阿部寛 受賞歴

阿部寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 06:46 UTC 版)

受賞歴

1994年
2001年
2002年
2003年
  • 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『逃亡者 RUNAWAY』)
2005年
  • 第46回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞ドラゴン桜
2006年
2008年
2009年
  • 第61回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『白い春』)
2012年
2015年
2016年
2021年
  • 第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『ドラゴン桜』)
2022年

注釈

  1. ^ 「最近になり(バブル時代に作った数億円の)借金を返し終えた」と映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』(2007年)の舞台挨拶で告白した。約20年かけての完済であった。
  2. ^ 『アベちゃんの悲劇』によると、高倉はセリフが一言(「電話です」)しかなかった阿部をエキストラと考えていたため「よろしくお願いします」の型通りの挨拶でその場が終わった。後から周りに教えられた高倉は役者の先輩としての挨拶をしなかった非礼を詫び、激励の言葉と機会があれば共演しようと自分の言葉で伝えた。
  3. ^ 当初は2020年夏に放送の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期され[27]、2021年4月からの放送となった[28]

出典

  1. ^ Chara「熱意伝わった」阿部寛主演配信ドラマで映画「スワロウテイル」以来26年ぶり演技”. 日刊スポーツ (2022年7月20日). 2022年7月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 男の履歴書 阿部 寛”. インライフ. 2014年8月12日閲覧。
  3. ^ 前作超えた『ドラゴン桜』、作品ごとに魅力増す阿部寛の“希少性””. NEWSポストセブン (2021年5月9日). 2021年6月5日閲覧。
  4. ^ 阿部寛 3年間のパチプロ生活を経て『あの人は今』で再起」『女性セブン』2012年11月1日号、小学館、2012年10月28日閲覧。
  5. ^ 阿部寛、台湾地震に1000万円寄付を発表”. mdpr.jp. モデルプレス (2018年2月9日). 2018年2月10日閲覧。
  6. ^ “阿部寛、約束通り台湾の駐日代表に1000万手渡し。現地で賞賛の声”. まぐまぐニュース!. (2018年3月2日). https://www.mag2.com/p/news/351747 2021年6月30日閲覧。 
  7. ^ 阿部寛ニューヨーク・アジアン映画祭で「スター・アジア賞」を日本人初受賞 英語で堂々スピーチ”. 日刊スポーツ (2022年7月23日). 2022年7月23日閲覧。
  8. ^ a b 阿部 寛のプロフィール”. 2013年9月11日閲覧。
  9. ^ “仲間由紀恵「人気再熱」”. エンタMEGA. (2020年2月27日). https://entamega.com/33219 2021年6月30日閲覧。 
  10. ^ ″本物の俳優″を目指す阿部寛「50歳まであと2年、あせりますよ」”. HAPPY PLUS(ハピプラ)(livedoor NEWS) (2012年11月29日). 2014年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月12日閲覧。
  11. ^ ““お芋大好き”阿部寛、大量購入警戒の店が焼き芋隠す”. ナリナリドットコム. (2018年10月13日). https://www.narinari.com/Nd/20181051614.html 2019年10月17日閲覧。 
  12. ^ “あの俳優とは大違い!? 阿部寛、モノマネ芸人とのコラボで際立った「度量」”. アサ芸ビズ. (2022年1月18日). https://asagei.biz/excerpt/37919 2022年1月23日閲覧。 
  13. ^ “阿部寛、第1子女児誕生「妻に感謝」”. ORICON STYLE. (2011年7月31日). オリジナルの2014年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140711001115/http://www.oricon.co.jp/news/2000341/full/ 2014年7月11日閲覧。 
  14. ^ 市川遥 (2012年11月27日). “阿部寛、第2子女児が誕生していた!出産にも立ち会い”. シネマトゥディ. オリジナルの2012年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121129224052/http://www.cinematoday.jp/page/N0048142 2014年7月11日閲覧。 
  15. ^ 読み込みの速さが話題のサイト「dev.to」に日本伝統のあのサイトが圧倒的勝利を収める【やじうまWatch】”. INTERNET Watch. 株式会社インプレス (2017年11月17日). 2021年6月6日閲覧。
  16. ^ 「通信制限の辛さ」を表した1枚のスクショが…説得力ありすぎ!!”. BUZZmag (2020年11月8日). 2021年6月6日閲覧。
  17. ^ 家のネット回線が遅すぎる。どのくらい遅いかって、“あの”ホームページの読み込みが途中で止まるレベル「嘘だろ…」「遅いなんてレベルじゃない」”. Togetter (2019年8月27日). 2021年6月6日閲覧。
  18. ^ 『阿部寛さんのホームページ』の表示が爆速すぎると絶賛の嵐! ネットの声「WEBデザインの究極完成形」など”. ロケットニュース24 (2017年11月15日). 2021年6月6日閲覧。
  19. ^ “「阿部寛のホームページ」が『ドラゴン桜』出演情報を更新! 事務所が明かす今後のサイト運営”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2021年4月25日). https://www.jprime.jp/articles/-/20698 2021年6月30日閲覧。 
  20. ^ 「阿部寛のホームページ」トップの写真が変更 歴史が動くも爆速表示は変わらずネット民歓喜”. ねとらぼ (2019年3月31日). 2021年6月6日閲覧。
  21. ^ ““表示爆速”阿部寛さんのサイト、IPv6にも対応済みだった 「デザインより質」ネットで話題”. ITmedia NEWS (アイティメディア). (2020年3月13日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/13/news087.html 2021年6月6日閲覧。 
  22. ^ "まだ結婚できない男". 関西テレビ放送 カンテレ. 2020年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月6日閲覧注:「相関図」の「桑野信介 (53) 阿部寛」をクリックすると表示。
  23. ^ “阿部寛主演「まだ結婚できない男」公式サイトの人物紹介で阿部寛だけなぜか「阿部寛のホームページ」風で「完全に分かってる」と話題に”. ねとらぼ (アイティメディア). (2019年10月6日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1910/06/news026.html 2021年6月6日閲覧。 
  24. ^ 阿部寛が自身のホームページに言及「非常にシンプルで気に入っています」” (日本語). ライブドアニュース. 2022年4月5日閲覧。
  25. ^ 2023年 大河ドラマ「どうする家康」出演者発表”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2021年11月29日). 2021年11月29日閲覧。
  26. ^ 岡田准一、有村架純、ムロツヨシ、阿部寛、『どうする家康』出演 松本潤「今から楽しみ」”. Real Sound. リアルサウンドテック (2021年11月29日). 2021年11月29日閲覧。
  27. ^ “ドラマ「ドラゴン桜2」放送延期が決定、阿部寛「地道に準備していきたい」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年6月19日). https://natalie.mu/eiga/news/383866 2021年7月14日閲覧。 
  28. ^ 阿部寛主演『ドラゴン桜』続編、4月から放送 コロナ禍で昨夏から延期”. ORICON NEWS (2021年2月10日). 2021年7月14日閲覧。
  29. ^ 「ドラゴン桜」続編15年ぶり放送 伝説の弁護士・桜木が10年後の龍山高校で東大合格に導く”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2020年3月10日). 2021年6月30日閲覧。
  30. ^ ドラゴン桜4・25初回 人気作家オークラ氏ら脚本”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年3月27日). 2021年3月27日閲覧。
  31. ^ 「結婚できない男」続編の製作決定、阿部寛「結婚してなかったんですね、やっぱり」”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年4月26日). 2021年6月30日閲覧。
  32. ^ 阿部寛主演『新参者』、新春SP放送決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2013年10月21日). 2021年6月30日閲覧。
  33. ^ 阿部寛、土屋太鳳と初共演で父娘役 連ドラ『下町ロケット』主演”. ORICON (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  34. ^ 阿部寛主演「下町ロケット」続編が秋放送! 「今作も難題に直面」安田顕らも続投”. CinemaCafé.net. 株式会社イード (2018年7月19日). 2021年6月30日閲覧。
  35. ^ 『下町ロケット』年明け1・2にSPドラマ放送 佃製作所の“その後”描く”. ORICON NEWS. oricon ME (2018年12月23日). 2021年6月30日閲覧。
  36. ^ “阿部寛、ウクライナ俳優にそっくり? 香川照之も納得「瓜二つ」”. ORICON STYLE. (2016年8月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2077654/full/ 2016年8月31日閲覧。 
  37. ^ 阿部寛&常盤貴子出演! 山田洋次監督作「遙かなる山の呼び声」をドラマ化”. CinemaCafé.net. 株式会社イード (2018年2月8日). 2021年6月30日閲覧。
  38. ^ "阿部寛&常盤貴子で山田洋次監督の名作リメイク NHK『遙かなる山の呼び声』続編を今秋放送". ORICON NEWS. oricon ME. 28 April 2022. 2022年4月29日閲覧
  39. ^ 阿部寛、5度目の『日曜劇場』主演 東大受験の次は“水中事件”に挑む”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年7月14日). 2021年7月14日閲覧。
  40. ^ "阿部寛、燃え殻原作ドラマ「すべて忘れてしまうから」に主演 ディズニープラスで9月配信". 映画.com. カカクコム. 2022年6月23日. 2022年6月23日閲覧
  41. ^ “阿部寛主演『すべて忘れてしまうから』主人公Mの彼女Fの謎が深まるティザー予告&追加キャスト解禁”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2022年8月3日). https://www.crank-in.net/news/111840/1 2022年9月14日閲覧。 
  42. ^ 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. 2016年9月7日閲覧。
  43. ^ “阿部寛『麒麟の翼』で6年ぶりの共演の新垣結衣に「お芝居が上手くなった」”. MOVIE WALKER PRESS. (2011年10月28日). https://moviewalker.jp/news/article/25646/ 2022年1月2日閲覧。 
  44. ^ 岡田准一、映画『神々の山嶺』で主演 邦画初エヴェレストでの撮影に挑む”. ORICON (2015年2月19日). 2015年10月30日閲覧。
  45. ^ “是枝監督×阿部寛の無敵タッグ!5・21公開「海よりもまだ深く」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月25日). https://www.sanspo.com/article/20151225-2QXVDBIVUFNZVE5WLBNODY4J3U/ 2015年12月25日閲覧。 
  46. ^ “阿部寛&東野圭吾氏再タッグ!大ヒット小説「疾風ロンド」映画化”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年4月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/13/kiji/K20160413012394680.html 2016年4月13日閲覧。 
  47. ^ “阿部寛&天海祐希、初の夫婦役に! 『恋妻家宮本』2017年公開”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年11月30日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/30/36034.html 2015年11月30日閲覧。 
  48. ^ “阿部寛、チェン・カイコー×染谷将太「空海」に安倍仲麻呂役で出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月22日). http://natalie.mu/eiga/news/210226 2016年11月22日閲覧。 
  49. ^ “柳楽優弥が“日本の顔”葛飾北斎に!田中泯とW主演、海外配給も視野”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月7日). https://www.sanspo.com/article/20190807-5EZXIXQXVNNXXL6WBWIUVEDIGU/ 2019年8月7日閲覧。 
  50. ^ 佐藤健、連続殺人事件の容疑者役で映画主演 刑事役に阿部寛、林遣都”. ORICON NEWS. oricon ME (2020年3月28日). 2020年4月17日閲覧。
  51. ^ ““容疑者”佐藤健と“刑事”阿部寛が対峙 「護られなかった者たちへ」ビジュアル完成&21年秋公開”. 映画.com. (2020年12月10日). https://eiga.com/news/20201210/5/ 2020年12月10日閲覧。 
  52. ^ 佐藤健×阿部寛『護られなかった者たちへ』公開日が10月1日に決定 特報&新ビジュアルも”. ぴあエンタメ情報. ぴあ (2021年4月8日). 2021年6月30日閲覧。
  53. ^ 阿部寛と北村匠海が重松清原作の映画「とんび」で初共演、監督は瀬々敬久”. 映画ナタリー (2021年1月28日). 2021年2月2日閲覧。
  54. ^ “阿部寛×北村匠海「とんび」の主題歌担当はゆず、楽曲流れる本予告公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年1月24日). https://natalie.mu/eiga/news/462764 2022年1月24日閲覧。 
  55. ^ 阿部寛、新作映画で内田英治監督とタッグ!『異動辞令は音楽隊!』製作決定”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2021年6月30日). 2021年6月30日閲覧。
  56. ^ “なんで俺が?鬼刑事・阿部寛がまさかの転身「異動辞令は音楽隊!」特報”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月30日). https://natalie.mu/eiga/news/471680 2022年3月30日閲覧。 
  57. ^ “吉田鋼太郎演出×阿部寛主演「ヘンリー八世」再演決定、金子大地らメインキャスト続投”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月14日). https://natalie.mu/stage/news/465609 2022年2月15日閲覧。 
  58. ^ ザ・プレミアム 超常現象 - NHK名作選 NHKアーカイブス”. NHK. 2021年3月26日閲覧。
  59. ^ 株式会社QTnet” (日本語). 株式会社QTnet. 2022年1月30日閲覧。
  60. ^ “阿部寛、パラパラ漫画風CMで爽やかスマイル”. ORICON NEWS (oricon ME). (2009年5月27日). https://www.oricon.co.jp/news/66445/full/ 2021年6月30日閲覧。 
  61. ^ “おいしくて環境にいい日本の天然水ブランド 「い・ろ・は・す」からスパークリング登場 「プレーン」、「れもん」の2製品 5月19日新発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ, (2014年4月16日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000003508.html 2022年1月31日閲覧。 
  62. ^ “熊本県産とまとエキス使用「い・ろ・は・す とまと」5月4日から全国で新発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ, (2015年4月16日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000003508.html 2022年1月31日閲覧。 
  63. ^ “コカ・コーラ初のレモンサワー「檸檬堂」がついに本日28日(月)全国発売! 「前割りレモン製法」採用の鬼レモン、はちみつレモンなど4つの味〜阿部寛出演の新TVCMも”. ネタとぴ (株式会社インプレス). (2019年10月28日). https://netatopi.jp/article/1215306.html 2021年6月30日閲覧。 
  64. ^ “阿部寛、指原莉乃が出演する「綾鷹」新CM ナレーションは吉岡里帆”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2021年4月2日). https://www.cinra.net/news/20210402-ayataka 2021年6月30日閲覧。 
  65. ^ “【スペシャル企画】「東野圭吾から阿部寛への手紙」一度しか見られないプレミアムCMがTBS系にて放送決定!” (プレスリリース), 講談社, (2013年12月27日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000324.000001719.html 2022年1月31日閲覧。 
  66. ^ “映画『テルマエ・ロマエⅡ』×Filmarks タイアップCMが4月22日(火)からオンエア開始” (プレスリリース), つみき, (2014年4月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000008641.html 2022年1月31日閲覧。 
  67. ^ 阿部寛:広瀬アリスの一言に動揺? 初共演の新CM公開”. MANTANWEB (2017年12月15日). 2018年8月7日閲覧。
  68. ^ “ようやく見つけたヘアサロンはまさかの「○○専門」だった!阿部 寛がアフロヘア―!?『ホットペッパービューティー』新TV-CM 3月25日(日)より放送スタート” (プレスリリース), 株式会社リクルート, (2018年3月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000663.000011414.html 2021年6月30日閲覧。 
  69. ^ ““阿部 寛×広瀬 アリス”のタッグ再び 広瀬 アリスが予言者に!? 阿部 寛も驚愕のお告げとは?” (プレスリリース), 株式会社リクルートライフスタイル, (2018年6月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000713.000011414.html 2021年6月30日閲覧。 
  70. ^ “俳優 阿部寛さん、監督 堤幸彦さんを起用した初のTVCM「ファンコミュニティクラウド 『QON』 サービス説明」篇を2月6日(木)より放映開始” (プレスリリース), クオン, (2020年2月6日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000023406.html 2022年1月31日閲覧。 
  71. ^ “歯周病菌はハグキ細胞内にも侵入する ガム・ウェルプラス 新CM「ペースト・リンス篇」” (プレスリリース), サンスターグループ, (2020年3月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000270.000005120.html 2021年6月30日閲覧。 
  72. ^ “歯周病菌はハグキ細胞内にも侵入する ガム・ウェルプラス 新CM「ペースト・リンス篇」” (プレスリリース), サンスターグループ, (2020年3月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000270.000005120.html 2022年1月31日閲覧。 
  73. ^ “口は菌やウイルスの身体への入り口 新CM「サンスター 口から始める健康習慣」8月8日開始” (プレスリリース), サンスターグループ, (2020年8月7日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000284.000005120.html 2022年1月31日閲覧。 
  74. ^ “約4年ぶりに刷新、 「Cook Do®」新TVCM公開「回鍋肉/父のこだわり」篇 2月3日(木)より全国で放映開始!” (プレスリリース), 味の素, (2022年1月31日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000094255.html 2022年1月31日閲覧。 
  75. ^ “阿部寛、茶碗を片手に「うまい!」 ごはんを豪快に頬張る新CM公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年5月17日). https://news.mynavi.jp/article/20220517-2346816/ 2022年5月18日閲覧。 
  76. ^ 1997年青春アドベンチャー”. 青春アドベンチャー倉庫. 2014年7月9日閲覧。
  77. ^ “橋本愛への「デートは?」の問いに、樹木希林が「楽しかったです」と助け舟”. cinemacafe.net. (2013年5月10日). https://www.cinemacafe.net/article/2013/05/10/16947.html 2022年1月21日閲覧。 
  78. ^ a b 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2022年1月21日閲覧。
  79. ^ 第87回ドラマアカデミー賞”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2022年1月21日閲覧。
  80. ^ “『京都国際映画祭2016』が閉幕 阿部寛が三船敏郎賞を受賞「これからも映画とともに」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年10月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2079986/full/ 2022年1月21日閲覧。 
  81. ^ “世界に見せたい日本のドラマ 『あさが来た』『赤めだか』がグランプリ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年11月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2081070/full/ 2022年1月20日閲覧。 
  82. ^ “『第45回日本アカデミー賞』受賞者・作品発表 司会は羽鳥慎一&長澤まさみ”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2022年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2221334/full/ 2022年1月19日閲覧。 
  83. ^ 2007年5月上旬号”. KINENOTE. 2014年7月10日閲覧。


「阿部寛」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

阿部寛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阿部寛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿部寛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS