NNTとは?

NNT

俗に無い内定」を略した語として用いられる表現就職活動中でどこからも内定得ていない状況を意味する語。

NNT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 22:09 UTC 版)

NNT(エヌエヌティー、英 Number needed to treat の頭字語)は治療必要数[1]とも言われ、疫学の指標の一つである。あるエンドポイントに到達する患者を1人減らすために、何人の患者の治療を必要とするかを表したものである。 この数値は絶対リスク減少率 (absolute risk reduction) の逆数となる。1988年にはじめて論文に記載された[2]


  1. ^ 治療必要数(NNT : number need to treat )”. 2016年5月20日閲覧。
  2. ^ Laupacis A, Sackett DL, Roberts RS. An assessment of clinically useful measures of the consequences of treatment. NEJM. 1988;318:1728-33. PMID 3374545.


「NNT」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「NNT」の関連用語

NNTのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



NNTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNNT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS