皇帝 自称皇帝

皇帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/25 01:53 UTC 版)

自称皇帝

政治的実権を有しなかった人物

政治的実権を有したが広く認められなかった人物

ニックネームとして

スポーツ界では一流、特に世界最強クラスで圧倒的な実力を持ち君臨する選手に、歴史上当該選手の母国に皇帝がいた場合、尊敬と畏敬の念を込めて「皇帝」との愛称が付く場合もある。

皇帝と呼ばれるスポーツ選手

その他

皇帝一覧リスト

脚注

  1. ^ a b c 竹林滋編『研究社 新英和大辞典』研究社、2002年、第6版第1刷、1356頁。ISBN 4767410266
  2. ^ 山田統『大日本百科事典:ジャポニカ』7巻、相賀徹夫編、小学館、1977年、第2版20刷、214頁。
  3. ^ 松村明編 『大辞林 第三版』 三省堂、2016年、「皇帝」の項。
  4. ^ a b c フランク・B・ギブニー編『ブリタニカ国際大百科事典:小項目事典』2巻、ティビーエス・ブリタニカ、1993年、第2版改定版、875頁。
  5. ^ a b c d 松村明編『大辞林三省堂、2006年、第三版、1758頁。ISBN 4-385-13905-9
  6. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典:小項目事典』、ティビーエス・ブリタニカ、2016年。
  7. ^ 松村明編 『デジタル大辞泉』 小学館、2016年、「君主」の項。 松村明編 『大辞林 第三版』 三省堂、2016年、「君主」の項。
  8. ^ 家永三郎『国史大辞典』JapanKnowledge、2015年、「天皇」の項。
  9. ^ a b 安田浩 『日本大百科全書』 小学館、2016年、「天皇制」の項。
    法令用語研究会『法律用語辞典』JapanKnowledge、2015年、第4版、「天皇」の項。
  10. ^ a b 渡辺金一『世界大百科事典』9巻、下中直人編、平凡社、2007年、改訂新版、541頁。
  11. ^ 山田統『大日本百科事典:ジャポニカ』7巻、相賀徹夫編、小学館、1977年、第2版20刷、214-215頁。
  12. ^ a b 山田統『大日本百科事典:ジャポニカ』7巻、相賀徹夫編、小学館、1977年、第2版20刷、215頁。
  13. ^ フランク・B・ギブニー編『ブリタニカ国際大百科事典:小項目事典』2巻、ティビーエス・ブリタニカ、1993年、第2版改定版、876頁。
  14. ^ 松村明編 『デジタル大辞泉』 小学館、2016年、「女皇」の項。
  15. ^ 松村明編 『大辞林 第三版』 三省堂、2016年、「女帝」の項。水谷類 『日本大百科全書』 小学館、2016年、「女帝」の項。
  16. ^ 松村明編 『デジタル大辞泉』 小学館、2016年、「皇后」の項。
  17. ^ 松村明編『デジタル大辞泉』 小学館、2016年、「皇妃」の項。
  18. ^
    • M. L'Abbe J. E. Darras (1867). A General History of the Catholic Church: From the Commencement of the Christian Era until the Present Time. Vol. I. New York: P. O'Shea. pp. 172-173. 
    • Karel van der Toorn & Bob Becking & et al., ed (1999). Dictionary of Deities and Demons in the Bible (Revised 2nd ed.). Wm. B. Eerdmans Publishing Co.. pp. 485-486. ISBN 978-0802824912. 
    • Richard E. Rubenstein (2006). Thus Saith the Lord: The Revolutionary Moral Vision of Isaiah and Jeremiah. Orlando: Harcourt. p. 60. ISBN 978-0151012190. 
    • M. R. Bawa Muhaiyaddeen (2001). The Triple Flame: The Inner Secrets of Sufism. The Fellowship Press. p. 303. ISBN 9780914390602. 
    • Imam Muhammad Ibn Abdul Wahab [Sameh Strauch訳] (1998). The Book of Tawheed: Sharḥ Kitāb Al-tawḥīd. IIPH (International Islamic Publishing House). p. 271. ISBN 978-9960672571. 
  19. ^ Fiddes 2000, p. 64.
  20. ^ a b Ludmila, L. (2017). “Low Cost Terrorism of the 21st Century”. International Scientific Conference Strategies (" Carol I" National Defence University) XXI: 198. 
  21. ^ 戦国時代の一時期、斉王が「東帝」、秦王が「西帝」と称したこともあったが、すぐに「王」の称号に戻した。
  22. ^ 『養老儀制令』第一条、「天子、祭祀に称する所。天皇、詔書に称する所。皇帝、華夷に称する所」と記される。
  23. ^ 国史大辞典』「天皇」
  24. ^ また『続日本紀』では宝亀5年(774年)10月3日条において、「聖武皇帝」という表記がみられる。この他、9世紀成立の『日本文徳天皇実録』では、「仁明天皇」の表記と共に「仁明皇帝」という表記も併用されている。
  25. ^ 岡本隆司 2011, pp. 144.
  26. ^ a b 世界大百科事典(平凡社)「天皇」の項目
  27. ^ 英語の Tycoon はこの後意味が転じて「財界の大物・重鎮」を表す普通名詞の tycoon に変化した。日本語由来の単語でありながら日本の文化とはまったく関係ない意味を持つようにった稀な単語の一つである。
  28. ^ 家永三郎『国史大辞典』JapanKnowledge、2015年、「天皇」の項。
  29. ^ 安田浩「天皇制」、『日本大百科全書』 小学館、2016年。
  30. ^ 家永三郎『国史大辞典』JapanKnowledge、2015年、「天皇」の項。
  31. ^ 各国間文化協力関係条約雑件 28.「ベルギー」「ルクセンブルク」大公国間智的及学事的協定』 アジア歴史資料センター Ref.B04013504600 『経済統計に関する国際条約、議定書及付属書』 アジア歴史資料センター Ref.A08072611600 『御署名原本・明治三十三年・条約十一月二十一日・国際紛争平和的処理条約』 アジア歴史資料センター Ref.A03020484300 『御署名原本・明治四十三年・条約第五号・文学的及美術的著作物保護修正「ベルヌ」条約』 アジア歴史資料センター Ref.A03020879500 
  32. ^ 御署名原本・大正十年・勅令第三十八号・明治四年八月十七日布告(請願伺届等認メ方ノ件)外二十一件廃止』 アジア歴史資料センター Ref.A03021310100 
  33. ^ 御署名原本・昭和六年・条約第一号・千九百三十年ロンドン海軍条約』 アジア歴史資料センター Ref.A03021828900 
  34. ^ 日朝修好条規
  35. ^ 29.1 外務省より 朝鮮大君主陛下より水野大佐へ勅語等の件
  36. ^ 日韓議定書
  37. ^ 尚樹啓太郎著『ビザンツ帝国史』(東海大学出版会 1999年)P330-331
  38. ^ 新井政美著『オスマンvs.ヨーロッパ ― 〈トルコの脅威〉とは何だったのか』(講談社選書メチエ)
  39. ^ エチオピア皇帝の系譜は紀元前10世紀メネリク1世を始祖とし、紀元前7世紀神武天皇を始祖とする皇室よりも古い。ただしあくまで伝説上の比較であり、実際の歴史として確認できるのはエチオピア帝室は13世紀イクノ・アムラク。皇室は学者により諸説あるが、一番新しい継体天皇でも6世紀であり、日本の皇室のほうが古い。またエチオピア帝室は近代において断絶した時期があるが、皇室には無い(皇統が2分した時期はある。また天智系天武系が王朝交替であったという説があり、それが事実とすると天智天皇崩御から光仁天皇即位まで断絶があったことになる)。皇帝に実権が無く臣下が実権を握っていた時期があるのは、両者ともに同じである。
  40. ^ キャンベル, ジョゼフ『千の顔をもつ英雄』下、人文書院、2004年、オンデマンド版第一刷、168頁。ISBN 978-4409590096
  41. ^ キャンベル, ジョゼフ『千の顔をもつ英雄』下、人文書院、2004年、オンデマンド版第一刷、169-171頁。ISBN 978-4409590096
  42. ^ キャンベル, ジョゼフ『千の顔をもつ英雄』下、人文書院、2004年、オンデマンド版第一刷、171頁。ISBN 978-4409590096
  43. ^ キャンベル, ジョゼフ『千の顔をもつ英雄』下、人文書院、2004年、オンデマンド版第一刷、171-172頁。ISBN 978-4409590096
  44. ^ a b ブルマ & マルガリート 2006, p. 166.
  45. ^ ブルマ & マルガリート 2006, p. 167.
  46. ^ ブルマ & マルガリート 2006, p. 167-168.
  47. ^ a b Davies, P. R. (2016). On the Origins of Judaism. Routledge. p. 98. ISBN 978-1-134-94502-3. 
  48. ^ Van der Toorn, K.; Becking, B.; Van Der Horst, P. W. (1999). Dictionary of Deities and Demons in the Bible. Wm. B. Eerdmans Publishing. p. 371. ISBN 978-0802824912. 
  49. ^ Rubenstein, R. E. (2006). Thus Saith the Lord: The revolutionary moral vision of Isaiah and Jeremiah. Houghton Mifflin Harcourt. p. 60. ISBN 9780151012190. 
  50. ^ Henry, C. F. (1992). “Reflections on the Kingdom of God”. Journal of the Evangelical Theological Society (" Carol I" National Defence University) 35 (1): 39. 
  51. ^ Agadjanian, A.; Pankhurst, J. G. (2005). Eastern Orthodoxy in a Global Age: Tradition Faces the Twenty-First Century. Rowman Altamira. p. 65. ISBN 9780759105379. 
  52. ^ Mason, C. F. (1988). “Priesthood in Josephus and the" Pharisaic Revolution"”. Journal of Biblical Literature 107 (4): 658. 
  53. ^ Low, U. W. (2018). Reading Revelation as Drama: Reading and Interpreting Revelation through the lens of Greco-Roman Performance. Diss.. University of Divinity. pp. 209-210. 
  54. ^ Low, U. W. (2018). Reading Revelation as Drama: Reading and Interpreting Revelation through the lens of Greco-Roman Performance. Diss.. University of Divinity. p. 210. 
  55. ^ a b c d e Barr, D. R. (2009). “John's Ironic Empire”. Interpretation 63 (1): 26. 
  56. ^ Muhaiyaddeen, M. B. (2001). The Triple Flame: The Inner Secrets of Sufism. The Fellowship Press. p. 303. ISBN 978-0914390596. 
  57. ^ a b Muhammad, Muḥammad ibn ʻAbd al-Wahhāb (1998). The Book of Tawheed. International Islamic Publishing House. p. 271. ISBN 978-9960672571. 
  58. ^ James 2004, p. 28.
  59. ^ James 2004, pp. 29-30.
  60. ^ a b c 村上 2018, p. 「天皇」.
  61. ^ Ishikawa 2007, p. 214.
  62. ^ a b Sun 2008, p. 115.
  63. ^ a b 新田均『「現人神」「国家神道」という幻想:近代日本を歪めた俗説を糺す』第1版第1刷、PHP研究所、2003年、56-57ページ
  64. ^ a b c 新田均『「現人神」「国家神道」という幻想』、103ページ
  65. ^ 新田均『「現人神」「国家神道」という幻想』、106-107ページ
  66. ^ 新田均『「現人神」「国家神道」という幻想』、107ページ

参考文献

  • 岡本隆司「大君と自主と独立 : 近代朝鮮をめぐる翻訳概念と国際関係 (特集 近代日本の外交)」『近代日本研究』第28巻、慶應義塾福沢研究センター、2011年、 143-175頁、 NAID 40019224424
  • ブルマ, イアン、マルガリート, アヴィシャイ『反西洋思想』堀田江理訳、新潮社、2006年。ISBN 978-4106101823
  • 村上, 重良「天皇」『日本大百科全書』小学館・朝日新聞社・VOYAGE GROUP、2018年。
  • Fiddes, Paul S. (2000). Participating in God: A Pastoral Doctrine of the Trinity. Westminster John Knox Press. ISBN 978-0664223359. 
  • Ishikawa, Satomi『Seeking the Self: Individualism and Popular Culture in Japan』Peter Lang Pub Inc.、2007年。ISBN 978-3039108749
  • James, W. Fiscus (2004). Critical Perspectives on World War II. Critical Anthologies of Nonfiction Writing (Library Binding ed.). Rosen Pub Group. ISBN 978-1404200654. 
  • Sun, Peter Liang Tek (2008). A Life Under Three Flags (PhD Thesis). University of Western Sydney. 






皇帝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「皇帝」の関連用語



3
御門 国語辞典
52% |||||

4
主上 国語辞典
52% |||||

5
上様 国語辞典
52% |||||

6
人皇 国語辞典
52% |||||


8
52% |||||



皇帝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



皇帝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皇帝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS