11月30日 11月30日の概要

11月30日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 02:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
2022年11月霜月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

できごと

日本政府が初めて外国との訴訟当事者となった千島艦事件(1892)
もののふの 河豚にくはるる 悲しさよ――正岡子規
冬戦争勃発(1939)。雪中のフィンランド軍兵士
ルーシー」発見(1974)

誕生日

ガリヴァー旅行記』の作者で知られるイギリス小説家ジョナサン・スウィフト(1667-1745)誕生
19世紀フランスアカデミック美術を代表するウィリアム・アドルフ・ブグロー(1825-1905)誕生。画像は《ヴィーナスの誕生》(1879)
アメリカ合衆国小説家マーク・トウェイン(1835-1910)誕生
ぼくが王様になったら、みんな食べ物にも寝る場所にも困らなくなるだけじゃなくて、本から色々と学ぶようになるんだ。心の中が飢えているようじゃ、お腹がいっぱいになっても仕方がないからね――『王子と乞食』(1881)
欧化主義を批判し、国民主義を唱えたジャーナリスト陸羯南(1857-1907)誕生
世界と国民との関係はなお国家と個人との関係に同じ。個人といえる思想が国家と相容るるに難からざるがごとく、国民的精神は世界すなわち博愛的感情ともとより両立するにあまりあり――『近時政論考』(1891)
ウィンストン・チャーチル(1874-1965)誕生
私は、血、労苦、涙、そして汗以外の何も提供するものはない――1943年5月13日首相就任演説
赤毛のアン』の作者で知られるカナダ小説家、、ルーシー・モード・モンゴメリ(1874-1942)誕生
笑うべきことを笑い、笑ってはいけないものは笑わない事を覚えたとき、あなたは知恵と理解力を身につけた事になるのですよ――『アンの愛情』(1915)
大正デモクラシーを牽引したジャーナリスト長谷川如是閑(1875-1969)誕生
捨てられたる政治家の壮語すると、破れたる靴の鳴るとは悲し――『如是閑語』
日本法社会学を確立した法学者末弘厳太郎(1888-1951)誕生
私は、「文化」というものはある特殊の人にだけできる事柄を誰にも容易にできるようにすることであり、また学問はそれを容易にできるようにする手段であると考えている――『嘘の効用』(1922)
マラソン選手、山田敬蔵(1927-)誕生。1953年ボストンマラソン優勝は翌年、『心臓破りの丘』で映画化された
第10代日本社会党委員長土井たか子(1928-2014)誕生

  1. ^ “軍艦側の被害がなぜ大きい? 商船と衝突して損傷した軍艦たち(dragoner)”. Yahoo!ニュース. (2017年6月20日). https://news.yahoo.co.jp/byline/dragoner/20170620-00072307/ 2020年11月29日閲覧。 
  2. ^ 歓楽ビルで大爆発 夜の新宿歌舞伎町混乱 ガラス飛散、26人負傷『朝日新聞』1976年(昭和51年)12月1日朝刊、13版、23面
  3. ^ 北朝鮮が17年ぶりデノミ実施、100分の1に”. 聯合ニュース (2009年12月1日). 2018年3月11日閲覧。
  4. ^ “113番元素「ニホニウム」に正式決定 日本が初の命名”. NHK NEWS WEB. (2016年11月30日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161130/k10010790131000.html 2016年12月1日閲覧。 
  5. ^ 相鉄・JR直通線、11月30日開業 直通列車は毎時最大4本程度 トラベルメディア トライシー. 2019年3月28日
  6. ^ Sir Philip Sidney English author and statesman Encyclopædia Britannica
  7. ^ “山田敬蔵さんが92歳で死去…53年の米ボストン・マラソンで優勝”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2020年4月23日). https://hochi.news/articles/20200423-OHT1T50190.html 2020年11月3日閲覧。 
  8. ^ “金子務氏が死去 科学史家”. 日本経済新聞社. (2020年12月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG25A7I0V21C20A2000000 2021年1月30日閲覧。 
  9. ^ 声優・井上真樹夫さん死去 「ルパン三世」二代目・石川五ェ門役 - ORICON NEWS 2019年12月2日
  10. ^ 「ミスター社会人」高梨英夫氏が死去、76歳”. SANSPO.COM(サンスポ) (2018年12月29日). 2020年11月21日閲覧。
  11. ^ 『日本音声製作者名鑑 2004 vol.1』小学館、2004年4月10日、244頁。ISBN 4-09-526301-6 
  12. ^ オリガ ルイパコワとは”. コトバンク. 2021年7月25日閲覧。
  13. ^ Charlotte Wingfield”. IAAF. 2016年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  14. ^ 彩香のプロフィール・画像・写真(2000015055) 2021年6月13日閲覧。
  15. ^ Profile/芸歴 – 二木蒼生 Official 2021年6月13日閲覧。
  16. ^ | STU48 OFFICIAL WEB SITE 2021年6月13日閲覧。
  17. ^ 『声優名鑑 2013 女性編』、16頁、主婦の友社
  18. ^ 藍井エイル公式サイト
  19. ^ 漫画家の水木しげる氏が死去 93歳、「ゲゲゲの鬼太郎」”. 日本経済新聞 (2015年11月30日). 2020年11月23日閲覧。
  20. ^ 作詞家・岡本おさみさんが死去 「旅の宿」「襟裳岬」など オリコンスタイル 2020年11月23日閲覧
  21. ^ 朝本浩文さん死去 「呼吸するだけの体になったら…」と託すも、妻「できませんでした」”. デイリースポーツ (2016年12月3日). 2020年11月20日閲覧。
  22. ^ “ジョージ・H・W・ブッシュ元米大統領が死去 94歳”. 朝日新聞. (2018年12月1日14時9分). https://www.asahi.com/articles/ASLD14KGGLD1UHBI00P.html 2020年11月7日閲覧。 
  23. ^ 世界的指揮者、マリス・ヤンソンスさんが死去 76歳:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月23日閲覧。
  24. ^ 11月30日は「年金の日」です!”. 厚生労働省. 2015年11月30日閲覧。
  25. ^ “ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の愛称を「人生会議」に決定しました” (プレスリリース), 厚生労働省, (2018年11月30日), https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02615.html 2018年11月30日閲覧。 
  26. ^ “EP01「キングダム2068」”. 仮面ライダージオウ. (2018年9月2日). https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/story/?01 2019年5月6日閲覧。 
  27. ^ コミック第26巻
  28. ^ 『夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-』小冊子「Moonlight Chronicle」オーガスト、2009年、34頁。
  29. ^ 岸本斉史 『NARUTO -ナルト- [秘伝・臨の書] キャラクター オフィシャルデータ BOOK』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2002年、78頁。ISBN 4-08-873288-X 
  30. ^ 『TV ANIMATION 「花咲くいろは」 オフィシャルガイド いろはのいろは』スクウェア・エニックス、2011年、8頁頁。ISBN 978-4-7575-3310-3 
  31. ^ 『ドリームクラブ ビジュアルファンブック』ソフトバンク クリエイティブ、2009年、40頁。ISBN 978-4-7973-5652-6 
  32. ^ 【イナイレ㊙ネタ】円堂 守8月22日生誕記念!!! 好評発売中の「イレブンライセンス」で、イナズマイレブンのキャラクター達の誕生日まとめてみた!!”. コロコロオンライン. 小学館. p. 2 (2019年8月22日). 2022年5月5日閲覧。
  33. ^ CHARACTER”. TVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」公式サイト. 2021年4月25日閲覧。


「11月30日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

11月30日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



11月30日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの11月30日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS