佐賀県 医療・福祉

佐賀県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 00:48 UTC 版)

医療・福祉

教育

佐賀県の大学進学率は43.6%(2020年令和2年)高校卒業者)。

マスメディア

新聞

地方紙
全国紙
  • 産経新聞以外の4紙(読売、朝日、毎日、日経)や専門紙の日刊工業新聞が県内に総局・支局を置いているほか、読売新聞毎日新聞は鳥栖市に印刷工場がある(福岡都市圏や九州各県へ輸送する新聞を印刷)。なお、産経新聞は毎日新聞九州センター鳥栖印刷工場で九州・山口県産経新聞西部本部発行の「九州・山口特別版」を委託印刷する。※九州・山口特別版が創刊される前の2009年(平成21年)9月30日付までは、産経新聞大阪本社発行で午後6時(18時)締切の早版(6版)を大阪から空輸して西日本新聞販売店(西日本新聞エリアセンター)より委託販売していたが。同年10月1日の九州・山口特別版創刊後の現在は、毎日新聞販売店より委託販売している。※佐賀市の一部では、朝日新聞・毎日新聞の販売店より委託販売していた。(※駅売店・コンビニエンスストアでも同日より販売している)が、2018年(平成30年)3月より西日本新聞販売店(西日本新聞エリアセンター)に変更された。
  • 県内は日経のみ朝夕刊セットで、日経を除く全国紙5紙と西日本新聞は朝刊のみの統合版で発行されている。なお、西日本・読売・毎日は、佐賀市中心部と鳥栖市・基山町の一部で夕刊を配達する地域が存在する。

テレビ放送局

佐賀県を放送対象地域としているテレビ局は2局であり、民放は1局のみとなっている(NHKと民放1局の都道府県は佐賀県と徳島県のみ)。親局送信所は鳥栖市の九千部山に置かれている。

しかし、県境付近では、隣接する福岡[26]熊本[27] の2県の県域テレビ局の放送エリアのめやすとなっている。直接受信が困難な地帯[注 2] 向けにケーブルテレビ局も各地で整備されており、県内大半の地域ではサガテレビと同じフジテレビ系列であるテレビ西日本を含めた、福岡県の民放を視聴できる環境がある。FNN・FNS系列局のテレビ西日本(TNC)以外の福岡県の民放[注 3]が佐賀県分の報道取材等を行っている。

地上デジタル放送の開始も遅れ、全国最後発となる2006年(平成18年)12月1日開始であった。県が音頭を取って事業者を組織し、佐賀デジタルネットワーク社を設立。デジタル放送の県内事業者向け配信を一手に担うとともに、インターネット接続プロバイダ業務も行うこととなった。ただ、県外民放の再配信は福岡県分に限られ、熊本放送については各事業者が個別に許可を得る方式とした。

県内でサービスを提供している(許可施設を有する)ケーブルテレビ事業者は2021年7月時点で15である[28]。主な放送局は佐賀県のケーブルテレビ局を参照のこと。世帯普及率は2021年3月末時点で54.1%[29]

ラジオ放送局

県域FM放送の親局送信所とNBCラジオ佐賀のFM補完放送のメイン中継局はいずれも唐津市の八幡岳。また、九千部山にも中継局を置いている。

放送対象地域外のRKBラジオ[31]KBCラジオ[32] の放送エリアになっており、2021年12月6日からradikoの配信エリアにもなる予定[33][34]

外国語放送のラブエフエム国際放送(LOVE FM)が佐賀市のみ放送対象地域に[35]、その他県内のほとんどの地域が放送エリアに[36]、放送対象地域外のエフエム福岡[37]CROSS FM[38]エフエム熊本[39]エフエム長崎[40]、が県内の一部の地域で放送エリアとなる。

また、県域局であるNBCラジオ佐賀及びエフエム佐賀の何れもが長らくradikoでの配信を実施しておらず、また佐賀市を正式な放送対象地域としているLOVE FMも県内での基本サービス配信を行っていないため、県内でのradiko実施局はNHKラジオと全国放送のラジオNIKKEI及び放送大学のみという状態が続いていたが、2020年4月15日にエフエム佐賀がradikoの配信を開始したため、現在は解消している[注 4]。なお、2021年10月1日に長崎放送(NBCラジオ長崎本局)がradikoの配信エリアを佐賀県に拡大し、同日から長崎本局と佐賀局で異なっていた番組編成(地域向け番組・CMなど)を長崎本局に統合・集約するなどの大幅な改編を行った。

その他

佐賀県は地域区分局に当たる郵便局が県内に存在しない唯一の都道府県である。県内全域を指す郵便番号84(上2桁)の地域区分局は、福岡県の久留米東郵便局となっている。 震度4以上の記録が残っている地震の回数は、92年間でわずか7回と日本一地震が少ない県である。

文化・スポーツ

県民性

一般的に佐賀の県民性として、「いひゅうもん(異風者)」あるいは「ふうけもん(風変者)」という言葉が代表的に使われることが多い。両者とも変わり者、頑固、融通が利かないといったニュアンスがある。ただし、現代の佐賀弁では「ふうけもん」は馬鹿者といった否定的な意味が強いので、あまりそぐわない。また、特に男性に関してしばしば葉隠武士道精神とも結び付けられ、上下関係やしきたりを重んじる、几帳面、まじめとされる場合がある。また「佐賀んもんの通ったあとにはぺんぺん草も生えん(佐賀の人が通った後にはぺんぺん草も生えない)」などと揶揄・自嘲される場合があるが、佐賀藩時代の厳しい財政下で大名家(鍋島家)自らの倹約から受け継がれた主に藩士の倹約家気質がさまざまな形で受け止められ、当時の言い回しが現代まで残ったものである。

方言

佐賀藩に当たる県東部-南部では佐賀弁が話され、同じ藩域だった長崎県諫早地方では似た言い回しが多い。唐津藩に当たる県北西部では唐津弁対馬藩飛び地に当たる鳥栖市東部・基山町では田代弁が話される。

食文化

郷土料理

伝統工芸

経済産業大臣指定伝統的工芸品
伝統工芸品

伝統産業・特産品

丸ぼうろ
佐賀錦(鹿島錦)
  • 鳥栖市医薬品産業、佐賀市諸富町家具産業は伝統産業が現代経済に取り入れられ成長した産業である
  • 有田焼唐津焼、志田焼、黒牟田焼、多々良焼、肥前吉田焼など、西部には歴史ある焼き物が多い。ただし、東部にも肥前尾崎焼白石焼といった伝統的な焼き物が存続している。有田焼は特産品や地場産業、そのほかは伝統産業となっている所が多い。
  • 佐賀錦(鹿島錦)や鍋島緞通、肥前ビードロなどは伝統的な工芸品として継承されている
  • 玄界灘沿岸での捕鯨安土桃山時代に始まり江戸時代中期に最盛期を迎えたが、近代以降は行われなくなった
  • 有明海沿岸は日本一の海苔産地として知られ、贈答品向けの高級品が多い。また、同じく有明海で獲れるムツゴロウ、ワラスボ、シオマネキなどは古くから郷土料理として食べられている。
  • 神埼市神埼町の神埼そうめん、小城市小城町の小城羊羹などは、古くからの伝統産業を受け継いだ特産品である
    • 小城羊羹をブランドとして複数の中小メーカーが販売を行っており、佐賀市のようかんの年間購買金額は全国1位(2005年(平成17年)、全国49都市中)である
  • 上記の他に特有の食材・菓子としては、嬉野茶松露饅頭丸ぼうろ逸口香けえらんサルボウクチゾコなどがある
  • の消費量が年間1人当たり3,082g(2008年)、2,833g(佐賀市、2008-2010年)、2,601g(佐賀市、2004-2006年)という統計があり、いずれも全国平均の3倍程度と突出して多い。西日本では総じて多い傾向にあるが、近年の統計では佐賀県は全国最多となっている。

スポーツ

プロスポーツチーム・社会人スポーツチーム

過去に存在したスポーツチーム

スポーツ施設

J1サガン鳥栖のホームグラウンドである駅前不動産スタジアム

公営競技


注釈

  1. ^ 県内の高専進学希望者は主として久留米高専佐世保高専に進学する。
  2. ^ 特に県西部の伊万里市・武雄市・嬉野市など。
  3. ^ 九州朝日放送(KBC。ANN系列)、RKB毎日放送(RKB。JNN系列)、福岡放送(FBS。NNNNNS系列)、TVQ九州放送(TVQ・テレQ。TXN系列)の4局。
  4. ^ これは日本の都道府県では唯一の事例であった。

出典

  1. ^ 帝国書院 『小学生の県名認知度』『中学生の県名・国名認知度』、2012年7月29日閲覧。
  2. ^ 詳しくは 佐賀地方気象台のホームページ を参照。
  3. ^ 金本良嗣「都市雇用圏(Urban Employment Area)コード表」、東京大学空間情報科学研究センター、2018年3月18日閲覧。
  4. ^ 府県の変遷(九州地方)
  5. ^ 佐賀段階と新佐賀段階 農業農村整備情報総合センター
  6. ^ 享保の飢饉 寶樹山德善院
  7. ^ 平成16年人口動態統計-佐賀県- 第1表 人口動態総覧 年次推移 佐賀県、2008年3月18日。excelファイル
  8. ^ 将来の都道府県別総人口(excelファイル) 国立社会保障・人口問題研究所、2007年5月推計。
  9. ^ “=知事選= 山口氏、14日公務スタート”. 佐賀新聞 (佐賀新聞LIVE). (2015年1月13日). http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144749 2015年1月13日閲覧。 
  10. ^ 統一地方選2011 佐賀県 【県政の課題】<1>有明海再生 開門へ丁寧な議論を 西日本新聞、2011年3月15日。
  11. ^ 中・長期開門調査を巡る経緯 佐賀県、2012年6月1日。
  12. ^ 統一地方選2011 佐賀県 【県政の課題】<6>佐賀空港 地域浮揚の方策必要 西日本新聞、2011年3月20日。
  13. ^ http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-11-1/shitsumon14.html
  14. ^ 玄海原子力発電所2、3号機の定期検査の状況について 九州電力、2011年3月24日。
  15. ^ 統一地方選2011 佐賀県 【県政の課題】<2>がん治療施設 地域浮揚戦略も鍵に 西日本新聞、2011年3月16日。
  16. ^ 選挙区見直しに伴う候補者調整で比例九州ブロック単独候補に回り、自民党の末席(8人目)で当選した。
  17. ^ a b 佐賀県のすがた2012 土地、気象、工業、商業 (PDF) 」佐賀県、2012年5月16日、2013年1月13日閲覧
  18. ^ 昭和30年国勢調査 産業(大分類),従業上の地位および男女別15才以上就業者数-全国・都道府県・6大都市」e-Stat、2013年1月13日閲覧
  19. ^ [1] (PDF) 」経済産業省、2013年1月13日閲覧
  20. ^ 産業別就業者数の推移」 社会実情データ図録、2013年1月13日閲覧
  21. ^ 佐賀県のすがた2012 農業 (PDF) 」佐賀県、2012年5月16日、2013年1月13日閲覧
  22. ^ 平成19年度県民経済計算 Archived 2010年12月20日, at the Wayback Machine.
  23. ^ World Economic Outlook Database
  24. ^ 事業紹介 佐嘉吉野ヶ里ソーラー合同会社。
  25. ^ 佐賀空港利用最多66万人 16年度、4年連続で更新 佐賀新聞 - 2017年04月19日
  26. ^ 放送エリアのめやす(久留米中継局・Dpa)
  27. ^ 放送エリアのめやす(熊本局・Dpa)
  28. ^ 各県ケーブルテレビの一覧 九州総合通信局、2021年7月
  29. ^ ケーブルテレビの現状 総務省、2021年9月。
  30. ^ NHK佐賀放送局受信情報
  31. ^ RKBラジオタイムテーブル(4月、5月、6月) (PDF)
  32. ^ 企業情報(九州朝日放送)
  33. ^ radiko配信エリアを【佐賀】にも拡大!
  34. ^ 佐賀県の災害・防災情報を発信!ラジオ放送のインターネット配信サービス「radiko(ラジコ)」で佐賀県でも配信開始 ~12月6日スタート~
  35. ^ 放送普及基本計画第2の2の(1)のウの規定による一般放送事業者の行う超短波放送のうちの外国語放送を行う放送局の放送対象地域(総務省)
  36. ^ LOVE FM放送エリア
  37. ^ 会社概要 FM FUKUOKA
  38. ^ CROSS FM エリアマップ
  39. ^ FM熊本サービスエリア
  40. ^ エフエム長崎会社概要






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐賀県」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

佐賀県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
佐賀県の温泉情報



佐賀県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐賀県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS