オーストラリア 科学技術

オーストラリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/18 03:25 UTC 版)

科学技術

オーストラリア科学技術局英語版は同国における科学技術の最高機関として認知されている。

国民

人口ピラミッド
地域ごとの平均年齢(2011年)

民族

多民族国家であるオーストラリア国民のうち約70%がヨーロッパ系白人であり、その他にアジア人が約12%、アボリジニオーストラリア先住民)などが約2%、アフリカ系黒人が約1.5%となっている。移民は全体の約2割を占め、出身国はイギリスニュージーランド中国インドイタリアベトナムが多い。

1975年に人種差別禁止法が制定されるまでは、「白豪主義」という国家政策に基づき白色人種以外の移民を受け入れることを基本的に禁止していた。2011年公開のイギリス映画『オレンジと太陽』で描かれた児童移民もいる。

言語

公用語は英語(オーストラリア英語)で、人口の78.5%が家庭で英語のみを使用し、最も広く使われている。また移民の割合が高いため、非英語圏から来た移民あるいはその子孫の中には家庭で祖国の言葉を使う者もおり、中国語話者が2.1%、イタリア語話者が1.6%など少数だが存在する。先住民族の言語(オーストラリア・アボリジニ諸語タスマニア諸語)は植民地化の過程で多くが消滅し、現在まで残っている言語もほとんどが消滅の危機に瀕している。

一部では、クレオール言語オーストラリア・クレオール言語英語版)も使用される。

人名・婚姻

移民も多く、さまざまな人名が存在する。さらに、氏名の変更が比較的容易に可能である。また、婚姻の際には、夫婦別姓、結合姓、夫婦同姓いずれも選択可能である[67][68]

宗教

シドニー・セント・メアリー大聖堂

宗教はキリスト教が主であり、2021の国勢調査によれば、ローマ・カトリックが20%、聖公会が20%などを含めたキリスト教徒全体が約43.9%、非キリスト教が9.1%、無宗教が38.9%、無回答が7.2%である。また別の統計によれば[69]、週に少なくとも1回は教会を訪れるのは、人口の7.5%であるという。

教育

公立校は各州の教育省が管轄しており、州によってカリキュラム、中学校への進学学年、学期制度などが異なる。

6歳から15歳(日本の高等学校1年)、あるいはタスマニア州の16歳(高校2年)までが義務教育期間となる。小学校入学前の就学前教育機関はプリスクールと呼ばれ、デイケアなどが含まれる。プリスクールを幼児教育ではなく初等教育の一部とする州もある。小学校はプライマリー・スクールと呼ばれ、男女共学で6年生または7年生まで。中等教育はセカンダリー・スクールと呼ばれる中高一貫で12年生までが通うが、例外はタスマニア州で7年から10年までのハイスクールと11・12年のセカンダリー・カレッジに分かれている。大学やTAFEはターシャリー・エデュケーションと呼ばれる。大学は大多数が州立大学であり、国立と私立は少数である。オーストラリアの大学は留学生の比率が非常に高い。

初等、中等教育機関には私立校が多く、全体の約3割を占める。キリスト教主義学校とくにカトリックと聖公会に属すものが多い。教会直属の学校のほかに、イギリスと同様、インデペンデント・スクールと呼ばれる学校が多くあり、一部は名門校として知られている。授業料が比較的安いためカトリック系インデペンデント・スクールは人気があり、私立校の一分野を築いている。オーストラリアの私立校は政府から補助金を支給されており、運営費の約半分を占める。

シドニー大学

義務教育(高校1年あるいは2年)を終えた時点で終了試験を受け、合格すれば義務教育終了証を得るが、大学に進学しない者も3年生まで通って各州で統一された卒業試験を受ける生徒が多い。大学は卒業試験と、高校の最終2年間の成績をもとに入学審査を行う[70]職業訓練の要素が強い高等教育機関であるTAFE(州立)やVET(私立)を選択することもできる。

どの州にも共通しているのは

  • 1月末から2月はじめの夏の終わりごろに新学期が始まる
  • 公立校でも小学校から制服がある。紫外線が強く、通学帽としてだけでなく休み時間や屋外で行う授業でも制帽の着用が義務づけられている。
  • 一クラスの人数は20人から25人程度で、教科書も各学校や学級ごとに異なる。
  • 小学校から留年(該当科目だけ留年の場合もあり)がある

といった点である[71]

保健

医療

平均寿命は男性81.8歳、女性85.8歳(2020年)[72]社会保険制度は存在せず、一般税収を原資としたユニバーサルヘルスケアが達成されている[73]

治安

オーストラリアは比較的治安の良い国と思われがちだが、現状は日本と比較すると一般犯罪が非常に多く発生している。特に近年では、テロ事件なども発生しており、充分な安全対策が必要とされている。また、州ごとに犯罪発生件数や発生率の差異があることが報告されており、地域別の犯罪発生状況は日本の数十倍を超えるものも確認されている[74]

中でもキャンベラ首都特別地域が罪種により犯罪発生率が日本のおよそ2倍から50倍近く、ニューサウスウェールズ州では強盗などの一部罪種は日本と比較すると20倍以上の発生率となっているほか、性犯罪及びDV関連の暴行、傷害は増加傾向にあるなど社会問題となっている[74]

治安維持

警察

人権

人種差別問題

住民の主流を占める白人による、先住民アボリジニや他の有色人種の移民に対する迫害や差別の歴史があり、現在もアジア系を初めとする黄色人種黒人中東系などの有色人種に対する優越思想や白豪主義が一部に存在し、2005年にはクロナラ暴動が発生した[75]。またほぼ同時期に「レッツ・ゴー・カレー・バッシング(Let's go Curry Bashing!)」という合言葉でインド人が連続して襲撃される事件もメルボルンやシドニーで多発した(在豪インド人連続襲撃事件)。

なお、ウェスタンシドニー大学の調査によると、国民の10人に1人が「白人至上主義者」であることが明らかになり、人種差別的視点を持つ者が少なくないことが明らかとなった[76]

難民

かつては積極的に難民を受け入れる国であったが、リーマン・ショックに端を発する経済危機をきっかけに、移民や難民の受け入れに慎重な姿勢を取るようになってきている[77]東南アジア南洋諸島の国々と協定を結んで、これらの国に難民受け入れの施設を建設する資金を提供する代わりに、移住を望む難民の受け入れを肩代わりしてもらうようになっている。協定を交わしている国には、カンボジアナウル、パプアニューギニアなどがある。しかし、これらの国に建設されている難民収容施設は、清潔な水や十分な食料も与えられず、働く場所もないなど非常に劣悪であり[78]アムネスティ・インターナショナルはオーストラリア版グアンタナモと批判している[79]。難民保護の実績もなければ、国民ですらまともな人権を享受していない国に難民を送りつける行為を、ヒューマン・ライツ・ウォッチは批判している[79]。難民収容所では、職員による人種差別的な行為も蔓延しており、2014年2月には、劣悪な環境に耐えかねた収容者による暴動が発生し、死者が出ている[80]

ケビン・ラッド首相は、2013年7月19日、許可無く漂着した場合は全て、パプアニューギニアへ移送する方針を発表した[81]。そのラッドから、2013年秋に政権を奪ったトニー・アボットは難民についてさらに厳しい姿勢を表明しており、「わが国に不法に入国しようとする難民船は1隻残らず追い返す」との公約を掲げ、実際にその公約を実現するために動いており[79]、近づく不法な難民船は、海軍によって追い出され、出港地に送り返されている[79][82]


注釈

  1. ^ 国歌は公式には『Advance Australia Fair』であるが、国王や総督が臨席する場合には『国王陛下万歳』が用いられる。
  2. ^ イギリス側の法であるウェストミンスター憲章とオーストラリア側の法である1942年ウェストミンスター憲章採択法英語版による。1939年9月3日まで遡及して適用。

出典

  1. ^ UNdata”. 国連. 2021年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e IMF Data and Statistics 2021年10月[1]
  3. ^ Constitution of Australia”. ComLaw (1900年7月9日). 2011年8月5日閲覧。 “3. It shall be lawful for the Queen, with the advice of the Privy Council, to declare by proclamation that, on and after a day therein appointed, not being later than one year after the passing of this Act, the people of New South Wales, Victoria, South Australia, Queensland, and Tasmania, and also, if Her Majesty is satisfied that the people of Western Australia have agreed thereto, of Western Australia, shall be united in a Federal Commonwealth under the name of the Commonwealth of Australia.”
  4. ^ Macquarie ABC Dictionary. The Macquarie Library Pty Ltd. (2003). p. 56. ISBN 1-876429-37-2 
  5. ^ Australia”. Oxford Dictionaries. Oxford University Press (2010年4月). 2012年7月26日閲覧。
  6. ^ “2022年のオーストラリア人口増加率は1.9% 移住者受け入れ再開で14年ぶり高水準”. NICHIGO PRESS. (2023年6月16日). https://nichigopress.jp/news-item/68018/ 2023年11月17日閲覧。 
  7. ^ “【2023年最新】世界人口ランキング 史上初80億人を突破、日本は12位に順位を下げる”. ELEMINIST. (2023年6月13日). https://eleminist.com/article/2728 2023年11月17日閲覧。 
  8. ^ “オーストラリアで人口増、移民が全人口の5割に”. 日本貿易振興機構(JETRO). (2022年7月27日). https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/07/5b80a2dfcfb9f459.html 2023年11月17日閲覧。 
  9. ^ “先住民98万人、5年で2割増=人口の3.8%―豪国勢調査”. 時事通信. (2023年8月31日). https://equity.jiji.com/oversea_economies/2023083100892 2023年11月17日閲覧。 
  10. ^ オーストラリア基礎データ外務省 閲覧2018年1月20日
  11. ^ The Australian continent”. Bureau of Meteorology. 2023年2月10日閲覧。
  12. ^ Deserts”. Geoscience Australia. Australian Government (2014年5月15日). 2023年2月10日閲覧。
  13. ^ Geographic Distribution of the Population”. 2012年12月1日閲覧。
  14. ^ Wade, Nicholas (2011年9月22日). “Australian Aborigine Hair Tells a Story of Human Migration”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/09/23/science/23aborigines.html 
  15. ^ European discovery and the colonisation of Australia”. Australian Government:Culture Portal. Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts, Commonwealth of Australia (2008年1月11日). 2010年5月7日閲覧。 “[The British] moved north to Port Jackson on 26 January 1788, landing at Camp Cove, known as 'cadi' to the Cadigal people. Governor Phillip carried instructions to establish the first British Colony in Australia. The First Fleet was under prepared for the task, and the soil around Sydney Cove was poor.”
  16. ^ Davison, Hirst and Macintyre, pp. 157, 254.
  17. ^ Both Australian Aborigines and Europeans Rooted in Africa – 50,000 years ago”. News.softpedia.com. 2013年4月27日閲覧。
  18. ^ Australian Social Trends”. Australian Bureau of Statistics website. Commonwealth of Australia. 2008年6月6日閲覧。
  19. ^ Walsh, Michael (1991) "Overview of indigenous languages of Australia" in Suzanne Romaine (1991). Language in Australia. Cambridge University Press. p. 27. ISBN 978-0-521-33983-4. https://books.google.com/books?ei=LQjdVLuJC8K-ggSYk4HYCg&id=odXuIsxHaOYC&dq=Suzanne+Romaine+%28ed.%29+Language+in+Australia&q=Overview+of+indigenous+languages+of+Australia#v=snippet&q=Overview%20of%20indigenous%20languages%20of%20Australia&f=false 
  20. ^ Australia: World Audit Democracy Profile”. WorldAudit.org. 2007年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月5日閲覧。
  21. ^ Data refer mostly to the year 2014. Economic Outlook Database-April 2015, International Monetary Fund. Accessed on 25 April 2015.
  22. ^ AUSTRALIA IS A TOP 20 COUNTRY FOR ECONOMY; Australian Government; dfat.gov.au
  23. ^ World Economic Outlook Database, October 2018, International Monetary Fund. Accessed on 1 April 2019.
  24. ^ Human Development Report 2021-22”. United Nations Development Programme (2022年). 2022年9月9日閲覧。
  25. ^ Trends in World Military Expenditure, 2017”. www.sipri.org. 2023年2月10日閲覧。
  26. ^ この「洲」は四方を海で囲まれた「大洲」すなわち大陸を指している。日本ではクックのオーストラリア大陸発見が、文政年間(1804-1814)に幕府天文方高橋景保によって紹介された。吉野政治「五大州 : 鎖国時代の世界地理認識」『同志社女子大學學術研究年報』第60巻、2009年12月25日、118(21)–107(32)、doi:10.15020/00000365 
  27. ^ 横山祐典「地球温暖化と海面上昇 -氷床変動・海水準変動・地殻変動ー」/ 日本第四紀学会・町田洋・岩田修二・小野昭編著 『地球史が語る近未来の環境』 東京大学出版会 2007年 50ページ
  28. ^ オーストラリアで発見された象形文字は歴史を書き換えることができます”. Afrikhepri (2019年). 2019年6月8日閲覧。
  29. ^ Gosford Glyphs 1.m4v
  30. ^ Encyclopedia of Australian Wildlife, Steve Parish Publishing, p.120-123, ISBN 9781740212441
  31. ^ Australian Museum. “Megafauna extinction theories - patterns of extinction”. 2010年4月23日閲覧。
  32. ^ : Willem Janszoon
  33. ^ “オーストラリアを発見した日本人”. 産経新聞. (2014年4月8日). オリジナルの2014年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140408150431/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140408/fnc14040803230003-n1.htm 
  34. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,旺文社世界史事典 三訂版,世界大百科事典. “オーストラリアとは”. コトバンク. 2022年3月30日閲覧。
  35. ^ 世界大百科事典内言及. “ブラック・ウォーとは”. コトバンク. 2022年6月11日閲覧。
  36. ^ 鈴木 清史 (2010年). “オーストラリアの戸惑い : 2つの巨大貿易国のはざまで (日本とアジアの相互の照射  ” (PDF). 静岡大学人文学部アジア研究センター. 2020年12月17日閲覧。
  37. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,旺文社世界史事典 三訂版,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “白豪主義とは”. コトバンク. 2022年3月30日閲覧。
  38. ^ バークとウィルズの探検 - [Bun45 オーストラリア辞典 - 大阪大学大学院 西洋史学研究室]”. www.let.osaka-u.ac.jp. 2022年6月11日閲覧。
  39. ^ オーストラリアの首都機能移転”. 国土交通省. 2020年6月11日閲覧。
  40. ^ 豪総選挙 最大野党勝利 9年ぶり政権交代の見通し 地元メディア”. 2022年5月26日閲覧。
  41. ^ 豪で君主制廃止論再燃? 首相「女王退位後に共和制移行を」 AFPBB News(2016年12月19日)2020年2月23日閲覧
  42. ^ : local government act
  43. ^ : local government
  44. ^ : gegional council
  45. ^ THE AUSTRALIAN LOCAL GOVERNMENT GUIDE APRIL 2006』より。
  46. ^ “豪州牛肉、ワイン関税引き下げ…日豪EPA発効”. 読売新聞. (2015年1月15日) 
  47. ^ “日豪EPA発効、牛肉など値下げ機運 小売店はやセール”. 日本経済新聞. (2015年1月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO81997970W5A110C1EA2000/ 2020年12月30日閲覧。 
  48. ^ ワーキング・ホリデー制度”. 外務省. 2020年12月30日閲覧。
  49. ^ “外国人観光客数、増加 豪ドル高の影響見られず”. JAMS.TV. (2007年11月5日). オリジナルの2009年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090103175935/http://news.jams.tv/jlog/view/id-3238 
  50. ^ “日豪プレス年表”. 日豪プレス. オリジナルの2021年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210426083056/http://www.nichigo.com.au/ja/history/ 
  51. ^ オーストラリアにおける対日世論調査結果』(PDF)(プレスリリース)外務省、2018年12月28日。 オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210616190924/https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000453087.pdf 
  52. ^ “動画:安倍首相、旧日本軍空襲の豪ダーウィン訪問 慰霊碑に献花”. AFP. (2018年11月18日). オリジナルの2018年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181119011717/https://www.afpbb.com/articles/-/3198127 
  53. ^ “安倍首相の初の豪ダーウィン訪問、地元紙は好意的に報道”. 産経新聞. (2018年11月17日). オリジナルの2021年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210630095221/https://www.sankei.com/article/20181117-3WMR3I3QC5IDPCPER2AABOTBUE/ 
  54. ^ “安倍晋三首相への謝意”. 駐日オーストラリア大使館. (2020年8月28日). オリジナルの2020年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200902110343/https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/pr2020_tk07.html 
  55. ^ 日豪円滑化協定の署名”. Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年1月7日閲覧。
  56. ^ オーストラリアで震災が少ないのはなぜ? メルボルン郊外で「過去100年で最大」の地震も被害ゼロ”. 日豪プレス (2023年5月29日). 2023年12月28日閲覧。
  57. ^ メルボルンでM3.8の地震、120年ぶりの規模 住民驚き オーストラリア”. CNN.co.jp (2023年5月30日). 2023年12月28日閲覧。
  58. ^ http://adl.brs.gov.au/forestsaustralia/_pubs/sofr2008reduced.pdf
  59. ^ ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊』13章「搾取されるオーストラリア」(草思社2005)
  60. ^ a b c オーストラリア・モリソン首相、支持率急落 コロナ、環境問題で逆風”. 毎日新聞. 2022年1月9日閲覧。
  61. ^ 豚を野に放すとイノシシになる?サイボクハムぶた博物館 2月23日閲覧
  62. ^ サンスマートプログラム在日オーストラリア大使館 2020年2月23日閲覧
  63. ^ オーストラリアとニュージーランドの地方自治
  64. ^ トヨタ、オーストラリアでの生産を終了…54年の歴史に幕 レスポンス(2017年10月3日)2017年10月6日閲覧
  65. ^ オーストラリアにおける農産物の 生産・貿易政策の現状 - ジェトロ(2009年3月)
  66. ^ オーストラリアに於ける米流通と 米先物市場形成の可能性
  67. ^ Change of Name - Australia Passport Office
  68. ^ 【世界から】「呼ばれたい名前」が自分の名前豪州の夫婦別姓事情、共同通信、2017年4月26日
  69. ^ NCLS Research:NCLS releases latest estimates of church attendance(英文)
  70. ^ APLa オーストラリアの教育
  71. ^ オーストラリア教教育ネットワーク:オーストラリアの教育
  72. ^ 豪人の平均寿命、コロナ禍で0.7年延長 - NNA ASIA・オーストラリア・社会”. NNA.ASIA. 2023年4月15日閲覧。
  73. ^ Health at a Glance 2013, OECD, (2013-11-21), doi:10.1787/health_glance-2013-en, ISBN 9789264219984 
  74. ^ a b オーストラリア安全対策基礎データ 海外安全ホームページ
  75. ^ JAMSTV、シドニー人種暴動の記事
  76. ^ オーストラリア人の約1割は人種至上主義者=調査”. ロイター. 2008年9月29日閲覧。
  77. ^ 【オーストラリア】 最近の移民政策をめぐる動向” (PDF). 海外立法情報調査室. 2015年6月13日閲覧。
  78. ^ “【アジアの目】豪州「もう難民はお断り!」 カンボジアへの難民移送に「人権侵害」の声も…”. 産経新聞. (2014年10月12日). https://www.sankei.com/article/20141012-46GFLSCTPJKINHSPMR5LCOC7RU/ 2015年6月13日閲覧。 
  79. ^ a b c d マリー・デュミエール (2015年1月20日). “オーストラリア「招かれざる客」を追い払え!”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/01/post-3521.php 2015年6月13日閲覧。 
  80. ^ “難民に国土を踏ませないオーストラリア”. アムネスティ日本 (ハフィントン・ポスト). (2014年8月13日). https://www.huffingtonpost.jp/amnesty-international-japan/austraria_b_5670534.html 2015年6月13日閲覧。 
  81. ^ “豪州がボート難民締め出しへ、パプアなど第三国へ移送”. AFPBB News. (2013年7月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/2956711?pid=11054563 2015年6月13日閲覧。 
  82. ^ オーストラリア:スリランカ人難民の送還を今すぐ中止に!”. アムネスティ日本. 2015年6月13日閲覧。
  83. ^ a b c 7.オーストラリア”. 国土交通省. 2023年4月15日閲覧。
  84. ^ a b c 守屋太郎 (2014年7月3日). “スターバックスがオーストラリアから撤退する理由”. 2020年12月30日閲覧。
  85. ^ Fashion Week Australia”. Sydney Point. 2023年6月17日閲覧。
  86. ^ First global market research project unveils more than one billion cricket fans 国際クリケット評議会 2020年7月3日閲覧。
  87. ^ The Greatest Cricketer of All Time – your votes revealed! BBC. 2020年6月15日閲覧。
  88. ^ Kohli can be the best after Sir Don Bradman Hindustan Times. 2020年6月15日閲覧。
  89. ^ The Independent's 100 sportsmen and women of the 20th century The Independent. 2020年6月15日閲覧。
  90. ^ Pele tops sportsman of the century poll IOL. 2020年6月15日閲覧。
  91. ^ 小野伸二の古巣が快挙!!創設3年目でアジア制覇 ゲキサカ
  92. ^ coach Pim Verbeek backs Harry Kewell's form and fitness
  93. ^ Players by birthplace: Australia Baseball Stats and Info - Baseball-Reference.com2020年3月27日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オーストラリア」に関係したコラム

  • CFDの株価指数と為替との関係

    CFDの株価指数には、日経平均株価(日経225)指数やS&P500種株価指数、イギリス100種株価指数などがあります。これらの株価指数の値動きと為替レートの値動きは連動している場合が多いようです。CF...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーストラリア」の関連用語

オーストラリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーストラリアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーストラリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS