ビートたけし 過去の出演番組(レギュラー番組のみ)

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > 日本の芸能人 > ビートたけしの解説 > 過去の出演番組(レギュラー番組のみ) 

ビートたけし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 05:13 UTC 版)

ビートたけし1947年1月18日 - )は、日本お笑いタレント司会者映画監督俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。




注釈

  1. ^ たけしがファンであった初代中村錦之助に因む。
  2. ^ 旧姓正端菊次郎 浅草生まれ。1925年8月叔母北野うしと養子縁組、北野姓になる。同月さきと結婚。2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」[信頼性要検証]
  3. ^ 旧姓小宮さき 千葉県市原市五井生。1923年1月に北野うしの実子である徳次郎と結婚。同年8月徳次郎急逝。1925年8月、うしと養子縁組した菊次郎と結婚。2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」[信頼性要検証]
  4. ^ 後年、これに続けて「死に場所探して生きるもよし」と加えた詞を作り、『死んだ犬』として発表した(作曲:泉谷しげる
  5. ^ 小水は『ほしをつぐもの』(1990年)で、若松は『エロティックな関係』(1992年)で、再びたけしを撮った
  6. ^ 100単位以上を取得しながら、何らかの理由で通学できなくなった人物に与える制度。
  7. ^ これにより芸人としての師弟関係は途絶するが、個人的な付き合いは継続していた。また、引き続き、フランス座の屋根裏部屋に住むことが許されたという。深見の下に立ち寄った北野に対して「タケ手前、馬鹿野郎、何しに来やがった! ラーメンでも食っていくか?」と粗雑ながら甲斐甲斐しくもてなされていた。
  8. ^ 特に毎年、フジテレビで放送されている、FNS27時間テレビが顕著に出ている。
  9. ^ もともと母・さきがうしの実子(北野徳次郎)と結婚して北野家に入ったが夫が夭折(1923年8月18日死亡)、その後うしがさきの後添いに甥だった正端菊次郎を連れて結婚にあたって、菊次郎がうしと養子縁組(1925年8月17日)を行ったため。2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」
  10. ^ 正確には、前日の『北野ファンクラブ』のEDトークに飛び入り出演している
  11. ^ 退院時の会見でも着用していたため、信仰に目覚めたのかと話題になった。会見での正確な発言は「これねえ、原節子さんっていう人の、女優さんの、友達の尼さんが、観音様彫ってくれたんですよ。そんで、いろいろ書いてくれて、ほいでみんな心配してるってんで、これしてたら気持ちいいよって言うからやってるんですけど」
  12. ^ かつて森はLOUDNESSのライブビデオや海外ツアーのディレクターとして共に仕事をした事がある。
  13. ^ 「ここ4、5年、私が素晴らしいと思っている、北野武の映画があります。『HANA-BI』という作品です。私が『HANA-BI』を好きなのは、それが日本映画だからではなく、普遍的な映画だからです。そこに登場するほとんどの人物たちが一重瞼の細い目をしていることに気づかないほど、普遍的な映画だと思います」と言及された事がある(『週刊読書人』 2002年11月22日号)
  14. ^ 1991秋では、回答者として出演していた。実兄と共演。
  15. ^ 1992年 - 1996年・2017年 - 2018年は総合司会として参加、その他の年はゲストや中継でのゲスト出演
  16. ^ たけしはモナコ公国大公アルベール2世フランスの政治家フランソワ・バロワンに続き史上3人目となる。

出典

  1. ^ Brother -- About the Film/Producers - オフィス北野
  2. ^ a b ビートたけし”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 講談社 (2008年). 2010年3月21日閲覧。
  3. ^ “北野武さんに仏芸術文化勲章の最高章”. 朝日新聞デジタル. (2010年3月9日). http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201003090424.html 2016年3月13日閲覧。 
  4. ^ a b c d “たけし、フランスで史上3人目の栄誉 『名誉侍従』受賞”. ORICON STYLE (オリコン). (2003年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2053188/full/ 2015年6月3日閲覧。 
  5. ^ a b ビートたけし、第8回したコメ「コメディ栄誉賞」を受賞 「菊次郎の夏」の凱旋上映も決定”. 映画.com (2015年6月16日). 2015年6月17日閲覧。
  6. ^ 「週刊サンケイ」 1982年1月7日・14日号、64頁
  7. ^ a b c d e f g h たけしのニッポンのミカタ!(2013年4月26日放送分)”. テレビ東京. 2013年6月26日閲覧。
  8. ^ 笑っていいとも!テレフォンショッキング(2012年10月1日放送分)
  9. ^ 驚きももの木20世紀 - 伝説の浅草芸人・深見千三郎と最後の弟子』朝日放送、1996年
  10. ^ ビートたけし『浅草キッド』新潮社〈新潮文庫〉、1992年(文庫版解説) ISBN 978-4101225128
  11. ^ ビートたけし『午前3時25分!』 『平凡パンチ』平凡出版株式会社、1983年 ISBN 978-4900416000
  12. ^ ビートたけし『たけし! オレの毒ガス半世紀』(講談社 171頁)
  13. ^ 2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」
  14. ^ せんだみつお『ナハ』東京書籍、2002年 ISBN 4487797144
  15. ^ 『とんねるずのみなさんのおかげでした』フジテレビ系列 2010年9月30日放送など
  16. ^ 10/27(月) ビートたけしライブ 開催決定!”. オフィス北野公式ページ. オフィス北野. 2015年6月10日閲覧。
  17. ^ ビートたけし、“ほぼ単独”ライブ開催……前説のダイノジ大谷が緊張”. RBB TODAY. イード (2014年10月27日). 2015年6月10日閲覧。
  18. ^ これは風雲たけし城で殿の役をやったことに由来する
  19. ^ 主な登場人物
  20. ^ 鬼瓦権造とは|初版作成日:08/08/18 21:26
  21. ^ 2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」
  22. ^ 2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」
  23. ^ http://wailingual.jp/interview/%e7%ac%ac7%e5%9b%9e%e3%80%8c%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%ad%a6%e7%bf%92%e8%80%85%ef%bc%8f%e4%b8%ad%e5%b1%b1%e5%ae%89%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8d.html
  24. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年6月14日). “ビートたけしさんの妻、協議離婚を認める” (日本語). 産経ニュース. 産経新聞社. 2019年6月15日閲覧。 “タレントで映画監督のビートたけし(北野武)さん(72)の妻、幹子さんは14日、顧問弁護士を通じ、たけしさんと協議離婚したことを発表した。”
  25. ^ オリコンニュース: “ORICON NEWS:ビートたけし「バレちゃったんだよ」 生放送冒頭“離婚”でボケ連発” (日本語). 毎日新聞. 毎日新聞社. 2019年6月15日閲覧。 “「再婚」については「ないよ。再婚なんてしても仕方ないもん。とか言ってするかもしれないよ」と、のらりくらり。”
  26. ^ たけしが独立語る「何も変わらない」新会社名由来も” (2018年3月17日). 2019年4月14日閲覧。
  27. ^ 2019年4月13日放送「天才!志村どうぶつ園」に、ゴンを連れてゲスト出演した。
  28. ^ “たけし、紳助さん引退「全然分からない」”. asahi.com. 日刊スポーツ (朝日新聞社). オリジナルの2013年4月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130429154525/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201108280038.html 2011年9月25日閲覧。 
  29. ^ 『所ジョージの世田谷ベース 15』 有名人&芸能人の愛車データベース 2011年2月21日閲覧
  30. ^ ビートたけしのテレビタックル・デラックス テレビ朝日 1991年12月30日
  31. ^ 『特別対談 ビートたけし 麻原彰晃』 Bart 1992年6月22日号 集英社
  32. ^ 麻原彰晃 – 『TIME』の表紙を飾った最後の日本人』 JAPA+LA(ジャパラ) 2012年6月28日
  33. ^ “たけし、ライバルはいかりや長介と萩本欽一「引きずり下ろしたかった」”. マイナビニュース. (2015年4月5日). http://news.mynavi.jp/news/2015/04/05/073/ 2017年10月15日閲覧。 
  34. ^ いいとも最終回はビートたけしが大暴れ!? 日刊スポーツ、2014年3月29日閲覧
  35. ^ “「いいとも!」のテレフォン、最後はビートたけしさん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年3月28日). オリジナルの2014年3月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140328105234/http://www.asahi.com/articles/ASG3X44MKG3XUCVL00F.html 2014年3月29日閲覧。 
  36. ^ “遂にTOKYO MX生放送 初出演「バラいろダンディ」にビートたけしが降臨!” (プレスリリース), 東京メトロポリタンテレビジョン, (2015年5月18日), http://s.mxtv.jp/company/press/pdf/press2015_130001.pdf 
  37. ^ “「お互いの誤解やから仕方ない」“挨拶騒動”の東京03にさんまがエール”. ORICON STYLE (オリコン). (2009年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/70793/full/ 2017年10月15日閲覧。 
  38. ^ 週刊ポスト』2014年4月18日号、150頁。
  39. ^ a b “ビートたけし、所ジョージ&甲本ヒロトに嫉妬する理由”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年12月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/29/kiji/K20151229011772960.html 2017年10月15日閲覧。 
  40. ^ ビートたけしの意外な一面を付き人が語る「テンションが高い時はエロい歌」 ライブドアニュース
  41. ^ 東京医大病院、教授同士が法廷闘争 『週刊ポスト』(小学館) 1999年7月16日号
  42. ^ シェパード太郎 (2014年9月29日). “9月12日 金曜日 〜気品あるロケ〜”. シェパード太郎"不完全日記". 2015年6月10日閲覧。
  43. ^ CEOへの道 日本コカ・コーラ取締役会長・魚谷雅彦(Part4)——数千万円のキャンセル料を支払ってジョージアのCMを作りました(3)”. 東洋経済オンライン (2010年2月9日). 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。 “チームと広告代理店といろんな案を出し、日本のサラリーマンを描くべく、当時タレント人気ナンバーワンだったT軍団に全員出演してもらうことになりました。ところが、契約もできて撮影日も決まった段階で、Tさんがなんと不幸にも交通事故に。通常3カ月ほどかかる企画と制作を1カ月でゼロからやり直すことになりました。”
  44. ^ 「OBAKA’S UNIVERSITY おバカへの疾走篇」 Archived 2017年2月2日, at the Wayback Machine.
  45. ^ 竹田恒泰『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』PHP新書、2011年 ISBN 9784569794297
  46. ^ a b 東京スポーツ連載『ビートたけし本紙客員編集長の世相メッタ斬り』2015年1月19日分
  47. ^ 東国原英夫氏 北野武が「紫綬褒章」を辞退した“本当の理由”を明かす ライブドアニュース 2016年10月26日閲覧
  48. ^ 北野武、笑いと感謝込めた天皇皇后両陛下への祝辞全文 「日本という国に生を受けたことを幸せに思います」 - ハフポスト 2019年4月11日
  49. ^ 『みんな自分がわからない』1993年(平成5年)、新潮社 ISBN 978-4103812036
  50. ^ 『新潮45』2010年6月号
  51. ^ 「東京湾に原発作れ」 ビートたけし提言にネットで喝采 J-CASTニュース 2011年4月12日
  52. ^ 北野武が東京湾への原発建設を提案「東京が犠牲もリスクも背負うべき」トピックニュース 2015年4月25日
  53. ^ 欧米ではビートたけしは時代おくれ?東洋経済 2013年5月21日
  54. ^ ビートたけし『日本人改造論 父親は自分のために生きろ』角川oneテーマ21 2014 p191
  55. ^ 景山民夫『極楽TV』JICC出版局、1985年 ISBN 978-4880631363
  56. ^ 酒井康著『虹色の音詞』175〜176p
  57. ^ 酒井康著『虹色の音詞』176p
  58. ^ ロッキンf 1988年7月号 72p
  59. ^ ビートたけし 桑田佳祐は「大した天才だと思う」と発言 livedoor NEWS 2015年10月27日閲覧
  60. ^ ビートたけし『仁義なき映画論』1991年、太田出版のち文春文庫 ISBN 9784167578022
  61. ^ 太田光が桑田佳祐からのメールに驚き「偽ベッキーを連れて行きます」,ライブドアニュース , 2016年2月17日
  62. ^ a b c d e 異色連載対談(151) 女が迫る 風吹ジュンの巻 ゲスト・ビートたけし」『週刊朝日』、朝日新聞社、1982年4月16日、 113頁。
  63. ^ たけしの日本教育白書(第6回 2010年11月20日放送)より本人談
  64. ^ キム・ヨナと浅田真央が遠隔対決…0.47点差 中央日報 2013年12月09日
  65. ^ たけし『金言』真央に“女優のススメ” デイリースポーツ 2010年3月1日
  66. ^ 日刊スポーツ 2017年7月19日
  67. ^ https://contentsbusiness.wordpress.com/2017/02/12/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E5%92%8C%E7%94%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/2/
  68. ^ 田丸公美子 『パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記』 文藝春秋
  69. ^ TVタックルより
  70. ^ 俳優がぶっ倒れた!北野映画、緊張感を生む一発勝負の理由シネマトゥデイ2017年10月6日(2017年10月9日閲覧)
  71. ^ 2/4 映画監督 北野武 [映画] All About
  72. ^ 『週刊文春』2011年9月29日号「ビートたけし「暴力団との交際」すべて語った」
  73. ^ キタノヨウゴ” (日本語). SmaSTATION. テレビ朝日. 2010年12月25日閲覧。
  74. ^ 古山敏幸『映画伝説ジャン=ピエール・メルヴィル』10-11p、119-121p
  75. ^ 映画秘宝』2013年08月号の104p-105pの町山智浩「男の子映画道場」での『サムライ』『仁義』『いぬ』『影の軍隊
  76. ^ 『ビートたけしのおまえの不幸には、訳がある!―たけしの上級賢者学講座(新潮文庫)』
  77. ^ 北野武がレジオン・ドヌール勲章を受章、パリで叙勲式。www.afpbb.com > トップ > ライフスタイル > ファッション
  78. ^ 「週刊ポスト」 2002年2月1日号
  79. ^ 「This is 読売」北野武監督対談蓮實重彦 1998年2月号 読売新聞社
  80. ^ 北野武監督がズバリ語る、嫌いな俳優&好きな俳優” (日本語). Walkerplus (2009年11月23日). 2010年12月25日閲覧。
  81. ^ 浅草キッド、ビートたけしに言いたい放題MOVIE ENTER 週刊シネママガジン(2009年10月4日)2016年11月24日閲覧。
  82. ^ たけし帰国会見 仏芸術文化勲章最高章は「黒澤さんが貰ったやつ、すげえ」”. cinemacafe.net (2010年3月13日). 2010年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  83. ^ ビートたけしは刑事役!「龍三と七人の子分たち」劇中カットを入手”. 映画.com (2015年1月5日). 2015年1月5日閲覧。
  84. ^ “北野武「アウトレイジ 最終章」2017年公開、「やっぱり俺の映画になっちゃうよな」”. 映画ナタリー. (2016年12月2日). http://natalie.mu/eiga/news/211546 2016年12月2日閲覧。 
  85. ^ 過去のMen of the Year受賞者たち【国内編】”. GQ JAPAN. 2014年11月21日閲覧。
  86. ^ ビートたけしが「龍三と七人の子分たち」に4冠授ける、東スポ映画大賞発表”. 映画ナタリー (2016年1月26日). 2016年1月27日閲覧。
  87. ^ 海街diary:たけしの思い付きで「東スポ映画大賞」1冠増え4冠に 綾瀬、長澤、すずがコマネチ”. まんたんウェブ (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  88. ^ 【東スポ映画大賞】授賞式、受賞者一覧”. 東京スポーツ (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  89. ^ 2018年4月から一部の系列局では20:54に飛び降り。
  90. ^ 井上ひさしとの対談は(井上ひさし『浅草フランス座の時間』文春ネスコ、2001年。ISBN 4890361235)に再録
  91. ^ 海洋アドベンチャー タラ号の大冒険(NHK)、2016年10月7日閲覧
  92. ^ デイリースポーツ 2012年10月11日号
  93. ^ ものづくり日本の奇跡(TBS)、2016年8月27日閲覧
  94. ^ a b ビートたけしが朝のテレ東で5日連続生番組 太田光、水道橋博士らも出演 - 映画・映像ニュース”. CINRA.NET (2017年9月28日). 2017年10月8日閲覧。
  95. ^ 《2019年大河ドラマ》出演者発表 第2弾! ビートたけしが “落語の神様” 役でナビゲート!”. NHKオンライン. NHK (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  96. ^ 江口洋介は短髪!石橋冠監督作「人生の約束」に西田敏行&ビートたけしら主演級ずらり”. 映画.com (2015年3月18日). 2015年3月18日閲覧。
  97. ^ ビートたけし、ハリウッド版「攻殻機動隊」出演決定!スカヨハと共演!”. シネマトゥデイ (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  98. ^ “ビートたけし、ZENTの広告でスタイリッシュに「コマネチ」”. お笑いナタリー. (2016年4月27日). http://natalie.mu/owarai/news/185239 2016年5月2日閲覧。 
  99. ^ a b ビートたけしのオールナイト・ニッポン本人談
  100. ^ a b 芸人、映画監督以上にスゴかった!「歌手」ビートたけしの知られざる30年史、BEGLOBEニュース(アサ芸プラス)、2015年2月28日 09:17。
  101. ^ “「“北野映画”に通じる先見性があった」伝説のクソゲー“たけ挑”制作秘話”. ライフ関連ニュース (オリコン). (2009年8月8日). http://life-cdn.oricon.co.jp/68263/full/ 2016年8月8日閲覧。 
  102. ^ 北野武監督が仏「名誉侍従」に!史上3人目の快挙”. 東スポWeb (2015年6月5日). 2015年6月5日閲覧。
  103. ^ 北野武さんにレジオン・ドヌール勲章「素直にうれしい」”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2016年10月19日). 2016年10月21日閲覧。
  104. ^ “世界のキタノにまた新たな称号 仏最高勲章、現地25日に叙勲式”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/19/kiji/K20161019013562850.html 2016年10月19日閲覧。 
  105. ^ “旭日小綬章に北野武さんら…春の叙勲4151人”. 読売新聞. (2018年4月29日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180429-OYT1T50010.html 2018年4月29日閲覧。 
  106. ^ 日本数学会 広報委員会 2008年度日本数学会賞出版賞
  107. ^ Asian Heros - Takeshi Kitano” (英語). TIMEasia.com. 2002年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  108. ^ 栗本慎一郎・吉本隆明『相対幻論』冬樹社、1983年(1985年に角川文庫に収録) ISBN 978-4041501054(角川文庫版)
  109. ^ 朝日新聞夕刊『人生の贈りもの』2008年12月5日より
  110. ^ 色川武大『なつかしい芸人たち』新潮社、1989年 ISBN 978-4103311041(「銀座百点」掲載、1987年)
  111. ^ 爆笑問題はなぜ“つまらない”ボケを繰り返すのか? 太田光の「テレビ論」 Yahoo!ニュース
  112. ^ 「ファシズムみんなで進めば怖くない」『朝日ジャーナル』朝日新聞社、1981年
  113. ^ 朝倉喬司/監修・筑紫哲也『たけし事件 - 怒りと響き』太田出版、1987年 ISBN 978-4900416284
  114. ^ 『神なき国のガリバー』、『ニッポンご託宣』
  115. ^ 森田一義アワー 笑っていいとも!』最終回(2014年3月31日)「表彰状」イジリー北野(ビートたけし)
  116. ^ 日刊スポーツ 2014年10月25日16時52分配信、ヤフーニュース。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビートたけし」の関連用語

ビートたけしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビートたけしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビートたけし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS