成田国際空港 本拠空港・ハブ空港(拠点空港)としている航空会社

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 成田国際空港の解説 > 本拠空港・ハブ空港(拠点空港)としている航空会社 

成田国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 02:19 UTC 版)

本拠空港・ハブ空港(拠点空港)としている航空会社

以下の航空会社がこの空港を本拠空港もしくはハブ空港(拠点空港)としている。

旅客
貨物

またユナイテッド航空は主要空港としてハブ空港ほどの規模にはならないものの、それでも東京国際空港とともに日本における重要な主要空港とされている[138]

就航路線

国際線

国際線の発着便数、乗り入れ航空会社数とともに日本の空港で最大であり、近年も新規乗り入れを行う航空会社が後を絶たない。旅客ターミナルは航空連合別に分かれており、基本的に第1ターミナル北ウイングはスカイチーム加盟各社、第1ターミナル南ウイングはスターアライアンス加盟各社、第2ターミナルはワンワールド加盟各社がそれぞれ中心になって使用している。ただし2015年4月8日時点で、スカイチーム所属では中国東方航空チャイナエアラインマンダリン航空が第2ターミナル、スターアライアンス所属ではエア・インディアが第2ターミナルを使用するなど例外もある。

第1ターミナル

北ウイング
航空会社就航地
ZIPAIR Tokyo (ZG)★ ソウル/仁川台北/桃園(2021年度冬ダイヤ期間中に就航予定)[139]バンコク/スワンナプームシンガポール[140]ロサンゼルス(2021年12月25日に就航予定)[141]ホノルル
Peach Aviation (MM)★ 台北/桃園[142]高雄[142]
大韓航空 (KE)(ST) ソウル/仁川釜山ホノルル
ジンエアー (LJ)★ ソウル/仁川
中国南方航空 (CZ) 上海/浦東[143]大連長春瀋陽武漢鄭州ハルビン長沙深圳[143]広州[144]
厦門航空 (MF)(ST) 厦門福州
四川航空 (3U) 成都
香港航空 (HX) 香港
ロイヤルブルネイ航空 (BI) バンダルスリブガワン
ベトナム航空 (VN)(ST) ハノイホーチミンシティダナン
タイ・ライオン・エア (SL)★ バンコク/ドンムアン
ガルーダ・インドネシア航空 (GA)(ST) デンパサール
エティハド航空 (EY) アブダビ
エル・アル航空 (LY)テルアビブ
エールフランス航空 (AF)(ST) パリ/シャルル・ド・ゴール
KLMオランダ航空 (KL)(ST) アムステルダム
オーロラ航空 (HZ) ウラジオストクユジノサハリンスク[145]
アエロメヒコ航空 (AM)(ST)メキシコシティ
エアカラン (SB)ヌメア
南ウイング
航空会社就航地
全日本空輸 (NH)(SA) [注釈 5] (東アジア) 台北/桃園北京/首都上海/浦東大連青島広州瀋陽杭州廈門成都武漢深圳香港
(東南アジア・南アジア) マニラホーチミンシティバンコク/スワンナプームヤンゴンクアラルンプールシンガポールジャカルタムンバイチェンナイ
(北米)ワシントンD.C./ダレスシカゴ/オヘアヒューストンロサンゼルスサンフランシスコ
(中南米) メキシコシティ
(ヨーロッパ)デュッセルドルフブリュッセルウラジオストク
(太平洋) ホノルル
(オセアニア) パース
エアージャパン (NQ)(SA) ホノルル、シンガポール、香港
エバー航空 (BR)(SA) 台北/桃園、高雄
アシアナ航空 (OZ)(SA) ソウル/仁川
エアソウル (RS)★ ソウル/仁川
エアプサン (BX)★ 釜山、ソウル/仁川(2020年4月16日より就航[146]
中国国際航空 (CA)(SA) 北京/首都、上海/浦東、大連、天津、成都、重慶、杭州[147]
深圳航空 (ZH)(SA) 深圳
タイ国際航空 (TG)(SA) バンコク/スワンナプーム
シンガポール航空 (SQ)(SA) シンガポール、ロサンゼルス(SQ012/011便は経由便[148]
スクート (TR)★ 台北/桃園、バンコク/ドンムアン、シンガポール(台北/桃園、バンコク/ドンムアン経由)
オーストリア航空 (OS)(SA) ウィーン
スイス インターナショナル エアラインズ (LX)(SA) チューリッヒ
LOTポーランド航空 (LO)(SA) ワルシャワ
ウズベキスタン航空 (HY) タシュケント
ターキッシュ エアラインズ (TK)(SA) イスタンブール
エジプト航空 (MS)(SA) カイロ
エチオピア航空 (ET)(SA) ソウル/仁川、アディスアベバ(ソウル/仁川経由)
ユナイテッド航空 (UA)(SA) (北米) ニューヨーク/ニューアークデンバー、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ヒューストン/インターコンチネンタル
(太平洋) ホノルル、グアム
エア・カナダ (AC)(SA) バンクーバーカルガリートロントモントリオール
ニュージーランド航空 (NZ)(SA) オークランド

第2ターミナル

航空会社就航地
日本航空 (JL)(OW) (東アジア) 台北/桃園北京/首都上海/浦東広州大連香港
(東南アジア・南アジア) マニラハノイホーチミンシティバンコク/スワンナプームクアラルンプールシンガポールジャカルタベンガルール
(北米)ニューヨーク/ジョン・F・ケネディシカゴダラスボストンロサンゼルスサンフランシスコサンディエゴシアトルバンクーバー
(ヨーロッパ) フランクフルトウラジオストク
(太平洋) ホノルルコナグアム
(オセアニア) メルボルン
チャイナエアライン (CI)(ST) 台北/桃園、高雄
マンダリン航空 (AE)(ST) 台中
タイガーエア台湾 (IT)★ 台北/桃園、高雄
スターラックス航空 (JX) 台北/桃園
イースター航空 (ZE)★ ソウル/仁川
ティーウェイ航空 (TW)★ ソウル/仁川、大邱済州
中国東方航空 (MU)(ST) 北京/首都、上海/浦東、南京西安煙台[149]武漢[149]青島[150]昆明[149]
海南航空 (HU) 西安、北京/首都[151]
吉祥航空 (HO) 上海/浦東[152][153]
キャセイパシフィック航空 (CX)(OW) 香港、台北/桃園
香港エクスプレス航空 (UO)★ 香港
マカオ航空 (NX) マカオ
MIATモンゴル航空 (OM) ウランバートル
フィリピン航空 (PR) マニラ、セブ
セブパシフィック航空 (5J)★ マニラ、セブ、クラーク[154]
ベトジェットエア (VJ)★ ハノイ、ホーチミンシティ[155]
タイ・エアアジア X (XJ)★ バンコク/ドンムアン
マレーシア航空 (MH)(OW) クアラルンプール、コタキナバル
エアアジア X (D7)★  クアラルンプール[156]
ネパール航空 (RA) カトマンズ
エア・インディア (AI)(SA) デリー
スリランカ航空 (UL)(OW) コロンボ
SCAT航空 (DV) ヌルスルタン [157]
パキスタン国際航空 (PK) 北京/首都イスラマバード(北京経由)、ラホール(北京,イスラマバード経由)、カラチ(北京,イスラマバード経由)
イベリア航空 (IB)(OW) マドリード
フィンエアー (AY)(OW) ヘルシンキ
S7航空 (S7)(OW) ウラジオストク
エミレーツ航空 (EK) ドバイ
カタール航空 (QR)(OW) ドーハ
アメリカン航空 (AA)(OW) ダラス/フォートワース
ハワイアン航空 (HA) ホノルル
カンタス航空 (QF)(OW) ブリスベン
フィジー・エアウェイズ (FJ)(OW) ナンディ
エア タヒチ ヌイ (TN) パペーテ

第3ターミナル

航空会社就航地
スプリング・ジャパン (IJ)★ 天津ハルビン南京
春秋航空 (9C)★ 上海/浦東[158]

国内線

各路線ともに国際線との乗継を考慮して午前-午後成田着と夕方-夜間成田発を中心に運航されている。日本航空全日本空輸では国際線の間合い運用として、国際線用の機材が充当される便も多く、また多くの便において外国航空会社とのコードシェアを行っている。国内線は2012年夏以降、ジェットスター・ジャパンをはじめとするLCCの就航により大幅に拡大した。なお、COVID-19の影響に伴う国際線乗継需要低迷により、日本航空や全日本空輸が運航する国内線は一部曜日を除き、当面の間、全面運休となっている。

第1ターミナル(国内線エリア)

航空会社就航地
全日本空輸 (ANA)(SA) [159] 札幌/新千歳仙台新潟名古屋/中部沖縄/那覇
Peach Aviation (APJ)★ [160]札幌/新千歳[161]女満別釧路大阪/関西福岡長崎[162]大分宮崎奄美[161]、沖縄/那覇[161]石垣[163]

第2ターミナル(国内線エリア)

航空会社就航地
日本航空 (JAL)(OW) 札幌/新千歳名古屋/中部大阪/伊丹福岡

第3ターミナル(国内線エリア)

航空会社就航地
ジェットスター・ジャパン (JJP)★ [164] 札幌/新千歳大阪/関西高松松山高知福岡長崎大分熊本宮崎鹿児島沖縄/那覇宮古/下地島
スプリング・ジャパン (SJO)★ 札幌/新千歳、広島佐賀

貨物便

2014年時点で、貨物定期便の発着便数は、成田国際空港を本拠地として使用している日本貨物航空、続いてフェデックス全日本空輸ユナイテッド・パーセル・サービスが上位を占めている[165]

航空会社就航地
日本貨物航空 (KZ) (東・東南アジア)ソウル/仁川北京/首都上海/浦東天津香港バンコク/スワンナプーム
(北米)ニューヨーク/ジョン・F・ケネディアンカレッジシカゴ/オヘアロサンゼルスサンフランシスコダラス/フォートワース
(ヨーロッパ) アムステルダムフランクフルト/ハーンミラノ/マルペンサ
全日本空輸 (NH)[166]
(アジア) 台北/桃園、ソウル/仁川、上海/浦東、大連青島厦門広州、香港、バンコク/スワンナプーム、シンガポール
(欧米) シカゴフランクフルト
エアージャパン (NQ) ソウル/仁川
大韓航空カーゴ (KE)(ST) ソウル/仁川
アシアナ航空カーゴ ソウル/仁川
チャイナエアライン・カーゴ (CI)(ST) 台北/桃園
中国国際貨運航空 (CA) 上海/浦東
キャセイパシフィック航空カーゴ (CX) 香港
エア・ホンコン (LD) 香港
ルフトハンザ・カーゴ (LH) ソウル/仁川、フランクフルト
アエロロジック (3S) 香港、ライプツィヒ
エアブリッジ・カーゴ (RU) モスクワ/シェレメーチエヴォ、アムステルダム
カーゴルックス航空 (CV) ルクセンブルク/フィンデル
カーゴルックス・イタリア ミラノ/マルペンサ
フェデックス (FX) 大阪/関西、広州、アンカレッジ、メンフィスオークランド、シンガポール、台北、仁川、パリ、上海
ポーラーエアカーゴ (PO) ソウル/仁川、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、デトロイトなど
UPS航空 (5X) 大阪/関西、上海/浦東、ルイビルオンタリオクラーク
アトラス航空 (5Y) ソウル/仁川、アンカレッジ、アトランタなど
DHL シンシナティ・ノーザンケンタッキー

2017年3月現在[167]

定期路線一覧

原則として到着都市名(リンク先は到着空港)のみを記述するが、同一都市圏に2つ以上の空港が存在もしくは空港名に到着都市名が含まれていないなどの場合は「都市名/空港名」の様式で記述する(※は東京国際空港(羽田)便もあり)。

国際線

国内線

統計
(成田国際空港発)2019年度就航路線別旅客数/順位[176]
行き先 旅客数 国内線順位
新千歳空港 約182万人 上位09位
福岡空港 約123万人 上位16位
那覇空港 066万人 上位38位
関西国際空港 064万人 上位39位

運休・廃止路線

※は東京国際空港便あり

国際線

アジア

北米

南米

ヨーロッパ

オセアニア・太平洋

ゴールドコースト

国内線

過去に運航されていた路線

斜字 - 現在、存在しない航空会社

国際線

航空会社就航地
日本航空ソウル/仁川[181]釜山高雄広州[182]福州無錫武漢西安デンパサールコルカタマナーマリヤドジッダアテネハバロフスクモスクワ/シェレメーチエヴォモスクワ/ドモジェドヴォパリ/シャルル・ド・ゴール[183]ロンドン/ヒースローローマ/フィウミチーノミラノ/マルペンサマドリードチューリッヒアムステルダムアンカレッジラスベガス[184]アトランタサンフアンメキシコシティサンパウロ/グアルーリョスサンパウロ/ヴィラコッポスリオ・デ・ジャネイロサイパンナンディアデレードブリスベンパースダーウィンオークランドなど
日本アジア航空台北/桃園高雄香港など
JALウェイズ香港グアム、ホノルルなど
日本エアシステムソウル/仁川、上海/浦東、広州、西安、昆明、香港、シンガポール、ホノルルなど
全日本空輸ソウル/仁川、香港、デンパサール、プノンペン、ラングーン、パリ/シャルル・ド・ゴール[185]、ロンドン/ヒースロー、フランクフルトミュンヘンウィーン、ローマ/フィウミチーノ、モスクワ/シェレメーチエヴォ、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、ワシントンD.C./ダレスヒューストン、バンクーバー、グアム、シドニーなど
バニラ・エアソウル/仁川、香港[161][186]、台北/桃園[161][186]、高雄[161][186]ホーチミンシティ[187]、セブ[188]
エアアジア・ジャパン(2011-2013)ソウル/仁川、釜山、台北/桃園
スカイマーク (BC) サイパン[189]
チャイナエアラインホノルル
トランスアジア航空台北/桃園[190][191]
大韓航空ロサンゼルス[192]済州[193]
エアプサン大邱[194]
チェジュ航空務安[177]
中国国際航空深圳西寧
山東航空青島
深圳航空福州、無錫
中国民航 上海/虹橋北京/首都
中国北方航空成都など
中国西南航空成都、重慶など
中国西北航空北京/首都など
香港ドラゴン航空香港
タイ国際航空プーケットチエンマイシアトル/タコマ、ロサンゼルス、ダラス/フォートワーストロント
ノックスクートバンコク/ドンムアン
マレーシア航空ロサンゼルス[195]クチン
シンガポール航空台北/桃園、バンコク/スワンナプーム
ガルーダ・インドネシア航空ジャカルタ
インドネシア・エアアジア Xジャカルタ[196]、デンパサール[197]
ビーマン・バングラデシュ航空ダッカ、バンコク/スワンナプーム、シンガポール
エア・インディアムンバイ、バンコク/スワンナプーム
パキスタン国際航空ラホールカラチマニラバンコク/ドンムアン
イラン航空テヘラン、北京/首都
クウェート航空クウェート
イラク航空バグダード、バンコク/ドンムアン
エジプト航空マニラ、バンコク/ドンムアン
エチオピア航空香港[198]
トランスアエロ航空モスクワ/ドモジェドヴォサンクトペテルブルグ
ウラジオストク航空ウラジオストクハバロフスクペトロパブロフスク・カムチャツキー
ヤクーツク航空 ユジノサハリンスクペトロパブロフスク・カムチャツキー
アエロフロート・ロシア航空モスクワ/シェレメーチエヴォ
オリンピック航空アテネ、バンコク/ドンムアン
マレーヴ・ハンガリー航空ブダペスト
アリタリア-イタリア航空ヴェネツィアローマミラノ
ルフトハンザドイツ航空フランクフルト[199]フランクフルト/ハーンデュッセルドルフハンブルク、ミュンヘン
スイス航空チューリッヒ、ジュネーヴ
エーデルワイス航空
運航はスイス国際航空
チューリッヒ
スカンジナビア航空 コペンハーゲン
サベナ・ベルギー航空ブリュッセル[200]
エールフランス航空ヌメア
UTAパリ/オルリー、パリ/シャルル・ド・ゴール、ヌメア
AOMフランス航空マルセイユ、パリ/シャルル・ド・ゴール[201]
イベリア航空バレンシア、アンカレッジ、ムンバイ、モスクワ/シェレメーチエヴォ
ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー
ヴァージン・アトランティック航空ロンドン/ヒースロー
ブリティッシュ・カレドニアン航空ロンドン/ヒースロー、マンチェスターバーミンガム
アメリカン航空ニューヨーク/ジョン・F・ケネディメンフィスルイビルオンタリオ、アンカレッジ、オークランドサンノゼ、シアトル/タコマ、シカゴ/オヘア[202]マイアミ、ロサンゼルスなど
デルタ航空名古屋/中部大阪/関西、ソウル/仁川、釜山、台北/桃園[203]、北京/首都、上海/浦東[204]、広州、香港、バンコク/スワンナプーム[205]、シンガポール[206]、ロサンゼルス[207]、サンフランシスコ、ミネアポリス[178]、デトロイト、アトランタ、ポートランド、シアトル、ソルトレイクシティ、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、グアム[208]、ホノルル、サイパン[179]コロール[179]
ノースウエスト航空コナ、ホノルル、シアトル/タコマ、ミネアポリス、インディアナポリスデトロイト、シカゴ/オヘア、グアム、サイパンなど
ユナイテッド航空ソウル/仁川[209]、台北/桃園、上海/浦東、香港、バンコク/スワンナプーム、シンガポール[210]、シアトル/タコマ、ラスベガス、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、シカゴ/オヘア、ワシントンD.C./ダレスなど
コンチネンタル航空マイアミ、ソルトレイクシティ、ヒューストン/インターコンチネンタルニューヨーク/ニューアーク、グアム、サイパンなど
コンチネンタル・ミクロネシアグアム、サイパン
パンアメリカン航空ラスベガス、グアム、ホノルル、ニューヨーク/ラガーディアなど
カナディアン航空トロント、ハリファックスバンクーバーモントリオールエドモントン
アエロメヒコ航空ティファナモンテレイ
ヴァリグ・ブラジル航空ロサンゼルス、サンパウロ/グアルーリョス、リオデジャネイロ、リマ
カンタス航空シドニー、ケアンズ、パース、メルボルン
ジェットスター航空マニラ、ダーウィン、メルボルン[211]
ニュージーランド航空クライストチャーチ
ニューギニア航空ポートモレスビー[212]チューク[180]
S7航空イルクーツクハバロフスクノヴォシビルスク

国内線

航空会社就航地
日本航空大阪/関西沖縄/那覇(いずれもコードシェア便としては継続。)
全日本空輸大阪/伊丹、大阪/関西、福岡
アイベックスエアラインズ札幌/新千歳大阪/伊丹(以上は全便がANAとのコードシェア便。いずれも現在はANAが運航)小松[213][214]仙台[213][215]新潟[213]広島[213]
スカイマーク旭川、札幌/新千歳、名古屋/中部[216]大阪/神戸米子福岡鹿児島、沖縄/那覇、石垣
エアアジア・ジャパン(2011-2013)札幌/新千歳、福岡、沖縄/那覇
ジェットスター・ジャパン名古屋/中部庄内
春秋航空日本札幌/新千歳[217]、大阪/関西[218]高松
バニラ・エア札幌/新千歳[219]函館[219]、大阪/関西[220]奄美[219]、沖縄/那覇[219]、石垣[219]
Peach Aviation鹿児島[221]

貨物便

航空会社就航地
JALカーゴアムステルダムパリ/オルリーニューヨーク/ニューアークなど
ANA Cargoホノルルなど
トランス・メディテラネアン航空ベイルート

注釈

  1. ^ 2013年9月26日までは、無料の新交通システム成田空港第2ターミナルシャトルシステム」が設けられていた。
  2. ^ 第1ターミナルビルにはローソン(地下1階・5階)、ファミリーマート(地下1階)、ミニストップ(1階)、第2ターミナルビルにはセブン-イレブン(地下1階・4階)、ファミリーマート(地下1階)、第3ターミナル2階にもローソンが出店している。一部店舗では、24時間営業を行っている
  3. ^ 1973年には近年中に開港すると予想して国鉄がアクセス輸送用の快速用車両を増備している。
  4. ^ 鉄道による暫定輸送は、開港後のパイプラインが完成した1983年8月まで続けられた。
  5. ^ エアージャパンの機材・乗務員で運航する便あり。
  6. ^ 一例として Ian L. McQueen著『Japan: a budget travel guide』、講談社インターナショナル、1992年、210ページには「Narita "errport" (as it has been called) is Japan's contribution to the world's collection of vast projects started on half-vast ideas.」などとある。なお、本書はロンリープラネットより『Japan: A Travel Survival Kit』の題で販売されていたものの改訂版にあたる。現在のロンリープラネット社のガイドは別内容である。

出典

  1. ^ 成田空港運用状況 1月-12月(2019年暦年)”. 成田国際空港株式会社 広報部 (2020年3月). 2020年6月25日閲覧。
  2. ^ 「空港の設置及び管理に関する基本方針」の概要”. 6 地理的、経済的又は社会的な観点からみて密接な関係を有する空港相互間の連携の確保に関する基本的な事項. 国土交通省. 2018年6月15日閲覧。
  3. ^ 成田空港の夏ダイヤで総発着数が過去最高に、141路線・137拠点に拡大、乗り入れ航空会社は99社に” (日本語). トラベルボイス (2019年3月28日). 2019年4月23日閲覧。
  4. ^ 就航都市一覧” (日本語). 成田国際空港公式WEBサイト. 2019年2月2日閲覧。
  5. ^ 2018年(平成30年)12月31日現在
  6. ^ 空港の運用状況 | 成田国際空港株式会社”. www.naa.jp. 2019年4月23日閲覧。
  7. ^ a b c 黒川和久 (2018年8月18日). “成田空港改め「成田漁港」? 巨大空港の意外な一面”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASL8L2CF1L8LUTIL008.html 2019年12月15日閲覧。 
  8. ^ 近年国際化を行った東京国際空港(通称:羽田空港)の「東京」と区別するため。
  9. ^ 国際線発着調整事務局の業務概要 (PDF)”. 国際線発着調整事務局(JSC). 2017年2月1日閲覧。
  10. ^ 成田空港のセキュリティが、SKYTRAX社の国際空港評価でBest Airport賞を受賞”. 観光経済新聞 (2018年4月3日). 2019年4月22日閲覧。
  11. ^ a b ローコストで効率性と機能性追求 - 日刊建設工業新聞オンライン(2015年11月20日16面)2018年3月29日閲覧
  12. ^ 売上高日本一のSC「成田空港」 数年後1500億円規模に” (日本語). WWD JAPAN (2018年5月22日). 2019年2月2日閲覧。
  13. ^ 空港の運用状況”. 成田国際空港株式会社. 2019年11月23日閲覧。
  14. ^ 航空:空港管理状況 - 国土交通省” (日本語). www.mlit.go.jp. 2019年11月23日閲覧。
  15. ^ 成田国際空港供用規程, (PDF), 空港整備・運営 (成田国際空港株式会社), (2012年8月27日), http://www.naa.jp/jp/airport/pdf/kitei_01.pdf 2013年3月21日閲覧。 
  16. ^ 成田国際空港管理規程, (PDF), 空港整備・運営 (成田国際空港株式会社), (2009年9月30日), http://www.naa.jp/jp/airport/pdf/kitei_02.pdf 2013年3月21日閲覧。 
  17. ^ a b c “成田空港の離着陸を午前0時まで容認 市、悪天候などに限り”. 日本経済新聞. 共同通信. (2013年3月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG19056_Z10C13A3CC1000/ 2013年3月20日閲覧。 
  18. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、28-29頁。
  19. ^ a b “「ランプセントラルタワー」を2020年9月10日に供用開始します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 成田国際空港, (2020年8月27日), オリジナルの2020年9月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200928060611/https://www.naa.jp/jp/20200827-centraltower.pdf 2021年3月17日閲覧。 
  20. ^ 株式会社インプレス (2020年9月12日). “成田空港、開港から空の安全を見守ってきた旧管制塔の内部を公開。2021年2月から撤去工事”. トラベル Watch. 2020年9月12日閲覧。
  21. ^ a b 成田国際空港株式会社プレスリリース 2013年1月4日
  22. ^ a b “成田空港:B滑走路に新誘導路 発着便増加へ”. 毎日新聞. (2013年3月7日). http://mainichi.jp/select/news/20130307k0000e040175000c.html 2013年3月20日閲覧。 
  23. ^ a b “航空自由化に向け準備着々=新誘導路など供用開始-成田空港”. 時事通信社. (2013年3月7日). オリジナルの2013年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130426185912/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201303/2013030700078 2016年10月26日閲覧。 
  24. ^ Narita Airport News No.300 (PDF)”. 成田国際空港振興協会 (2017年1月4日). 2018年3月5日閲覧。
  25. ^ 成田空港は管制機能の高度化(WAM)と高速離脱誘導路で空港処理能力が4万回拡大へ!”. 雨宮しんご (2017年1月20日). 2018年3月5日閲覧。
  26. ^ a b 成田空港の施設整備について”. 千葉県 (2015年4月3日). 2018年3月6日閲覧。
  27. ^ 「成田発着時間10月末から延長へ 開港後初、地元が合意方針」共同通信(2019年1月28日)
  28. ^ 10月発着延長、正式合意 国の財特法10年間に NAA追加策具体化は今後 【成田空港機能強化】”. www.chibanippo.co.jp. 『千葉日報』 (2019年2月5日). 2019年2月5日閲覧。
  29. ^ 日本第1位は東京国際空港(羽田空港)となっている。
  30. ^ a b c “成田空港 きょう夜間発着時間延長 1978年開港以来初【成田空港機能強化】”. 『千葉日報』. (2019年10月27日). オリジナルの2019年10月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191027095933/https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/638792 2019年10月27日閲覧。 
  31. ^ “成田空港の4000メートル滑走路、初の全面運用”. 日本経済新聞. (2012年12月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG13010_T11C12A2CC0000/ 2017年1月17日閲覧。 
  32. ^ a b c 成田空港の更なる機能強化に関する調査報告について 2-2滑走路の具体的な配置検討 (PDF, 成田国際空港株式会社)
  33. ^ a b c d 国交省、成田基本計画3本目整備など53年ぶり改定”. 航空新聞社 (2019年11月5日). 2019年11月5日閲覧。
  34. ^ a b c d 報道発表資料:成田国際空港の基本計画を改定します~成田国際空港の更なる機能強化に向けて”. www.mlit.go.jp. 国土交通省 (2019年11月5日). 2019年11月5日閲覧。
  35. ^ a b “B滑走路の一時閉鎖について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 成田国際空港, (2020年4月10日), オリジナルの2020年4月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200410040125/https://www.naa.jp/jp/20200410-BRWYclose.pdf 2020年4月10日閲覧。 
  36. ^ 成田空港B滑走路、101日ぶり再開 初便はNCA便” (日本語). Aviation Wire. 2020年7月23日閲覧。
  37. ^ 滑走路方向は南側「03R」、北側「21L」で予定されていた。
  38. ^ 「八街市に予想される航空公害」
  39. ^ “一坪共有地:売却訴訟 NAA側が勝訴 支援者の上告却下 /千葉”. 『毎日新聞』. (2013年4月27日). http://mainichi.jp/area/chiba/news/20130427ddlk12040090000c.html 2013年4月29日閲覧。 
  40. ^ “空港反対派の敗訴確定 「一坪共有地」訴訟終結”. 『千葉日報』. (2013年4月27日). http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/134263 2013年4月29日閲覧。 
  41. ^ “一坪共有地 反対派の敗訴確定 成田空港 最高裁が上告却下”. 『東京新聞』. (2013年4月27日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130427/CK2013042702000152.html 2013年4月29日閲覧。 
  42. ^ “成田空港会社、3500メートル第3滑走路提案”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2015年11月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO94507580X21C15A1L71000/ 2016年9月12日閲覧。 
  43. ^ 2018年3月13日に四者協議会が開催されました。”. 成田国際空港株式会社 (2018年3月13日). 2018年3月13日閲覧。
  44. ^ 成田空港に3本目の滑走路建設へ 運用時間も拡大で決着:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月22日閲覧。
  45. ^ 成田拡大案 協議会で最終合意”. NHK (2018年3月13日). 2018年3月13日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ 成田国際空港株式会社 - 航空会社再配置計画(2008年1月25日時点のアーカイブ
  47. ^ エアポートニュース 2020年1月20日閲覧
  48. ^ a b c d e f g h i j ランプバスって何? - 東京空港交通[リンク切れ]
  49. ^ 成田空港のカウンターとサービスがリニューアル - 全日本空輸 2016年5月12日
  50. ^ シャトルシステムに代わり、新たな連絡通路を供用開始! - 成田国際空港(2013年9月13日)
  51. ^ 供用当時は現在は第1ターミナルを使用する全日空も使用していた
  52. ^ 「月刊エアライン」2008年7月号 52頁
  53. ^ 「成田空港第2ターミナルに4,000平方メートルの新ラウンジをリニューアル」 マイコミジャーナル(2007年4月24日)
  54. ^ アドミラルズクラブ(成田国際空港)
  55. ^ 「カンタス航空、成田にビジネスクラス旅客対象のラウンジ開設」 トラベルビジョン
  56. ^ ダイナスティ・ラウンジ チャイナエアライン
  57. ^ 「コンコース中央、改修 5番街と同じ雰囲気創出 成田空港第2ターミナル」『千葉日報』2009年4月26日
  58. ^ 早朝便をご利用のお客様へ
  59. ^ 2020年10月現在、成田国際空港PCRセンターに施設が転用されたため、閉鎖されている
  60. ^ 成田空港に吉野家 24時間営業、7月開店 - AviationWire・2016年6月24日
  61. ^ LCC の受け入れについて - 成田国際空港株式会社(2012年4月5日発表)2018年3月29日閲覧
  62. ^ 設計主体は日建設計・梓設計JV
  63. ^ 伊藤直樹氏ら、新会社「PARTY」設立を発表 - アドタイ(2011.05.30 掲載)2018年3月29日閲覧
  64. ^ eスポーツ選手御用達になるか?LCC専用の成田国際空港第3ターミナルがオープンしたので早速行ってみた” (日本語). funglr Games. 2015年4月21日閲覧。
  65. ^ 成田空港がLCC専用の「第3旅客ターミナル」開設 空港内最大の免税店も - fashionsnap・2015年4月7日
  66. ^ 本日オープン! 成田空港「第3ターミナル」出発・到着ロビーをチェック - トラベル Watch(2015/4/8 00:00更新 / 2015年4月10日閲覧)
  67. ^ ターミナル間の移動 - 成田国際空港(更新日不明)2018年3月29日閲覧
  68. ^ 10月25日から、第2ターミナルから第3ターミナルへの連絡バスルートを変更します! - 成田国際空港株式会社(2016年9月29日発表)2018年3月29日閲覧
  69. ^ 「成田第3ターミナル」開業2年、乏しい受け入れ余力 LCC就航で旅客数が1割増ペース - 日本経済新聞 電子版(『日本経済新聞』朝刊2017年4月8日付)2018年3月28日閲覧
  70. ^ 出発ロビーの混雑緩和!!第3ターミナルを増築し、1階到着ロビーを9月5日に拡張 - 成田国際空港・2019年8月26日
  71. ^ ~さらに便利に、快適に~ 第3ターミナルを増築します - 成田国際空港・2018年4月26日
  72. ^ 旅客サービス施設使用料(PSFC)・保安サービス施設使用料(PSSC) 成田国際空港
  73. ^ 「国内線にも施設使用料=1人1000円以内-成田空港」[リンク切れ]時事通信(2014年9月9日)
  74. ^ 旅客サービス施設使用料(PSFC)および旅客保安サービス料(PSSC)” (日本語). 成田国際空港公式WEBサイト. 2020年3月13日閲覧。
  75. ^ 広告 国際航空旅客の皆さまへのお知らせ『朝日新聞』1978年(昭和53年)5月14日、13版、23面
  76. ^ 売上高5年で約2倍!アジアからのインバウンドが急増する成田国際空港の実情”. WWD JAPAN (2015年7月11日). 2018年2月21日閲覧。
  77. ^ 成田空港ホームページ
  78. ^ 「月刊エアライン」2008年7月号 P.49
  79. ^ みずほ銀行成田空港出張所
  80. ^ “世界に売り込め「セレブ便」 成田にビジネス機専用ターミナル”. (2012年4月1日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120401/CK2012040102000059.html 2012年4月1日閲覧。 
  81. ^ a b c d 東京税関貿易概況(年分)”. 東京税関. 2018年3月21日閲覧。
  82. ^ 【特集】成田空港 6000万トン到達! 国際貨物累計、開港39年5カ月で 成長加速、アジアの貨物ハブ”. 日刊CARGO (2017年12月18日). 2018年3月21日閲覧。
  83. ^ 市村武美 (1991-9). 夢ふくらむ海洋牧場―200カイリを飛び越える新しい漁業. 東京電機大学出版局. p. 127 
  84. ^ 新東京国際空港航空燃料パイプラインとは”. コトバンク. 2020年12月2日閲覧。
  85. ^ 実は国内唯一 レアな「成田空港への燃料の届け方」でもなぜ? 運営会社に聞く理由とは”. 乗りものニュース (2020年12月1日). 2020年12月2日閲覧。
  86. ^ a b 航空燃料輸送システム”. www.naaf.jp. 成田空港給油施設株式会社. 2020年12月2日閲覧。
  87. ^ 成田空港のパイプライン建設とは”. コトバンク. 2020年12月9日閲覧。
  88. ^ 「30万回」に多くの壁”. 変貌 成田30年. 読売新聞 (2008年5月27日). 2013年3月20日閲覧。
  89. ^ 成田の同時平行離陸を容認へ 国交省、30万回実現へ前進 Archived 2010年11月13日, at the Wayback Machine.
  90. ^ “成田空港の発着、年25万回に増便「アジアのハブ」へ競争力”. 日本経済新聞. (2008年3月7日). オリジナルの2009年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090311025956/http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090308AT3S0201E07032009.html 2013年3月20日閲覧。 
  91. ^ 成田空港の容量拡大について”. 県土づくり. 千葉県総合企画部空港地域振興課成田空港共生室 (2010年10月13日). 2013年3月20日閲覧。
  92. ^ 成田国際空港会社 グリーンポートレポート 2010, December[リンク切れ]
  93. ^ 成田国際空港会社 成田空港?その役割と現状?2011 特集1-4 Archived 2012年8月15日, at the Wayback Machine.
  94. ^ “成田空港、年間発着回数30万回に増 平成26年度にも雨天時も同時並行離発着”. MSN産経ニュース. (2012年11月1日). オリジナルの2013年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130103213332/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121101/biz12110110420009-n1.htm 2016年10月26日閲覧。 
  95. ^ “成田空港の離着陸制限(カーフュー)、弾力的運用へ オープンスカイ開始に合わせ、関係者が合意” (プレスリリース), 国土交通省航空局航空ネットワーク部, (2013年3月29日), http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000047.html 2016年10月26日閲覧。 
  96. ^ a b 吉川忠行 (2016年10月21日). “成田空港に新滑走路は必要なのか すれ違う空港側と航空会社側の思惑”. 日経ビジネス (日経BP). http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/246820/102000051/?P=3 2017年5月20日閲覧。 
  97. ^ 4/8 成田空港第3ターミナル開業に伴う成田空港内の高速バス停車順 成田空港内の高速バス停車順について 京成バス
  98. ^ 「成田空港:爆発物処理班出動、年間100件超 不審物はすべて…」毎日jp 2011年6月5日(2011年6月8日時点のアーカイブ
  99. ^ a b 新東京国際空港の建設
  100. ^ 成田空港〜その役割と現状〜2011 第4章1
  101. ^ 用地売り渡しに関する覚書”. コトバンク. 2017年2月4日閲覧。
  102. ^ 原口 2000, p. 28.
  103. ^ 衆議院会議録情報 第84回国会 本会議 第19号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年10月9日閲覧。
  104. ^ 参議院会議録情報 第84回国会 本会議 第14号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年10月9日閲覧。
  105. ^ a b 【戦後70年 千葉の出来事】成田闘争(下)公共事業のあり方一変”. 産経ニュース (2015年8月3日). 2019年2月16日閲覧。
  106. ^ 成田国際空港株式会社『成田空港~その役割と現状~ 2016年度』2016年11月、155頁。
  107. ^ ミュンヘン空港、第3滑走路建設許可が降りる 連邦裁判所が判断”. FlyTeam(フライチーム) (2015年7月19日). 2019年2月16日閲覧。
  108. ^ Protest Against Third Runway Munich Airport Stock Photos & Protest Against Third Runway Munich Airport Stock Images - Alamy”. www.alamy.com. 2019年2月16日閲覧。
  109. ^ 成田国際空港株式会社 - 環境対策・地域共生 - 共生の経緯 - 地域と共生する空港づくり大綱
  110. ^ a b “成田の厳重警備、世界的にも「異例」”. MSN産経ニュース. (2008年3月7日). オリジナルの2009年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091202082729/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091129/crm0911291931013-n1.htm 2013年3月20日閲覧。 
  111. ^ 成田空港手荷物爆発事件アメリカ同時多発テロブリュッセル空港爆破事件など。
  112. ^ 成田で顔認証スタート 検問廃止、監視カメラ導入」『日本経済新聞』2015年3月30日 12:18 (2015年3月30日 14:10更新)(2021年9月24日確認)
  113. ^ a b 「成田空港が検問廃止を検討 開港から31年、初の警備体制見直し」 msn産経ニュース 2009年11月29日(2010年4月19日時点のアーカイブ
  114. ^ 毎日新聞 2012年9月28日
  115. ^ 成田の「検問」廃止検討、羽田と競争激化で 2012年10月21日07時04分 読売新聞
  116. ^ 成田検問廃止問題、県警本部長は見直しに前向き 2012年10月26日20時24分 読売新聞
  117. ^ 開港以来続く成田空港「検問」廃止へ 2013年9月26日13時06分 読売新聞
  118. ^ 成田空港 入り口検問 再来年3月までに廃止へ 9月26日 12時4分 NHKオンライン
  119. ^ 成田空港、30日に検問廃止 ノンストップゲート実施へ
  120. ^ “成田空港「新エプロン」完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1991年8月1日) 
  121. ^ “成田北ウイング 3月16日から使用開始 6年3ヵ月ぶり 広さ1.5倍、処理能力アップ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1998年10月7日) 
  122. ^ 「秋にも延長滑走路の運用開始 炎上事故受け、半年前倒し」47NEWS(2009年4月10日)
  123. ^ 「成田空港:東側誘導路の供用スタート」『毎日新聞』 Archived 2009年8月2日, at the Wayback Machine.
  124. ^ 「成田、B滑走路の本格運用開始 大型機が発着可能に」 47NEWS(2009年10月22日)
  125. ^ 「千葉県 外国人旅行客対象カジノ導入検討へ」日テレNEWS24(2010年3月25日)
  126. ^ 気象庁 (2011年3月30日). “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」により各地で観測された震度について”. 2019年6月24日閲覧。
  127. ^ a b D 首都圏の交通への影響とその後の取り組み”. 地域のモビリティ確保の知恵袋2012. 国土交通省 総合政策局 参事官室 (2012年3月). 2019年6月24日閲覧。
  128. ^ 【図解・社会】東日本大震災・震災当日成田、羽田空港に向かっていた86機の着陸先(2012年4月1日)”. 時事通信社 (2012年4月1日). 2019年6月24日閲覧。
  129. ^ 成田空港活性化協議会(2020年3月3日閲覧)
  130. ^ 電子申告ゲート、外国人にも拡大=成田空港で-東京税関”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  131. ^ 千葉)成田空港、外国人も顔認証出国・税関電子申告開始”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  132. ^ a b 成田空港第3ターミナル 混雑緩和で到着ロビー拡張 9月5日から”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  133. ^ アニメの物販・飲食エリア 成田空港に「クールジャパン」発信『日本経済新聞』朝刊2019年11月28日(千葉経済面)2020年3月29日閲覧
  134. ^ 成田空港会社、100億円規模の支援 航空会社など対象:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020-03-026). 2020年3月30日閲覧。
  135. ^ 成田空港B滑走路、101日ぶり再開 初便はNCA便”. Aviation Wire (2020年7月22日). 2020年7月22日閲覧。
  136. ^ 【日本初!】成田空港の感染症対策が評価され、国際認証を取得しました ~安心、安全な空港を目指して感染症対策に取り組んでいます~”. 成田国際空港株式会社 (2021年1月27日). 2021年4月19日閲覧。
  137. ^ “成田闘争象徴の空港旧管制塔取り壊し始まる 78年に反対派占拠”. 毎日新聞. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210317091933/https://mainichi.jp/articles/20210317/k00/00m/040/167000c 2021年3月17日閲覧。 
  138. ^ https://www.united.com/ual/en/us/fly/travel/airport/maps.html Other key airports より
  139. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/c4707655ff918166221708058a530179f93768e0
  140. ^ https://www.zipair.net/ja/notification/55
  141. ^ https://www.zipair.net/ja/notification/72
  142. ^ a b ピーチ、東京/成田〜台北/桃園・高雄線と福岡〜台北/桃園線開設 Traicy 2019年8月28日
  143. ^ a b 中国南方航空、10月下旬から成田発着の上海・浦東、深圳線に就航 FlyTeam 2019年9月26日
  144. ^ 中国南方航空、東京/成田〜広州線の運航再開 来年1月10日から週4便 Traicy 2019年12月3日
  145. ^ http://www.uts-air.com/aurora/info/20190104495/ UTSエアサービスHP(1月13日閲覧)
  146. ^ エアプサン、東京/成田〜ソウル/仁川線開設へ 4月16日から Traicy 2020年2月23日
  147. ^ 中国国際航空、東京/成田〜杭州線を開設 来年1月10日から週4便 Traicy 2019年12月1日
  148. ^ [1]
  149. ^ a b c d e 中国東方航空、成田発着の煙台・武漢・昆明線を開設 1月以降 FlyTeam 2019年11月15日
  150. ^ 中国東方航空、2020年1月に成田/青島線を開設 A320で週3便 FlyTeam 2019年11月16日
  151. ^ 海南航空、東京/成田〜北京線を開設 10月31日から週4便 Traicy 2019年10月20日
  152. ^ 吉祥航空、東京/成田〜上海/浦東線を開設へ 10月27日から1日1便 Traicy 2019年9月15日
  153. ^ 吉祥航空、成田空港は第2ターミナルを使用 機材は当初計画より大型化 Traicy 2019年9月26日
  154. ^ a b セブパシフィック航空、東京/成田〜クラーク線開設 8月9日から週4便 Traicy 2019年4月2日
  155. ^ ベトジェットエア、東京/成田〜ホーチミン線開設 7月12日から Traicy 2019年3月12日
  156. ^ エアアジアX、東京/成田〜クアラルンプール線の運航再開 11月20日から週4便 Traicy 2019年8月20日
  157. ^ スキャット・エアラインズ、10月末に成田/ヌルスルタン線を開設 FlyTeam 2019年10月27日
  158. ^ 春秋航空、東京/成田〜上海/浦東線を開設 10月27日から、成田T3乗り入れへ Traicy 2019年9月15日
  159. ^ ANAウイングスの機材・乗務員で運航する便あり
  160. ^ 札幌/新千歳、福岡、沖縄/那覇の一部の便では全日本空輸(ANA)とコードシェア
  161. ^ a b c d e f ピーチ、バニラエアの路線統合で成田/函館線など3路線廃止 FlyTeam 2018年12月17日
  162. ^ ピーチ、東京/成田〜長崎・鹿児島線開設 3月29日から Traicy 2020年1月28日
  163. ^ ピーチ、東京/成田〜石垣線を12月26日開設 大阪/関西〜石垣線も増便 Traicy 2019年8月26日
  164. ^ 日本航空(JAL)とコードシェア実施(JAL国際線との乗継時のみ)
  165. ^ [2]
  166. ^ エアージャパン運航便含む。
  167. ^ 成田空港の 2017 年夏ダイヤ定期航空会社別スケジュール (PDF) - 成田国際空港 2017年3月23日
  168. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜寧波線を4月25日開設 就航記念運賃は片道3,999円 Traicy 2019年4月10日
  169. ^ 成田=チェンナイ線の運航開始日とダイヤが決定ANA プレスリリース 2019年7月18日付
  170. ^ スリランカ航空、東京/成田〜コロンボ線のマレ経由への変更を延期 7月25日から Traicy 2019年6月26日
  171. ^ エルアル・イスラエル航空、東京/成田〜テルアビブ線を来年3月11日開設 航空券の販売開始 Traicy 2019年8月28日
  172. ^ a b 運航スケジュール 日本貨物航空
  173. ^ スカイマーク、11月下旬に成田/サイパン線就航 運賃は3,800円 FlyTeam 2019年10月24日
  174. ^ ANA、パース9月就航へ 成田から787-8Aviation Wire 2018年12月26日
  175. ^ 『東京(成田)=石垣線』『沖縄(那覇)=石垣線』3月14日から販売開始! - バニラエア 2018年3月13日
  176. ^ “航空輸送統計年報の概要 令和元年度(2019年度)分” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 総合政策局情報政策課交通経済統計調査室, (2020年6月30日), オリジナルの2020年8月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200831055012/https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001350930.pdf 2020年8月31日閲覧。 
  177. ^ a b チェジュ航空、日韓12路線を一部運休 10月26日まで Flyteam 2019年8月28日
  178. ^ a b デルタ航空、東京/成田〜ミネアポリス線を運休 東京/羽田発着に移管 Traicy 2016年9月12日
  179. ^ a b c デルタ航空、東京/成田〜サイパン・コロール線を運休 Traicy 2018年2月6日
  180. ^ a b ニューギニア航空、成田/チューク線を運休 10月13日から3月末まで Fly Team 2018年10月11日
  181. ^ JAL、仁川撤退へ 18年3月、成田運休 Aviation Wire 2017年7月12日
  182. ^ JALとANA、羽田ー広州開設 中国線拡大、北京・上海は増便
  183. ^ JAL、成田2路線9月就航へ メルボルンとコナ パリ10月運休 Aviation Wire 2017年5月29日
  184. ^ http://press.jal.co.jp/ja/release/200602/000196.html
  185. ^ ANA、羽田-大島が最終便 国際線強化へ Aviation Wire 2015年10月24日
  186. ^ a b c Peachとバニラエアの統合に伴う バニラエア便の運航ならびに路線の移管について Vanilla Air 2018年12月17日
  187. ^ バニラエア、ホーチミン撤退 約1年6ヶ月で Traicy 2017年12月13日
  188. ^ バニラエア、成田-セブ10月運休 Aviation Wire 2018年8月1日
  189. ^ http://www.jwing.net/news/28764
  190. ^ http://www.traicy.com/20161122-GEv3
  191. ^ http://www.tna.com.tw/jp/news-jp?cid=1932
  192. ^ Singapore Air voucher offer; American Airlines upgrades; Korean Air flies Honolulu”. ジャパンタイムズ (2013年1月23日). 2016年2月28日閲覧。
  193. ^ 大韓航空、日韓路線を減便 Flyteam 2019年8月21日
  194. ^ エアプサン、10月27日から日本発着9路線の一部または全便運休へ Flyteam 2019年9月9日
  195. ^ http://airlineroute.net/2014/01/27/mh-lax-s14update1/
  196. ^ エアアジア、成田/ジャカルタ線の運休を決定 5月就航で9月末に FlyTeam 2018年8月9日
  197. ^ インドネシア・エアアジアX、東京/成田〜デンパサール線を運休 来年1月14日で Traicy 2018年10月23日
  198. ^ エチオピア航空、2018年6月2日から成田/アディスアベバ線を仁川経由に FlyTeam 2017年11月14日
  199. ^ ルフトハンザ、成田の運休継続 支社長「グループで運航」 Aviation Wire 2017年10月20日付
  200. ^ http://www.npf-airport.jp/news/airportnews/news_0110/news/news_data05.html
  201. ^ “AOM仏航空日本初乗り入れ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1992年3月30日) 
  202. ^ アメリカン航空、東京/成田〜シカゴ線から撤退 来夏以降も成田線継続 Traicy 2019年10月17日
  203. ^ デルタ航空、東京/成田〜台北/桃園線から撤退 最終運航日は5月24日 Traicy 2017年1月14日
  204. ^ デルタ航空、東京/成田〜上海/浦東線から来年7月にも撤退へ アトランタ線開設で Traicy 2017年8月11日
  205. ^ デルタ航空、成田/バンコク線を10月30日に運休へ 成田路線の再編で FlyTeam 2016年8月13日
  206. ^ デルタ航空、東京/成田〜シンガポール線から撤退 9月22日で Traicy 2019年8月2日
  207. ^ デルタ航空、東京/成田〜ロサンゼルス線撤退へ 東京/羽田昼間発着便に移管で Traicy 2016年5月17日
  208. ^ デルタ航空、東京/成田〜グアム線を運休 需要低下で路線維持難しく Traicy 2017年9月20日
  209. ^ United ends Tokyo – Seoul route in Oct 2017 routes online 2017年4月5日
  210. ^ ユナイテッド航空、成田-シンガポール運休 6月から Aviation Wire 2016年1月31日
  211. ^ カンタス航空、12月16日から成田/メルボルン線に直行便就航 Fly Team 2016年9月16日
  212. ^ ニューギニア航空、成田線を運休 レジャー旅行の回復に長い時間 Fly Team 2021年08月09日
  213. ^ a b c d アイベックスエアラインズ、成田・小松撤退 6路線運休、2路線開設(2020年8月20日、TRAICY)2020 年10月28日閲覧
  214. ^ 小松―成田・仙台線の運航休止 アイベックス(2020年8月20日、日本経済新聞)2020年10月28日閲覧
  215. ^ アイベックス冬ダイヤ 仙台空港発着の小松線と成田線、休止に(2020年08月20日、河北新報)2020年10月28日閲覧
  216. ^ スカイマーク、11月29日に成田/名古屋線を開設 就航記念運賃も設定 FlyTeam 2019年10月25日
  217. ^ 春秋航空日本、3月24日まで成田/広島線は1日1往復 成田/新千歳線は運休 FlyTeam 2018年1月16日
  218. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜大阪/関西線を運休 訪日ツアー需要伸びず Traicy 2017年8月30日
  219. ^ a b c d e バニラエア、来年10月26日に運航終了 東京/成田〜香港線など3路線廃止 Traicy 2018年12月17日
  220. ^ バニラエア、東京/成田〜大阪/関西線を運休 6月15日で Traicy 2018年3月13日
  221. ^ https://news.livedoor.com/article/detail/21046713/
  222. ^ a b どうなる、こうなる首都圏の鉄道網--(最終回)成田新線・新交通編 - 1 / 2 Business Media 誠 2008年11月7日
  223. ^ JR東日本
  224. ^ 森田健作マニフェスト (PDF)
  225. ^ 「成田〜羽田リニア、事業費3兆円=国交省が試算」 時事ドットコム(時事通信)2009年02月24日[リンク切れ]
  226. ^ 電車でのアクセス - 成田国際空港第3ターミナル
  227. ^ Narita Air & Bus!成田空港から観光地へダイレクトアクセス! ~高速バス・LCC等の利用促進に向けて~(国土交通省)
  228. ^ 有料ラウンジ | 成田国際空港公式WEBサイト」『成田国際空港公式WEBサイト』。2018年8月25日閲覧。
  229. ^ 成田空港おトク情報|成田空港地域共生・共栄会議” (日本語). www.narita-kyousei.gr.jp. 2018年8月23日閲覧。
  230. ^ エアージャパン運航
  231. ^ 成田空港でカナダ機が誤進入=B滑走路閉鎖 2018/07/30 23:12 時事通信
  232. ^ “大臣会見 前原大臣会見要旨” (プレスリリース), 国土交通省, (2009年10月13日), http://www.mlit.go.jp/report/interview/daijin091013.html 2012年10月7日閲覧。 
  233. ^ 「成田B滑走路、さらに北伸もありうる」NAA社長Asahi.com2009年10月23日(2009年10月25日時点のアーカイブ
  234. ^ 「成田空港、新滑走路検討へ 国・千葉県、月内にも開始」朝日新聞デジタル 2015年8月4日(火)9時30分配信
  235. ^ http://www.narita-kinoukyouka.jp/news/backnumber/160927_01/index.html 2016年9月27日に四者協議会が開催されました。
  236. ^ 成田空港の明日を、いっしょに|四者協議会における検討状況” (日本語). www.narita-kinoukyouka.jp. 2018年8月25日閲覧。
  237. ^ “「成田空港の更なる機能強化 環境影響評価書」の公表及び縦覧について” (プレスリリース), 成田市, (2019年9月27日), https://www.city.narita.chiba.jp/environment/page0126_00041.html 2019年11月23日閲覧。 
  238. ^ “「成田空港の更なる機能強化」にかかる航空法の変更許可申請について” (プレスリリース), 成田国際空港株式会社, (2019年11月7日), https://www.naa.jp/jp/20191107_henkoukyokashinsei.pdf 2019年11月23日閲覧。 
  239. ^ “国交省、成田空港の施設変更申請を許可 B滑走路延伸とC滑走路新設など” (プレスリリース), FlyTeam 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「成田国際空港」の関連用語

成田国際空港のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



成田国際空港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの成田国際空港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS