アイドル 女性アイドル史

アイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/28 04:16 UTC 版)

女性アイドル史

「アイドル」以前

1950年代から1960年代にかけて日活青春映画などに出演していた吉永小百合美空ひばりなどが活躍していた時代であり、またそのひばりに江利チエミらを加えた「三人娘」や伊東ゆかり中尾ミエ園まりからなる「スパーク三人娘」、ザ・ピーナッツなどが現在のアイドル的なポジションで活動していた。

1970年代

1970年代には量産される女性タレントを多少の揶揄の意味を込めて「かわい子ちゃん歌手」と呼ぶ風潮があったとのことである[46]山口百恵森昌子桜田淳子花の中三トリオ)、南沙織天地真理小柳ルミ子岡崎友紀麻丘めぐみ浅田美代子伊藤咲子アグネス・チャン岩崎宏美太田裕美木之内みどり高田みづえ大場久美子石野真子といったソロアイドル歌手が多く台頭。またピンク・レディーキャンディーズは、対照的な形で1970年代末のアイドルシーンを牽引した。

1980年代

1980年代に入り、松田聖子小泉今日子中森明菜菊池桃子早見優堀ちえみ石川秀美松本伊代河合奈保子柏原芳恵ら若年層に向けたポップスを主とする歌手が活躍を始め、「アイドル」の呼称が市民権を得るようになった[47][48]。1980年の時点では松田のレコード売上は新人部門4位で、ニューミュージック勢が優勢であったが[48]、1982年に小泉と中森がデビューし、女性アイドルの黄金時代となった[49]

1980年代中盤には、岡田有希子本田美奈子.荻野目洋子長山洋子(後に演歌歌手へ転向)がデビューしている。また、森口博子井森美幸山瀬まみらは歌手としては大成しなかったが、バラエティーアイドルとしてのジャンルを確立した。もっとも、森口博子はオタク文化の地位向上によって機動戦士ガンダムシリーズの主題歌の歌手として再評価されている。

また、中盤にブレイクしたおニャン子クラブはフジテレビ系夕方の番組内のオーディションから誕生。高校生を中心に多くのメンバーが在籍し、新田恵利国生さゆり河合その子福永恵規城之内早苗渡辺美奈代渡辺満里奈工藤静香らがソロデビューしている。うしろゆびさされ組うしろ髪ひかれ隊ニャンギラスら派生ユニットを次々と生み出す流れはその後のアイドル文化となった(うしろゆびさされ組の高井麻巳子岩井由紀子とうしろ髪ひかれ隊の工藤静香はソロでも活動)。

1980年代後半から、中山美穂南野陽子浅香唯酒井法子、工藤静香 (前述のおニャン子クラブ出身)らが台頭し、特に中山美穂(女優と並行)と工藤静香は90年代中盤まで活躍した。また後藤久美子小川範子坂上香織喜多嶋舞宮沢りえらローティーンの子役やモデルらがテレビ・CM等を中心に美少女ブーム[50]を牽引した。デュオとしては、Winkが独特の振り付けで話題となり、レコード大賞を受賞した。

このように数多くデビューはしたが、長らく歌手として活躍できたのは松田・中森・小泉等ごくわずかで、多くは女優や歌手以外のタレント業へとシフトして行った。

男性アイドル事務所であるジャニーズ事務所も1970年代〜1980年代は男女混合ユニットであるVIPスリーヤンキースオレンジシスターズなどの女性グループから飯野矢住代嶋田じゅん、ジャニーズ事務所二代目社長である藤島ジュリー景子などソロタレントなどが所属していた。

1990年代

1990年代に入るとアイドル全体の人気が下火となり、音楽番組も次々と打ち切られる状況になる。「アイドル冬の時代」と言われる状況の中で、高橋由美子観月ありさ宮沢りえ牧瀬里穂(「3M」と称された。命名者は中森明夫)らが登場、グループではCoCoribbon東京パフォーマンスドールSUPER MONKEY'SC.C.ガールズMi-KeMelodyといったアイドルが活躍した。Winkなど1980年代に人気を博したアイドルも少数ではあるが活動を続けていた。

1994年には水野あおいという元祖プレアイドル(現在でいうライブアイドル)も活動を開始した

1990年代半ばには、小室哲哉がプロデュースしたソロアイドル歌手である安室奈美恵華原朋美が登場して互いに競争し、内田有紀らが台頭。一方、グループアイドルではPUFFYMAXSPEEDモーニング娘。が大成功を収めた。この頃から人気女性歌手はアイドルというより同姓人気の高いアーティスト路線が多くなり、80年代までのアイドル歌手とは大きく路線が異なっていた。

1990年代後半になると、鈴木亜美広末涼子浜崎あゆみ宇多田ヒカルがブレイク。

1990年代アイドルの特徴として、1980年代とは逆に女優・モデル指向でも歌手デビューするケースが多い事が挙げられる(高橋、観月、宮沢、牧瀬、内田、広末、松たか子等)。

上記とは別に、谷村有美永井真理子森高千里(上記の松も含む)等アイドル性を持ちながら自ら作詞・作曲を行う若手の女性歌手も登場し、活躍した。詳細はGiRLPOPを参照。また、ビーイング系を中心としたZARDMANISHKIX-SEvery Little ThingPAMELAHFavorite Blueら、グループを含め従来のアイドル枠には収まらない女性ヴォーカルが活躍した時代でもあった。これらはアーティストと呼ばれるようになっていく。

2000年代

2000年代に入ると、前述の浜崎あゆみや宇多田ヒカルに加えて倉木麻衣中島美嘉愛内里菜大塚愛YUI倖田來未等が人気となり、歌姫ブームが巻き起こった。このようなアーティスト路線のソロ歌手の台頭により、従来型の女性アイドルは完全に下火となった。

また、前述のモーニング娘。がいわゆるハローマゲドン等の影響もあり、2002年頃から売上が急速に低下し始め、そのモー娘。と入れ替わる形で小池栄子MEGUMI等のイエローキャブ所属のグラビアアイドルや、ほぼ同時期からやや遅れて優香眞鍋かをり中川翔子若槻千夏小倉優子安めぐみ等がバラドルとしてバラエティ番組を席巻した。

2001年には、ハロー!プロジェクト内で松浦亜弥がデビューし、また2000年代半ばになると柴咲コウ上戸彩新垣結衣沢尻エリカ綾瀬はるか等といった女優が歌手デビューし、下火となった女性ソロアイドルの枠を埋め合わせる形で人気となった。

一方で、アイドルグループはフジテレビ主導のアイドリングや、オスカー所属の美少女クラブ21等がデビューするも、一般大衆の人気を得られず、女性アイドルグループ冬の時代を迎える。

2005年には秋葉系オタクが主人公の『電車男』がブームとなり、秋葉原やオタク文化が注目されると、秋元康がプロデュースを行うAKB48が結成され、2007年の『紅白歌合戦』に中川翔子リア・ディゾンと共に「アキバ系アイドル」枠で出場した[51][52]

2007年にはPerfumeがブレイクし、音楽面から人気を獲得した。

2008年にはAKBがキングレコード移籍し、「大声ダイヤモンド」のCDに握手券を封入させ、アイドルグループ冬の時代に急速に売り上げを伸ばす。

2005年秋葉原を拠点に活動を開始したAKB48グループは、AKB48劇場に基づいて総選挙握手会といったシステムを導入し、2000年代後半から2010年代後半にかけて東京・名古屋大阪福岡新潟瀬戸内など拠点のアイドルグループを作ってそれを全国的に繋げるというユニークな形で成功した。

AV女優グラビアアイドルモデルなどの多業種のタレントで構成された恵比寿マスカッツも人気を集めた。

2010年代

2010年頃になると、前述のAKB48の本格的なブレイクや、ももいろクローバーZのブレイクにより、下火となっていた女性アイドルグループ業界が急速に活性化した。

また、「アイドルを名乗るタレントの数が日本の芸能史上最大」[53]という状況になり、「アイドル戦国時代」と呼ばれるようになった[54][55]

ソニーミュージックが手掛け、秋元康がプロデュースする乃木坂46欅坂46(後に櫻坂46へ改名)日向坂46坂道シリーズのブレイク、スターダストプロモーション所属のももいろクローバーZの女性グループ初となる国立競技場ライブ開催[56]、ハロー!プロジェクトからスマイレージ(後にアンジュルムへ改名)Juice=Juiceカントリー・ガールズこぶしファクトリーつばきファクトリーBEYOOOOONDSが安定した人気を保つなど、多数の女性グループが次々と活躍した。EXILEが所属するLDHからデビューしたE-girls(アイドルはなくダンス&ボーカルグループに分類されることが多い)や、Perfumeが成功したアミューズからは「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成されたBABYMETALなどもブレイクした。

2010年から始まった、女性アイドルの大規模フェスTOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)の規模も、200組以上もの出演者が参加するまでになっている[57]

さらには、新潟Negicco宮城Dorothy Little Happy愛媛ひめキュンフルーツ缶福岡LinQなど、ローカルアイドル(ロコドル)と呼ばれる、地域に密着したアイドルも相次いで全国デビュー[53][54]。中には福岡のRev. from DVLに所属していた橋本環奈のように、個人で全国区の人気を集めたケースもある。日本ご当地アイドル活性協会代表の金子正男[58][59]によると、東京拠点の1500組を除いた全国46道府県のアイドルは、2021年7月1日現在で2132組存在する[60]

2010年代終盤では、新たにでんぱ組.incBiSHなどがコンサート・ライブでの成果を見せたが、従来のコンセプトを抜け出せない量産型アイドルが増えており、ほとんどが小規模のライブや握手会などのいわゆる接触イベントといったマイナーアイドルの活動方式に従うので、大衆的にアピールするのが難しい状況である。

大量の女性アイドルグループがデビューし、一定の人気を獲得するようになった一方で、ソロ女性アイドルに関しては、秋元系グループからソロデビューする者等の極一部を除くと、メジャーシーンでほぼ存在しなくなっている。

2020年代

2020年は、新型コロナウイルス (COVID-19) の影響により、アイドルの収入源であるライブ公演やグッズ販売が困難となり、大きな支障をきたしている。この問題はアイドルだけでなく芸能界全体にも関係するが、特に握手会などで利益を出していた昨今のアイドルは打撃が大きく、2022年には秋元康が運営参画したラストアイドルが解散した。坂道シリーズPerfumeAKB48グループハロー!プロジェクトSTARDUST PLANETといった既に人気のあるグループを除いた場合、アイドルたちの活躍はほとんどテレビでは見られない。アイドル全体で見た時にマスメディアで常時取り上げられるほどの人気を獲得するアイドルは極めて例外的であり、それ以外はライブアイドルとして街頭でのチラシ配布やライブハウスにおける公演の他にSNS動画共有サイトなどでの情報発信によって集客を行っており、収益が不足し短命に終わるアイドルも非常に多い。


注釈

  1. ^ 映画の中のみでなら、1938年松竹映画・『愛染かつら』で使用された例がある。またフランス映画の『アイドルを探せ』が1964年に日本でも公開された。
  2. ^ 絶頂期のビートルズの来日(1966年)などを受けたザ・スパイダースザ・タイガースザ・テンプターズなど。
  3. ^ B-Pass、PatiPatiなど。
  4. ^ UUUM所属クリエイターのイベント。
  5. ^ MBSラジオ「ヤングタウン」を担当した放送作家でアイドル評論家。1952年生まれ、2003年10月死去。

出典

  1. ^ アイドル(あいどる)とは”. デジタル大辞泉の解説. コトバンク. 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ 『精選版 日本国語大辞典』小学館 
  3. ^ 日本国語大辞典,ASCII.jpデジタル用語辞典,デジタル大辞泉プラス, デジタル大辞泉,日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,精選版. “アイドルとは” (日本語). コトバンク. 2022年11月23日閲覧。
  4. ^ a b c 「現実はそんなに甘くない」手越祐也が独立して気づいたアイドルという“魔法”(Yahoo!ニュース オリジナル Voice)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2023年1月27日閲覧。
  5. ^ 「面白いほどよくわかる!恋愛の心理学」 - p93 渋谷昌三 ,2013
  6. ^ 結婚希望のアイドルに「売上がこのくらい減る」とデータで説明 ジャニーズ事務所の対応は「エグい」のか” (日本語). キャリコネニュース (2015年9月15日). 2022年11月23日閲覧。
  7. ^ ジャニーズアイドルはなぜ結婚しない? 「売り上げ激減」問われる幹部面談と“鉄の掟”” (日本語). サイゾーウーマン (2015年9月15日). 2022年11月23日閲覧。
  8. ^ BTS活動休止発表から3か月、熱愛の匂わせに事務所への不信感で人気急落か「私がアーミーをやめた理由」(週刊女性PRIME)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年11月23日閲覧。
  9. ^ AKB 岡田奈々“夜の密室コスプレ”熱愛にファン悲鳴。親公認の彼氏発覚で「信者を騙したな」クィアベイティング批判は是か非か? - まぐまぐニュース!”. www.mag2.com. 2022年11月23日閲覧。
  10. ^ AKB48・向井地美音の“恋愛解禁”発言に「恋愛はするけどファンは金を出せ?」激化する議論の行方(週刊女性PRIME)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年11月23日閲覧。
  11. ^ 田口淳之介、15年交際の小嶺麗奈と同棲解消 仕事への危機感から決断か (2022年11月21日掲載)” (日本語). ライブドアニュース. 2022年11月23日閲覧。 “3月上旬に同棲報道が出た後、ライブの観客が100人以下にまで激減した”
  12. ^ “処女性”重視はもう古い? 須藤凜々花、「アイドルが結婚すること」への意識に思うこと” (日本語). サイゾーウーマン (2018年8月23日). 2022年11月23日閲覧。
  13. ^ アイドルに『処女性』を求めるアイドルファンの心理とは…?” (日本語). ヒトメボ. 2022年11月23日閲覧。
  14. ^ AKB48・柏木由紀、裏アカ流出&男性と親密交流! 関係者内でも“オワコン”扱いのワケ” (日本語). サイゾーウーマン (2016年10月13日). 2022年11月23日閲覧。
  15. ^ Michel, Patrick St (2019年7月10日). “Johnny Kitagawa: The mogul who defined and controlled Japan's entertainment industry” (英語). The Japan Times. 2022年11月23日閲覧。
  16. ^ “Why The Blueprint For K-Pop Actually Came From Japan” (英語). NPR.org. https://www.npr.org/2019/01/08/683339743/why-the-blueprint-for-k-pop-actually-came-from-japan 2022年11月23日閲覧。 
  17. ^ a b c アイドルとは何か”. 産経デジタル. 2016年1月26日閲覧。
    アイドル特集【総論】改めての素朴な疑問「アイドルとは何か?」”. ダ・ヴィンチニュース. 2016年1月26日閲覧。
  18. ^ ザ・ビートルズ1962年〜1966年ザ・ビートルズ1967年〜1970年(東芝EMIアナログ盤)付録:石坂敬一による論文より
  19. ^ 『YOUNGヤング』・1964年4月号より。
  20. ^ 日本初のアイドルがファンと72年ぶりの再会「生きていてよかった」”. スポーツ報知. 2017年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月24日閲覧。
  21. ^ 『幻の近代アイドル史』(2014年刊・笹山敬輔/著、ISBN 4779170141
  22. ^ 『別冊キネマ旬報』・1968年10月号より。
  23. ^ 「J-POPを殺したのはソニー」 知られざる音楽業界のタブー(1/2ページ) 産経新聞大阪本社2013年7月15日
  24. ^ 「アイドルの作られ方」が激変した根本理由” (日本語). 東洋経済オンライン (2018年4月6日). 2022年11月23日閲覧。
  25. ^ 安西信一 『ももクロの美学 〈わけのわからなさ〉の秘密』廣済堂出版、2013年4月13日。 
  26. ^ アイドルと景気の意外な相関関係を徹底検証 Webマガジン 月刊チャージャー 2005年12月号”. 月刊チャージャー. 2013年3月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月13日閲覧。
  27. ^ タイガース アルバム 2021年2月4日閲覧
  28. ^ タイガースVSワイルドワンズ 2021年2月4日閲覧
  29. ^ 当初は郷、野口ではなく、田頭信幸伊丹幸雄、西城で「新人三羽烏」と云われていた
  30. ^ 1970年代 人気男性アイドル/年代流行
  31. ^ 別冊ザテレビジョン『ザ・ベストテン ~蘇る!80’sポップスHITヒストリー~』(角川インタラクティブ・メディア)p.92 - 93
  32. ^ 嶋大輔 芸能界にはいるきっかけは横浜銀蝿のライブに行ったから
  33. ^ C-C-B『Romanticが止まらない』お金が入って女のコはキャーキャー FLASH、2017.07.24
  34. ^ ジャニー喜多川社長がつけてきた「珍妙キャッチフレーズ」を総まくり
  35. ^ 1980年代の『紅白歌合戦』になにがあったのか──メディアの変化、そして歌謡曲からJ-POPへ
  36. ^ 『考えるヒットe-1 J-POPもガラパゴス』文藝春秋、08月15日 2014。 
  37. ^ https://www.jprime.jp/articles/-/21916?page=3
  38. ^ ザ・ノンフィクション 舟木一夫はタイムマシン〜いつまでも「高校三年生」〜
  39. ^ 博多どんたく 前夜祭整理券を配布 観光桟敷席4年ぶり復活 西日本新聞、2017年04月20日
  40. ^ 『女三人乱れ咲き!氷川きよし追っかけツアー殺人事件』 テレビドラマデータベース
  41. ^ YouTubeチャンネル登録者数達成日数ランキング” (日本語). ユーチュラ. 2022年5月3日閲覧。
  42. ^ 嵐、なぜ「好きなアーティストランキング」1位に返り咲き? 2018年の活動から考える” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2022年5月3日閲覧。
  43. ^ 嵐、ギネス認定 19年に最も売れたアルバム…ベスト盤330万枚” (日本語). スポーツ報知 (2020年8月12日). 2022年5月3日閲覧。
  44. ^ TikTokにて、なにわ男子『初心LOVE(うぶらぶ)』が国内アーティスト最速となる5億回再生を突破” (日本語). Newsroom | TikTok (2019年8月16日). 2022年6月4日閲覧。
  45. ^ 二宮和也のYouTube「ジャにのちゃんねる」 日本最速で登録者数200万人達成” (日本語). KAI-YOU.net | POP is Here .. 2022年12月7日閲覧。
  46. ^ 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p40
  47. ^ 『アイドル工学』・P.69より。
  48. ^ a b 「アイドル考現学」『TVガイド』2月6日号、東京ニュース通信社、1981年、20-21頁
  49. ^ “Pop 'idol' phenomenon fades into dispersion - The Japan Times”. ジャパンタイムズ (ジャパンタイムズ). (2009年8月25日). http://www.japantimes.co.jp/news/2009/08/25/news/pop-idol-phenomenon-fades-into-dispersion/ 2013年5月13日閲覧。 
  50. ^ 1980年代後半の「美少女ブーム」を牽引した美少女たち 10選:後藤久美子・小川範子・坂上香織・宮沢りえ・観月ありさ・桜井幸子・一色紗英ほか ミドルエッジ、2016年4月3日
  51. ^ “紅白にアキバ枠しょこたんら出場 - 芸能ニュース nikkansports.com”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2007年11月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071125-287476.html 2013年5月13日閲覧。 
  52. ^ “紅白曲順が決定 注目の“アキバ枠”は米米CLUBと激突! ニュース-ORICON STYLE-”. オリコンニュース (オリコン). (2007年12月27日). https://www.oricon.co.jp/news/50813/full/ 2013年5月13日閲覧。 
  53. ^ a b “ポストAKBはどうなる? アイドル戦国時代の行方 今を読む:文化 Biz活 ジョブサーチ YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2012年10月9日). オリジナルの2013年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130515011833/http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/columnculture/20121009-OYT8T00206.htm 2018年9月27日閲覧。 [リンク切れ]
  54. ^ a b “【12年ヒット分析】新旧グループから地方アイドルまで~“アイドル戦国時代”さらに激化 (AKB48) ニュース-ORICON STYLE-”. オリコン (オリコン). (2012年12月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2019492/full/ 2013年4月23日閲覧。 
  55. ^ Gザテレビジョン編集部ブログ Gザテレビジョンは来週月曜日、24日発売です!”. ザテレビジョン (2010年5月19日). 2013年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月23日閲覧。
  56. ^ ももクロ、国立で宣言「笑顔を届けることにゴールはない」”. ナタリー. 2014年3月17日閲覧。
  57. ^ アイドル223組1480人が参加 『TIF』史上最多8万1378人動員”. オリコン. 2018年1月6日閲覧。
  58. ^ テレビ東京番組製作スタッフ、元角川映画プロデューサー、現在は一般社団法人ストリートダンス協会広報委員長も兼任鈴木敦子 (2015年10月26日). “人模様:地方アイドルで地域活性化 金子正男さん”. 毎日新聞のニュース・情報サイト. 毎日新聞社. 2016年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月26日閲覧。
  59. ^ 一般社団法人ストリートダンス協会団体概要 2016年5月1日閲覧
  60. ^ 日本ご当地アイドル活性協会、2021年上半期未発掘アイドルセレクト10を発表」Pop'n'Roll(ポップンロール)2021年7月3日
  61. ^ kpopnews365 (2021年9月5日). “「女性っぽい男性芸能人はK-POPのせい」中国が芸能規制強化へ「中国籍 以外を排除」など(中国活動に影響) |” (日本語). 2021年10月10日閲覧。
  62. ^ 中国、アイドル育成番組の放送を禁じる 「低俗で下品」” (日本語). 毎日新聞 (2021年9月4日). 2021年10月10日閲覧。
  63. ^ Bee Big in Japan
  64. ^ 80年代のBON JOVIヒストリーをご紹介 BON JOVI FRIENDSHIP - ボンジョヴィファンサイト
  65. ^ [1]


「アイドル」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイドル」の関連用語

アイドルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイドルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS