ONE PIECE (アニメ) ONE PIECE (アニメ)の概要

ONE PIECE (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 08:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ)
ONE PIECE
ジャンル 冒険海賊ファンタジーバトル少年向けアニメ
アニメ
原作 尾田栄一郎
シリーズディレクター #スタッフ参照
シリーズ構成 武上純希→上坂浩彦→米村正二
キャラクターデザイン 小泉昇→久田和也→松田翠
音楽 田中公平浜口史郎
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 フジテレビ・東映アニメーション
放送局 フジテレビ系列→フジテレビ他
放送期間 1999年10月20日 -
その他 第207話(2004年10月31日)よりハイビジョン制作
役名
モンキー・D・ルフィ
ロロノア・ゾロ
ナミ
ウソップ
サンジ
トニートニー・チョッパー
ニコ・ロビン
フランキー
ブルック
声優名
田中真弓
中井和哉
岡村明美
山口勝平
平田広明
大谷育江
山口由里子
矢尾一樹
チョー
テンプレート - ノート

作品解説

1999年10月20日よりフジテレビ系列で放送中。フジテレビ系列のアニメ番組では、『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』に次ぐ長寿作品となっている。2019年現在、東映アニメーションが制作したアニメ作品としては最も長く続いている。2007年には、当時最も長期間放送されていた『ドラゴンボールZ』(6年10カ月・291話)や『一休さん』(6年9カ月・296話)の記録を塗り替え、2009年には単体アニメで初めて放送期間が10年を突破した。東映アニメーションの長期放映作品が、ストーリーの進行や設定のリセットに合わせて番組名を変更しながら放送を続けることが多いのに対し(例:ドラゴンボール→ドラゴンボールZなど)、本作はタイトルが変更されることなく単体のアニメ作品として放送され続けている[注 1]

原作に存在する残虐なシーンはカット・変更がなされることがあり[注 2]、それ以外にも場面やセリフ、時系列といった細かい部分での相違点がいくつか見られる。

映像形式

  • 放送開始当初からステレオ放送であり、デジタル製作アニメである。また、文字多重放送を実施している[注 3]
  • 2004年10月31日放送の第207話からは、地上デジタル放送に対応したハイビジョン映像で制作されている(フジテレビ制作のテレビアニメでは初)。
  • 2008年11月30日放送の第379話までは、アナログ放送、資金面でデジタル機器が不足しているテレビ静岡などの一部遅れネット局のデジタル放送、VHS、7thシーズンから11thシーズンまでのレンタルDVD、7thシーズンのセルDVD(Log Collection収録版も同様)において、映像の左右をカットしている。フジテレビ、および同時ネット局であるサガテレビのアナログ放送[注 4] では上下に多少の黒帯があり、完全な4:3ではない(ただしブラウン管テレビなど機種によってはほとんど見えない場合もある)。このため、第207話から第228話までの16:9版は地上デジタル放送の本放送のみでしか視聴できなかった(映像ソフト版の7thシーズン第4巻では本来のアスペクト比4:3の第205・206話と16:9の第207話が同時収録されている。それに伴い画面サイズの統一を図ったかは不明だが、当初は16:9で収録される予定であった)。その後、番外編「麦わらのルフィ親分捕物帖」ではセルDVDのみ16:9で収録され、TVシリーズもウォーターセブン編より16:9での収録が始まった。なお、2008年12月7日に放送された第380話より、アナログ放送ではレターボックスでの放送に移行した。レンタルDVDでは380話以降も依然として4:3での収録が続いていたが、12thシーズンの1巻(408話)より16:9での収録となった。
  • 北米やフランスなど海外では、日本での放送から日にちをおかず字幕つきの日本語音声で放送する「ニアサイマル放送」が実施されている[1][2]

放送枠

  • 放送初期の1999年10月から2001年3月までの水曜夜7時枠は、『Dr.スランプ アラレちゃん』や『ドラゴンボール』シリーズといった鳥山明原作のアニメが約18年間に渡って放送されていた枠で、日曜夜7時枠に移動するまで、約20年間本作を含め東映アニメーション製作のアニメが放送されていた。
  • これまでに水曜19:00→日曜19:30→日曜19:00→日曜9:30と3回放送時間が変更されているが、その理由はいずれも当時間帯におけるアニメ枠の廃止(アニメからバラエティーへの置き換え)によるものである。
  • 2006年10月以降の枠はローカルセールス枠のため、関東地方以外の各地域では遅れ放送や打ち切りとなった。これでフジテレビ系列のゴールデンタイムのアニメ枠は一部を除いて廃止[注 5]となり、後にレギュラー枠としてのゴールデンタイムのアニメの放送は完全に消滅した[注 6]
  • 2006年10月以降にエンディングを廃止したため、関東圏では実質的には9時31分30秒から9時59分59秒というギリギリの時間まで放送を行っている。ただしエンディング廃止のため、オープニングテーマの時間が長くなり、本編が始まるのは9時35分40秒前後である。
  • 2006年9月まで同時ネットを行っていた系列フルネット26局のうち、7局ではローカル枠移動時に打ち切られた[注 7] が、随時再開していき、2013年5月までに系列フルネット局における未ネット局はなくなった。また、ローカル枠移動時にはフジテレビと同時ネットを行う局も消滅したが、徐々に増えていき、現在はフジテレビを含めた16局で同時ネットが行われている。
  • 放送開始当初から2006年9月までは、ナイター中継の延長に伴う放送休止が多く、「2週休止して2話連続スペシャル」「3週休止して2話連続スペシャル」などのスペシャル回を頻繁に放送しており、そのたびにプレゼント企画をしていた。2005年以降はナイター中継があっても途中で打ち切った上で定時に放送されるようになった。2006年10月のローカル枠移動後は放送休止になる事例はほとんどなくなった[注 8]

粗忽屋

アニメでは、麦わらの一味のメンバーの声優が他のキャラクターの声を兼任することがある。その際、一部のキャラクターの声の出演は「粗忽屋(そこつや)●●店」という別名義が使用されている[3]

別名義 声優 主なキャラクター
粗忽屋 平田広明 カルー、チュチューン、犬ッペ[注 9]、マグラ、偽ルフィ(デマロ・ブラック)[注 10]
粗忽屋浜田山 田中真弓 オーズ[注 9]、偽チョッパー(のらギツネ)[注 10]
粗忽屋西神戸 中井和哉 クンフージュゴン、ピエール、ジゴロウ[注 9]、ヤギゴリラゾンビ、サルデス、偽サンジ(ドリップ)[注 10]、ヌストルテ
粗忽屋武蔵野 岡村明美 スー、ゴンベ、アフェランドラ、偽ロビン(ココア)[注 10]、ヴィンスモーク・ヨンジ(子供)
粗忽屋東品川 山口勝平 マツゲ、ミノタウロス、ドグラ、偽ゾロ(マンジャロウ)[注 10]、バリエテ、ランドルフ、ニトロ、ドスマルシェ、ストローマン、ラビットマン、雷刃
粗忽屋東京 大谷育江 エニシダ、偽ナミ(ショコラ)[注 10]
粗忽屋後楽園 山口由里子 シェリー、ヤガラ
粗忽屋所沢 キキョウ、エポニー、ジョスカルポーネ、リンリンのママ
粗忽屋二子玉 矢尾一樹 偽そげキング(マウンブルテン)[注 10]、タブレット
粗忽屋雑司ヶ谷 チョー スフィンクス
粗忽屋新宿 アウトルック3世、偽フランキー(トルコ)[注 10]、マウジイ

主な歴史

放送日はフジテレビおよび同時ネット局のもの。

  • 1999年10月20日(第1話)、毎週水曜19:00 - 19:30にて放送開始。
  • 2001年4月より、毎週日曜19:30 - 19:58に放送時間を移動(移動後初回放送の4月15日のみ19:00 - 19:58)。
  • 2004年10月31日(第207話)より、ハイビジョン制作に移行した。
  • 2005年1月より、毎週日曜19:00 - 19:28に放送時間を移動(移動後初回放送の1月16日のみ19:00 - 19:58)。
  • 2006年10月1日より、ローカルセールス枠での放送に変更。関東地方は放送時間を毎週日曜9:30 - 10:00に移動した。これに伴いエンディングも廃止。また徐々に原作に追いつきはじめたため、冒頭に麦わらの一味を紹介する映像と長い回想シーンが挟まれ、途中のCM時間も大幅に長くなった。
  • 2008年5月25日放送分のみ、次回予告の形態が通常と異なっていた。
  • 2008年12月7日より、地上アナログ放送ではレターボックス(アスペクト比16:9)での放送に移行した。
  • 2009年6月28日放送分よりルフィ以外のメインキャラクターの登場回数削減に伴い、次回予告の内容は、登場キャラクターがしゃべる形式から、ナレーションの大場真人によるあらすじを読み上げる形式に変更された。次回のサブタイトルや、最後に決めゼリフをルフィが言うのは変更なし。メインキャラクターが再び集結した現在もこの形式を続けている。
  • 2011年4月3日放送の『トリコ』第1話では『トリコ×ONE PIECEコラボスペシャル』と題され、レギュラーキャラクターがゲスト出演している。1時間スペシャルの内、後半エピソードは『ONE PIECE』扱いで制作された。
  • 2011年9月25日(第516話)で、12年続いた『サバイバルの海 超新星編』が終了。翌週の同年10月2日(第517話)より原作第2部に当たる『最後の海 新世界編』が開始。作中の時系列が本編開始から2年後に変更、次回予告BGM・アイキャッチも刷新された。
  • 2012年4月7日、高画質化処理を行った「スペシャルエディション」として、第1話からの再放送が開始[5]。関東地区で毎週土曜9:55から放送。映像は上下がカットされている。2013年3月30日で放送を終了した。
  • 2015年4月5日より、解説放送を実施(一部の放送局を除く)。
  • 2015年10月4日より、データ放送を実施(同時ネット局のみ)。
  • 2019年7月7日(第892話)より「ワノ国編」が開始。次回予告BGM・アイキャッチが刷新された。

放送事故・放送中断・放送休止

  • 2007年3月25日(第302話)は、能登半島地震のため、放送時間残り約2 - 5分の所で放送が中断され緊急報道特番が組まれた。同29日深夜に改めて放送された。なお、当時7日遅れ放送だった北海道文化放送(UHB)では放送を中断せず、地震報道は画面上部のテロップで流して対応した。
  • 2007年8月15日、テレビ宮崎での放映中に映像が停止する放送事故があった。詳細はテレビ宮崎#事件・事故を参照。
  • 2010年2月28日(第440話)は、制作局のフジテレビのみ[要出典]、地上アナログ放送において、前日に発生したチリ地震の津波による大津波警報が発表された影響で、本編開始からしばらく無音状態・緊急警報信号が鳴り、そして復帰するという事態が発生した。その後地上アナログ放送・地上デジタル放送共に津波警報を知らせる日本地図を放送中常時表示した。このため、同年3月7日(3月6日深夜)の27:55 - 28:25に[要出典]再放送が実施された(番組中での案内は無し)。また、同日のBSフジの放送でも津波警報を知らせる日本地図が表示された。
  • 2011年3月13日は第490話の放送予定であったが、東日本大震災に伴う報道特番の影響により放送休止とされ、第490話の放送は翌週に延期された。
  • 2016年2月7日放送予定分(第729話)は、北朝鮮によるミサイル発射実験を受けて、放送開始後まもなく放送が中断され緊急報道特番が組まれた。その影響で同時ネット局、同時刻で放送の遅れネット局を含め、放送が翌週に延期となり、残りの遅れネット局は遅れ日数が縮小された。
  • 2020年4月26日から6月21日まで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響により新作エピソードの放送が中断となり、ワノ国編の再放送(第892話から第902話)が行われた[6]。6月28日に放送が再開され、元々4月26日に放送予定だった第930話の放送が行われた[7]

声優の交代

声優の一時休業
声優 期間 役名 代役
岡村明美(産休) 2001年5月27日 - 8月26日(第70話 - 第78話) ナミ 山崎和佳奈
大谷育江(体調不良) 2006年1月22日 - 4月30日(第254話 - 第263話)[注 11] トニートニー・チョッパー 伊倉一恵
山口由里子(産休) 2007年3月4日 - 7月22日(第299話 - 第319話) ニコ・ロビン 小林優子
沢城みゆき(産休) 2018年10月7日 - 12月2日(第856話 - 第863話) シャーロット・プリン 桑島法子
声優の死去
声優 没年 役名 最後の出演 後任 後任の初出演
松尾銀三 2001年 スモーカー 2001年9月2日(第79話) 大場真人 2001年12月23日(第94話)
中江真司 2007年 酋長 2004年6月13日(第195話) 増谷康紀 2018年8月25日
(TVSP『エピソードオブ空島』)
郷里大輔 2010年 ジンベエ 2009年12月27日(第432話) 宝亀克寿(ジンベエ) 2010年3月14日(第442話)
谷口節 2012年 モンブラン・クリケット 2010年4月
(OVA『EPISODE:0』)
内田直哉 2018年8月25日
(TVSP『エピソードオブ空島』)
石森達幸 2013年 センゴク 2012年12月15日(劇場版『Z』) 大川透 2014年8月30日
(TVSP『3D2Y』)
矢田耕司 2014年 ゼフ 2013年8月24日
(TVSP『エピソードオブメリー』)
樋浦勉 2017年6月25日(第794話)
大塚周夫 2015年 ゴール・D・ロジャー 2013年4月7日(第590話) 津嘉山正種 2018年8月12日(第849話)
田中一成 2016年 アバロ・ピサロマンボシBB 2016年10月23日(第761話) 荒井聡太(BB) 2016年11月20日(第765話)
間宮康弘(マンボシ) 2017年2月19日(第777話)
高塚正也(ピサロ) 2020年1月12日(第917話)
鶴ひろみ 2017年 シャクヤク 2011年10月9日(第518話) 浅野真澄 2019年1月27日(第870話)
石塚運昇 2018年 ボルサリーノ 2016年7月31日(第751話) 置鮎龍太郎(ボルサリーノ) 2019年4月21日(第881話)
後藤哲夫 ハンニャバルミョスガルド 2015年9月20日(第710話) 菊池正美(ミョスガルド) 2019年6月9日(第888話)
声優の交代
声優 役名 最後の出演 後任 後任の初出演 備考
曽我部和恭 ベン・ベックマン 1999年12月8日(第4話) 田原アルノ 2003年4月20日(第151話) 曽我部は2000年に声優を引退し、2006年に死去。
青野武 ジュラキュール・ミホーク 2003年4月20日(第151話) 掛川裕彦 2010年8月15日(第462話) 青野は2012年に死去。
青野は番組降板後も劇場版には第10作目までのゲストキャラの声で多数出演していた。
家弓家正 ネフェルタリ・コブラ 2007年9月14日(第324話) 上田敏也 2011年8月28日(第512話) 家弓は2014年に死去。
上田敏也 2011年8月28日(第512話) 郷田ほづみ 2017年2月12日(第776話)
いまむらのりお エンポリオ・イワンコフ 2010年5月23日(第452話) 岩田光央 2010年8月8日(第461話) いまむらは不祥事のため降板。降板前のエピソードもDVD化の際に岩田による録り直しが行われた。
藤田淑子 シャーロット・リンリン 2012年11月4日(第571話) 小山茉美 2017年4月30日(第786話) 藤田は2018年に死去[8]
広瀬正志 リク・ドルド3世 2014年9月7日(第660話) 銀河万丈 2014年10月19日(第666話) 広瀬は2014年より長期休業。
八奈見乗児 ガン・フォール 2004年6月13日(第195話) 市川猿之助 2018年8月25日
(TVSP『エピソードオブ空島』)
八奈見は2015年より長期休業。
木内レイコ ジュエリー・ボニー 2016年4月10日(第736話) 高木礼子 2019年6月9日(第888話)



オープニングテーマ

  1. ^ a b 冒頭の約30秒間にナレーション(声 - 大場真人)とゴールド・ロジャー(声 - 大塚周夫)のセリフがある。
  2. ^ a b 冒頭の約30秒間にゴールド・ロジャー(声 - 大塚周夫)のセリフがある。
  3. ^ a b CD版とはアレンジが異なる。
  4. ^ 冒頭の約30秒間にモンキー・D・ルフィ(声 - 田中真弓)のセリフがある。
  5. ^ FODをはじめとするネット配信ではカットされているが、各サイト上にその旨の告知はない。
  6. ^ 第383話まではノンクレジット。
  7. ^ クイズ!ヘキサゴンII』とのコラボレーションによる企画ユニット。第429話まではノンクレジット。
  8. ^ 中盤にマーシャル・D・ティーチ(声 - 大塚明夫)とモンキー・D・ルフィ(声 - 田中真弓)のセリフがある。

エンディングテーマ

  1. ^ テレビオンエア時は「Memories」名義。
  2. ^ a b c CD版とはアレンジが異なる。
  3. ^ テレビオンエア時は「ジャンヌダルク」名義。
  4. ^ テレビオンエア時は「faith」名義。
  5. ^ テレビオンエア時は「A to Z」名義。
  6. ^ FODをはじめとするネット配信ではカットされている。こちらは各サイト上に「エンディングがカットされている」旨の告知がある。
  7. ^ テレビ本放送時のみ。

注釈

  1. ^ 2011年10月から新章「最後の海 新世界編」が開始したが、番組タイトルの変更は行っていない。
  2. ^ 例として、ゼフが岩場に打ち上げられた時に、原作では足を食べて生き残ったことになっているが、アニメ版では壊れた船に挟まれて足を失ったと変更されている。なお、原作者は「幼い視聴者に対しての配慮」だと語っている(コミックス15巻SBS)。
  3. ^ ルフィのセリフは黄色、ゾロのセリフは緑色、ナミのセリフは水色、それ以外の人物は白色で表示される。
  4. ^ 2006年9月以前はすべてのネット局
  5. ^ ただし、福島テレビでは2008年3月まで本作が月曜19時から放送されていたので一部の地域では存続されていたとも言える。
  6. ^ 単発放送を含めると、2012年夏以降本作品の2時間スペシャルが『土曜プレミアム』枠で年1回程度放送されており、これが2019年現在フジテレビにおいてゴールデンタイムにアニメが放送される唯一の事例となっている。
  7. ^ 当初は10局以上の系列局が打ち切る予定であった。また、2006年11月から本番組がBSフジで放送開始されたため、地上波未ネット地域でもそちらで補完することになっていた。
  8. ^ 現在放送休止となる事例は、年末年始・3月第1日曜(2018年までは2月最終週)の東京マラソン中継(2007年以降、日本テレビと隔年で中継)、毎年3月第2日曜の名古屋ウィメンズマラソン中継(2012年以降毎年、東海テレビ制作。このため、東京マラソンをフジテレビが中継する年は2週連続放送休止になることもある)、毎年秋の初め(2016年までは夏休み初め)のFNS27時間テレビの放送のみ。
  9. ^ a b c 麦わらの一味の影が入れられているスリラーバークのゾンビは、影の担当声優がゾンビの声も演じている。なお、ブルックの影が入っているリューマはアニメ本編では「チョー」名義だが、公式サイトでは「粗忽屋雑司ヶ谷店」名義でクレジットされている[4]
  10. ^ a b c d e f g h ニセ麦わらの一味のメンバー。本物の一味の担当声優が、ニセ一味では別のメンバーの声を担当している。
  11. ^ 劇場版第7作『カラクリ城のメカ巨兵』(2006年3月4日公開)を含む。
  12. ^ クレジットなし。
  13. ^ 第196話から第283話までクレジットなし。
  14. ^ 第395話-第425話は「製作担当補佐」でのクレジット。
  15. ^ 2009年1月から小泉と久田の連名。2009年11月に小泉の降板に伴い、単独で久田のみがクレジットされるようになった。
  16. ^ 第575話から新設。
  17. ^ a b c 第895話・第896話を除く。
  18. ^ 一部話数を除く。
  19. ^ 色彩設定は第115話まではEDで、第116話以降は色彩設計とOPでクレジット。
  20. ^ 堀田は色彩設計に昇格する前は、色指定を担当していた。
  21. ^ 志水は一時期、宇田と連名でクレジット。境と宮元は連名でクレジットされた後に境の降板に伴い宮元単独でクレジットされる様になった。
  22. ^ 第892話から新設。
  23. ^ 第323話-第345話までの「編集」に昇格するまでは「編集助手」という役職でクレジット。
  24. ^ 第653話から新設。
  25. ^ 第781話は、藤村聡が担当。
  26. ^ 第460話までは「TOVIC」、第461話以降は「東映デジタルラボ」とクレジット。
  27. ^ ノンクレジット。
  28. ^ ゲーム『ONE PIECE オーシャンズドリーム!』を元にしたストーリー。
  29. ^ 2017年9月まで本編の開始は9:32頃から。
  30. ^ フジテレビおよび同時ネット局はストロング9後半枠(ただし名称表示はない)として放送。
  31. ^ 2013年以降、毎年8月に開催される『北海道マラソン』放送日は同日の12:30 - 13:00に放送。2017年8月27日は同大会中継のため、12:30 - 13:00での放送となったが、同日は13:00 - 13:30にも放送し、同年9月3日から同時ネットに移行。
  32. ^ 2010年12月までは木曜 17:24 - 17:54に放送され、2011年1月9日から現在の日時。さらに、2014年12月28日・2015年1月4日にそれぞれ4話連続放送を行い、2015年1月11日から同時ネットに移行。
  33. ^ 2007年3月までは金曜 15:30 - 15:59。2007年4月から現在の時間に移動。2017年12月31日に遅れ分の1話を放送し、2018年1月7日より同時ネットに移行。
  34. ^ 時差ネット開始当初は木曜 16:24 - 16:53に放送されていたが、2010年4月1日・8日・15日に2話連続放送をした後、4月18日から同時ネットに移行。また、スペシャルエディションは2012年7月7日に放送している。2012年8月4日・11日・18日に3話連続放送をした。
  35. ^ 2008年3月までは月曜19:00 - 19:30。また、『トリコ』が未放送になったため、第492話・第542話・第590話 (『トリコ』とのコラボの回)は、未放送。3月26日は土曜 10:00 - 10:30。2016年3月21日に遅れ分の4話、4月3日の9:00に遅れ分の1話を放送し9:30から同時ネットに移行。
  36. ^ 2011年4月3日より第491話から放送再開。2011年7月3日までは日曜 5:30 - 6:00で放送され、2011年7月5日から2012年9月30日まで火曜15:30 - 16:00に放送された。2012年10月7日から2013年4月7日まで再び日曜 5:30 - 6:00で放送し、2013年4月7日より同時ネット。そのため、4月7日は1日に2話放送となった。
  37. ^ 当初は1週遅れだったが、2009年3月22日に『東京マラソン』のためにフジテレビ系列で放送が休止された日に時間を変更して遅れ分を放送し、3月29日から同時ネットに移行。
  38. ^ 2011年3月27日に第336話を放送した後、4月3日より第490話から放送再開。2012年3月17日には『トリコ』が遅れ日数調整のため休止になったため、代わりに本作の第291話が放送され、2013年1月5日にも同様に第303話が放送された。EPGでは、2012年10月14日放送の第566話まで本来の話数ではなく再開時を起点とした話数が表示されていたが、その後話数表示はなくなった。2013年10月6日より同時ネットに移行し、この日のみそれまでの6:30 - 7:00と併せて2話放送。
  39. ^ 2006年10月よりフジテレビが現在の日曜9:30枠に移動後からは遅れネット(月曜 15:26 - 15:56→土曜 16:55 - 17:25。ただし休止となる場合があったり、未放送となっている場合がある)での放送再開まで非ネットであった。当該枠は関西テレビ制作の『旅っきり!〜ふれあい紀行〜』に差し替えていた。2008年4月改編で、フジテレビ『もしもツアーズ』に差し替えに変更、同時ネットできないための代替編成となり、この影響で第542話トリコとのコラボの回は未放送となった。2013年4月改編で『もしもツアーズ』が土曜 9:55 - 10:25に枠移動したため、同時ネットに移行。
  40. ^ 2011年9月までは特選アニメ劇場枠で放送(2007年3月までは木曜 16:00 - 16:30。2011年3月までは金曜 15:59 - 16:30。2011年9月までは金曜 16:21 - 16:51。編成上の都合で他の曜日の放送となる場合があり、遅れネット最後の放送は9月28日の水曜。また、2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きたため、休止となり翌週の3月18日に放送。同年の4月1日は『1リットルの涙』の再放送が拡大したため翌週の4月8日に放送。そのため、これらの日は遅れを拡大しないように2話連続放送をした)2011年10月2日より同時ネットになった。
  41. ^ 2008年3月までは土曜 16:55 - 17:25であったが、4月20日から日曜 9:28 - 9:56に移動、2009年1月から現在の時間に移動となった。東日本大震災の影響で内容に配慮し、2011年3月20日から4月10日まで再放送を4話挿入したため、さらに遅れが広がった。しかし、2012年8月8日 - 10日に5話一拳に放送し、2016年4月3日の9:00 - 9:30に遅れ分の1話を放送し同時ネットに移行。データ放送は6月12日放送より開始した。但し、放送のタイミングによってはデータ放送や解説放送を実施しない場合がある。
  42. ^ 2007年3月までは月曜 15:25 - 15:55、2012年3月までは月曜 15:30 - 16:00。2012年8月13日 - 8月17日まで2話連続で放送し、8月19日から同時ネットに移行。
  43. ^ 2008年3月までは木曜 16:00 - 16:30、2008年4月から2018年3月25日までは日曜 9:30 - 10:00だった。第829話を2018年4月1日6:30 - 7:00に放送して遅れを解消し、同日の現在の時間から同時ネットに移行。
  44. ^ 2007年4月から放送再開。ただし、2006年10月 - 2007年3月までの放送分は未放送。
  45. ^ 作者の出身地。2006年9月までは同時ネット、2006年10月から2009年3月までは火曜15:30-16:00、2009年4月から2014年9月までは土曜 10:25 - 10:55に放送。通常の日曜 9:30 - 10:00の同時刻の遅れネットに加え、2018年9月17日・24日の月曜 10:50 - 11:20に計2話を放送し、同年9月30日から同時ネットに移行。
  46. ^ 2011年4月17日までは日曜 9:00 - 9:30。ただし、毎月第1日曜日は『ぐっとグッドかごしま』(鹿児島市の広報番組)を放送のため休止し、遅れが拡大していた。東日本大震災の影響で内容に配慮し、2011年3月20日から4月17日まで再放送を4話挿入したため、さらに遅れが広がった。2011年4月24日より放送時間が9:30 - 10:00に移行。2011年5月と6月にスペシャルとして各4話の計8話を集中放送したため、遅れが解消された。2013年4月20日に5話まとめて放送され、翌4月21日より同時ネットが開始された。
  47. ^ 2013年5月5日より第588話から放送再開(2006年9月をもって一旦放送を終了した局の中では、最も遅い再開となった)。2013年8月10日に第312話 - 第315話を集中放送(『エピソードオブメリー』放送に合わせたもの)。2013年8月14日に第336話を放送(『トリコ』放送休止週の穴埋め)。2016年3月27日までは日曜 6:30 - 7:00に放送した。2016年4月4日 - 2017年4月10日の月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜)への移動を経て2017年4月17日より現在の時間で放送。なお、2018年以降は東北地方の系列局で唯一、遅れネットならびに深夜での放送となっている。
  48. ^ 2007年3月28日までは火曜 1:49 - 2:19(月曜深夜)。2019年9月までは新潟総合テレビ。
  49. ^ 当初は金曜 15:28 - 15:58だった。
  50. ^ 2008年3月までは木曜 16:00 - 16:30。2019年9月までは日曜 6:30 - 7:00。岡山放送の放送休止が相次ぎ、遅れ幅が広がった。2012年8月25日から9月15日にかけて、現行枠だけでなく土曜10:10 - 10:40にも計5回放送されていたため、遅れ幅が縮小。
  51. ^ 2006年12月下旬3ヶ月分を集中放送した後、2007年1月から日曜9:00 - 9:30に毎週放送を再開。2018年4月19日から現在の時間に移動。
  52. ^ 2013年3月までは木曜 16:30 - 17:00。2008年3月までは『こち亀』スペシャルの放送をしなくても特番を入れ、差が開きも縮まりもしないように毎回調整されていたが、2008年4月以降は『こち亀』スペシャルも放送するようになった。2013年4月から土曜 11:10 - 11:40に移動。2016年10月から表記の時間に移動。
  53. ^ 2006年12月下旬に第279話 - 第288話を集中放送。2007年1月6日から2009年3月28日まで日曜 5:00 - 5:30で毎週放送再開した。2009年4月13日より月曜 15:30 - 16:00に移動し、2009年10月4日より日曜6:30 - 7:00に移動し、2011年4月3日より9:30 - 10:00に移動。また、2012年4月2日から2014年3月28日まで平日午後に再放送を行っていた。2014年4月5日から2018年3月までは土曜 5:30 - 6:00に、2018年4月から12月までは日曜 6:30 - 7:00に、2019年1月から3月までは日曜 5:30 - 6:00に放送。2019年4月より現在の時間に移動。
  54. ^ 水曜19:00枠時代は同時ネット、日曜の枠に変更以降は時差ネット。2013年3月までは水曜 15:27 - 15:56(変動あり)に放送。毎年8月に開催される『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ制作)の放送の日は、放送休止となる。
  55. ^ 同時ネット局と同時刻であるが遅れネット。
  56. ^ 2006年10月から2007年3月まで日曜 9:00 - 9:30、2007年4月から同年9月まで日曜 6:30 - 7:00に放送。2007年10月から2012年3月まで月曜 15:00 - 15:29、2012年4月から12月まで土曜 2:10 - 2:40(金曜深夜)での放送を経て、2013年1月から3月まで再び日曜 9:00 - 9:30に移動し、同年4月から現在の時間に移動。
  57. ^ 2007年1月24日 - 1月26日に3話連続放送した後、2007年1月31日から放送再開。2008年9月までは木曜 15:29 - 15:59で、2009年4月11日までは土曜 5:00 - 5:30だった。また、2010年8月2日 - 12日まで、月曜 - 木曜 14:05 - 14:30に日曜のレギュラー放送と連動して集中放送した。その結果遅れが短くなった。第542話 (『トリコ』とのコラボの回) は、2012年6月26日に放送。しかし、『トリコ』は2013年4月16日を以って打ち切られたため、第590話 (『トリコ』とのコラボの回) は未放送となった。2016年3月までは水曜 16:20 - 16:50。
  58. ^ 2008年10月4日より放送開始。2010年3月までは土曜 6:00 - 6:30、2010年4月15日から2010年6月24日までは木曜 19:00 - 19:30、2018年12月までは日曜 5:15 - 5:45に放送。なお、大分県では本来の系列局のテレビ大分(日本テレビ系列・フジテレビ系列のクロスネット局)で放送していた時期がある。
  59. ^ SD画質での放送。2011年3月27日までは日曜 11:00 - 11:30で(4:3画面のアップコンバートでの放送)、2011年10月4日までは火曜 1:29 - 1:59(月曜深夜)で放送していた。2011年10月31日から2016年3月28日まで月曜 2:20 - 2:50(日曜深夜)を経て現在の時間で再開。日曜時代は地元スーパー丸久一社提供により丸久サンデー劇場枠で放送。
  60. ^ 2006年11月4日より放送開始。2008年9月27日までは土曜 8:30 - 9:00。2011年1月2日(第216話)に字幕放送開始。特別篇「麦わら劇場&麦わら海賊譚」(第279話 - 第283話)は未放送のため、第284話以降のEPGで表示されている話数は本来の話数より5話少ないものとなっている。
  61. ^ 2010年3月で一端打ち切られたが6月より現在の時間に移動して再開。放送内容は打ち切り前は週替わりだったが現在は隔週変更になっている。
  62. ^ 更に暫くして(何十話か遅れた)2話単位の再放送と更に時間を置いた再々放送がある。基本は毎日1話放送だが、特番などで放送されない日は土曜・月曜の再放送も放送分だけの短縮放送になる。
  63. ^ 2014年3月30日までは『笑っていいとも!増刊号』。なお、2016年9月25日までは『ワイドナショー』を唯一遅れネットしていた関西テレビでは『よ〜いドン!サンデー』。
  64. ^ 2011年4月17日より第457話から放送開始。2011年9月までは日曜 6:00 - 6:30に放送、2011年10月から2015年3月にかけては土曜 9:30 - 10:00、2015年4月から2016年3月にかけては土曜 6:00 - 6:30、2016年4月から6月23日にかけては木曜 16:18 - 16:48、2016年7月7日から9月にかけては木曜 15:20 - 15:50、2016年10月から2017年4月1日にかけては土曜 10:45 - 11:15に放送。2017年4月6日より木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜)に移動し、同年9月6日に第782話をもって打ち切り。
  65. ^ 打ち切り後、大分放送で再開。

出典

  1. ^ 『ONE PIECE』@Japan Expo & Anime Expo 2014年7月に開催!!”. ONE PIECE.com (2014年6月30日). 2014年10月1日閲覧。
  2. ^ 東映アニメーション株式会社 インタビュー”. 文化庁 文化庁月報 平成25年12月号. 2014年10月1日閲覧。
  3. ^ 尾田栄一郎『ONE PIECE』27、集英社、2003年、86頁。
  4. ^ サムライ・リューマ”. ONE PIECE.com. 2020年4月2日閲覧。
  5. ^ アニメ「ワンピース」が第一話より再放送決定!”. ワンピース 公式サイト 東映アニメーション (2012年3月27日). 2012年8月26日閲覧。
  6. ^ 日曜朝アニメ:「プリキュア」「デジモン」「ONE PIECE」放送延期 4月26日以降”. MANTANWEB (2020年4月20日). 2020年4月20日閲覧。
  7. ^ デジモン&ワンピース新作放送再開 アフレコSP企画も”. SANSPO.COM(サンスポ). 産経デジタル (2020年6月19日). 2020年6月19日閲覧。
  8. ^ 来生泪など声優藤田淑子さん浸潤性乳がんで死去”. 日刊スポーツ (2018年12月29日). 2019年2月5日閲覧。
  9. ^ ワンピース(avex movie)
  10. ^ NAS 作品紹介 ワンピース 日本アドシステムズ
  11. ^ 4/9(日)アニメ「ワンピース」いよいよ“ホールケーキアイランド編”開幕!783話カット&オープニングの新カットを先行公開!”. ONE PIECE.com (2017年4月8日). 2018年2月18日閲覧。
  12. ^ 2/11アニメ「ワンピース」825話先行カット公開!ルフィとサンジの戦いに決着!最強の男・カタクリ(声:杉田智和)もいよいよ登場!”. ONE PIECE.com (2018年2月9日). 2018年2月18日閲覧。
  13. ^ 2/18アニメ「ワンピース」826話先行カット公開! 次なる目的は、サンジの家族の救出!オープニング映像が一部、「ルフィVSカタクリ」に!”. ONE PIECE.com (2018年2月16日). 2018年2月18日閲覧。
  14. ^ 『ONE PIECE』アニメ20周年に「ウィーアー!の一味」が再集結!8年ぶりにきただにひろしさんが主題歌を歌う!”. ONE PIECE.com (2019年7月1日). 2019年7月2日閲覧。
  15. ^ 8/2(日)からTVアニメ『ONE PIECE』が新オープニング主題歌に!Da-iCE「DREAMIN' ON」に決定!!”. ONE PIECE.com (2020年7月16日). 2020年8月2日閲覧。
  16. ^ 年末年始のアニメオリジナルエピソードを3話放送!”. ONE PIECE.com (2013年12月19日). 2017年3月10日閲覧。
  17. ^ TVアニメ「ドレスローザ編」完結! 6月26日(日)からオリジナル「シルバーマイン編」突入! OPは氣志團×きただにひろし!”. ONE PIECE.com (2016年6月6日). 2016年6月8日閲覧。
  18. ^ a b 3月19日(日)からアニメ「ワンピース」完全オリジナルストーリー“海軍超新星編”突入!ルフィたちを追い詰める海軍に花江夏樹、安元洋貴、古川慎、多田野曜平!コメント到着!”. ONE PIECE.com (2017年3月5日). 2017年3月10日閲覧。
  19. ^ 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』公開記念!7月28日(日)&8月4日(日)放送のTVアニメで映画連動特別編が放送!”. ONE PIECE.com (2019年7月22日). 2019年8月1日閲覧。
  20. ^ 最初で最後!?豪華人気アニメコラボ1時間スペシャル!!『ドリーム9 トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!』”. フジテレビ (2013年2月6日). 2013年4月7日閲覧。
  21. ^ アニメ20周年を記念して『ONE PIECE』の原点を初アニメ化!10月20日(日)に『ROMANCE DAWN』の放送決定!!!”. ONE PIECE.com (2019年3月30日). 2019年10月14日閲覧。
  22. ^ 土曜プレミアムで「ワンピース」の放送が決定! 今度はルフィのエピソード!!”. ウォーカープラス (2012年11月21日). 2012年11月25日閲覧。
  23. ^ 「ワンピース」夏休みに完全新作エピソード 8月24日夜9時 - 土曜プレミアムで放送決定”. アニメ!アニメ! (2013年6月17日). 2013年6月18日閲覧。
  24. ^ 土曜プレミアム「ワンピース エピソード オブ サボ 〜3兄弟の絆 奇跡の再会と受け継がれる意志〜」8月22日(土)放送!”. ONE PIECE.com (2015年6月16日). 2015年6月29日閲覧。
  25. ^ 土曜プレミアム『ワンピース〜アドベンチャー オブ ネブランディア〜』12月19日(土)午後9時放送決定!!”. ONE PIECE.com (2015年11月9日). 2015年11月9日閲覧。
  26. ^ 原作20周年記念!夏のスペシャルアニメが8/26(土)「土曜プレミアム」にて放送決定!ルフィの冒険の始まりが、完全新規映像で描かれる!”. ONE PIECE.com (2017年6月26日). 2017年6月30日閲覧。
  27. ^ 8月25日(土)『ONE PIECE』夏のスペシャルアニメ放送決定!!タイトルは「エピソード オブ 空島」!”. ONE PIECE.com (2018年5月19日). 2018年5月24日閲覧。
  28. ^ 総集編「ワンピース キャラクターズLog」全9話放送決定 バルトロメオが熱く解説する”. アニメ!アニメ! (2016年6月10日). 2016年7月4日閲覧。
  29. ^ バルトロメオが解説する総集編『ワンピース キャラクターズLog』が、2週間限定で無料配信決定!!7月16日より順次配信!”. ONE PIECE.com (2016年7月5日). 2016年7月15日閲覧。
  30. ^ 本日4月8日(日)より民放公式テレビポータル「TVer」でアニメ『ONE PIECE』の見逃し配信スタート!”. ONE PIECE.com (2018年4月8日). 2018年4月24日閲覧。
  31. ^ ワンピース前人未到の4冠達成! DVD『ONE PIECE Log Collection』首位獲得”. mu-mo エンタメニュース (2010年7月24日). 2012年2月1日閲覧。
  32. ^ 【オリコン】『ONE PIECE』エピソードシリーズ最新巻DVDが総合首位”. ORICON STYLE (2012年2月1日). 2012年2月1日閲覧。
  33. ^ 『ONE PIECE Log Collection』シリーズ、売上げ累計100万本突破記念キャンペーン実施!”. リスアニ!WEB (2013年6月24日). 2013年9月25日閲覧。
  34. ^ 映画最新作タイトル&公開日発表!『ONE PIECE FILM GOLD』2016年7月23日(土)公開決定!!”. ONE PIECE.com (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  35. ^ 速報!劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)』2019年8月9日(金)公開決定!特報映像も到着!!”. ONE PIECE.com (2018年12月12日). 2018年12月12日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ONE PIECE (アニメ)」の関連用語

ONE PIECE (アニメ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ONE PIECE (アニメ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのONE PIECE (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS