公孫樹とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 公孫樹の意味・解説 

いちょう いちやう [0] 【〈銀杏〉・〈公孫樹〉】

イチョウ科落葉高木中国原産。高さは20メートル 以上になる。扇形切れ込みがある。雌雄異株。花は春にとともに生じ、雄花穂状で、雌花花柄先端二つ咲く。花粉から精子を生じて受精するなど古代植物の形質見られる。秋、黄色種子が実る。白色を「ギンナン」といい、食用。材は木目が密で加工しやすく、建築彫刻に用い、器具碁盤などに作る。新鮮な血管調整とされるちちのき漢名、公孫樹。鴨脚樹。 〔「いちょう」は「鴨脚」が明代に「ヤーチャオ」と発音され、それの転じた形。歴史的仮名遣い従来「いてふ」としてきたのは、江戸時代行われた「一葉いちえふ)」の約という語源説によったため〕
いちょうがしら」の略。
紋所の名。図案したもの

こう そんじゅ [3] 【公孫樹】

〔孫の代に実る、の意〕
「公孫樹」に似た言葉


公孫樹

読み方:コウソンジュ(kousonju)

イチョウ科落葉高木


公孫樹

読み方:イチョウ(ichou)

イチョウ科落葉喬木

別名 鴨脚樹銀杏


公孫樹

読み方:イチョウ(ichou)

イチョウ科落葉大高木、園芸植物薬用植物

学名 Ginkgo biloba


イチョウ

(公孫樹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/04 03:10 UTC 版)

イチョウ銀杏公孫樹鴨脚樹学名Ginkgo biloba)は、裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、中国原産の裸子植物。食用(伝統中国食品[8])、観賞用、材用として栽培される。


  1. ^ a b c d e Sun, W. (1998). Ginkgo biloba. The IUCN Red List of Threatened Species 1998: e.T32353A9700472. doi:10.2305/IUCN.UK.1998.RLTS.T32353A9700472.en. Downloaded on 29 July 2018.
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003 - ) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - イチョウ(2011年9月20日閲覧)
  3. ^ Ginkgo biloba L. Tropicos(2013年11月1日閲覧)
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - キレハイチョウ(2011年9月20日閲覧)
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - フイリイチョウ(2011年9月20日閲覧)
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - オハツキイチョウ(2011年9月20日閲覧)
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - シダレイチョウ(2011年9月20日閲覧)
  8. ^ a b c d e f Herbs at a glance - Ginkgo (Report). アメリカ国立補完統合衛生センター. (2016-09). https://nccih.nih.gov/health/ginkgo/ataglance.htm. 
  9. ^ a b 十亀好雄「世界におけるイチョウの分布」、『甲子園短期大学紀要』第4巻、1984年10月10日、 1-14頁、 NAID 110000978787
  10. ^ ただし中国語の j 音(の一部)は18世紀以前には g 音であった(すなわち「脚」は「キァオ」であった)ことが知られており、名の借用がそれ以降であったとするなら、イチョウの移入時期(イチョウ#生息と伝播参照)との間には齟齬がある。また、現在の中国語では「鴨脚樹」の名はかなり稀。中国語版ウィキペディアの記事银杏拼音: yìnxìng)では、中国語における古称は「银果」、現在の名称は「白果」(ベトナム語bạch quả」の語源)、「银杏」(朝鮮語은행」および日本語「ぎんなん」の語源)、別名「公孫樹」、イチョウの実は「银杏果」となっているが、「鴨脚」という表記には全く触れていない。
  11. ^ 1329年、呉瑞。原版は現存せず、1525年の重刊八巻本が大谷大学に所蔵
  12. ^ 「目で見る漢方史料館(112) 現存唯一の元『[家伝]日用本草』八巻本 龍谷大学所蔵の貴重本より」 - 真柳誠『漢方の臨床』44巻9号1058 - 1060頁、1997年9月
  13. ^ Wolfgang Michel (2011) [2005], On Engelbert Kaempfer’s “Ginkgo”, http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/2898/Ginkgo_biloba2_revised_2011.pdf 
  14. ^ 「Color Anchor 英語大辞典」学研
  15. ^ 中尾義則、平 知明、堀内昭作、河瀬憲次、向井康比己「核型解析によるイチョウ雌雄間の染色体の違いとfluorescence in situ hybridization (FISH)による染色体上のrDNAマッピング」、『園芸学会雑誌』第74巻第4号、園芸学会、2005年7月15日、 275-280頁、 NAID 110001815992
  16. ^ イチョウ精子の発見は、1896年東京大学平瀬作五郎による。東京大学の附属施設である小石川植物園にはその株が現存し、同園のシンボルになっている
  17. ^ 環境省によると、青森県深浦町にある北金ヶ沢のイチョウ(地上約1.3mの位置での幹周が22m超)が日本有数
  18. ^ イチョウの出現と日本への伝来 真柳誠
  19. ^ 木村晟、慶安元年板『新撰類聚往来』の本文 駒澤國文 21, 97-154, 1984-02, NAID 110007002512
  20. ^ ウィーンにイチョウを探索する 長田 敏行小石川植物園後援会 ニュースレター 第28号
  21. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  22. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  23. ^ 祖父江のぎんなん 稲沢市
  24. ^ 佐々木啓子、松岡耕二、イチョウ葉エキスの薬理活性 千葉科学大学紀要 2012-02-28, 5巻, p.61-67
  25. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)「ぎんなん」より(コトバンク、2015年10月22日閲覧)。
  26. ^ ぎんなん中毒
  27. ^ 銀杏食中毒とは 北海道医療大学薬学部
  28. ^ a b c d イチョウ葉食品の安全性 (PDF) 2002年11月25日(国民生活センター)
  29. ^ a b c d e f イチョウ葉エキスの有効性および安全性独立行政法人 国立健康・栄養研究所
  30. ^ 曽爾の天然記念物 (PDF) (国立曽爾青少年自然の家)
  31. ^ イチョウ葉エキスの薬理活性について帝京大学薬学部)
  32. ^ a b "MedlinePlus Herbs and Supplements: Ginkgo (Ginkgo biloba L.)" - National Library of Medicine
  33. ^ 健康食品 有効性 安全性 医薬品との相互作用 - 同文書院
  34. ^ 講義「食品・サプリメントと医薬品との相互作用」 (PDF) - 機関誌『ぶんせき』 2007年9月号 社団法人日本分析化学会




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「公孫樹」の関連用語

公孫樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公孫樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS