土器とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 容器 > 土器の意味・解説 

かわら け かはら- [0] 【〈土器〉】

〔「瓦(かわら)(け)」の意〕
うわぐすりをかけてない素焼き陶器
素焼きの杯さかずき
酒宴酒盛り。 「御-始まり御箸下りぬる程に/宇津祭の使
近世語女性年頃になっても陰毛のないことをいう俗語。また,その女性。

ど き [1] 【土器】

粘土焼成して作る素焼き容器陶器磁器にくらべ,焼成温度一般に低い。日本では縄文土器弥生土器土師器(はじき)多量出土し,考古学研究上の貴重な資料となっている。かわらけ


土器

読み方:カワラケ(kawarake)

釉をかけてない素焼き陶器


土器

読み方:ドキdoki

土製容器の一。


かわらけ 【土器】

釉をかけずに焼いた素焼陶器(平盃)で、カワラケは瓦笥の意。朝廷神社の祭に神饌の器とする。

土器

読み方ドキ

粘土を主素材成形焼き上げ器物日本では縄文土器弥生土器土師器などがある。焼成温度600900度と低く、施釉して1200度以上で焼く陶器1350度以上で焼成する磁器区別される。

土器

読み方
土器かわらけ
土器すえど
土器どき

土器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/02 14:52 UTC 版)

土器(どき)は、を練り固めて成形し、焼き固めることで仕上げたである。




[ヘルプ]
  1. ^ 土器の煮炊き跡、世界最古=1万4000年前、北海道の縄文式―日欧チーム 時事通信(2013年4月11日)
  2. ^ 金田初代 監修『大判 これだけは知っておきたい 園芸の基礎知識』西東社、2013年、p.20
  3. ^ 高嶋廣夫著『実践陶磁器の科学』『陶磁器釉の科学』
  4. ^ 『粘土の世界』 日本粘土学会
  5. ^ 中国で最古2万年前の土器発見 焦げ跡、料理に使う?47NEWS2012年7月9日閲覧
  6. ^ [1]大英博物館に所蔵された水指


「土器」の続きの解説一覧





土器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土器」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

土器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ソリハシセイタカシギ

メリヤス編み

東西両本願寺仏具店界隈

クラウンスタッグ

バンブー

グローボール

花文透図鐔

オーストラリア・メリノ





土器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2017,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2017 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS