大きな地震であるほど、本震の後に起こる余震の回数・規模が大きくなるが、「(余震の)改良大森公式」に従って次第に減少する。この公式から余震の発生確率を予測したり、活動度の低下から大きな余震の発生を予測する研究も行われている。余震の発生する範囲は震源域とほぼ重なる。なお、大地震の地殻変動の影響で震源域の外で地震活動が活発になる場合があり、これを誘発地震という[4]

本震と呼べるようなひとまわり規模の大きな地震がなく、同規模の地震が多発するものを群発地震という。また1990年代以降普及した呼称だが、同じ断層で数十年から数万年以上の間隔で繰り返し発生するものを固有地震(相似地震)といい、大地震と呼ばれるような複数の固有地震が同時または短い間隔で発生(主に隣接するセグメントを破壊)するものを連動型地震という。

また、地震のメカニズム解明の過程でプレートテクトニクス(動き)との対応関係から地震は4種類に大別されており、それぞれ発生地域、揺れの大きさや被害の傾向が異なる(詳細は後述参照)。

地震による災害

大きな地震はしばしば建造物を破壊して家財を散乱させ、火災土砂災害などを引き起こし、人的被害をもたらす、典型的な自然災害の1つである。地震予知の研究も行われているが、天気予報のような科学的な予報・予知が確立されておらず、前触れもなく突然やってくる。そのため、建造物や地盤の強度を調べて補強する、震災時の生活物資を備蓄する、避難計画を立てるなど、災害に備える「防災」や災害を軽減する「減災」の考え方から対策をとり、「いつ来てもいいように」備えるのが一般的である。

また、海域で発生する大規模な地震は津波を発生させ、震源から遠く揺れを感じなかったところにも災害をもたらすことがある。そのため、学術的な研究などの目的に加えて、津波の発生を速報する目的で、各国の行政機関や大学等によって地震の発生状況が日々監視されている。1960年チリ地震以降、初めて太平洋全域の津波警報システムが整備され、2004年のスマトラ島沖地震以降はその態勢も大きく強化され、インド洋でも整備されている。

メカニズム

地震の発生途中における断層面と地震のメカニズムの模式図。
2: 震央
3: 断層面の走向
4: 断層面の傾斜
5: 震源
6: 断層面のある平面
7: 破壊されている断層面
10: すでに破壊された断層面
8 + 11: 断層面 または 震源域(断層の最大破壊域)
3種類の断層。A:逆断層、B:正断層、C:横ずれ断層。
地震のメカニズム解(発震機構解)の図。地震計の観測結果を基に図に表し、断層の位置や動いた方向を解析する。

地球の表層はプレートと呼ばれる硬い板のような岩盤でできており、そのプレートは移動し、プレート同士で押し合いを続けている。そのため、プレート内部やプレート間の境界部には、が加わり歪みが蓄積している。これら岩盤内では、岩盤の密度が低くもろい、温度粘性)が高い、大きな摩擦力が掛かっているなどの理由で歪みが溜まりやすい部分がある。ここで応力(ストレス)が局所的に高まり、岩体(岩盤)の剪断破壊強度を超えて、断層が生じあるいは既存の断層が動くことが地震であると考えられている。

断層はいわば過去の地震で生じた古傷であり、地殻に対する応力が集中しやすいことから、断層では繰り返し同じような周期(再来間隔)で地震が発生する。断層の大きさは数百 mから数千 kmまであり、またその断層の再来間隔も数年から数十万年とさまざまである。断層の中でも、数億年から数百万年前まで動いていて現在は動いていないような断層があり、そのようなものは古断層といって地震を起こさない。一方、現在も動いている断層を活断層という[注 8]。日本だけでも約2,000の活断層がある[5]。ただし、活動の有無を判別するのが難しい断層や大規模探査を行わなければ発見できない断層もあって、古断層といわれていた断層や知られていなかった断層が動いて地震を起こした例もあるため、防災上注意しなければならない[注 9]

岩盤内で蓄積される応力は、押し合う力だけではなく、引っ張り合う力や、すれ違う力など様々な向きのものが存在し、それによって断層のずれる方向が変わる。押し合う応力は断層面の上側が盛り上がる逆断層、引っ張り合う応力は断層面の下側が盛り上がる正断層、すれ違う応力はほぼ垂直な断層面の両側が互い違いに動く横ずれ断層を形成する。多くの断層は、正断層型・逆断層型のずれ方と、横ずれ断層型のずれ方のどちらかがメインとなり、もう一方のずれ方も多少合わさった形となる。

よくテレビ番組でプレート境界が瞬間的にずれて跳ね上がり、その動き自体が地震の揺れ(地震動、地震波)と同一であるかのような説明があるが、短周期の揺れは、ずれるときの摩擦の振動であり、断層型地震等の最終的な揺れの主因は、地上での岩石の破壊実験で生じる振動からも、摩擦面で起きる破壊とされている。震源域が広くずれが生じている時間が長ければ、それだけ長く揺れ続ける。津波は、海底のずれの動きそのものが海水に伝わって起きる。

地震の始まりは、岩盤内部の一点から破壊が始まり、急激に岩盤がずれて歪みを解放し始めることである。破壊が始まった一点が震源であり、破壊されてずれた部分が断層となる。このずれた部分は、地震波を解析する段階では便宜的に平面(断層面または破壊面と呼ぶ)と仮定し、断層面の向き(走向)や断層面の鉛直方向に対する角度(傾斜)、震源の位置、地震の規模などを推定する。震源断層が曲がったり複数あったりする場合は、後の解析や余震の解析により推定される。

震源で始まった岩盤の破壊範囲は、多くの場合秒速2 - 3kmで拡大し、破壊された岩盤は、速いときで秒速数 mでずれを拡大させていく[要出典][6]

以下は実際の例である。

  • 1923年の関東地震では、神奈川県小田原直下付近から破壊が始まり、破壊は放射状に伝播して40 - 50秒で房総半島の端にまで至り、長さ130 km、幅70 kmの断層面を形成し、小田原市 - 秦野市の地下と三浦半島の地下で特に大きなずれを生じ、約8秒で7 - 8 mずれた[7]
  • 1995年の兵庫県南部地震では、明石海峡の地下17 kmで始まった破壊は、北東の神戸市の地下から、南西の淡路島中部にまで拡大し、約13秒で長さ40 km幅10 kmの断層面を形成した。

このようにして破壊が終結すると、一つの地震が終わることになる。この断層面の広さとずれの大きさは、地震の規模と関連している。多くの場合、断層面が広く、ずれが大きくなれば大地震となり、逆に小さな地震では破壊は小規模である。こうして一つの地震が終結しても、大地震の場合は断層面にはまだ破壊されずに残っていて、歪みをため込んでいる部分がある。それらの岩盤も、余震によって次第に破壊が進む。本震の前に発生することがある前震は、本震を誘発するものだという説、本震に先駆けて起こる小規模な破壊だという説などがあるが、はっきりと解明されていない。

本震の後に余震が多数発生する「本震 - 余震型」や、それに加えて前震も発生する「前震 - 本震 - 余震型」の場合は、応力が一気に増加することで発生すると考えられている。一方で群発地震の場合は、応力が比較的緩やかなスピードで増加することで地震が多数発生すると考えられている[8]

地震発生のきっかけ

地震発生までのメカニズムは徐々に明らかになっているが、地盤や岩盤に溜まった応力の解放を促している引き金が何であるかはほとんどが謎のままになっていて、はっきりとした特定はなされておらず、様々な説が展開されている。この引き金に関しては、相関性の比較により統計学的に相関を見出すことは可能であるが、それが因果関係であるかを同定するのは地震学的な研究に頼るもので、分野が少し異なる。

水分の流入
兵庫県南部地震フィリピン海プレートから生じた水によって誘発されたという説がある[9]。また東北大学によれば、新潟中越沖地震[10]岩手・宮城内陸地震など複数の地震は断層直下のマグマが冷えたことで発生した水分が潤滑油の役割を果たし引き起こされたという[11][12]。この他、7つの火山島からなるアゾレス諸島では雨が降ると2日後に小さな地震が起こったり[13]、鉱山の水没域では雨水が流れ込むことで地震を誘発したりする例もある[14]
潮汐力
太陽との潮汐が発生の引き金になるとの見方もある。特に、満月新月時に強まった潮汐力が地震を誘発する可能性が指摘されており[15][16]スマトラ島沖では2004年の地震の8年前から潮汐力が強まった時間帯に地震が集中していたことも判明している。また、東北地方太平洋沖地震の誘発地震とみられる一連の長野県北部(栄村)地震では、約50 %という高い相関で潮汐による影響が確認されており[17]、さらに東北地方太平洋沖地震の震源域においても断層が動く方向にかかる潮汐力の強さと地震発生数(Mw5以上)の相関関係が2000年頃を境に見られ始め、本震(2011年)の数年前より顕著となったが、本震発生後には再びこの関係性が見られなくなっている[18]防災科学技術研究所では、歪みが溜まっている地域に関して潮汐力が地震の引き金になっている可能性が高いとしている[19]。この他、東京大学の地震科学研究グループらのは1万件以上の地震データから、潮汐力の強い時期に巨大地震の発生確率が上昇するという研究結果を英科学誌ネイチャー ジオサイエンス」(2016年9月12日付電子版)に発表し、小さな岩石の破壊が潮汐力によって大規模な破壊へと発展していく可能性を示唆した[20][21]
地震(誘発地震
大地震においては、遠地に地震波が到達し揺れている最中に地震が誘発されることがある。表面波の到達時に見られることが多く、これは動的な応力変化が原因とされている[22][23][24]。また、遠く離れた場所で発生した地震の地殻変動が動的な応力変化を生じ、時間をおいてからも別の地震を誘発するという研究報告がある[25]



注釈

  1. ^ 表面波もレイリー波ラブ波に分けられる。
  2. ^ 初期微動継続時間という。
  3. ^ 鉄道、新幹線エレベーターの緊急停止(P波管制運転)などで使用されているシステム。
  4. ^ 地震波の速度は地殻の密度(深さ)により異なるため、実際には観測に基づき地震波速度を予めまとめた「走時表」を用いて算出する。
  5. ^ 地震計は東西方向、南北方向、上下方向の3種類の地震動の大きさをはかるので、大体の方向(16方位程度)がわかる。
  6. ^ 例えば、Mが1大きくなると、それが表現するエネルギー量は約32倍となる。気象庁震度階級は同一振幅・周波数が数秒間継続した理想波形の場合6galで計測値2.50、60galで4.50であるが、実際の地震波は複雑なので対応関係は表現できない。
  7. ^ 英語圏では普通リヒター・スケール(Richter scale、発音はリクター・スケール)という。
  8. ^ 活断層の統一された定義はない。古典的には、(旧来区分における)第四紀開始以降に活動したと推定される断層を活断層という。なお、2009年より第四紀の区分が変更されたので、現在の区分では「更新世中期の開始以降」にあたる。断層の活動性を考える上では、より重要度の高い「約10万年前にあたる更新世後期の開始以降」に限定する場合がある。「地球史Q&A」 日本地質学会。
  9. ^ 2000年鳥取県西部地震、2005年福岡県西方沖地震、2007年能登半島地震などは知られていなかった活断層で発生した。
  10. ^ 「海溝型地震」は海溝付近のプレート内部の地震を含める場合があるため、狭義に「海溝沿いのプレート間地震」と呼ぶ場合もある。
  11. ^ この地震は津波規模から推定されるモーメント・マグニチュード (Mw) 8.2で三陸沿岸に遡上高30m超の多津波をもたらしたが、最大震度は2 - 3だった。そのため地震の規模は長らく表面波マグニチュード (Ms) 7.6とされており、研究の進展により21世紀になって前記の値に見直された(過去の地震・津波被害 気象庁)。
  12. ^ 気象庁|報道発表資料
  13. ^ 新潟県中越地震東日本大震災東北地方太平洋沖地震)で地震被害が比較的少なかったのは、キラーパルスが少なかったからである。
  14. ^ 盆地状の地形に厚い堆積層がある地域を指す地質学用語で、関東平野大阪平野などの通常は「平野」と呼称される地域も該当する。
  15. ^ たとえばM8級の東海地震南海地震は100年 - 150年周期で発生するとされるが、500年以上の長い周期でM8.5 - 9.0の連動型超巨大地震の発生が予想されている (The Assumed Aseismic Subduction and the Necessity of Ocean-Bottom Crustal Deformation Measurements at the Ryukyus, Japan M Nakamura, M Ando, T Matsumoto, M Furukawa, K Tadokoro, M Furumoto, AGU, 2006)。チリ地震スマトラ島沖地震はこうしたタイプの地震であったと認識されている。
  16. ^ 纐纈一起 (2011) は、断層のずれとひずみ量の計算から、東北太平洋沖の連動型巨大地震の周期を400 - 600年(中心を438年)とした[要出典]
  17. ^ アスペリティは、微小地震の観測や立体的な地震波速度構造(アスペリティは周囲よりも地震波速度が高い)等により推定できるとされている。
  18. ^ すべり欠損は通常の断層運動方向とは逆であることが多いため「バックスリップ」という場合もある。
  19. ^ 防災科研は主に、短周期成分が多い小地震に適した高感度地震計、長周期成分が多い大地震に適した強震計、幅広い周期に適応した広帯域地震計の3種類の観測網を有する。

出典

  1. ^ 日本地震学会地震予知検討委員会(2007)
  2. ^ a b 宇津『地震学』1頁
  3. ^ 宇佐美龍夫 (2002) (PDF) 宇佐美龍夫 「歴史史料の「日記」の地震記事と震度について」『歴史地震』 第18号、1-14、2002年
  4. ^ 石橋克彦, 「2016年熊本地震は異例ではない : 大局的に活動の意味を考える (PDF) 」『科学』 86巻 6号, p.532-540, 2016-06, 岩波書店, NAID 40020863485
  5. ^ 地震の基礎知識とその観測 6.2 活断層 防災科学技術研究所
  6. ^ 山中浩明、武村雅之、岩田知孝、香川敬生『地震の揺れを科学するーみえてきた強振動の姿』東京大学出版会、7月27日。
  7. ^ 『なゐふる第3号』p. 4「関東大地震(大正12年9月1日)」 (PDF) 日本地震学会
  8. ^ 群発地震発生のメカニズムを解明 産業技術総合研究所、2002年9月5日
  9. ^ 「フィリピン海プレートの水分が阪神淡路大震災を誘発か?」1999年3月9日付神戸新聞
  10. ^ 中越沖地震、直下のマグマが原因か 2007年8月7日付読売新聞[リンク切れ]
  11. ^ 岩手・宮城地震、水が断層滑らす?…東北大分析2009年10月24日付読売新聞[リンク切れ]
  12. ^ 岩手・宮城内陸地震 断層に入った水原因か2010年1月17日付読売新聞[リンク切れ]
  13. ^ 島村英紀「人間が起こした地震」
  14. ^ 立命館大学「水没した1km深鉱山で地下水変化に誘発された地震」
  15. ^ Earth Tides Can Trigger Shallow Thrust Fault Earthquakes
  16. ^ 地震と潮汐力の関係
  17. ^ 長野県栄村で地震で多発、「潮汐」引き金 地殻変動と重なる 産総研分析(MSN産経ニュース/産経新聞 2012年3月19日)[リンク切れ]
  18. ^ PDF版なゐふる91号(2012年10月) (PDF) 日本地震学会
  19. ^ 地震、月や太陽の引力が「最後の一押し」科学 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2010.01.29[リンク切れ]
  20. ^ 巨大地震、大潮の時期に発生確率上昇か 東大研究(AFPBB News 2016年9月13日)
  21. ^ 月の引力、大地震と関係か 東大チーム(日本経済新聞 2016年9月13日)
  22. ^ 東日本大震災:本震直後に箱根で誘発地震4回、揺れ増幅し強羅は震度6弱、温地研が地震波解析/神奈川
  23. ^ 東北地方太平洋沖地震により誘発された箱根火山の地震活動 (PDF) 行竹洋平、本多亮、原田昌武、明田川保、伊東博、吉田明夫、神奈川県温泉地学研究所, 日本地球惑星科学連合 2011年度連合大会 ポスター MIS036-P100, 2011年5月26日。
  24. ^ 東北地方太平洋沖地震に関連する研究 宮澤理稔, 京都大学防災研究所
  25. ^ Effects of acoustic waves on stick-slip in granular media and implications for earthquakes Paul A. Johnson, Heather Savage, Matt Knuth, Joan Gomberg, Chris Marone, “Nature” 451, 57-60 2008年1月3日. doi:10.1038/nature06440日本語訳)(閲覧には登録が必要)
  26. ^ 宇津『地震学』137頁
  27. ^ USGS Updates Magnitude of Japan’s 2011 Tohoku Earthquake to 9.0 USGS
  28. ^ 宇津『地震学』121頁
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n 新版 地学事典』、菊池正幸「海溝型地震」119頁、杉憲子「海嶺型地震」216頁、下鶴大輔・山科健一郎「火山性地震」231-232頁、石川有三「直下型地震」842頁、三東哲夫「トランスフォーム型地震」930頁、石川有三「プレート境界地震」1160-1161頁、菊池正幸「プレート内地震」1161頁
  30. ^ 地震の事典』第2版、13頁
  31. ^ a b c 日本の地震活動』第2版、§2 19頁
  32. ^ 自然災害の事典』24-31頁
  33. ^ a b 強震動の基礎 ウェブテキスト2000版』§2.1.3
  34. ^ 日本の地震活動』第2版、§2 21頁
  35. ^ 東日本大震災6カ月 巨大地震の謎は解明できたのか(産経新聞/MSN産経ニュース 2011年9月11日)
  36. ^ 海底活断層が起こした可能性も 東日本大震災(佐賀新聞 2011年09月23日) Archived 2011年9月24日, at the Wayback Machine.
  37. ^ 壊れた「留め金」…海底の山の破壊が大震災誘発か(産経新聞 2011年10月8日)[リンク切れ]
  38. ^ 日本海溝沿いの活断層と地震に関する予察的考察 中田高, 後藤秀昭, 渡辺満久, 鈴木康弘, 西澤あずさ, 泉紀明, 伊藤弘志, 日本地球惑星科学連合 2011年度連合大会 ポスター MIS036-P189, 2011年5月27日
  39. ^ 東北地方の主な地震活動(2012年11月) (PDF)
  40. ^ 海溝型地震と活断層型地震 - 防災科学技術研究所
  41. ^ 松澤暢、「2011年東北地方太平洋沖地震後の地殻活動について」 日本地質学会 第120年学術大会(2013仙台)セッションID:S1-O-5, doi:10.14863/geosocabst.2013.0_005
  42. ^ 「大震災2年 戻らぬ沈下地盤 M7級警戒必要」読売新聞2013年3月10日15面
  43. ^ 石川有三、尾池和夫、「中国のダム誘発地震について」 地震 第2輯 1982年 35巻 2号 p.171-181, doi:10.4294/zisin1948.35.2_171
  44. ^ ダムが地震を起こす 週刊プレイボーイ2003年7月8日号[リンク切れ]
  45. ^ 上田誠也「地震予知研究の歴史と現状」 学士会会報 2007-IV No. 865
  46. ^ 小出仁 「ハイドロフラクチュアリングとマグマフラクチュアリング」 『地質ニュース』 290号、1978年10月http://www.gsj.jp/publications/pub/chishitsunews/news1978-10.html 
  47. ^ 地震続発で地熱発電計画にストップ バーゼル
  48. ^ 「鉱山地震活動、ガス爆発およびこれらと震源物理研究との関係の重要性」
  49. ^ Minor Quakes In the UK Likely Caused By Fracking記事:2011年11月03日 閲覧:2011年11月08日
  50. ^ NEWS SCAN 2009年1月号:日経サイエンス「氷河の健康状態を診断する新手法」
  51. ^ 松代地震観測所での地下核実験の観測能力について 気象庁地震観測所技術報告 第9号 37〜45頁 昭和63年3月
  52. ^ 「北海道における地震に関するアイヌの口碑伝説と歴史記録」新里・重野・高清水(歴史地震第21号2006年)[1]PDF-P.10
  53. ^ 地震 earthquake 世界の神話・民話 :幻想世界神話辞典
  54. ^ 強震動 - 地震災害の軽減のための基礎的な情報 纐纈一起、2005.
  55. ^ 以上、次のMまで
  56. ^ a b 防災科学技術研究所 「1.2 マグニチュード」 閲覧2017-10/14
  57. ^ 国土交通省・気象庁 「表1 世界の地震回数(1年間の平均:USGS(アメリカ地質調査所)による)」 閲覧2017-10/14。1990年以降のデータより。
  58. ^ USGS Measuring the Size of an Earthquake / magnitude 閲覧2017-10/14。直近の47年間の観測データからの計算値であり、どの期間をとるかで結果は大きく振れると注意書きを入れている。
  59. ^ 1900年以降のデータより
  60. ^ a b c 1990年以降のデータより
  61. ^ 原典では1日数回
  62. ^ a b 推定値
  63. ^ 原典では1日数十回
  64. ^ 年換算は8万7600回
  65. ^ Earthquake Facts”. United States Geological Survey. 2010年4月25日閲覧。
  66. ^ Pressler, Margaret Webb (2010年4月14日). “More earthquakes than usual? Not really.”. KidsPost (Washington Post: Washington Post): pp. C10 
  67. ^ 北米西海岸で西暦1700年に発生した巨大地震の規模を日本の古文書から推定産総研
  68. ^ 【地震学はどう変わったか (3-3)】予知困難 等身大の説明大切 msn産経ニュース、2012年3月8日。
  69. ^ 2011年3月 東北地方太平洋沖地震 Archived 2011年4月18日, at WebCite 東京大学地震研究所広報アウトリーチ室、2012年1月24日の版。
  70. ^ 地震学、再建への道:想定外の事態に備える 金森博雄(翻訳:三枝小夜子), Nature, 473, pp.146-148, 2011年5月12日(翻訳版Natureダイジェスト2011年7月号)。
  71. ^ a b 曽篠恭裕, 宮田昭, 柿本竜治「大規模災害における国際医療救援資機材輸送の実態分析」『土木学会論文集D3(土木計画学)』第74巻第5号、土木学会、2018年、 I_141-I_154、 doi:10.2208/jscejipm.74.I_141NAID 130007555537
  72. ^ イード. “東京工科大など、災害時用のナビシステムを開発 …危険な方向を表示 Action Japan! - アクションジャパン|復興支援サイト -”. 2013年9月18日閲覧。
  73. ^ 星野楽器の安全にお使いいただくために
  74. ^ 図録▽世界各国の地震災害(地震回数・死者数)[信頼性要検証]
  75. ^ 火星の「地震」を観測、謎解明に前進 NASA探査機、AFPBB News、2020年2月26日。
  76. ^ 火星の地震を初観測、なぜ起こる?何がわかる?M2〜2.5で揺れは10分継続、火星探査機インサイトの最初の成果、ナショナルジオグラフィック日本版サイト、2019年4月26日。
  77. ^ 柴田明徳 (2007年). “1)菅原道真と地震 (PDF)”. 歴史の中の地震、2.歴史の中の大地震. 東北大学災害科学国際研究所. 2014年9月14日閲覧。
  78. ^ 第78回「地震と磁石」の巻|じしゃく忍法帳|TDK Techno Magazine - 2020年5月20日閲覧。






地震と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地震」の関連用語

地震のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS