岩体とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 岩体の意味・解説 

岩石

(岩体 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/22 07:49 UTC 版)

岩石(がんせき、英: rock[1])とは、世間一般には、岩やのこと[2]。石の巨大なもの、特に無加工で表面がごつごつしたものを(いわ)と呼び、[注 1]とも書く[4]


  1. ^ 旧字体は。大きな岩の意で、「いわお」とも読む[3]
  1. ^ 文部省 1984, p. 24.
  2. ^ 新村出編 『広辞苑』 (第七版) 岩波書店、2018年、150,665頁。ISBN 978-4-00-080132-4 
  3. ^ 日本国語大辞典第二版編集委員会、小学館国語辞典編集部編 『日本国語大辞典』第2巻 (第二版) 小学館2001年、17頁。 
  4. ^ 新村出編 『広辞苑』 (第七版) 岩波書店、2018年、221頁。ISBN 978-4-00-080132-4 
  5. ^ 鈴木 2005, pp. 47-48.
  6. ^ a b c 都城・久城 1975, p. 5.
  7. ^ a b 榎並 2013, p. 1.
  8. ^ a b 小出 2013, p. 10.
  9. ^ a b c 木下・小川 1995, p. 24.
  10. ^ 日本地質学会 2017, p. 22.
  11. ^ 日本地質学会 2017, p. 64.
  12. ^ a b 日本地質学会 2017, pp. 31-32.
  13. ^ a b c 西村ほか 2010, p. 53.
  14. ^ 日本地質学会 2017, pp. 26-28.
  15. ^ 日本地質学会 2017, pp. 35-38.
  16. ^ 周藤・牛来 1997, p. 1.
  17. ^ a b c 周藤・小山内 2002, p. 3.
  18. ^ 日本国語大辞典第二版編集委員会、小学館国語辞典編集部編 『日本国語大辞典』第1巻 (第二版) 小学館2000年、931頁。 
  19. ^ 新村出編 『広辞苑』 (第七版) 岩波書店、2018年、150頁。ISBN 978-4-00-080132-4 
  20. ^ 指田ほか 2007, p. 69.
  21. ^ 榎並 2013, p. 2.
  22. ^ 諏訪 1990, p. 265.
  23. ^ 森本 1989, p. 239.
  24. ^ 周藤・小山内 2002, p. 1.
  25. ^ 杵島ほか 2006, pp. 50-51.
  26. ^ 周藤・小山内 2002, p. 2.
  27. ^ Bernhard von Cotta英語版 (1862) [1855] (German). Die Gesteinslehre (2nd ed.). Freiberg: J.G. Engelhardt. OCLC 4656265. 
  28. ^ T. Crook (1914). Miner. Mag. 17. 
  29. ^ 榎並 2013, p. 55.
  30. ^ 日本地質学会 2017, pp. 32-33.
  31. ^ 日本地質学会 2017, p. 34.
  32. ^ 周藤・小山内 2002, p. 8.
  33. ^ 指田ほか 2007, p. 87.
  34. ^ 周藤・小山内 2002, p. 22.
  35. ^ 榎並 2013, p. 56.
  36. ^ 都城・久城 1975, p. 55.
  37. ^ 周藤・小山内 2002, p. 5.
  38. ^ 木下・小川 1995, p. 114.
  39. ^ 周藤・小山内 2002, p. 227.
  40. ^ 西村ほか 2010, p. 67.
  41. ^ 西村ほか 2010, pp. 67-69.
  42. ^ 西村ほか 2010, p. 68.
  43. ^ 鈴木 2005, p. 425.
  44. ^ 周藤・小山内 2002, pp. 3,113.
  45. ^ 榎並 2013, p. 117.
  46. ^ 日本地質学会 2017, pp. 38-39.
  47. ^ 周藤・小山内 2002, p. 48.
  48. ^ 西村 2010, pp. 53-54.
  49. ^ a b c 日本地質学会 2017, pp. 25-26.
  50. ^ a b 小出 2013, p. 4.
  51. ^ 小出 2013, pp. 4-6.
  52. ^ 周藤・牛来 1997, p. 248.
  53. ^ 『徹底図解鉱物・宝石のしくみ : カラー版』 宮脇律郎監修、新星出版社2008年、28頁。ISBN 978-4-405-10666-6
  54. ^ Jonathan O'Neil; et al. (2008). “Neodymium-142 Evidence for Hadean Mafic Crust”. Science 321 (5897): 1828-1831. doi:10.1126/science.1161925. ISSN 1095-9203. 
  55. ^ ナショナルジオグラフィック日本語『地球最古の地殻を発見か Archived 2012年2月12日, at the Wayback Machine.』2008年9月25日
  56. ^ 共同通信『世界最古、42億年前の岩石発見 カナダ東部 Archived 2011年9月24日, at the Wayback Machine.』2008年9月25日
  57. ^ 毎日新聞『岩石:43億年前の岩石、カナダで発見 地球初期の地殻か--世界最古 [リンク切れ]』2008年9月25日
  58. ^ 田切美智雄ほか「カンブリア紀を源岩とする日立変成岩の地史-SHRIMP年代測定による結果」 、『日本地質学会学術大会講演要旨』第115年学術大会(2008秋田)、日本地質学会2008年、 77頁、 doi:10.14863/geosocabst.2008.0.149.0ISSN 1348-3935NAID 110007060284
  59. ^ 田切美智雄「日立カンブリア紀層の地史の再考 (PDF) 」 、『日本地球惑星科学連合大会予稿集』、日本地球惑星科学連合2009年、 G209-021。
  60. ^ 田切美智雄ほか「日立変成岩類 : カンブリア紀のSHRIMPジルコン年代をもつ変成花崗岩質岩類の産状とその地質について」 、『地学雑誌』第119巻第2号、東京地学協会2010年、 245-256頁、 doi:10.5026/jgeography.119.245ISSN 0022-135XNAID 10030368584
  61. ^ 毎日新聞『日立変成岩:日本最古…カンブリア紀の地層 茨城・日立 Archived 2008年9月21日, at the Wayback Machine.』2008年9月17日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岩体」の関連用語

岩体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岩体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS