王下七武海とは?

王下七武海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 06:43 UTC 版)

王下七武海(おうかしちぶかい)は、漫画ONE PIECE』に登場する架空の海賊たち。作中では「七武海」と略されることが多い。




注釈

  1. ^ ジンベエが加盟した時には、アーロンがインペルダウンから釈放された。
  2. ^ 劇場版『ONE PIECE FILM Z』では、元海軍大将ゼファーの右腕を斬り落とした海賊が、新世界編の1年前に七武海に加入したとされている[3]。この設定が原作においても同様であるかは不明。
  3. ^ 元々賞金首であったのか否かも不明。
  4. ^ 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』ではやぎ座とされていたが[8]、後に訂正された[7]
  5. ^ ただし、シャンクスの部下たちからは、畏怖されており、良い印象はもたれていない。
  6. ^ 実力が劣ることも意味していたが、一番は「世界の広さを知らずに最強の自分に勝てると思い上がった『井の中の蛙』」という意味で評した。
  7. ^ 七武海では最も召集に応じないと思われており、会議に出席したドフラミンゴやセンゴクなどを驚かせた。
  8. ^ 作者曰く、政府に露見していなかったバロックワークスなどの危険度も加算すると、懸賞金額は倍以上になっていたという[14]
  9. ^ 実際にはプルトンの在り処は記されていたが、ロビンが口外しなかった。
  10. ^ 政府は海賊であるルフィによってクロコダイルの陰謀が阻止されたという事実をもみ消すため、世間にはスモーカーが倒したと報じられた。
  11. ^ アニメではそれ以前に、ドフラミンゴの七武海脱退の記事を読む姿が描かれている[15]
  12. ^ サングラスを外した素顔は不明。作中では、サングラスが外れていても影などで隠れて素顔は描写されておらず、読者から質問された第85巻SBSでも明らかにならなかった。
  13. ^ 任務に失敗したヴェルゴやモネに対し、危険な任務をさせて末路をたどわせてしまったことを謝罪していた。
  14. ^ 天竜人であったことが発覚した理由は描かれていない。アニメでは、ホーミング聖が地上に暮らし始めた際、住民達にマリージョアから移住した天竜人であった事実を話したことが理由となっている。
  15. ^ 逃亡中にゴミ捨て場の残飯をあさったり、泥棒を働いて棒で打たれるなどの悲惨な思いをした。やっと見つけた住処も、人が住むには劣悪な環境だった。
  16. ^ アニメでは、この時にドンキホーテファミリーを結成した。
  17. ^ 政府の息のかからない事例については海軍に説明するつもりはなく、黄猿に対しても堂々と断言している。
  18. ^ また、くまはドラゴンとルフィが親子であることを世界に公表される以前から知っていた。
  19. ^ サボの過去が描かれたアニメ第737話では、少年期のサボの修行に付き合っていた。
  20. ^ 革命軍のリンドバーグによると、元々加盟国の国王であったくまを利用したのは、神に逆らえばくまほどの屈強な男でもこうなるという見せしめだという。
  21. ^ アニメではこの際のくまのセリフはカットされており、スリラーバーク編で初めて声がついた。
  22. ^ ロジャーの処刑を見物していた24年前の頃は、現在よりも痩せた体格だった。
  23. ^ 世間では、モリアは一時期四皇カイドウと渡り合ったと認識されている。
  24. ^ その過程で、ブルックやローリング海賊団から影を奪っている。
  25. ^ モリアとゾンビ軍団の襲撃事件が新聞に載ったことで、ペローナはモリアの生存を知った。
  26. ^ ただし、そのような態度は奴隷であった過去が露見することを恐れる気持ちの裏返しである。
  27. ^ 2010年1月に郷里大輔が急逝したため、ゲッコー・モリア役で出演していた宝亀克寿が、モリア役と兼任で役を引き継いだ。
  28. ^ 船員時代のティーチとも顔見知りで、この時から得体のしれない不気味さを感じていた。
  29. ^ 他には、自分があまり関わらない所では大雑把すぎる指示を出す、捕縛した敵を味方の頭数として数えるなど。
  30. ^ クロコダイルによると魚と会話できる魚人はかなり珍しいとのこと。
  31. ^ アーロンの暴挙に気づけば止めるつもりだったが、アーロンの裏工作により、それが露見するまで知ることができなかった。そのため、彼の野望を打ち砕いたルフィには感謝と謝罪の気持ちを抱いている。
  32. ^ 翌日トットランドに出回った新聞には、落とし前に怖気づいて脱退を取り下げたと報じられた。
  33. ^ この際、落とし前としてビッグ・マムに取れるだけの寿命を差し出すと宣言するが、ビッグ・マムに全く臆さなかったため、「魂への言葉」によって寿命を抜き取られることはなかった。
  34. ^ 本人によれば「D」は隠し名で、「ワーテル」は忌み名であるという。
  35. ^ ルフィ→「麦わら屋」、キッド→「ユースタス屋」、スモーカー→「白猟屋」、ゾロ→「ゾロ屋」、ナミ→「ナミ屋」、ウソップ→「鼻屋」、サンジ→「黒足屋」、チョッパー→「トニー屋」、ロビン→「ニコ屋」、フランキー→「ロボ屋」、ブルック→「ホネ屋」など[33]
  36. ^ この刀は妖刀で、位列はない[32]
  37. ^ 肉体が切断されてもパーツを組み合わせれば元に戻る。切断されたものは、元とは違う場所にも接着させられる。円内で切断・改造されたものは円の外に出ても効果が持続する。
  38. ^ グラディウスから砲術、ラオGから体術、ディアマンテからは剣術を教わった。
  39. ^ 切られた腕はレオとマンシェリーの治療により元通りに修復された。
  40. ^ 潜伏中の数週間、桃源農園から食料を盗んでいた。
  41. ^ 自分たちの存在がバレないよう正体を隠していたが、ホーキンスにはすぐに見破られる。さらにルフィがホールデムを倒したことで、自分たちがワノ国にいることがカイドウに伝わってしまった。
  42. ^ ローは麦わらの一味の協力を拒んでいたが、ルフィが強引に協力を取り付けた。
  43. ^ 聞き間違いで怒ることも多く、勘違いしたまま部下を大砲で吹き飛ばしたことがある(アニメでは気を取り直して処刑を思い留まった)。ナミによれば、子供に鼻を馬鹿にされて、その子供がいる町を大砲で消し飛ばしたことがあるという。
  44. ^ 金獅子海賊団とのエッド・ウォーの海戦でも、勝ち目がないとロジャーを止めようとしていた。
  45. ^ バラバラになれる大きさはぶつ切り程度まで。それ以上バラバラになるとコントロールできなくなるという[37]
  46. ^ 地に着いた一点を中心にした制御範囲(作者曰く「直径200バラバラ」)を超えてしまうと操れなくなる[38]
  47. ^ 当時の仲間光月おでんからは「バギ次郎」と呼ばれていた。バギーはなぜシャンクスが「赤太郎」で自分が「次郎」なのかと抗議していた。
  48. ^ ただし、海軍に目をつけられないよう元ロジャー海賊団の経歴は隠していた。
  49. ^ 部下には徹底抗戦を命じているが、本人はその隙に逃げるつもりでいる。
  50. ^ A・O海賊団を壊滅させた際は町ごと吹き飛ばし、約600名の死傷者を出している。
  51. ^ アルビダ曰く「バギーよりも完全に懸賞金が上」。
  52. ^ あくまでも自称。シュシュを手なずけることはできなかった。
  53. ^ オレンジの街では檻を壊して閉じ込められていたルフィを脱出させてしまう、ローグタウンではウソップの「卵星」を食べるのに夢中になって一味を逃がしてしまう、など。
  54. ^ 『ONE PIECE novel LAW』によれば、スワロー島に住む発明家ヴォルフが造った船で、高価な硬い金属が使われている[45]
  55. ^ ベポが描いたドレスローザ周辺の地図を見たナミは、思わず下手と口走った。
  56. ^ その直後、工場排水で汚染された川の魚を食べたことで食中毒になるが、無事に快復した。
  57. ^ この時ローから、自分が捕まったことはルフィたちには話すなと口止めされた。
  58. ^ 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』ではおうし座とされていたが[30]、後に訂正された[7]
  59. ^ このシーンは、本編ではページの都合上描かれていないが、SBSでネームが公開された[42]
  60. ^ a b c ハートの席に座る幹部「コラソン」は、ヴェルゴが海軍に潜入して以降はロシナンテが名乗っていた。ロシナンテの死後、3代目「コラソン」となるはずだったローが離反したため、以降は「コラソン」を名乗る最高幹部は存在しない。
  61. ^ だがローからは「ドフラミンゴのマヌケな操り人形にしか見えない」と指摘されている。
  62. ^ ローが加入した16年前の時点で既に100人近い子供が加入を希望したが、生き残ったのはベビー5、バッファロー、デリンジャーの3名のみであった。
  63. ^ 少なくとも13年前まではキノコ型の髪型をしていた。
  64. ^ 少年の時からこの癖は続いている。他にもその場にないものをあると思い込む、剣士でないのに自分を剣士と思い込むなど。
  65. ^ ロー曰く「ハリボテ野郎」。
  66. ^ ドフラミンゴに怪我を負わせたチンピラを撃ち殺したり、ドフラミンゴがとある町の道で転んだ際にはその町ごと焼き尽くしたりと、ドフラミンゴの行いを全て肯定していた。
  67. ^ 成長期の頃からトゲ付きの肩当てをつけていたため、肩の形が特徴的になった[13]
  68. ^ 漫画では、ピーカの台詞だけ細い字体を用いる事で、声の高さが表現されている。
  69. ^ ファミリー内においてもピーカの声質に触れることはタブーであり、笑った者は即始末される。かつてピーカの声を笑ったバッファローは拷問で死にかけたらしい。
  70. ^ 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』では身長が435cmとされている[17]
  71. ^ 逆から読むと「ロシナンテ」となる[17]
  72. ^ 幼少期は家族から「ロシー」と呼ばれていた。
  73. ^ ディアマンテには「注意力が足りないマヌケ」と言われている。
  74. ^ 本人によれば、喋れなくなったと説明した事はなく、ファミリーが勝手に決め付けていただけ。
  75. ^ 数か月前にローがパンクハザードを訪れた時点では通常の人間の体をしていた。ローに改造されて鳥の手足を得た[52]
  76. ^ シーザーはスモーカーを殺そうとして心臓を刺したが、ローの策略で、モネの心臓とスモーカーの心臓がすり替えられていた。
  77. ^ これがきっかけで長鼻やソーセージなどの長い物がトラウマになってしまった。
  78. ^ 中毒である「珀鉛病」が伝染病であるという世間の噂を信じ込み、ドフラミンゴに注意されていた[57]
  79. ^ 名前の表記は「ラオG[59][17]と「ラオ・G[60][61]が混在している。
  80. ^ 口の周りについたトマトを美女から奪い取ったブラで拭く、靴磨きで歯を磨く、体の傷をブランデーで消毒するなど。
  81. ^ 正確な時期は不明だが、ローがファミリーを離脱した13年前からドフラミンゴがドレスローザの王になった10年前の間。
  82. ^ アニメでは一太刀で斬り伏せられても倒れず、驚愕している隙を突かれて再びハクバに何回も斬り刻まれた後に倒れた。
  83. ^ ただし、グラディウス自身は前夜からヴァイオレットの様子がおかしいことに気付いていた。
  84. ^ 10年前は髪型が扇風機の羽のような形をしており歯にスマイルマークはなかった。
  85. ^ なお、このやり取りはお互いに成長し、再会してからも変わっていない。
  86. ^ 黄金郷やエメラルドの都、大秘宝「ワンピース」など。
  87. ^ この時点ではルフィの懸賞金が上がったことを知らず、後に知った際も、アラバスタの事件が政府の隠蔽で大きく報道されなかったため、凶悪な事件を聞いたことがないという根拠でインチキの類と決め付けていた。
  88. ^ 戦う意味が無いと判断したため、あえて二人は手を出さなかった。

出典

  1. ^ 第28巻SBS
  2. ^ 尾田栄一郎 『ONE PIECE 総集編 THE 23RD LOG』 集英社、2017年8月25日。ISBN 978-4-08-111185-5 
  3. ^ 『ONE PIECE 巻千』
  4. ^ 第95巻 第956話
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 第58巻SBS
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ONE PIECE BLUE DEEP』
  7. ^ a b c d 訂正リスト”. VIVRECARD ~ONE PIECE図鑑~ OFFICIAL SITE. 2019年12月31日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 〝東の海〟の猛者達!!
  9. ^ a b c d 『ONE PIECE YELLOW』
  10. ^ a b c d e f 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 結集! 秘密結社バロックワークス
  11. ^ a b 第59巻SBS
  12. ^ a b 第89巻SBS
  13. ^ a b c d e f 第78巻SBS
  14. ^ 第36巻SBS
  15. ^ アニメ第629話
  16. ^ ゲーム『ONE PIECE ギガントバトル!』
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 恐怖の支配者! ドンキホーテファミリー!!
  18. ^ a b c d e 第82巻SBS
  19. ^ a b c 第88巻SBS
  20. ^ a b c 第95巻SBS
  21. ^ a b 第90巻 第908話
  22. ^ a b c d e f g h i 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 悪夢! スリラーバークの怪人達!!
  23. ^ 「Real 海賊百科」『ONE PIECE magazine』Vol.2、集英社、2017年8月4日、 57頁。
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER SET 〝四皇〟白ひげ海賊団!!
  25. ^ a b c d e f g h 第54巻SBS
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 第84巻SBS
  27. ^ 尾田栄一郎 『ONE PIECE 総集編 THE 26TH LOG』 集英社、2017年11月24日。ISBN 978-4-08-111188-6 
  28. ^ 尾田栄一郎(原作); 浜崎達也(小説); 冨岡淳広大塚隆史(劇場版脚本) 『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』 集英社〈ジャンプ ジェイ ブックス〉、2019年8月9日。ISBN 978-4-08-703482-0 
  29. ^ a b 第68巻SBS
  30. ^ a b c d e f g h i 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 集結! 〝超新星〟!!
  31. ^ a b c d 第81巻SBS
  32. ^ a b c d e 第71巻SBS
  33. ^ 第72巻SBS
  34. ^ 第52巻SBS
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』STARTER SET Vol.1
  36. ^ a b 第60巻SBS
  37. ^ 第12巻SBS
  38. ^ 第7巻SBS
  39. ^ 7/31(日)放送のTVアニメに、白ひげの息子!?ウィーブル(声:塩屋浩三)と、自称・白ひげの愛人ミス・バッキン(声:鈴木れい子)登場!!”. ONE PIECE.com (2016年8月5日). 2016年8月7日閲覧。
  40. ^ a b c d e f 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 天性の戦士! モコモ公国のミンク族!!
  41. ^ a b c SBS出張版~誕生日大公開~”. ONE PIECE.com (2018年9月4日). 2018年9月7日閲覧。
  42. ^ a b c d 第83巻SBS
  43. ^ 第4巻SBS
  44. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『ONE PIECE BLUE』より。
  45. ^ 坂上秋成「ONE PIECE novel LAW 第4話」『ONE PIECE magazine』Vol.7、集英社、2019年8月9日、 140-151頁。
  46. ^ 第85巻SBS
  47. ^ 第62巻SBS
  48. ^ a b 坂上秋成「ONE PIECE novel LAW 第1話」『ONE PIECE magazine』Vol.4、集英社、2018年10月19日、 23-33頁。
  49. ^ 坂上秋成「ONE PIECE novel LAW 第2話」『ONE PIECE magazine』Vol.5、集英社、2019年1月25日、 27-37頁。
  50. ^ a b c d e f g h i 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 暴走! 新魚人海賊団!!
  51. ^ a b 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』海底の楽園・魚人島の住人達!!
  52. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK パンクハザードの脅威!!
  53. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 第75巻SBS
  54. ^ a b c d e f g h 第77巻SBS
  55. ^ a b c d 第79巻SBS
  56. ^ 「ONE PIECE Plot Note」『ONE PIECE magazine』Vol.3、集英社、2017年9月1日、 141頁。
  57. ^ 第762話。
  58. ^ a b 第76巻SBS
  59. ^ 第74巻 第732話、第736話
  60. ^ 第71巻 第702話
  61. ^ 第77巻 第768話
  62. ^ a b c d e f g h i j 『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜』BOOSTER PACK 秘境・空島の住人達!!
  63. ^ 第25巻SBS
  64. ^ a b SBS出張版~誕生日大公開~”. ONE PIECE.com (2018年3月2日). 2018年3月3日閲覧。


「王下七武海」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「王下七武海」の関連用語

王下七武海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



王下七武海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの王下七武海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS