3月26日 3月26日の概要

3月26日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 02:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
2021年 3月弥生
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

できごと

パリ・コミューン成立(1871)。画像は18日のバリケード
北海道新幹線が開業(2016)。

誕生日

人物

詩人ロバート・フロスト (1874-1963)誕生。
森に2つの道があり――私は人のあまり通っていない道を選んだ。それが全ての違いの元となった。(『選ばれざる道』1916)
劇作家テネシー・ウィリアムズ(1911-1983)誕生。代表作『欲望という名の電車』(1947)など
現代音楽の作曲家・指揮者ピエール・ブーレーズ(1925-)
動物行動学リチャード・ドーキンス(1941-)。『利己的な遺伝子』(1976)は多大な影響を及ぼしている
Googleの創業者、ラリー・ペイジ(1973-)。PageRankは彼の名にちなむ

人物以外(動物など)


注釈

  1. ^ Space.7(第7話)時点で300歳。

出典

  1. ^ 「業務上過失傷害で捜査 動く歩道事故」『朝日新聞』昭和45年(1970年)3月27日朝刊、12版、15面
  2. ^ 塩素ガス漏れ住民バタバタ 東大阪約百人が入院『朝日新聞』1976年(昭和51年)3月26日夕刊、3版、11面
  3. ^ ヴィクトワールピサ、日本馬として初優勝 ドバイWC AFPBB News (2011年3月27日) 2021年1月26日閲覧。
  4. ^ 【海峡新時代】新幹線「北の大地」へ 産経ニュース (2016年3月27日) 2021年1月26日閲覧。
  5. ^ IC乗車券「イクスカ」「スイカ」相互利用開始 仙台圏の地下鉄とバスで 仙台経済新聞 (2016年3月27日) 2021年1月26日閲覧。
  6. ^ 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 187.
  7. ^ 山崎正和さんが死去 劇作家・評論家、86歳”. 日本経済新聞 (2020年8月21日). 2020年12月16日閲覧。
  8. ^ 神戸新聞NEXT:山崎正和さん死去 劇作家、評論家
  9. ^ 井上 和彦 - CDJournal”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2020年11月20日閲覧。
  10. ^ スターダストプロモーション プロフィール
  11. ^ 織田 一穂”. タレントデータバンク. 2020年11月13日閲覧。
  12. ^ 俳優・萩原健一さん死去 「ショーケン」傷だらけの天使”. 朝日新聞デジタル (2019年3月28日). 2020年11月18日閲覧。
  13. ^ 銀河お嬢様伝説ユナ:キャラクター紹介:ヴァイオリンのアレフチーナ - ウェイバックマシン(2010年9月23日アーカイブ分)
  14. ^ https://heroaca.com/sp/chara/character52.html
  15. ^ 令丈ヒロ子『若おかみは小学生!』PART10、講談社青い鳥文庫〉、2007年、付録。ISBN 978-4-06-148773-4
  16. ^ 咲-Saki- Characters(小林立公式サイト) 2014年6月17日閲覧。


「3月26日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「3月26日」に関係したコラム

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「3月26日」の関連用語

3月26日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



3月26日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの3月26日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS