秋田県 観光

秋田県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 00:00 UTC 版)

観光

有形文化財建造物

重要伝統的建造物群保存地区

対外関係

秋田県を舞台とした作品

文芸

映画

ドラマ

秋田県にTBS系列はないが、ABS(秋田放送)で放送された。

歌謡

漫画

アニメ

  • ラブリームービー いとしのムーコ(平成25年7月 - 12月、フジテレビ)
  • ラブリームービー いとしのムーコ Season2(平成26年4月 - 10月、BSフジ)
  • テレビアニメ いとしのムーコ(平成27年10月 - 平成28年3月、テレビ東京)
※ 上記の3作品とも秋田テレビで放送した。
※ この作品は秋田放送で放送された。

ゲーム

秋田県出身の人物

秋田県名誉県民

秋田県名誉県民の称号は、1981年(昭和56年)3月13日に制定された秋田県名誉県民条例(昭和56年3月13日秋田県条例第1号)に基づき、「秋田県の発展に卓絶した功績があり、県民が誇りとしてひとしく敬愛する者」へ贈られる(条例第1条)[62]。対象者は「政治経済の発展、学術文化の振興、地方自治の振興、社会福祉の向上その他県民の福祉の増進に広く貢献した者」であり(秋田県名誉県民条例施行規則第2条)[63]、秋田県知事が秋田県議会の同意を得て選定することが定められている(条例第2条)[62]。名誉県民に選定された者には、秋田県名誉県民称号記と秋田県名誉県民章が贈呈される(条例第3条)[62]

受賞者氏名 職業 選定年月日 備考 出典
小畑勇二郎 政治家 1981年3月25日 元秋田県知事 [64]
山崎貞一 科学者実業家 1989年9月25日 TDK会長 [64]
日沼頼夫 医学者 1989年9月25日 ウイルス研究での業績 [64]
明石康 国際連合職員 1993年9月30日 国際連合事務次長 [64]
遠藤章 農芸化学者 2006年12月20日 文化功労者 [64]

秋田県県民栄誉章受章者

スポーツ・文化などの分野で顕著な業績をあげた個人・団体に秋田県県民栄誉章が贈られており、2018年10月までに19個人3団体が顕彰されている。


注釈

  1. ^ a b 仙北市のうち八幡平頂上付近の県道などは、仙北地域振興局ではなく、鹿角地域振興局が管理する。
  2. ^ かつて明徳館の所在地だったことから教育と縁のある地として選ばれた。
  3. ^ 奥羽本線の秋田駅 - 追分駅男鹿線の乗り入れもあるため日中は毎時2本程度。
  4. ^ ジェイエアによる運航便含む
  5. ^ ANAウイングスによる運航便含む
  6. ^ 日本航空及びデルタ航空とコードシェア
  7. ^ 現在運休中。尚、再開の目処はたっていない。
  8. ^ 大館市は青森テレビ(ATV)が、由利本荘市はテレビユー山形(TUY)が担当する場合あり。
  9. ^ これらエピソードは共に、大仙市が舞台の中心(主に大曲駅周辺)となっている。

出典

  1. ^ “【北朝鮮拉致】北工作員の関連事件が頻発した秋田県北部の海岸線を調査会が現場検証した 「ここならどこからでも入れる…」(3/4ページ)”. 産経新聞. (2016年6月28日). https://www.sankei.com/premium/news/160622/prm1606220004-n3.html 2016年11月22日閲覧。 
  2. ^ “【北朝鮮船漂着】かつては工作員が侵入繰り返す 秋田の海岸、蓮池薫さん拉致実行犯も(2/2ページ)”. 産経新聞. (2017年11月24日). https://www.sankei.com/world/news/171124/wor1711240023-n2.html 2017年1月18日閲覧。 
  3. ^ 金本良嗣. “都市雇用圏-Urban Employment Area-”. 東京大学 空間情報科学研究センター. 2017年3月25日閲覧。
  4. ^ 平川南2014「古代交流の結節点・秋田」『第29回国民文化祭・あきた2014シンポジウム「古代秋田に集った人々」-古代交流の結節点・秋田-』第29回 国民文化祭 秋田市実行委員会シンポジウム「古代秋田に集った人々」企画委員会
  5. ^ 冨樫泰時「あきたのあけぼの」10-14ページ(塩谷順耳・冨樫泰時・熊田亮介・渡辺英夫・古内龍夫『秋田県の歴史』山川出版社 2001年5月)
  6. ^ 『日本の特別地域 特別編集68 これでいいのか秋田県』40頁 - 41頁 (地域批評シリーズ)
  7. ^ 『日本の特別地域 特別編集68 これでいいのか秋田県』42頁 - 43頁 (地域批評シリーズ)
  8. ^ 『日本の特別地域 特別編集68 これでいいのか秋田県』pp.46-47 (地域批評シリーズ)
  9. ^ a b 「秋田市史 第四集」9頁。
  10. ^ 秋田県公文書館研究紀要 第八号 (PDF, 14.2 MiB)
  11. ^ a b 「秋田市史 第四巻」7頁。
  12. ^ 「秋田市史 第四巻」8頁。
  13. ^ 「秋田市史 第四集」8頁。
  14. ^ a b 「秋田市史 第四集」10頁。
  15. ^ 「秋田市史 第四集」81頁。
  16. ^ a b 「秋田市史 第四巻」107頁。
  17. ^ a b 「秋田市史 第四巻」84頁。
  18. ^ 「秋田市史 第四巻」11頁。
  19. ^ a b c 「秋田市史 第四巻」12頁。
  20. ^ 「秋田市史 第四巻」38頁。
  21. ^ a b 「秋田市史 第四巻」13頁。
  22. ^ a b 「秋田市史 第四巻」97頁
  23. ^ a b c 「秋田市史 第四巻」64頁
  24. ^ 「秋田市史 第四巻」102頁。
  25. ^ a b c d e 「秋田市史 第四巻」14頁
  26. ^ a b 「秋田市史 第四巻」58頁。
  27. ^ a b c 「秋田市史 第四巻」61頁
  28. ^ a b c 「秋田市史 第四巻」98頁。
  29. ^ a b 「秋田市史 第四巻」118頁。
  30. ^ 「秋田市史 第四巻」35頁。
  31. ^ 「秋田市史 第四巻」119頁。
  32. ^ a b c 「秋田市史 第四巻」120頁。
  33. ^ “【北朝鮮船漂着】かつては工作員が侵入繰り返す 秋田の海岸、蓮池薫さん拉致実行犯も(1/2ページ)”. 産経新聞. (2017年11月24日). https://www.sankei.com/world/news/171124/wor1711240023-n1.html 2018年11月22日閲覧。 
  34. ^ “【戦後70年 東北の記憶】男鹿脇本事件(上)水際で捕まった北の工作員”. 産経新聞. (2015年7月7日). https://www.sankei.com/region/news/150707/rgn1507070056-n1.html 2018年11月21日閲覧。 
  35. ^ a b 人口推計 2018年(平成30年)10月1日現在 概要”. 総務省統計局 (平成31年4月12日公表). 2019年7月31日閲覧。
  36. ^ 秋田県 人口100万人割れ 減少率4年連続トップ”. 毎日新聞社 (2017年4月21日). 2017年5月9日閲覧。
  37. ^ a b c d e 平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の概況”. 厚生労働省人口動態・保健社会統計室 (平成31年). 2019年7月31日閲覧。
  38. ^ a b https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2018np/index.html
  39. ^ a b c ファイル:///C:/Users/ASAI/Downloads/uploads_public_archive_0000042814_00_H30%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%8B%95%E6%85%8B%E7%B5%B1%E8%A8%88%E3%81%AE%E6%A6%82%E6%B3%81%EF%BC%88%E6%A6%82%E6%95%B0%EF%BC%89.pdf
  40. ^ 秋田県人口100万人割れ 東北6県で初、止まらぬ社会減”. 日本経済新聞社 (2017年4月22日). 2017年5月9日閲覧。
  41. ^ http://www.ipss.go.jp/pp-shicyoson/j/shicyoson18/1kouhyo/gaiyo.pdf
  42. ^ 都道府県別合計特殊出生率:1925~2002年(国立社会保障・人口問題研究所ホームページ)
  43. ^ 令和元年人口動態統計月報年計(概数)  秋田県の概況 | 美の国あきたネット "令和元年人口動態統計の概況(秋田県分).pdf"
  44. ^ 人口10万人あたり犯罪件数 最多の大阪は最少・秋田の5倍 - NEWSポストセブン(小学館) 2011年5月30日。
  45. ^ 産経ニュース
  46. ^ 『朝日小学生新聞』2011年2月7日
  47. ^ 平成25年農業産出額 - 農林水産省
  48. ^ http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/shiori-gaikyo/seishu/2010/pdf/18.pdf 製成・移出入数量および集中度(都道府県別)
  49. ^ 都道府県別1人当たり県民所得 - 内閣府
  50. ^ 秋田魁新報社(編)『秋田大百科事典』 秋田魁新報社、1981年9月、108頁。
  51. ^ 平成17年秋田県工業振興アクションプラン(秋田県公式サイト)
  52. ^ ビックあきたvol.302(財団法人あきた企業活性化センター)
  53. ^ シェールオイル、秋田で生産開始 石油資源開発(日本経済新聞)
  54. ^ 秋田県内の高等学校一覧” (日本語). 美の国あきたネット. 2021年9月16日閲覧。
  55. ^ 秋田県南日々新聞
  56. ^ あきた北新聞
  57. ^ 柴田武ほか編『岩波講座 日本語11 方言』岩波書店、1977年(昭和52年)、57-73頁。
  58. ^ 『47都道府県うんちく事典』265頁出版社-PHP文庫・執筆者-八幡和郎
  59. ^ がん登録・統計
  60. ^ 交流の経緯と概要(中国甘粛省)”. 美の国あきたネット. 2020年9月12日閲覧。
  61. ^ 美の国あきたネット
  62. ^ a b c 秋田県名誉県民条例 - 秋田県、2019年7月29日閲覧。
  63. ^ 秋田県名誉県民条例施行規則 - 秋田県、2019年7月29日閲覧。
  64. ^ a b c d e 「秋田県名誉県民顕彰制度の概要」及び「これまでの名誉県民顕彰者」について - 秋田県、2019年7月29日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秋田県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

秋田県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
秋田県の温泉情報



秋田県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋田県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS