8月6日 忌日

8月6日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 06:31 UTC 版)

忌日

ローマ教皇シクストゥス2世(?-258)、ウァレリアヌスの迫害を受け斬首
ドミニコ会の創設者、ドミニコ(1170-1221)没
ローマ教皇カリストゥス3世(1378-1458)
ローマ教皇パウロ6世(1897-1978)
『自画像』
『卵を揚げる老女』(1648-51)
鏡のヴィーナス』(1648-51)
画家ディエゴ・ベラスケス(1599-1660)没。
文人画家、椿椿山(1801-1854)没。画像は『花鳥図』
幕末の老中首座阿部正弘(1819-1857)没
原爆投下時の広島市長粟屋仙吉(1893-1945)
哲学者テオドール・アドルノ(右; 1903-1969)。
数学者アンドレ・ヴェイユ(1906-1998)没。
情報工学者エドガー・ダイクストラ(1930-2002)没。

  1. ^ マダガスカルの地理・歴史”. 京都府保険医協会. 2020年8月6日閲覧。
  2. ^ a b Historical Events on August 6”. On This Day. 2020年8月6日閲覧。
  3. ^ This Day In History - August 6”. JAMAICA BSERVER. 2020年8月10日閲覧。
  4. ^ 医事エッセイ 日本一暑くなったわが故郷”. 房日新聞. 2020年8月6日閲覧。
  5. ^ 8月6日は日本初の鉄筋集合住宅「中之郷アパートが建設された日」です。”. リビンマガジンBiz. 2020年8月6日閲覧。
  6. ^ No.213 「バルト3国の世界遺産巡り」リトアニア編”. icom. 2020年8月6日閲覧。
  7. ^ 古橋廣之進 「古橋を責めないでください」- 時代の不幸を思う”. 笹川スポーツ財団. 2020年8月6日閲覧。
  8. ^ ヒロシマの記録1971 8月”. 中國新聞. 2020年8月6日閲覧。
  9. ^ 世界初の太陽熱発電【1981(昭和56)年8月6日】”. トウシル楽天証券 (2019年8月6日). 2020年8月6日閲覧。
  10. ^ モーリタニアでクーデター、軍が大統領を拘束”. AFPBB News. フランス通信社 (2008年8月7日). 2020年8月6日閲覧。
  11. ^ 警官による男性射殺、ロンドン北部で暴動に 放火や略奪も”. AFPBB News. フランス通信社 (2011年8月7日). 2020年8月6日閲覧。
  12. ^ レオ・メッシ、 FC バルセロナで継続せず” (日本語). www.fcbarcelona.jp. 2021年8月6日閲覧。
  13. ^ Go-Toba emperor of Japan Encyclopædia Britannica
  14. ^ 【訃報】俳優・和田周さん、コロナ原因で逝く”. テレビ朝日 (2020年4月26日). 2020年11月18日閲覧。
  15. ^ 水球 岩野夏帆”. 情報誌Link2019年8月号. いなべ市 (2019年8月). 2022年4月6日閲覧。
  16. ^ 「スペイン文化事典」pp122-123 川成洋・坂東省次編 丸善 平成23年1月31日発行
  17. ^ J・ロブション氏死去 仏料理の世界的シェフ”. 産経新聞 (2018年8月6日). 2021年1月7日閲覧。
  18. ^ フランス料理のスター、ロブション氏死去 ミシュラン星30以上”. BBCニュース (2018年8月7日). 2020年11月7日閲覧。
  19. ^ “仏料理界の巨匠、ジョエル・ロブション氏死去 73歳”. AFPBB NEWS. (2018年8月6日). https://www.afpbb.com/articles/-/3185125 2021年8月7日閲覧。 
  20. ^ ブレンハイム”. フジテレビ東映アニメーション. 2020年8月6日閲覧。
  21. ^ 一ノ瀬 トキヤ(いちのせ ときや)”. うたの☆プリンスさまっ♪公式Webサイト. 早乙女学園 / Illustration.倉花千夏. 2020年8月6日閲覧。
  22. ^ キャラクター 三栖立 つばさ CV:石原夏織”. 日本テレビ. タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員会. 2020年8月6日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

8月6日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



8月6日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの8月6日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS